2020年12月 3日 (木)

ドラクエの謎考察 その272

こんばんは。

ドラクエのさまざまな形を考えるお話

・ドラゴンクエストとTCG

ゲームのジャンルにTCG(トレーディングカードゲーム)というジャンルがある。
比較的新しいジャンルのゲームだが、今ではかなりの数が存在する。

ドラクエのTCGは最新だとドラゴンクエストライバルズエースとなる。
その前はTCGに近いゲーセンのバトルロードなどになる。

ドラクエでのTCGであるライバルズはもともとドラクエ10の中のコンテンツとして登場する予定だったようだ。

それが、独立して1本のゲームとしてリリースされた。

TCGはさまざまな効果をもつゲームカードをプレイヤーが使うカードを選択しデッキを作る。
それで対戦するゲームである。

当然ドラクエなので、モンスターや歴代キャラクター、呪文や武器といったものがある。

ライバルズのゲームシステムは海外のデジタルTCGのハースストーンをモデルにしているといわれている。
プレイヤーはタイプの異なる職業を選び使える能力が異なる。

各職はその職を代表するドラクエ歴代キャラが充てられており

戦士ならテリー、魔法使いならゼシカ、占い師ならミネアといった通り。
有料もしくは特定条件下でアナザーリーダーが選択でき、武闘家ならアリーナの代わりにマルティナ、
商人ならトルネコの代わりにリッカといったこともできる。

TCGなので、当然ながらカードパックを購入し当然ながらカードにはレアリティがある。
一番出にくいのがレジェンドレアであり、だいたい、歴代キャラやラスボスといったものが充てられている。

ライバルズエースにはグランプリという、最新のレギュレーションで使えるカードを使う環境
ソロアドベンチャー専用以外のほとんどのカードが使えるマスターズという対戦環境がある。

この2つの対戦環境用のカードはeスポーツを視野にいれているせいか、出たばかりの最新パックを除けば
そこそこプレイしていればカードがだいたいそろってくる。

また、対戦環境用のパックは30パックあけて一度もレジェンドレアが出ないと天井で必ず出るようになっている。
一部のレジェンドレア以外は錬成でカード作成ができるため、万単位の重課金は不要なバランスになっている。
とはいえ、始めたばかりや、最新のパックのカードが欲しければある程度の投資は必要になる。
それでもソシャゲとしては財布には優しい部類にはいるだろう。

一方、最近ソロアドベンチャーというソロ専用のコンテンツができた。
こちらは歴代ドラクエのストーリーのように自分が勇者になり、レベルを上げて進めていく。
カードを強化したりしてデッキ自体を強くすることができるし、一部非常に強力なカードがある。
対戦用と共通で使えるカードもあるが、ソロアドベンチャー専用のカードも多くある。
ソロ用のレジェンドレアは対戦環境にあったらバランスが壊れて当然のようなカードもある。

どうやら、ライバルズに関しては、こちらのプレイヤーの課金を促すような仕組みになっている。
ソロアドベンチャー用のパックは30回の天井はなく、10連パック一定数買わないと天井の恩恵はない。

10連は有料のジェムか、ゲーム内通過のGを消費してではないとできず、Gだけで10連の天井まで
もっていくのは相当なGを貯めるひつようある。

そう考えると、ソシャゲ的要素はライバルズの場合はここにあるのかな。
対戦環境用のカードでないため、いわゆる金を積んで強力装備で他のプレイヤーを圧倒するようなことはない。
ソシャゲでありがちな「札束の殴り合い」のようなゲームではないのが救い。

結構、ライバルズエースに関しては対戦環境の調整が結構細かい間隔で行われている。
やはりeスポーツを視野にいれているからだろうか。

 

さて、ちょっとそれた話になるが、私は大昔にマジックザギャザリング(以後MTGと略す)をやっていた。
知っている方もいると思うが、MTGは世界初のTCGである。
自分がやっていたのは基本セットが4th、拡張セットがアイスエイジブロック、ミラージュブロックの頃。
もう20年近く前だろうか。やり始めたころは日本語版がまだ出てなかった。
大学時代から社会人になってしばらくの数年間続けていた。
さすがに社会人になってある程度たつとプレイしていた友人知人もやめていくようになり、自分も引退。
引退したときは7thが出たばかり、拡張がインベイジョンブロックだったと記憶している。
そのMTGをやめて以降、ライバルズを触るまではほかのTCGは一切手を出していない。

ちなみに、私の実家の自分の部屋の押し入れに当時やっていたカードが残っている。
当時のカード今どれくらいで売れるのかなと思ってヤフオクとかメルカリで検索したらびっくり。
1万円以上で取引されているカードが何枚かあった。
Force of Willとかライオン瞳のダイヤモンドとか、ガイア揺籃の地とか持っていたはず。
その他数千円レベルのが50枚くらいありそうだったので全部処分したら30万くらいになるかも・・・・・
以外なとこで自分のお宝を発掘してしまった(笑)

ソシャゲ系のカードゲームがいくつかでたが、どれも重課金を要求されるものばかりでやる気がおきなかった。
たまたま、ドラクエ10のコラボキャンペーンでさわりだけやったのだが、課金しなくてもそれなりに集められるなと。

なんで、シーズンが変わったところで、プレミアパスを購入して、ぼちぼち進めています。

ただ、デッキ構成とか考えるとただでさえ少ない時間がさらになくなる。
ドラクエ10もそうだけどゲームする時間が今はなかなかとれないのですね。


TCGって、結構、対戦もいいんですが、カードを集めることが面白いんですね。
ええ、私は歴代ドラクエシリーズでもモンスター図鑑やアイテムリストを埋めたくなる人なんですね。
なんで、「取り返しのつかない要素」は結構気にするんです。

ライバルズはとりあえずソロモードを進めて、報酬でパックをどんどん開けていくようにすすめています。
対戦環境用のデッキ作ってデビューするのはもう少しカードあつまってからですね。
ヒーローカード等はまだ半分も手に入れてないし。

というわけで20年ぶりにTCGをライバルズエースでやり始めてみました。

 

今日はここまで。では、また~

2020年11月30日 (月)

<ドラクエ10> プレゼントの呪文とか報酬関係をまとめて受け取る

こんばんは。

フィッシンググランプリやライバルズコラボキャンペーンとか、結構条件満たしているのに
忘れているものありませんか。

ライバルズコラボですが、ライバルズ側のドラゴン討伐クリア後の報酬のDQ10側で受け取るのをわすれてました。
最終日である、今日、うけとりました。

フィッシンググランプリも忘れかけていた。
ドラクエTVのプレゼントの呪文もついついわすれかけていることが。

ちなみに私もあるしぐさ書をひとつ取り忘れています。

コラボ系のやつではいくつか取れずがあったのですが、だいたいはプレチケ交換品になっています。

この手のコラボアイテムなんですが、装備品類はだいたいチャガナ対象になります。
しかし、最初のひとつを入手することが現在できないものが結構ありますね。

チャガナ対象装備を課金でもプレチケでもいいので入手しておきたいです。
あの、チャガナの売り物リストが虫食いになっているのがなんとなく気になるのですね。

こういうのそう感じるの結構あるでしょう。
モンスター図鑑もそうです。最新聖守護者などのハイエンドとかはともかく、普通の雑魚モンスターや
ストーリーやクエストのボスは全部うめておきたい。

Vロン各種みたいに、過去のイベントボスだったりするとかなり厄介ですね。

プレゼントの呪文や継続特典などは1アカウントでひとつしか取れない問題があった。
これ、Ver5.3のとき、一部アイテムが同アカウントのサブキャラでもとれるようになっていた。
ところがトラブルで実装が次回に見送られている。

次回Verで直っているだろうか。

アカウント間の移動とかできるので、ベルト倉庫の鍵とかの管理が難しくなっているのかも。
アカウント引っ越しサービスをすると、そのへんのフラグの扱いが面倒になっているのかな。


かつて災厄関係のクエストがVer1の一部期間だけしかできないのがあった。
こういうのは後からプレイした人もイベントシーンをみてみたいのありますね。

 

前に謎考察にかきましたが、ドラクエ10は意外とコラボが少ないです。
ドラクエの名がついている、ダイの大冒険等タイアップして問題ないようなものもほとんどないのです。

ソシャゲ系だとドラクエ外のものもどんどんコラボしている。
増えないのかな。

--------------------------------------------------------------------------

昨日までの導き履歴結果

総周回数:16,484

トルネコ:   862 ( 5.23%)
ミネア :   878 ( 5.33%)
テリー :   896 ( 5.44%)
カンダタ:2,712 (16.45%)

先週は100周もしてないのですが、テリーがやたらめったらでる展開に。
多分、今週中にも900回目がきそうな予感がします。
逆にトルネコは1回だけ。テリーとは30回分以上の差がでてきています。

気づいたら、レオパルドのアクセはメインサブとも+4が完成しています。
悪霊の仮面の理論値も2つ以上あるので、どちらも2個目の作成にはいりました。
逆にドラゴンや三将軍は欲しい効果以前に最大値がでない。
ドラゴン三将軍はフレやソロサポでも何度かやっていて、合成回数は魔犬の仮面より多い。
でも、理論値リーチどころか、最大値が1個ついているのがやっと。
ミネアからもらうカード、ドラゴンや三将軍の方が最近は欲しくなった。

今日はここまで。では、またー

 

2020年11月26日 (木)

ドラクエの謎考察 その271

こんばんは。

ドラクエの表と裏を語るお話

・ドラクエの登場人物の闇落ち

本来は悪ではないのだが、なにかをきっかけに闇落ちしてしまうキャラクターがRPGには多い。
そんなキャラクターをナンバリングでみてみよう

◆テリー

姉ミレーユが悪政はびこるガンディーノで王に献上するためにミレーユはギンドロ組に拉致される。
テリーは抵抗するが、半殺しにされ、姉弟ははなればなれになってしまった。
こうしてテリーは何とかしてチカラを手に入れるための旅にでる。
そして、よりによって魔王の四諸侯のデュランの配下になってしまう。
最後はレックらと対峙し、戦うことになるが、彼を打ち負かすとミレーユに説得されて仲間になる。
テリーはモンスターを使役する能力にも長けている。
当初ドラクエ6はテリーが主人公、それも魔王サイドのシナリオが考えられていたといわれている。
さらに、ダークドレアムがテリーの願望から生まれた上(夢の世界)のテリーという考察もある。

◆ドルマゲス

ご存じドラクエ8での悲劇の中心を作った人物。
本来魔法使いを目指していたが、師匠のライラスとの考えの行き違いにより、師匠の元を去った。
ドルマゲスは自分を卑下していた者に復讐すべく、トロデーンの王家の杖を盗みだす。
この杖はラプソーンが封印されており、それを手に取ったドルマゲスは洗脳される。
こうしてドルマゲスは数々の凶行をすることになった。
ラプソーンを封印した七賢者の子孫のうち4名はドルマゲスによって殺される。
こうして最後はエイトたちによって倒されることになった。

◆エルギオス

ナザム村の守護天使だったエルギオス。
ガナン帝国がナザム村に攻めてたてられた。多勢に無勢となり、守護天使といえども劣勢になる。
ラテーナとともに希望の泉に身を潜めていたがナザム村の村長が隠れ場所をガナン帝国に教えてしまう。
結果エルギオスはガナン帝国に捕らわれてしまう。
この顛末でエルギオスがラテーナやナザム村の人間が裏切ったと思い込み、復讐を誓うことになる。
こうして闇落ちした。エルギオスはもともとも本拠である天界を攻撃する。
さらに自分自身を拘束したガナン帝国を復活させ世界を滅ぼす方向に。
最後にナインらに敗れ、ラテーナから真実を告げられてようやく和解して昇天していった。

◆クオード

ある意味2020年11月現在、ドラクエ10で最も顕著な闇落ちキャラではないだろうか。
未来に飛ばされ、エテーネ王国が滅んでいるドワチャッカのウルベア帝国に彼はいた。
その後、主人公の兄弟姉妹とともにエテーネルキューブの開発をすることになった。
最終的には宰相にまで上り詰める。
開発はキューブをつくるための材料、ボロヌジウムの入手にてこずっていた。
これはガデリア帝国にのみ存在する希少資源。敵対していたウルベア帝国としては、通常の取引では無理。
そしてガデリアを滅ぼす計画となった。
よりよって和平交渉をしようとしたウルベア皇帝ジャ・クバを暗殺し、その罪をガデリア皇国第一皇子ビャン・ダオになすりつける。
皇帝の跡継ぎになるはずのウルタ皇女は失意に落ちて皇帝を継がず、グルヤンラシュと名乗っていたクオードが国政を乗っ取る。
ウルタ皇女にはエテーネルキューブが完成した暁には過去に戻ってジャ・クバ暗殺を阻止することでキューブ開発を後押しさせた。
(エテーネ人以外は時渡できないので、もちろんこれは嘘である)

さらに沈むエテーネ王国を食い止めるためにドワチャッカの地脈エネルギーをエテーネ王国にそそぐ計画も実行にうつした。
そのため、ドワチャッカ大陸のダラズ採掘場の近くから急激な砂漠化がおきていた。

Ver4.3のストーリーの最後、主人公らの行動により、クオード(グルヤンラシュ)の悪事はすべてウルタ皇女に知られることになり、断罪の銃撃を受け砂漠の流砂の中に落ちていき最期になった、と思われた。

が、クオードは致命傷を受けておらず、エテーネルキューブが発動してエテーネ王国に戻っていた。
当然、彼の悪行は主人公や姉のメレアーデには知られることになる。
が、クオードのその行為はすべてエテーネ王国を救うため。
そのためには国を滅ぼし、暗殺行為さえしてきた彼だが、最後はエテーネ王国に落下してきた隕石による滅亡から
対応する途中で、滅亡を阻むことを許さぬキュロノスが現れ戦闘となる。この戦いで時見の箱にダメージを与えることで
キュロノスを撃退するが、その際の反撃で致命傷を負い、命を落とす。

◆ホメロス

かつてはグレイグとともにデルカダールの双璧の将軍であった。
有能であり、人望もあったのだが、若干高慢さのある性格。
しかし、グレイグのほうが人々の賞賛をうけることが多く、日に日にグレイグに対して劣等感を持つことに。
そこをウルノーガに付け込まれ、ホメロスは魔王軍に寝返ることになる。
魔軍司令ホメロスとなった彼とは当然ながら最後に戦うことになる。
倒した後に死に際にグレイグに本心を打ち明けてこと切れる。

 

他には竜王の誘いに闇落ちしたドラクエ1主人公がいるビルダーズなどもある。
闇落ちではないが、ゼシカやマルティナも操られて一時的に敵になるキャラもいる。

闇落ちするキャラはちょっとした切っ掛けでなってしまうことが多いものだ。

 

今日はここまで。では、また~

 

2020年11月24日 (火)

<ドラクエ10> 心層の迷宮を周回する

こんばんは。

最大値のつきがアップし輝石のベルト+5が入手できる心層の迷宮。
新たな必須週課になりました。

バージョンアップ後、青黄緑一回だけやって、先週レベル5まで全部やって内部のストーリー終わり。
先週は一気にレベル10まであげてきました。

意外と輝石の消化は少ないです。
特に心層の迷宮のメインディッシュである青(極箱)は極箱+道中の箱が手に入ります。
極箱も残念ながらハズレが出ることも多いので、輝石に還元するものもあります。
極箱と竜箱を回収できれば、実質輝石1しか消費していないことになります。
また金以下でも運が良ければベルトがでるので、場合によってはベルトを3本回収=消費分還元もあります。

今は黄や緑もやりながらですが、それでも、週15輝石でほぼ7周はできるのではないでしょうか。
青迷宮のみの周回で極箱でキープすべきものが出なければ普通に8周以上できると思われます。

レベル10までやりましたが、レベル110以上なら全く余裕です。
アンルシアがレベル100前半くらいでもとても強いので、プレイヤーはどんな職でも問題ないです。
青迷宮はゲルニックタイプで呪文耐性を高めにしておくのがベター
緑迷宮はギュメイタイプで単体の状態異常付技や範囲を多用。離れて戦えるとよい
黄迷宮はゴレオンタイプ。痛恨の一撃が即死級なので盾持ちで行くほうがいいです。

アンルシアとモンスターにお任せ、的にすすめたいなら、天地やデス、占あたりでいくのがよいかと。
黄迷宮ゴレオンタイプは防御アップ+自動回復が強力なので、バフがはがせる賢者、爪職、鞭職がいいです。

レベルが上がると少しずつ強くなっていきますが、今のところほとんど問題なし。
すでに言われている通り、レベル25から急激に強くなるみたいです。

心層の迷宮は宝箱を回収すると思ったより時間がかかります。
なので意外と一気に周回するのも以外とたいへんです。
道中無視してボスだけ倒すのもありですが、なんとなくもったいないかなあなんて思ったり。

戦神のベルトについては、攻撃面の効果が多いのに対し、輝石ベルトはステータスや耐性なども付きます。
攻撃面では、属性攻撃については戦神ベルトが勝りますが、それ以外はほとんど輝石ベルトが上です。
なので、輝石のベルトのほうが今は期待値が高いものが出る可能性高いです。

聖守護者デルメゼは私はスルーしました。
ですが、次のシドーではないかと言われている同盟バトルでそれなりの装備の準備がいると思います。
とりあえず今週来週は心層の迷宮をまわそうと思います。

さらに、Ver5.4の情報もでてきました。新職は魔剣士。ドラクエ4のピサロのイメージですね。
暗黒の技を使う鎧職でしょうか。

---------------------------------------------------------------

昨日までの導き周回履歴結果

総周回数:16,407

トルネコ:   861 ( 5.25%)
ミネア :   873 ( 5.32%)
テリー :   887 ( 5.41%)
カンダタ:2,704 (16.48%)

先週は反動なのかミネアが出ず、テリーが固まってでました。
そのため、おさかなコイン限定で交換できるボスカードが一気に処理できました。

今回の聖守護者デルメゼではエルフの飲み薬はあまり使われないようで、高騰はありません。
逆にしずくは大量に使うようですが、相場はほとんどかわらず。
まあ、ベテランはメダルがだだあまりしているので、バザーで購入する人もすくないのでしょう。

今回の聖守護者は強さ1ですらやる人が少ないようでバザーの相場もあまり動きません。
バザーがおおきく動きバブルがおきるのははむしろ次の同盟バトルのときになりそうな予感がします。

 

今日はここまで。ではまた~

2020年11月19日 (木)

ドラクエの謎考察 その270

こんばんは。

ドラクエのいろいろを探るお話

・ドラクエと道具・装備作成

ドラクエシリーズも7までは武器や防具は完成品を買ったり、モンスターから手に入れる。
もちろん、ストーリー上一品ものの専用装備が手に入ることもある。

ドラクエ8から錬金釜が登場し、装備を錬金することができるようになった。

そのため、ドラクエ8以降は最高装備が錬金釜で作成する、というものが増えた。

最初の錬金釜の登場時は、一定時間経過(正確には一定の距離を歩く)しないと完成しない。
装備の他に道具も作成する。

しかし、錬金のレシピは一部を除きわからない。錬金して完成して初めてレシピが埋まる。
そしてドラクエ8では通常のプレイではこのレシピを全て埋めることはできない。
別の考察で触れたが、入手に限りのあるアイテムを使用するものが多く、全部を作ること自体できない。

そして、当然ながら一部の最強装備は、材料に一品ものを使用する。
別の装備の材料にもなるため、事実上、どちらかひとつしか作れない。
ドラクエ6のエンデ装備のようなものになる。

ドラクエ9でも錬金釜で最強装備を作成する。
こちらは8と違い、一品ものを合成するようなレシピはないので頑張れば人数分作成可能。
ただし、その材料は強敵がひしめく高レベルの宝の地図の宝箱から出現する。

さらにドラクエ9では、最高装備を錬金する際に、なんと事前セーブが行われる。
セーブが1か所しかないドラクエ9ではコピーして待避することもできない。
リセット対策がされているのだ。

この最高装備の錬金では大成功するか否かでそもそもできるものが変わる。
「大成功はしなかったようですね。とはいえ、それが普通なのです」
のセリフを思い出した方いますよね。

ドラクエ10では錬金釜は8と同様、時間経過でアイテムが完成する。
レシピは決まっており、装備は作れない。
薬品系消耗品とボスカードを作成するのがメインだろう。

ドラクエ9の運要素はドラクエ10では錬金職人に受け継がれた。
ルーレットを回して大成功~失敗まである。
パルプンテで予測のできない効果がつくこともある。
ドラクエ9ではリサイクルストーンで装備を錬金前の状態に戻せたが10ではできない。
もちろんリセットもできないので、錬金職人はギャンブル要素が高いといわれている。

ドラクエ10では装備品を作成するのは錬金釜ではなく各職人になって行う。
他のドラクエシリーズとは違い、最強装備はすべて職人が作成する装備となる。
一般のMMORPGでは特定コンテンツの報酬やモンスターのドロップが最強装備になることが多い。
そのためプレイヤー職人が作成する装備が最強装備になるドラクエ10は珍しい存在である。

ドラクエ11ではドラクエ10の職人システムの一部が引き継がれ、装備を生成できる。
ただし、最強装備はやはり特別な一品ものになっている。
ドラクエ10をやっているとこの辺の感覚がかわるのかも。

ドラクエ8より前でも武器防具を作成するシステムがあるドラクエシリーズがある。
トルネコの大冒険シリーズである。

武器や盾は合成でき、合成を続けると武器の+が増えていき攻撃力が増す。
特定の装備を合成すればその機能を引き継ぐこともできる。
ただし、トルネコの大冒険シリーズは途中で敵にやられると持っていた装備は失われる。
なので持ち帰りのタイミングを考えさせられることになる。

ソシャゲ系のゲームの場合、ガチャで手に入れた装備が合成や錬成のメインとなる。
同じ装備を合成すると合成最大レベルがあがる(いわゆる凸といわれるやつ)
中には最大凸まで上げるとさらに上位の装備の合成素材になるとかもある。

今後のドラクエシリーズも、装備や道具を作成することができるのだろうか。

今日はここまで。では、また~

2020年11月16日 (月)

<ドラクエ10> 日課週課月課・・の取捨選択を考えてみる

こんばんは。

ドラクエ10には、1日1回、週に1回、月に1回など
いわゆる日課とか週課とかいわれるものが多く存在する。

しかし、すべてをこなすほど時間がある人は少ない。
そんな中でエイロス個人的な「取捨選択」を書いてみる。
あくまでエイロスから見た見解なのでご了承ください。

--- 日課 ---

◆討伐依頼

依頼リストにあるモンスターを特定数倒すというもの。
フィールドのモンスターは複数、強ボスなら1回。
ある程度の強さがあれば楽勝な強ボス1回が人気が高い。
報酬は経験値とゴールド、最新錬金石1つ。

とりあえずやっておいて損はないでしょう。
経験値よりお金のほうがメインになっているようだ

◆職人依頼

各職人のギルドで指定されたモノを作るか錬金すればクリア。
ただし、その指定されたものは報酬と材料費のバランスがあっていないものもあるので注意。
基本的に店売り材料だけでできる条件では必ず黒字になる。
よって店売りしていない材料を使うものは儲けがおおきいのもあれば赤字になることもある。

基本的に黒字になるものを作っていれば確実にもうかる。
生産職の場合は、とりあえず普通に作ってバザーで売るのと納品するのとどちらが高くなるか比較。
高く売れるほうで売ればよいだろう。
★3であれば多分バザーに出したほうが高い。

逆に錬金は普通に錬金すると常に一定の失敗の確率が伴う。
大成功はないが、一発仕上げ道具に一発仕上げして提出したほうがベター。

◆借り物クエスト

職業、職人、しぐさ、セット装備、称号 を要求されるので、それを用意する。
報酬は福引券1枚なので、残念ながら今はやる価値がかなり低下している。
職業、しぐさ、称号は比較的ひとりでクリアできる可能性が高い。
一方で職人は自分の職人が選ばれないとソロクリアはほぼ無理。
セット装備などは、結晶装備が選択されたとしてもいちいちそろえてやるのも面倒。
称号やセット装備の中にはほとんど無理ゲーな題目がでることもある。

◆強戦士

強戦士から行ける1日1回固定報酬がもらえるコンテンツ。
日課討伐とセットでやる人が多いだろう。
オーブの香水がないと効率悪くなるので毎日する人は香水の確保が意外とたいへんかも。

◆魔法の迷宮の紫箱

魔法の迷宮をクリアすると(コインボスでも通常迷宮ボスでもなんでもOK)
福引券3枚のはいった紫宝箱が出現する。
福引券の価値はどんどん下がっているため、あまりこだわる必要ないかも。
導き周回している私は必ず消化しているものになっている。

◆達人クエスト

5種類のお題のどれかをクリアすることにより任意の種類の宝珠2~5個ゲット。
プレイヤーのレベルや嗜好でやりたいものが選べる。
報酬は宝珠なので、全種類集め終わった人にとってはあまり意味ないかも。

◆聖守護者、常闇報酬

これらエンドコンテンツは1日1回確定で交換アイテムが入っている。
ただし、聖守護者は毎日強さが変わる、常闇は固定で入手できるのはレグナライトのみ
交換材をあつめるのは非常に面倒である。

◆バトルロード

1日1回挑戦権がもらえる。SランクAランクならゲーム内でやったほうがいい。
ただし、コインが目的の場合、ツールでコイン報酬の多いのを消化するのもありかも。

--- 週課 ---

◆レンダーシア討伐

レンダーシアの討伐依頼。真と偽で1か所ずつある。
共通で経験値12~14万と錬金石10個、真が依頼書、偽が福引券
錬金石が結構価値が高いのでほとんどの人がやっているだろう。
日課と違い、お金は入らないのでカンストしている人には旨味が少ないかも。

◆万魔の塔

紋章アクセが手に入る2020年11月現在唯一のコンテンツ。
全種類のアクセの理論値ができている人はまだほとんどいないと思われる。
というわけで、万魔の塔に行けるまでキャラが育っている人は絶対やっておきたい

◆ピラミッド

ピラミッドアクセ(胸アクセ)が入手できるメインルート
アンクが完成していない人ならば必ずやっておきたいもの。
今はカンストレベル近辺のサポートをそろえるだけでも楽勝だろう。

◆代筆家

Ver5の討伐というか報酬がアイテムな達人クエといったほうがいいか。
報酬の良しあしが結構幅が大きいのでよく確認しよう。
邪神や万魔、防衛軍なども題材になっていることがある。

◆試練

レベルがカンストしていなく、未取得宝珠があるならやっておくべきかと。
ただ、90レベル以上だと一通りクリアしただけではレベルが上がるほどもない。
いつかのバージョンアップで金目の報酬が軒並み消えてしまったのが結構痛い。
ので、カンストしていたり、欲しい宝珠がもうないならやる必要ないだろう。

◆王家の迷宮/心層の迷宮

週に15輝石(1回の挑戦で3輝石使用)入手できる。
輝石のベルトを得るのに必要。
Ver5.3のある程度までストーリーを進めると入れる心層の迷宮で+5の輝石ベルトが入手可。
そのため、最近の追加コンテンツとして必須級の週課となった。
ツールで王家を消化していた人は輝石の無駄遣いに注意。

◆釣りビンゴ

ツールの週課であるが、ビンゴの達成により、福引券、メタル招待券、めぐみのしずく、ゆめのかけらがもらえる。
結構価値が高いものであるので、できる限りやっておいたほうがいい。
初級はよほど運が悪くない限り毎日釣っていればジェム使わず週内にクリアできるはず。

◆チャレンジミッション

同じくツールの週課
ジェム使用必須のものと運がないとクリア無理な青箱以外は楽勝。
ただ、報酬は多少の福引券やゆめのかけら。
流す感じで消化しておくといいでしょう。

◆すごろく(カジノプレイチケット)

すごろく1回分のカジノプレイチケットが毎週配布される。
カジノコインがあまりまくっている人はツールで消化する人が多いと思う。
ただ、おみくじボックスを頻繁に交換する人はコインがかなり減るとおもう。
定期的にゲーム内のすごろくをする必要あるでしょう。

--- 半月課 ---

◆邪神

戦神のベルトが手に入るコンテンツ。
各獄初回に100%+3の戦神のベルトが手に入る。
第1獄は初回報酬に最新錬金石20個もある。
とりあえず1獄だけはやっておくべき。

◆ロスター

個人的には直近のリニューアルコンテンツの中で一番のあたりと思う。
期間中のクリア報酬は初回のみ福引券5と8万経験値だけなのでたいしたことない。
ただし、お題になっているボスはカード/コイン1枚で4箱報酬がでる。
1枚だけだと消化が面倒なコインボスがお題になったときは集中的にやりたい。
特に達筆が余っている人が多いだろう。ロスターで筆ボスを回すのがおいしい。
未完成のアクセが題材のとき、継承元アクセの対象が題材のときなどきっかけになるボスも多い。

◆ナスガルド

ランダムなボスを演じるボス5連戦。
報酬は毎回変わり、結構報酬の質が変わるのでやるかやらないかはその時次第か。
ただ、それほど強い敵でもないので、やれるときはやっておいたほうがいい。

--- 月課 ---

◆不思議の魔塔

カードが完成していなければやっておくべき。
逆をいうと完成してしまうとほとんどやる人がいないという。
直近で心層の迷宮解放に伴い輝石目的で竜箱を回収するために魔塔をやる人もいるとか。
金フェザーの新しい使い道ができるまではカード完成している人はやる必要ない気がする。

◆テンの日報酬回収

プレゼントチケット、福の神カード、迷宮のぷーちゃんからもらえるボスカード。
テンの日に毎月手に入るもの。
これにテンの日のイベントによっては+αがある。

 

----------------------------------------------------------------------------

先週までの導き履歴

総周回数:16,285

トルネコ:   853 ( 5.24%)
ミネア :   871 ( 5.35%)
テリー :   879 ( 5.40%)
カンダタ:2,691 (16.52%)

先週はやっとトルミネテリーの出は少し上向きになりました。
とはいってもトルネコの出だけは悪い・・・・

先週はおさかなコインの交換ボスカードを1枚ずつとってはテリーに渡している。
が、それ以上にミネアからカードをもらったのでそちらの消化も必要になってきた。

今日はここまで。では、またー

2020年11月12日 (木)

ドラクエの謎考察 その269

こんばんは。

ドラクエの歴史と時の流れをかえりみる。

・ドラゴンクエストとアーケードゲーム

ドラゴンクエストはRPGとして初代1はファミコンで発売された。
その後ナンバリングはすべてゲーム機用で販売される。
モバイルが一般的になってようやくスマホやPCでできるようになった。

一方、ドラクエシリーズにはゲームセンターでできるシリーズがある。
2020年11月現在稼働中なのは、スキャンバトラーズとクロスブレイド

いずれも、プレイ時にゲームカードが排出され、それをスキャンして遊ぶもの

ちなみにクロスブレイドはスクエニではなくタカラトミーアーツから。
正式にはこちらはダイの大冒険のゲームなので純粋なドラクエシリーズではないかも。

ドラクエのカードスキャンのタイプのゲームは過去にもある。
かつてドラクエ9の大魔王の地図を配信することもあったバトルロードシリーズ。
非常にグラフィックがきれいなのと、歴代シリーズ経験者が見れば納得するような特技があったりする。
アーケードゲームとしてサービス終了後はwiiに移植されバトルロードビクトリーのタイトルで発売された。

しかし、初代ドラクエからプレイした世代の方は、かつてゲーセンでドラクエを見たことがある人もいるはず。
非公式(というか本来なら違法と思われるのだが)であるが、ゲーセンドラクエがあった。
当時はファミコンをゲームセンターのゲーム筐体に入れてプレイさせるものが結構存在していた。
時代は1985,1986年ごろ。

本当にドラクエ1やドラクエ2がゲーセンにあった。
記憶が正しければ1プレイ10分の時間制だったと思う。

ただ、さすがにゲーセンでドラクエ型のRPGをやるのは当時でも抵抗あっただろう。
ドラクエではキャラに名前つけるし、ふっかつのじゅもんの入力も必要。
時間制なので、時間切れになると容赦なく操作不能になる。
まともに続行できるものではない。

ファミコンが発売されてしばらくはゲームセンターのゲームが移植されたものが結構多い。
また、ファミコンの発売元の任天堂もファミコン発売と同時にアーケードゲームから撤退したわけではない。
しばらくの間はVSエキサイトバイクとかVSシリーズがしばらくゲーセンでプレイできていた。
そのため、アーケードゲームとファミコンゲームがゲームセンターに同居した時期でもある。

ちなみにスーパーマリオのアーケード版がかつて存在したが、すさまじくレアな存在。
正規のアーケードゲームのスーパーマリオより、ファミコン版でのエセアーケード版のほうが多かったとか。
アーケード版はファミコン版とマップや敵の配置が異なり、アーケード版のほうが難易度が高いとのこと。

さて、現時点ではドラクエはRPGとしてのタイトルがほとんど。
しかし、ドラゴンクエストヒーローズ等アクションゲームもぼちぼちでてきた。

もしかするとドラクエもゲーセンでやるアクションゲーム的なものが出てくるかもしれない。
FFではディシディアシリーズでアーケードのタイトルがでている。
ドラクエももしかしたら今後でることもあるかもしれない。

 

今日はここまで。では、また~

 

 

 

2020年11月 9日 (月)

<ドラクエ10> 本マグロ釣り

こんばんは。

フィッシンググランプリがはじまりました。

今回はすしざんまいとのコラボイベントで、上位およびピタリ賞で食事券がもらえます。

というわけでさっそくやりました。

メインとサブキャラそれぞれサイズ別報酬をとれるまでやりました。
今回はほとんどが1300~1500のサイズばかり。

一応各2竿分120回分やったのですが、1200台が2回、1020くらいのが1回で
後は例外なく1300~1500の間であまりにも普通サイズしか釣れません。

黄金のマグロも3回つれましたが、1020くらいの以外は普通サイズと同じでした。
おそらく、黄金の方がイレギュラーなサイズが出る確率が高いのでしょう。

実際、ネットなどみても、普通サイズ以外のものは突然ぽっと出するみたいでのようです。

多分、1%くらいの低確率でイレギュラーサイズのが抽選されるような仕組みなのでしょう。
なんで、サイズ別報酬をゲットしたら続けてやる気がなくなったのでやめました。
ピタリ賞1010.0もイレギュラーサイズみたいので何時間も費やしたくないこともあり断念。

ただ、サイズ別報酬を回収するだけでも結構いいものが取れるので、全キャラやることをお勧めします。
また、レベル1でも釣れるうえ、低レベルでは経験値が破格でコインも多いのです。
初心者やサブキャラの序盤キャラの釣りのレベル上げにいいです。

なお、11日からは期間限定のおさかなコイン交換所がひらきます。
が、このラインナップ見て思ったこと。これ、コインボスカード、カードなら無制限でよくね?
1回限りならコインかメダルでいいのでは?

身代わりコインとか錬金石みたいなのはまあ、無制限に入ると価値がおちるだろうから仕方ないにしても
あとは青字(1回限り)にする必要ないように見える。

 

さて、先週はだいぶたまってきたので心層の迷宮をやりました。
最初はアンルシアのレベル上げ重視で緑(経験値)を重点にやろうかとおもいましたが、
まんべんなくやることにしました。
やっぱり、極箱欲しいので。

高レベルになるとわからいですが、低レベルでは黄(お金)のゴレオンタイプのボスが面倒に感じました。
とにかく固いのと痛恨があったり仲間呼びがあるので。

高レベルではゲルニックタイプの青(極箱)のが強いらしいですが、低レベルではそれは感じませんね。

なお、運が良ければ青(極箱)以外でも道中に極箱が出ることがあります。
今回は時間制限ないので、雑魚は全部倒して、回収できるだけの箱は回収したいです。

迷宮の入り口の輝石を消費しての効果はつける必要がほとんどありません。
極箱1箱確定の効果がありますが、よくよく考えれば普通に青迷宮まわれば1つ必ずゲットできます。
経験値アップとかも不要。唯一迷宮レベルをスキップするやつは黄迷宮緑迷宮をスキップアップさせるためにはいいかも。
基本的に心層の迷宮は青迷宮メインで回すものとおもわれますので。

ちなみに黄迷宮は1回あたり数十万G以上入るならまだしも、10万Gすらいきません。
個人的にやる価値はないと思います。Lv30をクリアして称号とったら多分二度と行かないことになりそう。
緑迷宮はアンルシアのレベル上げをしながら上げられます。超元気玉併用であげるとよいです。
当然ながら、アンルシアがカンストしたら緑迷宮の価値はほとんどありません。
青迷宮をあとのお楽しみにしたいのであれば、緑から消化するのがよいでしょう。

道中で竜箱以上が入ったり、銅銀金箱でもベルトが出れば輝石の足しになります。
1週間の15輝石で多分6周はできるのではないかと思います。
5周のうちベルトが箱から3本は出ると思うので、1周分は追加でできるでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------------

先週までの導き履歴

総周回数:16,171

トルネコ:   851 ( 5.26%)
ミネア :   861 ( 5.32%)
テリー :   871 ( 5.38%)
カンダタ:2,656 (16.53%)

先週もトルミネテリーの出が悪く、3週間続けて率が下がってます。
久しぶりに30周以上のトルミネテリー間ハマりが出たりしたり。
カンダタだけは普通にでてますが全然うれしくない。

今日はここまで。では、またー

 

 

2020年11月 5日 (木)

ドラクエの謎考察 その268

こんばんは。

ドラクエの世界の環境を考えてみるお話

・ドラクエ世界のペット等の動物の存在

リアル世界なら犬や猫といった動物を飼っている人も多いだろう。

ドラクエ世界でも、ペットを飼っているキャラクターは多々いる。

なかには相棒のモンスターとして存在しているものもある。そのようなものを考えてみる

◆ドラクエ2

ペットではないが、ムーンブルクの王女はハーゴンに犬にされてしまう。
どうして犬にされたかは不明である。
ザハンの村では金の鍵の目印になるようなところに犬がいる。

◆ドラクエ3

イシスの町に猫がいるが、ベビーサタンが化けたものがいる。
人語を話す馬がいる町がある。

◆ドラクエ4

3章で狐を追い払うために犬を連れていくイベントがある。
4章ではマーニャミネアの飼い犬のベスタがいる。意外と知られていない。

◆ドラクエ5

幼少期に助けた猫は猫ではなくキラーパンサーだった。
フローラはリリアンという犬を飼っている。
ビアンカが猫派でフローラが犬派にみえるのだが、リメイク版のセリフにより必ずしもそうでないようだ。

SFC版ではポートセルミの灯台の猫が「恐ろしい魔物」として有名。
この猫と壁に挟まれるとハマりになり、リセットするしかなくなる

◆ドラクエ6

物語の途中で、サンマリーノの村長の飼い犬ペロが毒殺されそうになるシーンがある。
また、他にもトルッカやザクソンにいる犬などストーリー上に必要な役割を持っている犬が多い。

ライフコッドには主人公の家に居候する猫がいる。

◆ドラクエ7

ドラクエ6のペロと同様あわや毒殺されそうになる犬がいる。
旅の教会にHPMPを回復してくれる不思議な猫がいる。

また、リメイク版では、ガボは母親の狼に乗って移動し、戦闘でもこの母狼が参戦することもある。

◆ドラクエ8

ミーティア姫は呪いで馬にされてしまう。
ハワードの飼い犬のレオパルドはラプソーンに憑依され魔犬レオパルドになってしまう。

どうも8では呪いや憑依といったあまりいい目に合わないようだ。

◆ドラクエ9

グビアナ城の女王ユリシスのペットがトカゲのアノン。
ところが女神の果実を食べてギガントドラゴンになってしまった。

猫の鳴き声だけで記載されているクエストを依頼する猫がいる。

◆ドラクエ10

メレアーデのペットの猫がチャコル。
エテーネの村再興の後、メレアーデの依頼で猫集めを行うクエストがある。
ガニャポンという猫ついてくんのガチャガチャが設定されるなど、Ver4は猫ずくしの展開に。

◆ドラクエ11

主人公の幼馴染のエマの飼い犬ルキがいる。物語の最初でNPCとして加わり
戦闘もできる。

グレイグの愛馬はリタリオン。

他にクエストの中に猫を救出するものがある。

 

今日はここまで。では、また~

2020年11月 2日 (月)

<ドラクエ10> レベル上げを久しぶりに強化してやる

こんばんは。

10月はドラクエする時間が少なくなったため、日課等もやれない日が多かった。

そんな中、Ver5.3入ってまだひとつもレベル116に到達していないことに気づく。
なんで、10月はメタル招待券なども使い、試練を回したりした。

特に月の後半はロスターで回したい対象がなかった。
最近は日々の導き周回の1発目はロスターでやっていたのだが、10月後半はメタル招待券を使った。
ちなみに、デスマスターがレベル100を超えたので、10月はデスマスター中心に経験値を集中。
一気に114まで追いつきました。

11月になり、またガルドリオンが対象になったので、11月前半はロスター回しメインに戻ります。

経験値報酬コンテンツは日課、週課、ロスター、万魔の交換報酬、魔王の代筆家など、結構あります。
試練もビッグビッグハットまでの消化としても60万弱稼げます。

少ないインタイムですが、最近はレベル上げに使うことが多くなりました。

イベント関連ですが、釣りグランプリやライバルズコラボなどあります。
これらもメタル招待券がゲットできたりするので、いろいろありかなと思います。

次の釣りグランプリはすしざんまいのコラボで入賞すれば食事券もらえるそうで、
今までの釣りグランプリに比べると結構よいです。

ライバルズはエースにリニューアルしたときに始めていたのですが、せっかくだからコラボアイテムゲットです。

さて、まもなく聖守護者第5弾がきます。
私は聖守護者はやらないのですが、聖守護者開幕直後は消耗品の相場があがります。
例によってエルフの飲み薬が高騰する予感がします。

実は、ガルドドンのときは80本くらいしか売りませんでした。
現在、在庫が300本以上あります。
今度のボスはMP管理はどうなるのでしょうか。
エルフぶっぱにはならないと思いますが、エンドなのでMP回復はエルフの飲み薬を使うことになります。
まちがいなく5万以上にあがるでしょう。7万超えはあるのでしょうか。

ガルトドンは運営がパラ構成を意識して出したみたいですが、蓋を開けたらデス賢者魔戦のゾンビがはやりました。

これは、レギロガと同じ歴史を繰り返しになりそうな予感がします。
すると、次はスコルパイドのように「ゾンビ戦法許さん!」の対象がでてきそうです。
またザオトーンみたいな蘇生禁止技を使うボスなのでしょうか。

そして、スコルパイドではまも、賢者が活躍しました。
ですが、ガルドドンでデスや賢者が活躍しました。

すると、次はヒーラーは久しぶりに僧侶が復権するのではないでしょうか。
スコルパイドでは雨で耐える戦法でしたが、賢者なしとなると久しぶりに聖女で耐える相手かも。

しずく葉っぱぶっぱができなくなるような「道具トーン」のようなものがでてくるかも。
するとメインヒーラーがしっかり必要になる予感もします。

--------------------------------------------------------------------------

昨日までの導き周回結果

総周回数:16,063

トルネコ:   847 ( 5.27%)
ミネア :   857 ( 5.34%)
テリー :   865 ( 5.39%)
カンダタ:2,656 (16.53%)

いつのまにか16,000周を達成していました。
先週もミネア以外の出が極端に悪く、10月はずっと全体的に出現率ダダ下がりです。
まさか確率絞られたとはおもえないですが・・・・

プチプチ香水1本で何も出ない、というのが10月は異様に多かったのですが、
まあ、16000周もやっていれば、一時的にこういうことはあるのかな。

うまく行けば今年中にとルミネテリー900回目がきそうな予感。
来年の3月ごろに20000周が達成できそうです。

今日はここまで。では、また~

 

 

2020年10月29日 (木)

ドラクエの謎考察 その267

こんばんは。

ドラクエのことをいろいろと。第267回

・ゲームに費やす時間を考える

子供のころ、「ゲームは1日1時間」などと言われた世代がいると思う。

そもそもコンピュータゲーム自体誕生してから50年もたたない。

日本で「コンピュータゲームをする」という行為が一般的になったのはいつごろだろうか。
おそらく、1978年のスペースインベーダーからであろう。

喫茶店にテーブルのゲームが置かれ、サラリーマンに大うけした。
インベーダーゲームだけを置くインベーダー喫茶が後の今のゲームセンターの元祖。
あまりの人気にゲームセンターに鞍替えするパチンコ店が続出したりした。
ゲーム業界がが台頭した時期でもある。

ところが、インベーダーのブームの終焉時にはゲームのマイナス面を問題視する意見が多く
ゲームは悪というイメージが広がってしまった。

このころは、小学校、中学校でも、ゲームセンターに行ってはいけないと禁止にされた。
ゲーセンではなくても、駄菓子屋や個人商店に設置されているゲームをプレイしているのを目撃されると
非難される時期がもあった。

ゲームで遊ぶことが再び一般に広がったのは1980年代中頃になる。
ファミリーコンピュータ(ファミコン)の登場で、家でコンピュータゲームをするのが普通になった。

ゲームというのは結構時間を使う遊びである。
ついつい何時間もプレイしていたり、徹夜してしまったりという人は多くないだろうか。

RPGになるとやはり時間を大量に持っていかれるものだ。
レベル上げとかですぐに数時間が過ぎてしまう。

1日1時間なんて到底無理で3時間以上してしまうのが普通、であったろう。

ドラクエを考えてみよう。
クリアするまで30~40時間。

が、当時はまずラスボスを倒すところまでゲームを早く進めたいと思うもの。
ハマった時期は1日あたり5時間以上を使い、徹夜した経験のある人が多いかと思われる。

それでも1~2週間でだいたい終わる。
終われば別のゲームをするかもしれないし、極めプレイや2周目をする人もいるだろう。

ナンバリングも新しくなると、ストーリー自体もそれなりに時間がかかることもあるうえ、
寄り道要素がどんどん追加されていく。

それに比例してプレイ時間が増えた人も多いかと思う。

そしてオンラインゲーム。
オンラインゲームは本当に時間をバカ食いする。
最近になると時間をバカ食いする要素をお金で解決する要素を持たせているものがある。

最近のオンラインRPGで「Time to win」と「Pay to win」という言葉を聞くようになった。

Time to win とは、時間を使った人が勝つゲームという意味合いをもつ。
黎明期のオンラインゲームはなにをするにも時間がかかるため、オンラインゲームにはまると
ネトゲ廃人になる、と言われていた。
最近のオンラインゲームはある程度対応をされてきており、Time to winは減る傾向にある。

一方Pay to win は払った人(=お金を使った人)が勝つゲームという意味。
最近のソシャゲに多い、課金して強いアイテムを買ってゲームで強くなる要素。
本当にお金持ちというのはいるもので、1か月に十万、百万単位の重課金をする人がいる。
時間がかかるものをお金で解決する課金要素も最近は増えた。
time to win 要素を pay to win要素で相殺する対応である。

ドラクエ10は月額課金型のオンラインゲーム。
よって、初期はTime to Winの要素が多かった。
それでも作成側からプレイヤーへのメッセージとして必要以上に時間をかけないで、という配慮がある。
元気チャージによる元気玉のシステムがまさにそれ。
これはログアウトしている時間にたまるため、プレイしない時間が不利になることをある程度抑える効果があった。

ドラクエ10初期から今でも続けている人はほとんどの方が3000時間以上になっていると思う。
オフラインのナンバリングなら長めのものでもクリアまで50時間くらいだろう。
これを考えるといかにオンラインゲームが時間を費やすかがわかる。

そして、最近はPay to winの要素が少しずつ追加されている。
「公式RMT」をいわれるようにツール福引でマイタウンメダルを集めてマイタウン権利書をもらい、売る。
だいたい8万円ほど投資すればマイタウン権利書が手に入るとか。
便利ツールではお金(ジェム)投入で有利になる要素が数多く存在する。

ドラクエ10の便利ツールのコスパ考察で触れているが、課金機能を利用すべきと思う機能が実際ある。
見極めが重要だ。
ドラクエ10の方に書いたが、私は個人的に「時間」を買う要素より「運」を買う要素にジェムを使いたいと思っている。

ドラクエシリーズは比較的レベル上げが簡単な部類に入るゲームである。
メタル系というドラクエ発祥の「経験値稼ぎ」モンスターがいるからだ。

そのため、レベル上げに時間が必要以上に費やされているとは思わない。
経験値を稼ぎやすくなる課金アイテムが出ている。

私もドラクエ10は初期のころは1日5時間以上費やした時期が多かった。
安定期になっている最近に比べるとやることが多くて時間を要した。

とはいってもtime to win 、pay to win には本来ならなってほしくないものである。

今日はここまで。では、また~

2020年10月26日 (月)

<ドラクエ10> たまりがちな日課週課をまとめてやった

こんばんは。

10月にはいってから、イン時間が少ないこともあり、いわゆる日課、週課といったものがたまりがち。

久しぶりに先週末はドラクエ10をまとめてやる時間がとれたので一気にこれらを消化する。

24日の土曜日に、万魔や週討伐などをクリア。最近は新宝珠対応で試練もしている。
さらに大筆家など先々週と先週分を消化。

25日に邪神もかわるので邪神も。
ついでにナスガルドも。

はい、メインとサブのこれらたまっていた日課週課やったら時間なくなりました。
防衛軍やゼルメアとかもやる必要あったのでわりといろいろやることに。

日曜更新したら、討伐、万魔、邪神、試練をすぐやり、防衛軍は全軍団の時間に宇宙からの侵略者をやる。

これで、今週分は一気に完了。
これで今週はイン時間少なくても日課週課に追われることはなさそうだ。

サブのストーリーすすめていきたいですね。

防衛軍を最近ぼちぼちやりだして、武器を集めています。
錬金効果はいまいちでも最新の武器が手に入るのは大きい。

防衛軍はブメ旅で入ることがおおいですね。
階級低いので初期の2つと全軍団対象時の宇宙からの侵略者しかやっていません。
火力重視のようなのでバトやまもとかが良いとか。斧強化されて戦士やレンもよさげとか。

平日は24時すぎにはおちなければならないので、1時間くらいしかインできない日が多いかも

その中で導き周回履歴付けはやる必要あるので、日課の消化も最近は難しい。
10月後半のロスターはあまり周回したい対象がないので、一発目はメタル招待券で入っています。

しばらくはこんなプレイが続くかもしれない。

----------------------------------------------------------------------

先週までの導き履歴経過

総周回数:15,960

トルネコ:   842 ( 5.28%)
ミネア :   850 ( 5.33%)
テリー :   863 ( 5.41%)
カンダタ:2,647 (16.59%)

先週もカンダタ以外の出が悪い。さらに率を下げました。
プチプチ2~3個使って20周前後しなければカンダタ以外が出ない日が多かった。
ほかのこともしたい、時間がないときに限って出ない。あるあるである。

周回数的には今週中に16,000周を達成できそうです。

今日はここまで。では、また~

2020年10月22日 (木)

ドラクエの謎考察 その266

こんばんは。

ドラクエの時の移ろいを感じてみる話

・ドラクエリメイクと対応ハードの歴史

初代ドラクエからもうすぐ35年になろうとしている。
オリジナル版がリメイクされ、他機種に移植されるケースも多い。

現時点では、8までのナンバリングはすべてスマホでプレイできるようになった。

新しいナンバリングも他機種対応になっている。
最新の11はスイッチ版も出たので3機種でできる。
ドラクエ10は主要ゲーム機はもちろん、PCで可能。
インターネット環境があれば(操作性の問題はあるが)ブラウザ版も可能。

古いシリーズはリメイクされている。

特にロトシリーズや天空シリーズは複数回リメイクされている。

ドラクエ3については、システムや内容が異なるリメイク版がある。
オリジナルのFC版からSFC版、ゲームボーイ版
SFC版とゲームボーイ版では専用のコンテンツがあった。

ドラクエ5もリメイクでゲーム内容が大きく変わっている。
SFC版は3人PTだが、PS2版は4人制が追加され会話コマンドが追加。
DS版になると結婚候補にデボラが追加されている。

ドラクエ7リメイクは不思議な石板システムが追加され、転職の仕様が大きく変わっている。

ドラクエ8も裏ボスが追加されたりと変更ありあり。

ドラクエ11に至っては、最初に登場した時点でDS版とPS4版では基幹ストーリーこそ同じ。
しかし、どちらにも専用のコンテンツがあったり、システムが異なるものがあった。

さて、2020年10月現在、唯一リメイクがないのがドラクエ9である。
ドラクエ9はすれ違い通信がすべてなので残念ながら、その強みを生かすのならば間違いなくスマホ版に
なるだろう。
ドラクエウォークや星ドラのすれ違い地図のシステムのようなものを活用すると思われる。

もし、据え置き機に移植した場合、インターネット接続でのなにかでやることになるのか。

次のナンバリングとなるドラクエ12は今のところ情報が全く出ていない。
対応ハードもゲーム機だけでなく、スマホやPCでいきなりできることも考えられる。

ドラクエ10も10年は続けるといっているので、ドラクエ12はオンラインではないだろう。
今の流れから考えるとおそらく次のバージョン6が最後の拡張パッケージではないかと思われる。
ドラクエ10はFF11をある程度参考にして作ったとされる。
するとFF11の後FF14が登場したように
ドラクエ10もメインストーリーが完結した後は新なナンバリングをオンラインで立ち上げるかもしれない。

外伝もいろいろなもので出ている。

モンスターズはゲームボーイ版からスタートし、ゲームボーイアドバンス、DSと携帯ゲーム機で
新作を出し続けていた。
据え置き機対応になっているものもあったり、ソシャゲ化したものも。

もうすぐPS5が出るという。
ドラクエもいずれPS5でできる何かがあるかもしれない。

生誕してからもうすぐ35年。
かつてのハードとは比べ物にならないスペックになった現在。
想像もつかないところでドラクエはできるようになっていくのだろうか。

今日はここまで。では、また~

2020年10月19日 (月)

<ドラクエ10> 輝石のベルトの封印を変えるべきか

こんばんは。

輝石ベルトについて、極箱ができたことにより、封印を変えるべきかどうか迷っている方もいると思う。

今回は、現時点での輝石ベルトの封印について考えてみる

まず、今回の改正で、天箱までの箱から出るベルトの最大値はそのまま、
極箱から出るベルトのみ新しい最大値がつく。

一方で、新旧最大値のつきかたが変わらない効果もある。

というわけで、封印すべきかしないべきかについての私の考え方について

まず、攻撃時○○%でデバフ効果と開戦時○○%の効果は数値の最大値が上がったところで
不要。全部封印対象でよい。
あえて残すのは開戦時キラポンと移動速度くらいか。

勝利時にHPやMPが回復する効果もいらない。

ステータスアップ効果は基本的に封印しないほうがいいと考える。
目に見える効果が薄い、おしゃれ、すばやさ、守備力含めて。

種族特攻、呪文、特技のダメージアップ効果は今回の極箱での目的でもある。
当然これらも封印すべきではない。

耐性に関しては悩みどころ。
魅了だけは、現状、ダークアイ(ぐるぐるメガネ)+宝珠+輝石ベルトでないと100%ができないので
封印すべきでない。

一方、それ以外の耐性は装備錬金効果やアクセで100%を作れるので基本いらない、といえるのだが
意外と、この耐性については10%補完すれば100%にできるようなケースも割とある。

特にゼルメア装備で新しい装備を賄っている人が多いが、理論値がつかないので、組み合わせで100%まで
あと16%足りない、というシチュエーションがあり得る。その場合、有効だろう。

輝石の最大耐性は14%なので、意味がある。(18%か20%まであったならよかったのに・・・・)

レアドロ、通ドロについては、以前と最大値が変わらない。
これらは2つつくこともあるが、その確率は極めて低いため、これも封印するかどうか迷う人もいる。

レア泥通ドロに興味がない人は封印してしまっていいだろう。
ちなみに、私は封印しない。

ダメージ反射効果は輝石ベルトのユニーク効果。
いまいち使える場面が見当たらない。封印してしまっていいかもしれない。
ただ、突如重要な意味のある効果になるかも。あえて封印しないでもいいかも。

同じようなもので、ふっとびガードやはどうガードがある。
アクセや装備品等なんらかの条件で74%まで積めるようになったら重要な効果になる。
宝珠12%、ベルト14%で100%になるからだ。
ただ、今現在では、そこまで積めないのでその価値はいまいちだろう。

やはり、耐性は100%にできるかで価値が全く変わってしまう。
なので、無理であればわざわざ貴重なベルト枠にいれるのをためらうものだ。

 

輝石のベルトは極箱だけが最大値つくようになったため、
ほとんどの人がベルトの取り直しをしていると思う。

いままで集めていたものがほとんどが取り直しにされてしまうのが残念に思う。

------------------------------------------------------------------------

昨日までの導き履歴結果。

総周回数:15,850

トルネコ:   837 ( 5.28%)
ミネア :   846 ( 5.34%)
テリー :   859 ( 5.42%)
カンダタ:2,627 (16.58%)

先週は導きの出が非常に悪く、全体的に率を下げた。
16連続で何もでないが1回、14連続が2回などカンダタ含めて異常に出が悪い日があった。

今日はここまで。では、またー

 

2020年10月15日 (木)

ドラクエの謎考察 その265

こんばんは。

ドラクエのいろいろなコンテンツを考えてみるお話 第265回

・ドラクエとトランプゲーム

ドラクエシリーズでは、ゲーム内にカジノがあるため、さまざまなテーブルゲームが持ち込まれている。
その中でもいろいろなRPGでもちこまれているものにカード(トランプ)がある。

ポーカー、ブラックジャック、バカラといったギャンブル向けのトランプゲームがあるゲームは多い。
その中で、珍しくドラクエ10では最近大富豪が実装されている。

このドラクエ10の大富豪、FF14に麻雀が実装されたのに対抗して入れられたのでは
という噂がある。

そういえば、ディレクターがVer4で変わるときに、ドラクエ内の麻雀の実装の可能性はあり得るかも、
ということがいわれていた。

ただ、CERO Aのドラクエでは麻雀の実装はやっぱりむずかしかったのだろうか。
もしFF14に麻雀がなければドラクエに実装されていた可能性は高かったのかもしれない。

ドラクエ内に持ち込まれたこれらトランプ遊戯だが、当然ながらドラクエナイズされている。

例えばポーカーの最高役はロイヤルストレートフラッシュであるが、
これがスライムスートだとロイヤルストレートスライムというさらに上の役として扱われている。

一方、大富豪は基本ルールがどこまでかがわからないほどローカルルールがあふれている。
麻雀もローカルルールが多いのだが、大富豪も相当数ある。
実際にドラクエ10では多数のローカルルールが存在し、ドラクエ10オリジナルのものもある。

ドラクエ10の大富豪のローカルルールについて、ふと、私がかつてリアルでやってたころのルールと
比較して思い返してみることを書いてみる。

・階段
同じスートの連番を3枚以上でだすもの。
私はこれはローカルルールではなく、通常ルールであると思っていた。
ドラクエ10では階段であっても4枚だすと革命になってしまうので注意。

・反則あがり
ジョーカーと2、革命時の3、8ぎりアリ時の8、スぺ3返しありのスペードの3など
その時点で最強カードを含むカードで上がると反則上がりになり、大貧民になってしまう。
私の過去の記憶だと、反則あがりはジョーカーだけだった記憶。
実際、ドラクエ10での大富豪実装直後は反則上がりで自滅する人の多いこと多いこと。

・革命
任意の4カードを出すと、カードの強さが逆転する
ドラクエ10の場合、階段でも4枚だすと革命になってしまう。
リアルでは同一数字の4カードのみで階段では適用されなかった記憶がある。
また、ジョーカーを含めた4カードでは革命がおきないルールのところもあったと思う。

・都落ち
大富豪が最初にあがれないと大富豪が大貧民になるというルール。
私の記憶だと、大貧民が最初にあがったときに大富豪が大貧民になるルールだった。
都落ちといういいかたではなく天下落ちと呼ばれていた。

・8切り
私の記憶では8流しと呼ばれていた。
8を出すと、その場で流れ、8を出した人が親権になるルール

・スぺ3返し
ジョーカー単体に唯一勝てるのがスペードの3というルール
私の記憶ではスペードではなくクラブの3がジョーカーに勝てるルールが採用されていた記憶がある。
ちなみにトランプのスートは一般的にスペード、ハート、ダイヤ、クラブの順に強いらしい。
だからクラブの最弱カードが唯一ジョーカーに勝てる理由と思っていた。

・ジョーカー2枚以上
ジョーカーの扱いもいろいろある。
リアルでも基本的に1枚、2枚とも使うのがある。
大貧民、貧民が最初の手札から渡さなければいけないカードにジョーカーは除外するルールのところもあった。

私の記憶で採用されていたことがあるローカルルールはここまで位。

ドラクエ10では、5スキップや9リバースといったUNOからもってきたようなローカルルール
Qボンバーや7パサーなど全くしらなかったローカルルールありました。

そしてシステム的にも完全にドラクエ10オリジナルな仲間カードやスライム革命があります。

ドラクエ10の大富豪は、ローカルルールがてんこ盛りになっているレギュレーションだと
大富豪というトランプゲームをやっているのとは違うのでは、という感覚になるのは私だけでしょうか。

ちなみに大富豪という言い方も場所によっては大貧民というところがありますね。
私の過去の記憶ではどちらもありました。

トランプゲームだと、他にミニゲーム的に入れてよさげなのありますね。

UNOの原型ともいえるペイジ・ワン
トランプ麻雀ともいわれているセブンブリッジ
いつまでたっても終われないので有名なダウト
今の人ではルールがわからない方もいるかもしれない、ババ抜き、ジジ抜き、7並べ
スピード、51・・・
ポーカーも最初の手札を交換しないスタッドポーカーのほうがリアルでは主流とか

 

今日はここまで。では、また~

«<ドラクエ10> 更新が17日ぶりになってしまった。失礼しました。