« ドラクエの職業 その12 踊り子 | トップページ | ドラクエの職業 その14 盗賊 »

2012年4月24日 (火)

ドラクエの職業 その13 遊び人

こんばんは。

ドラクエ職業シリーズ 13回目:遊び人

遊び人は3と6に登場します。7の「笑わせ士」も遊び人と同列と考えてよいでしょう。

ドラクエ3の説明書にも、遊んでばかりで役に立たないと明記されていますが、この職、本当に役に立ちません。それどころかレベルが上がれば上がるほど遊びの頻度が上がり、全く戦闘に参加していない状態となります。
能力値も運の良さ以外はからっきし。というわけで、3における遊び人の存在価値は間違いなく賢者になるためでしょう。しかし、いくら賢者になれるとはいってもファーストプレイで遊び人を加えた人ほとんどいないと思います。

6,7の遊び人(笑わせ士)は3の遊び人ほどひどくはありません。覚える特技は一回休み系や眠らせる、混乱させるなどの状態異常系。この手の特技は敵に使われると迷惑なのにこちらが使うとイマイチなものが多く、踊り子とならびスーパースターになるための下積み職という役回りになりますな。

なお、6では遊びを実行すると各キャラごとにいろいろなバージョンがあります。中には涙で洪水を起こすようなぶっとんだ効果や、強力な攻撃魔法が偶然発動するようなものもありますが、基本はなんの効果もなく終わることがほとんどです。(笑えるものも多いが)

遊び人の特徴は
・指示通りに行動せず、遊んで終わってしまうターンが頻発する(特に3)
・敵の行動を阻害するタイプの技を覚えるが、あまり効果がないことが多い
・成長はかなり早い
・6,7では能力値は下がるばかりで、カッコよさだけが平均以上。3ではうんのよさだけが高い。

遊び人に合う人・・・・歴代のPCだけから考えるとほとんどあげられないよなあ。NPCなら4のパノンは笑わせ士、7のホンダラは遊び人だよね。

まあ、歴代キャラでも遊び人の特技を覚えている人はいますね。トルネコとかメルビンとかヤンガスとか。あ、みんなオッサンキャラですな。

次回は「盗賊」 今日はここまで。では、またー

« ドラクエの職業 その12 踊り子 | トップページ | ドラクエの職業 その14 盗賊 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

ほほう~ こんな職業(笑わせ士)が存在していたとは・・・・
映画で 笑いを治療にとり入れた 実在の医者の "パッチ・アダムス"がいましたが・・・・

でも・・・・おっしゃるように最終職、一生の仕事じゃないですね。現実社会でいったら 自分の本当のライフワークがみつかるまでの"つなぎ"の仕事ってコトでしょうかbuilding

いちど3でボクも 遊び人を冒険のメンバーに加えたことがあったのですが 戦闘は 怠けるし、ワケもわからず 笑い出した・・・とかannoy ダメからだ・・・メンバー組みなおしましたよ。

 

3の遊び人はレベルが上がれば上がるほど無駄な遊び行為をするため、戦闘では戦力として考えてはいけません。そればかりか、ダメージをもらったりするとかで、足手まといです。まあ、4人目が遊び人なら、間違いなく3人で冒険しているのと同義でしょう。

更から賢者を育てたい場合に、高レベルの護衛を受けてはぐれメタルでも数匹たおしてとっとと20にして賢者に転職させるのが遊び人の使い道でしょうね。

6や7の遊び人(笑わせ士)はそこまで酷くはないですが

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/54546206

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエの職業 その13 遊び人:

« ドラクエの職業 その12 踊り子 | トップページ | ドラクエの職業 その14 盗賊 »