« 続・ドラクエ世界の時系列【前編】 | トップページ | ドラクエ悪役名鑑 その1 沼地の洞窟のドラゴン »

2013年1月10日 (木)

続・ドラクエ世界の時系列【後編】

こんばんは。

続・ドラクエ世界の時系列【後編】です。

さて、今回まとめた時系列は次のようになりました。

Photo

ちょっとはりつけた画像がぼやけていてすまない。(一応画像ファイルなのでクリックすれば綺麗な状態で見れます)

ドラクエ9と10の位置は3の上の世界のその後としてみています。ダーマ神殿が存在する3,6,7,9,10と続きます。

前回とくらべると6と7を逆転させています。これは9に続く世界というには神様がいる7の世界のほうが6の世界より近いかなと思うことから。
6のエンディングで天空シリーズの大地が生まれたという仮説から天空編世界を別の軸にしました。

4,5,8の世界のつながりは結構あるため、(トルネコ、ヤンガス、ミルドラース等)ここはそのままにしています。4と9をつなげているのは9でブライが伝説となっていることから。

さて、今回大胆に考察入れたのは6の時代の時系列は実は1とほぼ同時期ではなかったのでは?というところである。よく考えたらロトシリーズはアレフガルドが舞台で、3の上の世界については1や2、キャラバンハートでは全く触れられていない。そして3と1の間には意外と長い時間がある(400年)
ローラ姫がテリーのワンダーランドに出てきて、このときのテリーは少年時代。
3のゼニスの城が6のゼニスの城とつながるには7が挟まっていると不都合である。

となると、3の上の世界の次期は6の世界ではないかといえる。

3と8のつながりはラーミア/レティス。これも「かつてラーミアとよばれていた」ことから、3より8のほうが後ということはわかっても、どのくらいの時間差かは不明であるため完全に独立させてみました。

ドラクエ10はまだストーリーが今のところ出きっていないため今のところロクサーヌ、アギロ、サンディから9の近くであることくらいしかわからない。

また、リメイク7の仕様によってはまた時系列の位置が変わるかもしれない。

毎度へんな考察をしていますが、10の今後の展開やリメイク7の拡張ストーリーから、次回かくときにはまた大きくかわっているかもしれないですね。

今日はここまで。では、またー

« 続・ドラクエ世界の時系列【前編】 | トップページ | ドラクエ悪役名鑑 その1 沼地の洞窟のドラゴン »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

7は王者の剣の存在も興味深いところですよね。
それにキャラバンハートでキーファの中に感じたロト・・
まあロトの血脈と同じぐらいの正義の精神をキーファに感じた程度の意味なのかもしれないですけど。
主人公=プレイヤーということで、プレイヤー自身が歴代主人公として転生を繰り返しているって考えもありますし。同じ魂ならそりゃロトにも似てきますね。
それから2の三人はどこへ消えてしまったんでしょうかねえ・・・。
ゲームボーイ版1・2のパッケージは7の三人とダブらせて描かれたと当時のVジャンで語られてましたが・・・転生でもしたのか?単に7の宣伝と言ってしまえばそこまでだが。

キーファは魔王説(オルゴデミーラ)が有名だけど、一方でロトの血統説もあったりするんですよね。ロトの血筋故にアレフガルドに共鳴してキーファが召喚されたとか。王者の剣も確か、内部設定ではキーファが装備できるものだった気がする。グランエスタード城にあるし、この王家に関係しているのは明らか。
3の王者の剣=ロトの剣ならば7の王者の剣がロトの剣である可能性は否定できませんね。
あと、キャラバンハートは1~3以上にロトの存在が多く、ロトのことについての記述が多いです。実際、エンディングのマカルギはかなり「ロトとはなにか」についての核心をついた言及をしています。

やっぱりロトシリーズの世界と7はなんらかの関係がありそうな気がする。
今度でるリメイク7でも、配信クエストが実装されているなら、キャラバンハートの世界=アレフガルドとのつながりがわかるようなものがあるかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/56507367

この記事へのトラックバック一覧です: 続・ドラクエ世界の時系列【後編】:

« 続・ドラクエ世界の時系列【前編】 | トップページ | ドラクエ悪役名鑑 その1 沼地の洞窟のドラゴン »