« ドラクエの職業 その21 羊飼い | トップページ | ドラクエの職業 その23 ゴッドハンド »

2012年5月 4日 (金)

ドラクエの職業 その22 天地雷鳴士

こんばんは。

ドラクエの職業シリーズ 本日は天地雷鳴士

ドラクエ7の最上級職のひとつで、魔法系の最上級職になります。当然、この職で覚える特技はどれも強力なものばかり。
とくにランク5以降は煉獄火炎、ジゴスパーク、凍てつく波動など実用性の高いものばかり覚えるので、最上級職にふさわしいものとなっています。
ただ、呪文として覚えるのはザラキーマくらいで、MP消費が大きいもの威力のある特技を覚えるといっていいでしょう。
また、煉獄火炎は灼熱の炎のさらに上をいくブレス攻撃で、どうしてここで覚えるのか?という疑問がでてきます。煉獄火炎はMPを大きく消費するため、バランスが壊れるということはないようです。ただ、「吐く」のはおかしい。おそらくバトルロードのマリベルのとどめの一撃の煉獄火炎のように、地面から炎が噴き出すようなものなのでしょう。(バトルロードでは煉獄火炎をまきおこしたという表記になっていたと思う)

能力値に関しては、賢者と違い、素早さが高くなります。もちろんMPや賢さは最高レベルとなります。HPや力、身の守りは下がりますが、それまでの魔法系職業に比べれば下がる割合は少ないです。

上級でも最も遅い成長速度の賢者の上級だから天地雷鳴士はとんでもなく遅いと思われますが、これが意外にも賢者とほとんど変わりません(まあ、初級から見れば当然遅いのだが)

天地雷鳴士の特徴
・ザラキーマ、煉獄火炎、ジゴスパーク等攻撃特技最終系を覚える
・幻魔召喚を覚える
・MP,賢さが最上級に伸びる。さらに素早さも上がる
・成長速度は賢者と同じくらい
・賢者同様、消費MPが減る特性をもつ

過去のオルゴデミーラを倒す前に天地雷鳴士を極めると、煉獄火炎やジゴスパークでザコ戦はなぎ倒してしまえるため、かなり楽になります。ただ、普通に進めた場合、まだ天地雷鳴士には転職できないのではないかと思います。

さて、天地雷鳴士ではあるが、称号に修験者とか山伏、天地の悟りとかあって、どうやらイメージは仙人なのであろうか。

上記のイメージで考えると天地雷鳴士にあうような歴代キャラはいないですね。

次回は「ゴッドハンド」 今日はここまで。では、またー

« ドラクエの職業 その21 羊飼い | トップページ | ドラクエの職業 その23 ゴッドハンド »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

めいどうふうま、って他の即死系と何が違うんだろうと思うんですけどどうなんでしょうか?
この職は全体攻撃に強いですよね。ゴッドハンドが単体戦に強いため、ちょうどライバル的な位置にしたんでしょうか?(まあ元々特別な上級ですけど)

あと天地雷鳴士、チャモロが向いてるなあと思います。風貌もですけど、ムドー戦前の船にかけた呪文とかそれっぽいなあと思いました。
それといつも夜遅くの更新ご苦労様です。

天地雷鳴士にチャモロが向いているときいて、風貌、ムドー戦前の行動以外にふと、バトルロードの彼のとどめの一撃のシーンを思い出してなるほどとおもいました。たしかにチャモロはありですね。

ちなみに、このブログの更新は書き込みの時間を察しての通り、だいたい寝る直前ですね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/54625053

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエの職業 その22 天地雷鳴士:

« ドラクエの職業 その21 羊飼い | トップページ | ドラクエの職業 その23 ゴッドハンド »