« ドラクエの謎考察 その61 | トップページ | <ドラクエ10> 18度目の正直 »

2014年4月27日 (日)

ドラクエの謎考察 その62

こんばんは。

ドラクエ謎考察 アストルティア編

・アストルティアの経済の中心は何故オーグリードになったのか

現在、アストルティアで一番人気の高い人が集まる場所といえばグレン城下町である。
サービスが開始してから半年くらいからグレン人気で固定されている。

バザーが極端で、モノはすべてオーグリード大陸に集まっている。他の大陸のバザーの品ぞろえとは比べものにならないくらいである。
住宅村も、最初はジュレットの白亜の臨海地区やオルフェアのトゥーンタウンのほうが人気が高かったが、すぐにグレンの草原地区に人気が移る。
そして、最近宅地造成された新しい番地は、メンテ終了して30分もしないうちに草原地区は売り切れ、多くの怒りの声が寄せられている。

当たり前だが、グレンに人があつまる最大の理由は品揃えのよいバザーにつきるだろう。
モノを売り買いするのにやはりほとんどの人がグレンのバザーでやることだ。

では、なぜ人々はオーグリードに集まり、圧倒的な経済が成立していたのか。

人口がオーガが一番多いからか?否
ゲーム開始当初はウエディやエルフのほうが人が多く、現在もウエディが多い。

固定で拠点となる、合成の拠点だからか?たしかにグレンには武器鍛冶があるが、合成ギルドはそれぞれ別の大陸に点在する。これも違う。

グレンのルーラポイントが異常に使い勝手よいからか?
これも駅にはたしかにグレンが一番近いが、宿や酒場、バザー、道具屋、郵便局といった場所へのアクセスは他によい街はいくらでもある。
実は駅へのアクセス以外は最も不人気な町のひとつであるガタラが一番有利なことはあまり知られていない。

この理由には発売当時のドラクエ10のメインストーリーに起因している。

ドラクエ10のメインストーリーと言えばキーエンブレム。では、普通に進めると、多くの人が次のようにすすめることになるはずである。

グレン→アズランorオルフェア→ガタラ→ジュレット→ガートランド→メギストリス→ヴェリナード→カミハルムイ→ドルワーム

そして、一番重要なのは6番目のキーエンブレムがほぼ9割以上の人がガートランドになることである。そう、ストーリー上、6番目のキーエンブレムはゲーム中でも特別な意味をもち、大きな節目となる。

もうひとつ、ボスの強さに関して並べると、以下の通り

グレン<アズラン=オルフェア<ガタラ<ジュレット<ガートランド<<メギストリス<ヴェリナード<<カミハルムイ<ドルワーム

サービス開始当初はレベル50がMAXで上級職もなく、スキルの振り直しもできなかった。そしてサポートだけでクリアできるものは一般的にはガートランドのボスまでと言われていた。それ以降は役割をはっきりさせた人間プレイヤーで攻略しないとクリアは難しいとされ、特にカミハルムイとドルワームは当時の難易度としてはとても高いもので、多くの冒険者がクモや天魔に返り討ちにされた。

で、6番目のキーエンブレムがガートランドということで、メインストーリーを進める人たちがグレンに集まった。そしてグレンからガートランドに向かい、キーエンブレムを取りに行く流れになるのだ。
6番目のキーエンブレムをガートランドで獲得するとガートランドに列車で移動が可能になる。レベル50時代は多くの人が、各大陸の2番目の都市に列車でいけるのはガートランドしかないという人が多かった。

当然、ガートランドを攻略するのに、多くの人々がグレンに集結する。そこで物流がしだいにオーグリードに集まるようになり、いつしかキーエンブレム以外の募集もグレンで行うのが主流になっていった。これはサーバ1のグレンがいつもものすごいシャウトが飛び交っていることからもわかる。その後もグレンに人が集まる流れは変わらず、現在に至る。

そう、オーグリードが栄えたのは皮肉にも6番目のキーエンブレム攻略に選択されるのがガートランドになるからである。

端的に言えば

マリーンが(他の第2都市キーエンブレムボスより)弱かったからオーグリードが栄えた

と言ってよい。こう書くと身も蓋もないが(笑)

さらに拍車をかけているものが2つある。
一つは福引である。
現在、ほとんどのプレイヤーがボスコイン目的でグレンで福引をする。(ゴーレム目当てでレンダーシアで福引をする人もいるにはいるが→自分がそうだったり)
最近ジュレットにカジノチケットが配置されたため、こちらに流れる人も出そうな気がするがそれでも圧倒的にグレン優勢である。
もう一つはグレンに配置された日替わりクエスト。
当初、日替わりクエは不人気だったアズラン、ガタラ、オルフェアにだけ配置されていた。しかし、一番クリア難易度が低いとされるしぐさクエが何故かグレンに配置された。
時間がなくて討伐や迷宮ができなくても、これら日替わりクエを福引券目的でまわる人々は多いだろう。高いチームレベルが必要な「けいれい」とレベル50のパラディンの職業クエで覚える「ふしぎなおどり」以外はある程度レベルを上げてクエストをクリアするか金さえあれば全部そろう。

経済の集中をオーグリードから他の大陸に分散させるには、他の大陸に強力な牽引力をもつなにかを置かないと難しいだろう。

追記:バザーはついに全大陸統合しました。しかし、まだサーバー1のグレンはいろいろな募集の拠点になっていることは多いようです。

今日はここまで。では、またー

« ドラクエの謎考察 その61 | トップページ | <ドラクエ10> 18度目の正直 »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/59542425

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエの謎考察 その62:

« ドラクエの謎考察 その61 | トップページ | <ドラクエ10> 18度目の正直 »