« ドラクエの謎考察 その38 | トップページ | ドラクエの謎考察 その40 »

2012年3月 7日 (水)

ドラクエの謎考察 その39

こんばんは。

ドラクエの謎、設定、仮説について語ったり突っ込んだりするお話 第39回

登場するモンスターの由来を考察するPART3 (設定、仮説)

モンスター由来考察続き

■スライムナイト系

スライム系であるものの、スライムの上にナイトがまたがっている。このナイトはスライムの一部である説と別のスライム(鎧をきた騎士)が乗っている説がある。これはのちにスライムジェネラル系にも同じような謎を残す。スライムナイトの兜の中は女性というのが二次創作で支持されている説。スライムナイトは5でその使い勝手の良さから一躍スライム系のレギュラーの座を獲得。そのため5以降はほぼ全作品に登場する

■オーク系

ドラクエのオークは一般的なイメージの豚人間に近い猪人間という姿になっている。2,5,8に登場。武器や槍。まあ、これは一般的なオークのイメージをあまり崩さない形となっている

■怪鳥系

3,8に出てくるガルーダ、ヘルコンドル、極楽鳥。5に出てくるホークブリザード、火喰鳥。7,9に出てくる虹孔雀、煉獄魔鳥 理由はわからないが、なぜかどれも知能が高く、呪文を使う。ほぼ例外なく属性があり、炎、冷気、雷などに特化している。名前の由来もばらばらで、神話や伝説なものはもちろん、極楽鳥等現実の世界に存在するものまである。

■ドラゴンゾンビ系

ドラゴンのアンデッド。3、5に登場する。冷気系の息を吐くものが多い。姿かたちからもそのままかも。

■デスマシーン系

7に登場するデスマシーン系には鉄鋼魔神とエビルエスタークがある。特に後者のエビルエスタークは何故7の世界で「エスターク」とついているのかが謎。ドラクエ時系列のところでは触れていないが、7が4の世界の後ろにあるというのがこれでわかる(あくまで4,5のエスタークであるならば)。エスタークの名を冠しているだけあり、7のザコの中でも最強クラスである

■デビルアーマー系

6~9に登場する鎧の騎士の亜種。固いというか攻撃力が高い。これも他の鎧の騎士系と同じく中身は空っぽなんだろうか。

■メドーサボール系

グラフィックの見たままであるが、ギリシャ神話のメデューサの頭をイメージにしている。上位のゴーゴンヘッドも同じ。名前とイメージがわかりやすいモンスターである。

■ケンタラウス

このネーミング、どうやってつけたのだろうか。見ての通り半人半馬のケンタウロスが元ネタであるが、素直にケンタウロスともケンタウルスともケンタウラスとも違う微妙な名前で、発音も難しい(笑)

■フレイム、ブリザード

由来はそのまま名前のまま。ブリザードの凶悪さが多くのプレイヤーにしみついているため、ドラクエ全体としてもイメージは最悪の部類に入り、8で再登場したときも恐怖を感じた者がいるとかいないとか。元祖ザラキマン。フレイムとブリザードを合成したフレイザードはダイの大冒険のオリジナルだがかなり有名。

■パペットマン系

2,5~8に登場。パペットとは人形のこと。泥人形とパペットマンの2種がほとんど登場する。いずれも不思議な踊りが得意で、守備系魔法などを使う。

■ベビーサタン系

強力な呪文をとなえるがMPがなくて効果が発揮されないという行動をする悪魔の子供モンスターとしてデザインされたもの。ベビーサタンの上位のミニデーモンがベビーサタンの役回りをしている場合もある(5等)。ちなみにモンスター物語ではベビーサタン→ミニデーモン→グレムリン→ベビル→アークデーモン→べリアルになる。

■ギズモ系

3,6,9に登場。ガスとも雲ともいえる形態のモンスター。ギズモという名前の由来はいまいち不明である。映画グレムリンに登場したモグワイという生き物に付けられた名前とか、ギターのパーツの名前とか、マッハGOGOGOに出てくる空飛ぶメカの名前とかあるが、姿形とも語源にあたるようなものはない...

■ランプの魔王

イラストからみてわかるとおり、元ネタはアラジンの魔法のランプの魔人であろう。SFC6では最強の仲間モンスターである。7にも登場するのだが、影が非常に薄い。

■はぐれメタル

前回のメタル系モンスターのところで少し触れたが、そもそもはぐれメタルはメタルスライムの上位のものを登場させるという考えの元、適当にバブルスライムの色違いにあてて登場させた経緯がある。生まれが結構いい加減なモンスターである。にもかかわらず、作者の意図に反してドラクエを代表する経験値稼ぎモンスターとしてなくてはならない存在となった。逃げ足の速さを表現する代名詞ともなり、ドラクエで好きなモンスターの中で常にトップ10に入る人気者となった。ちなみにデビュー当時(2)はベギラマを連発するので、弱いと経験値稼ぎどころか返り討ちにあう。

■ミイラ男

これもファンタジーRPGではおなじみのモンスター。英語でマミー。3は背景に合わせてピラミッド内ででてくるが、他のシリーズではそんなことおかまいなし。2,3,7,8,9といびつに登場する。

■マネマネ

モシャスをとなえるモンスターとしてドラクエの世界では有名だが、モシャスをとなえるモンスターは作によってことなる。4ではマネマネ、5ではジェリーマン、6では鏡型モンスターといった具合である。

今日はここまで。では、またー

« ドラクエの謎考察 その38 | トップページ | ドラクエの謎考察 その40 »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/54159987

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエの謎考察 その39:

« ドラクエの謎考察 その38 | トップページ | ドラクエの謎考察 その40 »