« ドラクエの謎考察 その47 | トップページ | ドラクエの謎考察 その49 »

2012年3月21日 (水)

ドラクエの謎考察 その48

こんばんは。

ドラクエの謎、設定、仮説を考察すること第48回

呪いの装備品とはどういうものか (仮説)

ドラクエには呪われた装備品がある。間違って装備すればあの呪いの音楽とともに呪われてしまう。呪われると、たいていはマイナスの効果があるが中には呪われているにもかかわらずデメリットが少ない、あるいはまったくないものまである。では、呪われた装備とはどのようなものか

1では呪いのベルトと死の首飾りが呪われた装備品。誤って装備してしまうと呪われラダトーム城に入れなくなる。死んで城に戻った場合は生き返ったあと即城の外に放り出される。が、それ以外のデメリットはない。

2以降の呪いが一般的で一番多いのが戦闘中、呪いで動けなくなることがある。呪われた装備は普通の装備より攻撃力や防御力が高い。一方でFC2ではハーゴンの幻影の城の効果が呪いまで幻影にしてくれる裏ワザがあり、破壊の剣の攻撃力の隼の剣(通称はかぶさのけん)を作るというものが有名であった。これは本当に威力が半端ではなく、高レベルのローレシアの王子に持たせると1ターンで2匹デビルロードを倒してしまう。ラスボスのシドーもベホマがこなければ3ターンで沈む。

3からは呪いのバリエーションがふえた。般若の面は常時こんらん状態になるが、桁違いの防御力を得る。嘆きの楯のように特殊防御ががたがたに下がる(ブレスや呪文のダメージが増大する)といったものもある。

4ではピサロのみ呪われた装備をデメリットなしで装備できる。さすが魔族である。これから考えると、呪われた装備は勇者専用装備が普通の人には装備できない(異常に重くなる等)のに対して魔族専用装備で、人間が装備すると害を受けるというのが正しいのかもしれない。

5は呪われた装備をしても普通にはずすことができる。また、魔神の鎧という特殊な装備がある。これは防御力や耐性がいいのだが、素早さがゼロになるという装備。もともと素早さが低いキャラやモンスターに装備させればほとんどデメリットがない。さまようよろいという呪われたアイテムもあり、これを装備するとパラメータがさまようよろいと同じになる。当然、これを入手した時期であれば確実にダウンするものなので全く使えない。

呪われた装備がないシリーズもあるが、基本的には呪われた装備はたいてい強力な効果がある反面デメリットもあるのである。また、5と9を除き、呪われた装備を教会で呪いを解除したりシャナクで解除すると呪われた装備は消滅してしまう。

呪われた装備もまた使いようである。ただ、つけた本人は決して気持ちのいいものではないであろう。

初期装備武器について考えてみる (考察)

ドラクエシリーズの最弱の武器は、基本的には一番最初に装備する武器になる。ドラクエの世界ではひのきのぼうが定番であるが、ひのきのぼう以外の最弱装備があるシリーズもある。

まず、1の最弱武器はたけざおである。この武器、実に1にしか登場しない。そう竹竿である。釣り道具なのか洗濯用かはわからないが竹でできた棒切れである。まあ、最弱といってもしょうがないか。また、1では最初はなにも装備していない。そう、素手である。そして一度でもなんらかしらの武器を買ってしまったら二度と素手には戻れない。ということで、1では素手で竜王を倒すというプレイがあった。

ひのきのぼうは殆どの場合、魔法使い系の仲間の初期装備になっていることが多い。3や9のようにキャラクターを任意につくることができるシリーズでも僧侶や魔法使いの初期装備はひのきのぼうである。

ドラクエ2が唯一最初の装備が銅の剣であるが、これも最初の宝箱を無視した場合は素手となる。他のシリーズではひのきの棒やこんぼう、ブロンズナイフといったものが初期装備になっている場合が多い。途中で仲間になるキャラは進行度合いによってかわる。(まあ、これはあたりまえか)

ただし、中には初期装備がありえないことになったいる人物がいっぱいいる。一番ネタにされるのは5のサンチョの初期装備である。大金槌、シルクハット、ステテコパンツ、お鍋の蓋。どういう感性の持ち主だろうか。頭に装備しているのがシルクハットでなければ、ちょっと変なオジサンで済むのだが....

6のテリーのプラチナ装備+雷鳴の剣は、そのままベストドレッサーコンテストにいってもそこそこ通用する。ただ、テリーは殆どのプレイヤーから邪険に扱われる運命にある。装備品はすべてはぎ取られ(かわりに余っている適当な装備に挿げ替えられる)ドランゴを仲間にするとルイーダ送りにされてしまう。「ドランゴ引換券」とかいうありがたくない蔑称があるが、こうなってしまった人は多いだろう。

5での幼年時代のビアンカはくだものナイフで武装している。よく考えたら主人公もこの時点で銅の剣かブーメランあたりを装備。8歳と6歳のこどもがこんなあぶないもの持ってちゃいけないんだぞ、といっても無理か。彼が大人になり、自分が子供のころであったころの年頃の息子の初期装備はいきなり天空の剣だし(笑)

以外と知られていないが、フローラと結婚した場合、彼女の初期の武器はモーニングスターである。モーニングスターとはトゲトゲ鉄球のついた棍棒である。客観的にみれば似つかわしくない武器であるが、彼女はなぜ、初めて持つ武器にこれを選んだのだろうか。殴って粉砕することに何かを感じてしまったとしか思えないのが怖い。

今日はここまで。では、またー

« ドラクエの謎考察 その47 | トップページ | ドラクエの謎考察 その49 »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/54271310

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエの謎考察 その48:

« ドラクエの謎考察 その47 | トップページ | ドラクエの謎考察 その49 »