« ドラクエ7 その8 | トップページ | ドラクエ7 その10 »

2011年5月11日 (水)

ドラクエ7 その9

ドラクエ7 続き

ドラクエ全シリーズ中最悪のイメージを残すといわれているレブレサック編。

過去にいくと封印された土地になっており、霧がたちこめている。レブレサック村では神父の恰好をしている魔物を退治しようと村人が打ち合わせをしている。話をすすめて退治しない選択をすると村人から村八分にされて魔物の山に放り込まれる。

そのまま魔物の山をのぼりボスを撃破し、霧が晴れると村は解放され、魔物の姿にされていた神父が元に戻り、処刑しようとしていた村人も我に変える。しかし、神父は村人がその行為に関する良心の重荷を背負うことを気にして一人で村を出ることに。村人はこの過ちを繰り返さないよう石碑を立てることになる。

この神父はゲーム中では明記されていないが、プロビナのイベントで殉死してしまう神父当人と思われる。

現代のレブレサックに戻ると、過去の事件の石碑が改ざんされており、怪物が化けている旅人に襲われた村を神父が撃退するという内容にされている。ところが、本当の歴史を伝えている唯一のリフの家族だが、そのリフのいうことがうそつきということで仲間外れにされている。

ほかの子供たちが秘密基地として村長の物置で土をほっていると重い石板が見つかりそれは石碑の改ざんする前の文面がかかれていた。村長にその石板を見せると、村長は斧で粉々にこわし、あくまで今の内容が言い伝えとして正しいと言い切ってしまう。過去の本当の内容は闇に葬られる....

リフの言っていたことが正しいことが分かった他の子供たちはリフに謝り仲間と認めた。この結果リフと子供たち、リフの親だけが正しい言い伝えをしっていることになる。あくまで、他の大人たちは認めようとせずに....

ちなみにこの後、ある事件がおき、この村は完全によそ者を近づけない雰囲気にする。ネットでも、この村だけは滅んでしまったほうが良いとかいう意見もあり。ドラクエ全作中最悪の印象を残すのは間違いないだろう。

今日はここまで。またー

« ドラクエ7 その8 | トップページ | ドラクエ7 その10 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/51638795

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエ7 その9:

« ドラクエ7 その8 | トップページ | ドラクエ7 その10 »