« ドラクエの謎考察 その44 | トップページ | ドラクエの謎考察 その46 »

2012年3月18日 (日)

ドラクエの謎考察 その45

こんばんは。

ドラクエの謎、設定、デマ、仮説に突っ込むこと 第45回

賢者の石の悲哀 (設定)

ドラクエ3以降、賢者の石と呼ばれるアイテムが存在している。効果は全体回復だが、表現がまちまちでベホマラーの効果等といわれていることもある。

しかし、この賢者の石、作が後になればなるほど有用性が薄れていく。8以降は複数てに入れることもできるようになる反面、効果ががたっと落ちた。いずれの作でも終盤で手に入るアイテムのため、残念ながら8以降のシリーズでは役立たずの烙印をおされることもあるとか。

この賢者の石は、アイテム物語では青い宝石の中に無数のホイミスライムを封印したものだという。賢者の石を壊したら、中から2週間以上ホイミスライムが湧き出し続けたとかいうちょっとコワイ光景がかかれている。

ドラクエ3,4では、「強すぎる」とさえいわれていた強力アイテムである。回復量は80前後で、ベホマラーより少し弱い程度(3のベホマラーは若干弱いため、賢者の石とほとんど同じである)。ベホマラーは高位の僧侶系魔法なので、魔法が使えない手持無沙汰なキャラに持たせておくと役に立つ。特にFC4ではアリーナかライアンに持たせるとかなり使える。この2キャラは最初に行動する(アリーナ)か、最後に行動する(ライアン)なので、AI行動の理が効く。

ドラクエ5ではベホマラーを使えるキャラ自体少なく、人間ではレックス、モンスターでベホマラーをつかえるのはホイミスライム系くらい。しかも5はベホマズンは人間で覚えるものはいない。よって5でも強力だ。4や5の全体回復は馬車の仲間で効果があるからさらに便利。6や7になると、だれでもベホマラーが使えるうえ、ハッスルダンスを覚えると賢者の石はお役御免となってしまう。このあたりのシリーズになると、ダメージも若干インフレ気味になるため、全体回復は2~3人でやるかベホマズンになるかというケースが多く、賢者の石1個の効果では追い付かなくなる悲しい現実がある。

そしてドラクエ8,9は錬金で複数作れるようになる。特に9は無制限に作れるため、極端な話4人すべてに持たせることも可能。ただし、9は回復魔力(回復魔法)、ハッスルダンス(魅力)で回復量がきまるため、回復魔力量ゼロで計算される賢者の石はハッスルダンスにすら満たない。凶悪な宝の地図のボスや歴代魔王戦ではお呼びでないのである。私もこれを作ってすごくガッカリした覚えがある。

ドラクエ10はオンラインだが、賢者の石のポジションはどうなるのだろうか。レベルが低いうちに使えればすごい有効だが、高レベルのフレンドがレベル一桁のキャラにあげていたりする光景が想像される。こういうアイテムは扱いが難しいだろうね。9と同じく、ある一定以上強い装備やアイテムは贈与できないようになっていると思われる。

嫌われる魔法 ザキ系について考えてみる (考察)

ドラクエで嫌われるモンスターを挙げるとたいていザキ系の魔法をとなえる敵が上位にあがることが多い。何故ザキが嫌われるか。

ザキ系は確率的にはそれほど高くないが、効いてしまうと一発で即死するからである。完封する方法が確立していない限り、受けたくない魔法の筆頭になるのは当たり前だ。一方で、味方が使う場合だが、ザキ系は効かない敵が多い。また効いたとしてもまれにしか効かないとかが多い。つまりザキ系が嫌われる最大の理由は「敵が使うと凶悪な効果があるが、味方が使ってもあまり有効でない」という点につきる。

ザラキの魔法を最初につかってきたのはドラクエ2のブリザードである。このモンスター、ドラクエ2の嫌な敵の筆頭に上がるケースが多い。食らう確率は3割くらいだが、3,4匹でてきて連発されたら死人を出さずに戦闘を終えることは非常に難しい。3以降はミミックが使うので有名。このミミックのザラキに対抗するための「アストロン戦術」は結構有名である。とにかくザキ系を使う相手は基本「敵が行動する前に殺れ」が鉄則である。幸いなことにボスがザキ系を使うケースはまれである。

ザキ系から身を守る「命の石」というアイテムもあるが、経済的に考えてもあまり有効でない。というのも命の石はザキが効いてしまうときに身代わりに砕けるのではなく、ザキ系が飛んできた瞬間に砕け散る。つまり、3回ザラキを受けたら必ずいのちの石は3つなくなってしまうのだ。しかも命の石はほとんどのシリーズで貴重品。命の石をお金で買えるのは7とリメイク5だけ。

9では死の呪文を防ぐ装備の合計を100%以上にすれば事実上ザキが効かなくなるが、そのためには防具欄とアクセサリ欄の多くを犠牲にすることになる。

他のシリーズでも呪文にかかりにくくする装備はあるが、それでもゼロにすることはできない。そしてレベルをいくら上げようと克服することはできない。超高レベルになると、イオナズンやら灼熱の炎を浴びたほうがましだとさえ思えるようになる。

ザキ系は演出もいやなものが多い。FC2ではメッセージが表示される前に赤くなる「死亡予告」がある。4のザキを食らった音はあまり聞きたくない。ほかにもボンッ!という音と共にHPがゼロになったり、8や9のように突然ばったり逝ってしまうモーションがあったり。まあ、見ていていいものではないよね。

今日はここまで。では、またー

« ドラクエの謎考察 その44 | トップページ | ドラクエの謎考察 その46 »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/54246904

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエの謎考察 その45:

« ドラクエの謎考察 その44 | トップページ | ドラクエの謎考察 その46 »