« ドラクエの謎考察 その57 | トップページ | ドラクエの謎考察 その59 »

2012年4月 5日 (木)

ドラクエの謎考察 その58

こんばんは。

ドラクエの謎、仮説、設定などを語ったり突っ込んだりすること第58回

敵側からみた魔王の計画について考察してみる(8)

ドラクエ8 ラプソーン側から見た魔王の目的、計画と企みについて書いてみる

ラプソーンもはるか昔に七英雄によって封印されていた。その魂は杖に宿り、長きにわたってトロデーンに安置されていた。そう。ラプソーンは敵方ながら最初は封印されなにもできないところからスタートする。他の魔王と違い、強大な戦力をもって虎視眈眈と人間界を征服しようとしていたわけではない。まず、自らの実態と力を取り戻すところから始まる。

ラプソーンの運命はドルマゲスという人物が杖を手に取るところで大きく運命が変わる。封印されているとはいえ、強力なラプソーンの魔力と念がこもっている。それを手に取ったものはラプソーンに洗脳され、彼の復活のための手助けをすべく利用される。
ドルマゲスがその第1号となってしまったのである。

ラプソーンはドルマゲスを操って計画を開始した。ゼシカの兄のサーベルト、オディロ院長を皮切りに各地で殺人を続けていく。やがて、ドルマゲスに殺された者身内からドルマゲスを探すという目的で、主人公たちにゼシカ、ククールが加わっていく。

だが、ラプソーンもそんなことは気にもかけていなかっただろう。予想以上にドルマゲスが役に立ったのをたたえたのか、ドルマゲスにパワーを与えた。のちにドルマゲスと主人公たちは対峙することになるが、ラプソーンがドルマゲスに与えた力はかなり強力で、主人公たちを苦しめた。しかし、結局ドルマゲスは敗れる。

次にラプソーンはゼシカを宿主に選んだ。ゼシカは洗脳され、呪われたゼシカとして、次なる七英雄の末裔の抹殺のために行動をする。次のターゲットはリブルアーチにいるハワードである。

主人公達も、最初は何故特定の人物を殺していくかはこのでは不明であたった。だがここにきて七英雄の末裔が狙われていることに気づいた。

ラプソーンに操られた呪われたゼシカがハワードの館に迫る。主人公達と対峙するが、このとき当然操られていたため襲われる。呪われしゼシカを倒して正気にもどったが、この時、杖の存在であるラプソーンはハワードではなくチェルスが末裔だったのを知っていたが、土壇場でゼシカが正気に戻ってしまう。これが原因であろうか、本来は魔力や力の強い人間を選びたかったが、チェルスを殺すチャンスがこのタイミングしかないのか、杖を加えたハワードのペットのレオパルドに乗り移ることになった。そして、チェルスが殺される。

犬を洗脳したラプソーンだが、これがなかなか気に入ったようで、そのまま次の末裔を狙いに行く。ここで、主人公たちとの腐れ縁なのか、七英雄の末裔を殺そうとするとき、主人公たちと鉢合わせすることが多い。ところが、ラプソーンのほうにツキがあったのか、七英雄の末裔の抹殺は成功する。メディばあさんの時もまさにそうであった。

だが、レオパルドとしての最後は法王の館で終わることとなる。ここで主人公と鉢合わせをし、戦闘になり、レオパルドは敗れる。だが、今度はその杖をマルチェロが握ってしまう。このあと主人公たちはつかまって、ニノ司教とともに煉獄島送りにする。

ラプソーンはこのマルチェロという男を洗脳するのには相当てこずった。実際、彼はラプソーンの洗脳に耐えており、一方で激しい野望を持って至ったため、たまたまラプソーンの目的達成とベクトルが同じだったため、ながらいでいたのであろう。

ラプソーンの想定外は主人公たちが、煉獄島から脱出したこと、レティスが彼らの味方になってしまったということであろう。だが、それでも、ラプソーンは7賢者の末裔を抹殺し、ゴルドに封印されていたラプソーンの本体が蘇る。最後の最後も主人公とマルチェロのバトルになるが、主人公が勝利する。だが、そのラストでラプソーンの本体が蘇る、ゴルドは崩壊する。

空に暗黒魔城都市を作り上げ、魔界とこの世のゲートを開き、各地に凶悪なモンスターが登場するようになった。いよいよラプソーンの世界征服のシナリオが開始される。

だが、その魔城都市も主人公たちに攻め込まれ、杖からようやく解放されたばかりのラプソーンと対決する。これには勝利するが、魔城都市崩壊とともに、ついに本来の姿である巨大なラプソーンが復活する。ラプソーンは強力な結果を張り、なにものも受け付けない状態となった。

だが、七英雄の魂の宿った杖により、その強力な結界は消し去られ、ついに最後の戦いが始まる。だが、結局ラプソーンは敗れ去ってしまうのである。

ある意味、自らの復活のため、洗脳しては計画を実行していくという、最も自ら活動したラスボスでもあると言える。巨大な姿の本来の強さを取り戻したことで、油断したのか、バリアをあっせり消された倒されてしまうラプソーンの最後はあっけなかった。

今日はここまで。では、またー

« ドラクエの謎考察 その57 | トップページ | ドラクエの謎考察 その59 »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/54392692

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエの謎考察 その58:

« ドラクエの謎考察 その57 | トップページ | ドラクエの謎考察 その59 »