« ドラクエの謎考察 その1 | トップページ | ドラクエの謎考察 その3 »

2012年1月20日 (金)

ドラクエの謎考察 その2

こんばんは。

ドラクエの謎、デマ、裏設定などをツッコむお話第2回

エスタークを○○ターン以内に倒すと仲間になる (デマ)

これは、ドラクエ5の裏ボスであるエスタークを倒すと、倒すのにかかったターン数を言われるため、早く倒せば仲間になるというもので当時あちこちでこの噂が広まった。一番多いのは10ターンと5ターンであるが、通常の方法では戦いのドラムと攻撃役が完璧にまわり、しかも敵の凍てつく波動が全くこない場合7ターンでいけるといわれていたレベル。神がかりな会心の一撃の連発をすれば5ターンもありえるとか。

もちろん、結果は×。たとえ5ターンで倒したとしても仲間になることも、ご褒美がもらえることもなかった。SFC版のドラクエ5は初の「クリア後のダンジョン」を搭載したシリーズでもあるため、エスタークが仲間になるという飛躍の予想もされたのも無理はない。だが、このデマの影響か、リメイク版では20ターン以内に倒すとご褒美がもらえるようになり、別のイベントでエスタークならぬプチタークが仲間になるようになった。

デマがリメイク時に影響を与えたのは後述する4の6章もそうである。

ピサロ和解ルート (デマ・裏設定→リメイクにて現実に)

ドラクエ4で、ロザリーが殺されずにすむ裏ルートがあるとか、ピサロを説得させ、エビルプリーストが真ラスボスになるというデマがFC4時代にあった。このストーリーは実はFC4開発当時から構想があったらしい。しかし「容量が足りなかった」という理由で削除されてしまったという。実際、構想上もあったということから、なにかをすればロザリーが死なないor生き返るというものがデマがでまわった。

そしてFC版から10年の年月を越え、リメイクされたドラクエ4は、6章として、ロザリーが生き返り、ピサロと和解し、真犯人であるエビルプリーストを裏ボスとして共闘する裏ステージに進む。リメイク版をした人はわかると思うが、エビルプリーストを倒したあともエンディングがある。このとき、ピサロがロザリーと一緒にロザリーヒルから、勇者たちが乗った気球を見守るシーンが追加される。ただ、この6章、展開があまりにも「ご都合主義」故に賛否がかなり別れる。特に村ごとピサロに滅ぼされた主人公は本当にピサロを許せたのか疑問に思うことである。なお、表にでることはないが、「ピサロと愉快な仲間たち」というタイトルがメモリ上に存在する。6章のサブタイトルかとも思えるが、それではあまりにもソロ(ソフィア)が不憫だ。

今日はここまで。では、またー

« ドラクエの謎考察 その1 | トップページ | ドラクエの謎考察 その3 »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

ちなみにモンスターズ2イルルカではエスタークを10ターン以内で倒すことでガチで仲間になります(^o^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/53776958

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエの謎考察 その2:

« ドラクエの謎考察 その1 | トップページ | ドラクエの謎考察 その3 »