« <ドラクエ10> 今週はまたも初勝利3連発 | トップページ | <ドラクエ10> コインボス最後の称号ゲット »

2014年8月14日 (木)

ドラクエの謎考察 その75

こんばんは。

ドラクエのふとした疑問、謎、不思議の考察 その75

・天空の城とは

天空シリーズの4以降のドラクエでは必ずストーリー中のどこかで天空に浮かぶ城や大陸などを巡ることになる。
どれも例外なく終盤であり、ときにはラストダンジョンにすらなっている。

天空シリーズでは天空城はいわば神の城であり、4と5ではマスタードラゴンが治めている。6はゼニスの城で、ときにデュランに占領された時期もあるがやはり空の城。

7は空にうかぶ天上の神殿があり、8はラプソーン復活後暗黒魔城都市として空に浮かぶ。9は天界が存在し、堕天使エルギオスの力で最後はラストダンジョンと化す。

10ではまだはっきりと天空の城は出てはいないが、天空城の曲が使われていたり、V2.2以降のストーリーで天空にいけるのではと推測される。

ドラクエをやってきた人でも、「天空の城」というとドラクエ内の天空城より、やはり天空の城ラピュタを思い浮かべる人が多いのではないだろうか。

というのもラピュタに影響されたような設定の天空城がでてくるゲームが当時結構あった。
有名なRPG探してもすぐ見つかる。
そしてドラクエも例外ではないのだ。ラピュタが公開された時期の後にリリースされた4から天空シリーズとして天空の城が登場した。
ちょっと外れる話になるが、私がドラクエ10より前にFF11をやっていたのは以前書いたが、FF11には「トゥーリア」という天空の世界がある。どこをどう見てもラピュタから連想したとしか思えない光景が広がる。人口建造物に草木が生え、壁の中にロボットが埋まっていたり、鳥が飛んでたり・・・
当時、トゥーリアは「空」とよばれていたが、ラピュタといっていた人も多かった。
この「空」にいけるようになることがFF11のステータスだった時期があったのだ。初めてこの地に足を踏み入れたプレイヤーの多くがラピュタの有名な台詞をつぶやくのである。
「ラピュタは本当にあったんだ」「見ろ、人がゴミのようだ」etc

ドラクエ10でもおそらく、ストーリーの最前線で行ける「天空の城」がでてくるに違いない。
ドワチャッカのウルベアの文明とかをつなげれば、ラピュタのような、科学の力で浮遊していた建造物があったといわれれば可能性は大であろう。

そんなとき、その天空の地に初めて足を踏み入れた冒険者はやはりラピュタのセリフを叫ぶことになるのだろうか(笑)

天空城の曲がドラクエ10に存在しているのが非常に気になる。本当にこの曲を使うなら、空に浮く(飛ぶ)世界があることを示唆しているように思われる。

ドラクエ10はまだ、空を飛ぶ乗り物が登場していない。ドルボードも宙を浮いているが飛行しているほどではないだろう。
このへんも一緒になにか来そうな気がします。

追記:ドラクエ10では空を飛べるようになりました。

今日はここまで。では、またー

« <ドラクエ10> 今週はまたも初勝利3連発 | トップページ | <ドラクエ10> コインボス最後の称号ゲット »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

2.3以降で空いけるようになるみたいですね。

Ⅳの天空の城の曲(FC版に限るw)好きです♪


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/60146882

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエの謎考察 その75:

« <ドラクエ10> 今週はまたも初勝利3連発 | トップページ | <ドラクエ10> コインボス最後の称号ゲット »