« ドラクエ6 その4 | トップページ | ドラクエ6 その6 »

2011年6月18日 (土)

ドラクエ6 その5

いよいよムドー戦へ。

ムドーの城行く前の最後の準備としてトルッカの誘拐事件イベントを終わらせ、ライフコッドで精霊の鎧を買った。これでミレーユも防御力大幅アップ。

いよいよムドーの島へ渡り、ムドー城を目指す。ここから急激に敵が強くなり、結構つらい。あいかわらずストーンビーストが厄介なのとタフで倒れない敵が複数出るといったことでMPを消耗する。一応ゲントの杖ならただで回復するのだが、戦闘中しか効果ない。宝箱は無視して先すすむことだけを考える。

そして、このムドーの島の地下を抜けると、オープニングであったあの場面へ出る。ミレーユがオカリナを吹くと金竜が現れ、それにのってムドーの城へ。

ムドーの城はとにかく炎の爪の回収が先決。ただし出現率こそ低いものここのザコはめちゃくちゃ強い。デビルアーマーとか攻撃が痛くてたまらん。炎の爪の宝箱のある部屋には強制戦闘もあり、それなりに消耗する。で、炎の爪ゲット。

そしてついに山場のムドー戦へ。レベルを上げるためのレベル上げはしてこなかったが、この時点で21ある。楽にいけるだろうか?炎の爪をレック(主人公)に、ゲントの杖をハッサンに持たせ、全員自力回復可能な状態とする。

ムドーのまやかしをラーの鏡で見破るといよいよバトル。まず、切り裂きピエロ2体を従えた形態は、スクルトで守備上げてひたすら攻撃。燃え盛る炎のダメージのリカバーが間に合えばどうにかなる。お供は1ターンでつぶれるので、仲間を呼ばれても集中し、これを撃破。

そして第2形態”本気”ムドー戦へ。曲が「敢然と立ち向かう」になり(これ、名曲ですな)最大の難所が始まる。最初にミレーユにスクルトを唱えさせるが、吹雪や稲妻が来ると全員回復に専念しなければならない。敵の素早さは低いため、回復が遅れることはない。しかし、同一ターンに吹雪と稲妻が来るとたとえHP満タンでも即死する可能性があるのでそれだけは勘弁と思いつつ戦闘を続ける。1回行動で吹雪、次のターン稲妻ときたことはあったが、何とか耐える。しかしそれでもしんどい。また、怪しい瞳で強制睡眠されるのも厄介。この時点ではザメハはないので起こせないので、運が悪いとそのままジリ貧になる。ただ、推奨クリアレベルより高めであり、レックとハッサンはドラゴンシールドを持っているので吹雪ダメージが減っていたため後ろ二人のHPに気を付ければある程度攻撃の余裕ができた。結果瀕死になることはあっても死亡者を出さずに倒せた。15ターンくらいであったか。

これでようやくダーマ神殿が解放となる。

レック:盗賊、ハッサン:武道家、ミレーユ:踊り子、チャモロ:僧侶、バーバラ:魔法使いにする。魔法使いや遊び人は極端にHPが下がるので馬車内で育てることとする。僧侶も踊り子もHPさがるんだよなあ...まあ、100超えてるから次へ進むか。

今日はここまで。では、またー

« ドラクエ6 その4 | トップページ | ドラクエ6 その6 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/51972625

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエ6 その5:

« ドラクエ6 その4 | トップページ | ドラクエ6 その6 »