« ドラクエの謎考察 その50 | トップページ | ドラクエの謎考察 その52 »

2012年3月25日 (日)

ドラクエの謎考察 その51

こんばんは。

ドラクエの謎、仮説、設定等に突っ込むおはなし 第51回

敵側からみた魔王の計画について考察してみる(1)

竜王サイドから見た計画と野望について書いてみる。

竜王は大魔王ゾーマがいたころ、竜の女王から人間(勇者)に光の玉をあたえ、勇者はゾーマを倒した。それから年月が経ったが、竜の女王のおそらく子(子孫かもしれない)が竜王であり、アレフガルトにいた。

勇者に大魔王ゾーマを倒されたことにより、魔物たちは次第に迫害される運命にあった。アレフガルドから強い魔物は姿を消していった。アレフガルトはしばらくの間は平和な大地となった。

だが、迫害され滅ぼされ、僻地に追いやられた魔物たちもかつてゾーマが治めていた暗黒の時代の到来を企む者が少し、また少しと増えていった。やがてゾーマが死に際に予測した通り新たなる魔物を統べる存在、竜王が台頭した。竜王はかつて竜の女王から勇者に渡した光の玉を奪い返し、アレフガルトの各国に戦争をしかけた。

魔物の軍団の進撃の前に、平和に慣れた人間サイドはあちこちで敗北することになる。結果、ドムドーラは滅んでしまった。竜王軍の対策が一番高かったのはメルキドで、強固な城壁を誇る上、町の入り口にゴーレムを配置した。このゴーレム、戦闘力は圧倒的で、複数のストーンマンを全く相手にしないほどの強さであった。ただし、最後には鬼面導師の呪文によって見境なく攻撃するモンスターとなったため、メルキドの住民は街の外へ出ることができなくなったという。(モンスター物語より)

竜王は、なぜか目鼻の先にあるラダトームを攻撃しなかった。しかも、ラダトーム周辺はスライムやスライムベスといった最弱レベルのモンスターしかいない。くしくもアレフガルトの王の城、いってみれば首都である。おそらく、非力でなにもできないラダトームに絶望を与えるのが目的だったのかもしれない。現に、城は攻撃しないものの、ローラ姫をさらっていた。いわば人質をとられているのである。ゲーム中に描写はないが、おそらく、竜王はラダトーム王に降伏勧告をしていたのだろう。

かつてゾーマを倒した勇者の末裔である主人公が現れるまで、竜王は余裕の域で各地を攻略していたのであろう。メルキドの攻略には失敗したものの、状況的にはあとは時間の問題というところまできていた。ラダトームが降伏すれば、町そのものを滅ぼさなくても、アレフガルド全土が竜王の手に陥ちることになる。

見張り役のドラゴンが倒され、ローラ姫を奪い返されるまでは、勇者の存在にも気にもかけなかったのだろう。その後も竜王の島に渡る術を持たないことを知っていたため、みずから勇者を始末しにいくこともなかった。

勇者対策で唯一まともにしていたのは、ゾーマが倒されたときに勇者がつかっていたであろう、ロトの剣とロトの鎧はしかるべき手段で勇者の手にわたらないようにしていたことぐらいか。

やがて3種の神器を集め、虹の橋をかけて竜王の島にやってきた。竜王の想定を超える強さを持った主人公に対し、危険を感じたのはすでに遅しといったところか。竜王は主人公に対し、世界の半分を与える取引を持ちかけた。しかし、それに応じてくれるはずもなく、竜王は倒されることになる。

今日はここまで。では、またー

« ドラクエの謎考察 その50 | トップページ | ドラクエの謎考察 その52 »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

 >竜王は大魔王ゾーマがいたころ、竜の女王から人間(勇者)に光の玉をあたえ、勇者はゾーマを倒した。それから年月が経ったが、竜の女王のおそらく子(子孫かもしれない)が竜王であり、アレフガルトにいた。
 ドラクエ3の竜の女王・・・あんた とんでもない "爆弾"を残しやがったな(`Щ´)!!! あんたがみずから命と引き換えに生んだ卵・・・子供じゃないにしても 何代か後の世代で災いもたらしちゃったよannoy・・・・あんたのせいやpout・・・


 女王は平和を願って3の主人公・・・のちの勇者ロトに "光の玉"を与えたのに 与えたその本人が
"闇の卵(?)"を生んだのは なんとも皮肉な話である・・・

竜王も最初は悪の権化になるつもりはなかったのだろう。魔物の長として祭り上げられたのか、虐げられていた魔物を率いるカリスマとして魔物のための世界制覇をしようとしたのか。どこかで竜王の心に「人間を蹂躙する」気持ちが芽生えてしまったと思われる。

竜の女王は 光の玉を勇者に渡した
竜の女王は死にました

竜の子は それを勘違いしたのです
光の玉を勇者に奪われ 竜の女王が死んだと・・・

竜の子は光の玉を奪い返すため 復讐するため 

アレフがルドに舞い降りたのです

るーさん、はじめまして。

光の玉を勇者に渡したあと竜の女王は死んだ。それを子である竜王は勇者に殺されたものと勘違いしたという考え方もたしかにありますね。

どちらにしても、竜の女王が勇者に託したはずの光の玉を竜王は取り返そうとしているのだから、勇者、しいては人間から光の玉を取り返す為という理由で奪ったのでしょう。

勘違いから暴走してしまう、というとデスピサロやエルギオスにも共通するものがありますね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/54300756

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエの謎考察 その51:

« ドラクエの謎考察 その50 | トップページ | ドラクエの謎考察 その52 »