« <ドラクエ10> グラコス初勝利 | トップページ | <ドラクエ10> もう2年なんですね »

2014年8月 1日 (金)

ドラクエの謎考察 その73

こんばんは。

ほとんど週1の更新になってしまっていて申し訳ない。
約1か月ぶりの謎考察になりました。

・ドラクエとリアルがつながってるかもしれない土地

一般的に地球を舞台にしたものではない世界のRPGでリアル世界とつながりがあることはあまりない。
ドラクエにおいても、ある1作を除き、リアル世界とつながるようなものは微塵もない。

では、その1作とは、もう、お気づきだろう。MAPがどう見ても地球の世界地図になっている、ドラクエ3の上の世界である。
ちなみに、ドラクエ3のスタート地点であるアリアハンはあの世界を地球とたとえたとしても存在しない大陸である。一説にはムー大陸とか噂もあるが、憶測の域を超えない。

では、上の世界を巡っていくところは、当然リアル世界に対比するものがある。

まず、3ではアリアハンを出た後まずロマリアに着く。ここはリアルではイタリアに位置する。ロマリアはローマのことであろう。そのあとカザーフの村はカザフスタン、ノアニールはノルウエーでしょう。
カンダタのいるシャンパーニ(の塔)はシャンパーニュ(フランス)

このへんは見事にリアル世界と対比できる地名になっている。

カンダタをやっつけたあとは、アラビア半島から北アフリカにいく。とっかかりのアッサラームの町はイラクだろうか。ちなみにアッサラームとはアラビア語で平穏、平和を意味するものらしく、挨拶の言葉としてつかわれるとか。
そこから南下してサハラ砂漠にはいるのだが、ピラミッドは現実のエジプトよりはるか西にあり、位置的にはアルジェリアの西の位置にある。また、イシスの町は対応する現実の都市がわかりにくい、サハラ砂漠の南端に位置する。これ、どこなんだろうか。

そのあとジブラルタル海峡(とはいわれていないが)をわたっていくポルトガはそのまんまポルトガル(ただし、位置的にはスペインなんだが(笑)

そのあといくバハラタはインド、ダーマ神殿はネパールかブータンあたり。チベットかも。(余談だが、5のチゾットの元ネタがチベットらしい)

船を手に入れたあとは世界各国に向かうのだが
ジパングは説明するまでもない。日本である。イギリスに位置する城はエジンベア。これはイギリスの都市エジンバラが元だろう。北アメリカ大陸には町が2つしかない。商人が作る町はおそらくニューヨーク。中央に位置するスーの村だが、ネイティブアメリカンにスー族というのがあるので、これが元ネタとか。

南米にいたっては、ワープしてやってくる祠がブラジルにあり、この大陸唯一の街(城)サマンオサはチリかペルーのあたりにある。あとは、南アルゼンチンの位置に海賊の家がある
オーストラリア大陸には唯一ランシールがある。一人で突入する必要がある地球のへそはエアーズロックのことらしい。

上の世界でも終盤にいくことになる中央~南アフリカは現実世界と対比させるものがなかなかない。いずれも中央アフリカでしかも海沿いではない。
作中はこのエリアはネクロゴントと呼ばれるが、対応する地名は存在しないうえ、語感でつけられた名前らしいので対応する地名はないのかもしれない。

その他のエリアについては
グリンラッド=グリーンランド
レイアムランド=南極のグレイアムランド
このへんはそのまんまである。

やっぱりドラクエ3の上の世界は現実とつながりがあるのだろうか。

今日はここまで。では、またー

« <ドラクエ10> グラコス初勝利 | トップページ | <ドラクエ10> もう2年なんですね »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

ドラクエ3の世界地図面白いですよね
もしかしたらこのよの何処かにアレフガルドがあるのかと夢想します

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/60075873

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエの謎考察 その73:

« <ドラクエ10> グラコス初勝利 | トップページ | <ドラクエ10> もう2年なんですね »