« ドラクエの謎考察 その6 | トップページ | ドラクエの謎考察 その8 »

2012年1月25日 (水)

ドラクエの謎考察 その7

こんばんは。

ドラクエの謎、デマ、仮説、裏設定などに突っ込むおはなしその7

ネネは何歳 (謎)

トルネコの妻、ネネについて、FC4時代からトルネコ3に至るまで、容姿が大きく変わっている。ネネの公式イラストはトルネコシリーズに入ってからであり、40代くらいと思われるトルネコに対し、ネネは20代に見える。いっぽう、どこかのソースで、トルネコ3でのトルネコ51歳、ネネ24歳というのがあったが、これはあまりにもおかしい。息子のポポロがこのとき12歳なので、この設定だと12歳のときに子供を産んだことになる。むちゃくちゃだ。

FC時代のネネは公式なイラストはないもの、ドラゴンクエスト4知られざる伝説という本に(当時のエニックスの出版)にネネの預り所日記という話がのっているが、ここの挿絵のネネは完全におばさん(おそらく30代後半~40くらい)であった。ここだけ見るとトルネコとネネは年相応の夫妻ということになる。

では、トルネコの不思議なダンジョン2以降の「20代」の容姿のネネはいったい何者か。これは私の勝手な推測・仮定になるが、「不思議なダンジョン」を何回も潜るうちに若返りするようななにかを見つけたのではないかと思う。時系列的にはドラクエ4でポポロが5~6歳で、トルネコ3のときが12歳だからこの間、6,7年経過しているので、普通なら確実に老けるはず。老けるどころか若返っているのだから「なにか」を使ったに違いない。トルネコ自体も何歳かは謎になっている。ネネと同じように「なにか」を使っていたならトルネコはそれこそ50代かもっと年取っているのかもしれない。

別の説だと、ドラクエ4時代のネネとトルネコの不思議なダンジョン時代のネネは別人という説もある。が、これはちょっと説明が難しいと思う。

プサンは20年も本当にトロッコに乗っていたのか (謎)

ドラクエ5のトロッコのダンジョンで、天空人の姿になったマスタードラゴンことプサンが、無限ループで動き続けるトロッコに20年乗り続けていた状態で、5主人公一向に出会う。恐ろしいのは天空城からゴールドオーブが欠けて湖に水没したとほぼ同時期にプサンはこのトロッコの永久ループにはまったことになる。

マスタードラゴンにとって20年はとても短いものだと無理に解釈すればあり得る話だが、上記のとおり自分の住城が危機的状態にあるのにこんなことで遊んでいるとしたら変だ。ドラクエで登場する神様はこの5のマスタードラゴンといい、7の神様といい、なんかおかしい。

ここでは、本当にプサン(マスタードラゴン)は天空城が水没したことに気づかなかったのかもしれない。無限ループ20年はもしかするとマスタードラゴンにとっては20分くらいの感覚だったと考えられる、あの性格をとってもありえるだろう。

それにしてもマスタードラゴンは5では厳格さがガタガタに下がってしまっている。

今日はここまで。では、またー

« ドラクエの謎考察 その6 | トップページ | ドラクエの謎考察 その8 »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

ファミコン版攻略本の下巻に描かれているネネのイラストって全然今と違うんですよね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/53818990

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエの謎考察 その7:

« ドラクエの謎考察 その6 | トップページ | ドラクエの謎考察 その8 »