« ドラクエの謎考察 その81  | トップページ | <ドラクエ10> 今週はいろいろと小さな目的達成あったといえるのかも »

2014年11月21日 (金)

ドラクエの謎考察 その82

こんばんは。

謎考察82回

・ドラクエのステータス考察 すばやさ編

すばやさも初代1から10に至るまで存在する。しかし、すばやさの効果はシリーズによって何度かその役割が変化している。

まず、1のすばやさはFC版ではすばやさの半分の値が防御力になること以外関係のないものである。FC版1では自分とモンスターが交互に攻撃するものであったため、意味がなかったのだ。リメイク版は先攻・後攻の判定につかわれたため意味がある。
2でも先攻後攻の判定に使われはいたが、かなりの優劣があっても必ず先に攻撃できるとは限らなかった。

素早さが最重要能力値と位置付けられたのはおそらく3と4であろう。この作品でははっきりと素早さの順に行動できるため、武闘家や魔法使いなどの素早さの高い職は最初に行動でき、戦士のような遅いキャラは最後に行動することに。

ドラクエ4でライアンとアリーナを比較しても圧倒的にアリーナが使われていたのは、会心の一撃の頻度もそうだが、すばやさの有利が特に大きかったのも理由のひとつと思われる。
3や4では、すばやさの半分が守備力に追加されるため、重装備の戦士と最も防御力の低い装備しかできない魔法使いや武闘家とほとんど守備力に差がなかった。すばやさの差がそのまま素の防御力に直結していたからだ。

ドラクエ5以降はみのまもりの能力値ができたことで、すばやさは純粋に行動速度に影響するだけとなった。
しかし、それでも、どちらが先に行動できるかが死活問題になることが多く、決しておろそかにできない能力値である。

6で能力値自体の最大値が上がったため、すばやさの差はもう簡単には埋められないレベルになった。ただし、6や7は職業を変えることによってかなり大きな能力値の変化をともなっていたため、素が遅いキャラでもある程度の素早さを得ることは可能である。さらに「すばやさの種」は健在で、これで無理やり上げることも可能である。

ところが、戦闘システムが根本的に変わったドラクエ10では、きようさとならんでもっとも不遇の扱いを受ける能力値となってしまった。
いちおう、素早さは行動順序に差が出る、回避率に影響があるとされるが、実際、数ポイントの差などほとんど体感ができない。もっとも素早さが高いウエディ武闘家と最も低いパラディンオーガを比較すると、たしかに、ターンが回ってくるのは武闘家のほうが早いが、それも圧倒的に凌駕しているとわかるほどの差がない。パラが7回行動したのに対して武闘家が8回行動できた程度の差である。(レベルにもよる)
すばやさよりも持っている武器の行動速度やスキルの発動時間のほうがよっぽど影響が大きいので、よけいに軽視されてしまう。
さらに種族格差は最近解消されてしまったので、同じ職同士の場合、誤差以上の目に見えた効果はない。

一方回避率もすばやさ10で0.1%などと噂されている。能力値がインフレをおこせばバカにならない値になるだろうが、今現在では素早さに200の差があったとしても運が良かった悪かったの誤差で埋もれしまうレベルである。

恐ろしいことに、ドラクエ10ではパッシブスキル(能力値底上げスキル)の仕様がリリース後に変更になり、伸びる値が倍になった。にもかかわらず、ほとんどその恩恵を感じないあたり、冷遇されているとしか言いようがない。

しかし、ドラクエ10も次第に能力値はインフレてきている。もしかしたらすばやさは後々化ける可能性がある能力値なのかもしれない。

では、「すばやさ」とはいったいどのようなものか。

動きが機敏であるというのも一つであろう。だが、ドラクエの素早さはそれ以外に頭の回転が早さや、周囲を察知する能力が高いといったものも含まれているであろう。
前者の肉体的な機敏さは武闘家やバトルマスター(6や7のもの)だろうし、僧侶や魔法使いのすばやさは後者とおもわれる。

シリーズによって大差はないが、武闘家が最も素早さが高く、次いで魔法使いや僧侶といった専業魔法職、盗賊が高い。一方で万能タイプは低めで、賢者や魔法戦士などは以外にも低い。パラディンは聖騎士的な9や10のものは最低クラスだが、聖闘士的な6や7のものは高い。そして、戦士はたいてい最低ランクとされる。

ドラクエ10の種族間ではウエディ>ドワーフ>人間=エルフ=プクリポ>オーガ

これが結構以外で、標準が人間なのだが、エルフとプクリポが思いのほか低いのである。また、すばやさに関しては初期は完全にウエディとドワーフの2強で、他の種族が軒並み低かったのです。
ただし、これも種族格差を撤廃された結果、ほとんど差はなくなりました。もともと影響力の少ない能力値なので、格差が縮んだ実感はないとおもわれます。

10以外のシリーズではすばやさは高い職と低い職に大きな隔たりがあることが多く、特に4や5では、早いキャラはカンストすることが多いです。4ではアリーナ、クリフト、ブライが、5では嫁や娘、そして息子(これ、結構以外と思った人多いはず)

今日はここまで。では、またー

« ドラクエの謎考察 その81  | トップページ | <ドラクエ10> 今週はいろいろと小さな目的達成あったといえるのかも »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

ブライがすばやさ255になるのは意外でした。
マーニャとかなりそうなのに(  ̄▽ ̄)


余談ですが、
公式のドラクエファンクラブって
入会されてました??
だいぶ前になくなっちゃいましたけど‥

公式ドラクエファンクラブなんてあったんですね。
こう回答するくらいだから入ってないよ。

ジャンプとかで載ってたやつかな?
ファミコン、スーファミ全盛期のころだと、ゲーム誌で特定ゲームのファンクラブみたいのは結構あったけど自分はゲームのファンクラブには入っていなかったよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/60690702

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエの謎考察 その82:

« ドラクエの謎考察 その81  | トップページ | <ドラクエ10> 今週はいろいろと小さな目的達成あったといえるのかも »