« ドラクエの謎考察 その62 | トップページ | ドラクエの謎考察 その63 »

2014年4月30日 (水)

<ドラクエ10> 18度目の正直

こんばんは。

アストルティアでは「運」がからむ要素が結構多いが、最近その手の運が巡ってきて、コインボスの戦利品について、ついにタイトルの通りになりました。

そう、本日、ボスコインで初めて当たりが来た。
8分の1が18回目、やっとか?である。

先々週にサポ2でコインボスやったフレとまず、ピラミッドの2層にいってきた。自分は初めてである。するとカニやイモムシやカブトといった虫系・甲殻類がでてくる。ブレス攻撃や痛恨の一撃があったりする。

やはり、数がすごいので、フレはぶんぶん大剣をふりまわしてもらい、自分はHPが赤くなった敵にとどめを刺す役回りに。今回はレンジャーではなく賢者にした。敵が固そうだからだ。

2層のザコも痛恨こそ痛いが、あとは1層とたいした違いがない。問題はボス。
ファラオ・エレフだが、攻撃力がメチャクチャ高い。4連攻撃してくる技があるが、1発100もらうのでHP満タンで耐えれるかどうかである。さらに強化攻撃があり、これが400以上くらうので、耐えたとしても瀕死になる。
ボスの直後は護衛のザコに殴られてHPが満タンでないので、食らうと即死である。

今回は個人的に一喝がかなり効果的だったように思う。立て直しもそうだし、一気にダメージを与えるチャンスでもある。

で、なんとかクリアすることができた。

先週の一層はハズレ(かけら)だったけど、今回は当たりでイシス2個目がきた。フレはセト2個目。幸先がよい。

その流れで、フレのアトラス、ベリアルをやる。もう、だいぶ慣れたのか、危なげなくクリア。しかし、戦利品はかけら。

次に自分のアトラスのカードを投入。戦闘自体はそれほど問題なく、倒し、ハズレが聖水時代から通算18回目の挑戦にてついに完成品が出た。
バトルチョーカーゲット。

やっと出たという思いと素直に当たりを喜びたい気もちが交錯しました。

ついでに自分が先週ミネアから押し付けられたドラゴンガイアもノリでやることにした。
魔法使いも楯役もなしでできるのか?とは思った。瞬殺されたらしょうがないの気持ちでいってきた。

竜眼が零の洗礼でないと解除できないらしいので、僧侶・賢者をいれて行う。

ところがいざ戦ってみると以外と善戦した。
通常攻撃が2回攻撃で、ほぼ瀕死になるので痛いが、序盤はなんとか進む。

しかし、激しい雄叫びが強烈で、サポートだと、回復役でも食らってるので悲惨。
途中で一喝で立て直すこともあったが、竜眼物理無効のとき、すぐ零の洗礼打ってほしいのだが、回復に追われてなかなかできない。ガイアのHP黄色になったところで雄叫びを全員食らって崩れると、あとは僧侶が賢者を復活→僧侶が倒される→賢者が僧侶を復活→賢者が倒されるのスパイラルに陥って全滅。

ただ、これは竜眼とおたけびの頻度如何では勝てる可能性もありそうだな、と感じた。

まあ、普通に倒したいなら楯役と遠距離アタッカー(魔法使い)が必要ですね。
楯役がガイアを押せるとかなり楽とか。

今日はここまで。では、またー

« ドラクエの謎考察 その62 | トップページ | ドラクエの謎考察 その63 »

ドラクエ10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/59555538

この記事へのトラックバック一覧です: <ドラクエ10> 18度目の正直:

« ドラクエの謎考察 その62 | トップページ | ドラクエの謎考察 その63 »