« ドラクエの謎考察 その22 | トップページ | ドラクエの謎考察 その24 »

2012年2月14日 (火)

ドラクエの謎考察 その23

こんばんは。

ドラクエの謎、仮説、デマ、裏設定につっこむお話し 23回目

・呪文の命名について考察してみる (仮説、裏設定)

ドラクエの呪文の命名ですが、明らかにゴロ合わせ的にあるものもあれば、語源が全くわからないものがあります。ということで呪文の命名を考えてみる

■ホイミ

 ドラクエ最初の呪文であるホイミは最初ホーミになる予定もあった。というものドラクエ1では使えるカタカナの数をメモリを削るために最小限にしており、「イ」の字も削られる候補であった。もし、ホイミがホーミだったらベホイミはベホーミとかになったのかも。ちなみにホイミ自体は「ホイ!身」か「保医身」と思われる

■ギラ、メラ、ヒャド、バギ

 攻撃呪文はだいたい音感で作っているようだ。呼んで字のごとく。バギはバキューム(真空)からかも

■ベホイミ、ベギラマ、イオラ、バギマ、マヒャド

 基本呪文にマやラをつけると上級になるのはドラクエ以外でも万国共通なのかも。あの最古のコンピュータRPGのウィザードリィすらそうなので。ドラクエの場合、ベも上級扱いか

■ラリホーマ、ザラキーマ、メダパニーマ、メラゾーマ、ザオリーマ

 上級編その2 「-マ」がつくケース

■ベホマズン、イオナズン、ベギラゴン、ドルマドン

 最上級編は最後の2文字が濁点文字+ンが多いような

■バイキルト

 2倍斬るからバイキルト。そのまんま

■メガンテ

 目がテンになるほどすごい呪文だから。女神転生ではない。ちなみに、メガンテは8のみ英語版表記が「KAMIKAZE」となっている。確かに自分の命と引き換えに大ダメージを与える効果とはいえ、こういう引用ってちょっとまずくないですかね。「トロデーン王国万歳」とか叫びながら唱えるのだろうか・・・

■メガザル

 メガンテ+ザオラルだろう。本当ならメガンテ+ザオリクだからメガザクとつけたかったにちがいないが、これだと巨大なモビルスーツを連想してしまう...

■マホカンタ

 魔法をカンと跳ね返すから。実はマホカンタは最初マホステマ(魔法捨て魔)になる予定であった。

■マホステ

 魔法を捨てるから。

■マホトラ

 魔法を盗るから

■マホターン

 魔法をターンさせるから。まあ、マホカンタと似ているし

■アストロン

 アストロンとはそのままの意味だと小惑星帯(ASTRON BELT)のことだが岩石、隕石、石の塊+アストロ(鉄人)から連想してこの名になったのかも。

■メダパニ

 目玉がパニック 

■ラリホー

 酔ってラリるからとかラリってホーと寝るからか。ちなみにラリホーというフレーズは別にドラクエ以外でも使われていて、一部の歌などにあったりする。

■ライディン

 雷電の読みからであろうが、勇者専用魔法だから勇者ライディーンからかも

■ギガディン

 ディンのG(ギガ) だろう。メガディンとかテラディンとか候補にあったと思われる。

■マホキテ

 まんま「魔法来て」からに違いない

■ミナディン

 これは「皆ディン」ですね

■マジックバリア、ハリケーン、コーラルレイン、ディバインスペル、メイルストロム

 7あたりから、英語そのまんまのドラクエらしくない呪文が追加されました。

■ヒャダイン

 「ヒャド大」であろう

■バギクロス

 バギがたくさんクロスするからであろうが、語感が結構いいので、意外とそのままつけたのかも。

■モシャス

 「模写す」でしょう

■ヘナトス

 「へなへなとする」と思われる

■マジャスティス

 魔justice(正義の魔法?)からと思われる

■ギガジャティス

 ギガのマジャスティス。長いので短縮されたと思われる

■ザオリク

 英語の復活を意味するリザレクションを語感変えて並び替えたものらしい

■トラマナ

 「トラップにはまらない」からのように聞こえる

■バギムーチョ

 バギ+スペイン語で「たくさん」。バギクロスのほうが強そうに聞こえるのだが...

■イオグランデ

 イオ+「壮大な」を表すラテン語

■マヒャデドス

 これは仮定だがこの呪文の誤表記のマヒャドデスからではなかろうか。(マヒャド+死)それをちょこっとだけ配置換えしたような気がする。

■ザメハ

 「醒め波」と思われる

■レムオル

 消えていても「でもおるよ」かららしい

■フローミ

 「フロアー見る」からかな

■インパス

 In Passからだと思われる

■シャナク

 「邪なくす」→ジャナク→シャナクではなかろうか

■マホトーン

 魔法を取る→マホトール→マホトーンか。ちょっと強引かな

■ジゴスパーク、ジゴデイン

 ジゴは「地獄」とバックトゥーザフューチャーのジゴワット(ギガワットを誤植して表記したとか)の両方を掛けていると思われる。

■バシルーラ

 「バシッと飛ばすルーラ」あたりか

ちなみに、公式に命名理由がわかっているもの(堀井雄二氏本人の談話等)とそうでないものが混ざっているので、あしからず。

今日はここまで。ではまたー

« ドラクエの謎考察 その22 | トップページ | ドラクエの謎考察 その24 »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

シャナクの由来見てて、
>邪をなくす→ジャナク→シャナク
濁り(濁点)をなくして、清め(清音にし)たのかなーって感じました

マホカンタの由来は、魔法+カウンター(跳ね返す)だったと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/53978712

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエの謎考察 その23:

« ドラクエの謎考察 その22 | トップページ | ドラクエの謎考察 その24 »