« ドラクエの謎考察 その95 | トップページ | ドラクエの謎考察 その97 »

2015年2月24日 (火)

ドラクエの謎考察 その96

こんばんは。

恒例としては休み明けの記事はドラクエ10のものを書くことが多いのだが、今のドラクエ10上で問題になっているBOTについて考察してみる。

・アストルティアにひしめく違法就労者

ドラクエ10の規約で禁止されている外部プログラム等でキャラを無人操作してなにかをするBOT。最近、自分でもまわりにもBOTをよく見かけるようになった。
そんなBOTの存在について、書いてみる。

■自動狩りBOT

一般的にBOTというとコレを指す場合が多い。特定の狩場で延々と同じモンスターを狩り続けている。一般的には、普通のレベル上げPTがあまりいなく、お金もちかノーマルドロップがおいしいモンスターがターゲットにされる。
初期のころはバサラーナやリュウイーソーといった所持金が多いモンスターを証もちの旅芸人で狩るBOTが多かった。やがて対策として業者のBOTに狙われていたモンスターの所持ゴールドが減らされ、若干減ったようである。
すると次は通常ドロップアイテムが比較的売れるものが狙われるようになった。これらBOTが徘徊するエリアは普通のプレイヤーが狩るのが非常につらい。
こちらは対策としてドラゴンゾンビが配置されたのはみなさんご存じのことだろう。
しかし、最近はさらに辺境の地でほそぼそとBOTが活動しているエリアがある。普通の人の目に留まらないため、気づきにくいのだ。

だが、自動狩りBOTはだいたいわかりやすい傾向がある
・レベル不相応の強さで延々と同じ敵を狩り続けている
・24時間以上無休で戦い続けている。
・フィールドの場合、ドルボードの燃料が尽きているので走っている
・無意味にありがとう等の定型句を叫んでいたりする。
・こちらからBOTに対してなにかアクションをするとおかしなリアクションをしたり
 突然目の前から消えてしまう。

■バザーBOT

一定間隔でバザーを検索し特定の素材などが一定の金額以下になると買占めを行うバザー専用のBOT。バザーにはりついているように見えるため、一見、バザー前に放置されているように見える。
コイツが活動していると、グレンバザーですら店買いより安く買えることがなくなり、非常に厄介。安く買い取った素材をまとめて高い値段でバザる。
よく、単品、少数がほしいのに全くなく、99個セットしかないことがあるが、ときにバザーBOTが暗躍していることが原因なのかもしれない。

■カジノBOT

最近、ポーカースロットが緩和されて一気に増えたのがカジノBOT。
特に宝箱以外Aボタン連打ですむスロットに多い。性能が悪いBOTの場合、BOT検知にひっかかり、その場合、強制ログアウトさせられたり、席を立った後呪文をとなえまくったり、意味不明な言葉を喋りまくったりするので普通に「おかしい」と気づける。
一方で普通にスロット回されている分には一見普通のプレイヤーに見えるのが厄介。ただし、BOTは24時間ずっと座り続けていたりするので、同じ席でカジノプレイすることが多い人にはわかりやすいかも。
フルベットでガンガン回してくれるならばレイド率などにも悪い影響がないのでまだいいが、中にはレイドを検知するBOTもいて、通常時は非常にノロノロ消化しているようなのもいるのでタチが悪い

■貿易商BOT

特定のエリアでしか店売りしていない素材をグレンバザーに供給するBOT。
BOTとはいっても普通のプレイヤーからみれば、これに関してはあまり悪い見方をする人はいないだろう。だが、自動プレイしているのでこれも立派な違反である。

■ライン工BOT

最近目にする機会が増えた住宅村で「作るだけで確実に利益がでる」装備品をつくり、バザーに供給するBOT。BOTの自宅からバザーに売るまでの工程が正確にインプットされており、住宅村の移動は毎回同じところを寸々違えず移動し売買を行う。

■フレンド申請詐欺BOT

無差別に近づいたキャラにフレンド申請をしてくるBOT。迷惑なことこの上ないばかりか、誤ってフレンドにしてしまうものならBOTのサポとして借りられまくることになる。フレンドに家を解放しているプレイヤーは物を盗まれる等の被害に遭う可能性もあるので要注意。フレンド申請を断ると暴言を吐くのもいて非常に腹立たしい。

■魔法の迷宮BOT

最近、立て続けに会って非常に厄介で迷惑な存在です。
基本、プレイヤーに「ついていく」で後ろをついてくる感じ。タゲがきれてしまうとその場に立ち止まってしまったり変な方向に動いていく。明らかに挙動がおかしい。
各階の扉を認識するのに時間がかかるようでなかなかタッチしてくれない。
タゲを失って、全く動かなくなってしまうこともあり、下手をすると、これだけでクリア不可能になることもある。
戦闘もなにもしないかA攻撃をするだけ。業者キャラのサポよりひどい。

迷宮に入ってきたときにHPMPが減っていたり(特にMPはゼロ近くになっている)挨拶をしてこないばかりかこちらの声掛けに全く無反応だったりすると迷宮BOTの可能性が高い。
特に、BOTキャラとサポ2(そのサポ2すらまともな装備していない業者キャラ)でマッチングさせられたときは最悪。自ら抜けるとペナルティになるので、少し強めのンモンスターがでたらわざと全滅してしまうほうがいいかも。

実は、昨日、もう、確実にBOTですね。といえるシチュエーションにあった。サブキャラで迷宮に潜ったらBOTらしきキャラをマッチングされた。補充されたサポが強かったので死ぬことはなかったが、しょっちゅうキャラを見失って止まってしまったり、変な方向に動いていく。
自分が近づくと追尾してくる。
ちなみにBOT確定だな、とおもったキャラの行動・・・・それは、偶然、そのプレイのときにトルネコに遭遇したのだ。しかし、BOTとおぼしきキャラはトルネコをスルーして扉に。普通にプレイしてトルネコ無視する人はまずいないだろう。いちおうトルネコいるよと声かけるも案の定反応なし。笑うしかなかった。

■転売BOT

店売りより安くなっているバザー出品を買いあさり、近くの別の店で店売りして売却益を得る。
異常に値下がりしている装備品や素材はときに店売り以下の値段で出品されている。それを狙っているのだ。

今日はここまで。では、またー

« ドラクエの謎考察 その95 | トップページ | ドラクエの謎考察 その97 »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/61186868

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエの謎考察 その96:

« ドラクエの謎考察 その95 | トップページ | ドラクエの謎考察 その97 »