« <ドラクエ10> Ver3.0からPCに乗り換えました | トップページ | 哀愁物語がダウンロードできるではないか »

2015年5月 9日 (土)

<ドラクエ10> 達人のオーブ

こんにちは

GW中は意外とプレイ時間少なくて、日課・週課と踊り子をゆっくりあげていた。

今回、新しい成長システムである達人のオーブについて、やっと仕様というかなにをどうすればいいのかがわかってきたのだが、まあ、オーブのレベルの最大まで億単位の経験値が必要だったりするのでともあれゆっくりあげとこうかなと思っている。

さて、今回の達人のオーブは200種類を超える効果の宝珠を石版にはめるというもので、先日、まだ試行錯誤の書き込みしかしていなかったが、簡単にまとめると以下の通り

■石版と宝珠の基本的なルール

・宝珠は5属性にわかれており、3つ、または2つ(光、闇のみ)つながった形をしている。形や方向は鑑定結果で確定したもので固定であり、回転や反転はできない
・石版は各属性ごとに2×2の4枚設定でき、1枚の石版には4か所の穴があいている。これを組み合わせて、宝珠がはまるようにセットする。
・石版は回転することも、一度セットした石版を外したり、入替したりすことはできない。替える場合はすべて新しい石版による上書きになる

まず、さっそくというか、提案広場に要望が多数上がっている通り、宝珠も石版も全く回転できません。鑑定結果そのものの形方向に収まるようにセットするしかないのです。

そのため、現状は、「石版におさまるような形の宝珠を集める」「宝珠が収まるように石版を更新する」のどちらかになりますが、前者は気の遠くなるようなモンスター狩りをすることになり、後者はソシャゲーよろしく石版ガチャで望むものが出るまで引き続ける必要があります。

現状、石版に関しては達人のオーブもらったときの初期の石版以外はラッカランでメダル20枚で交換するしか調達する手段はなく、石版の穴の配置は全くのランダムです。

一方、宝珠のほうは今のところ以下のような法則があげられています。

・迷宮ボス、試練等公式でも「でやすい」と記載されているコンテンツのボスからはたしかに高確率で宝珠を落とします。中身はランダムです。
・フィールド上のモンスターは一定の強さ以上のものが落とす。落とすものは1種類のモンスターから最大3種類の効果の宝珠が出る。

迷宮ボス(コインボス含む)は体感的に3回に1回くらいの確率で宝珠が落ちます。一方フィールドのモンスターは100回やって1,2回落ちる程度ですが、モンスターや宝珠の種類によって確率が異なるのかもしれません。
フィールドモンスターのドロップが効果固定なのもあって、一部の人気宝珠を落とすモンスターは取り合いになっています。

とはいっても、メダル枚数に限りがあり、運が悪いとメダルがなくなるまで1枚も欲しい形がでてこない可能性も高いため、個人的に今時点では石版に合わせた宝珠を手に入れるほうがいいのではと思います。

■石版、宝珠の置き換えとペナルティーについて

それから、意外と落とし穴なポイントとして、宝珠を一度セットするととりはずしにへろへろペナルティーがかかること。
入手した宝珠をなにも考えずに次々にセットしていくとあとあと後悔します。できるだけ、「これはずっとセットしたままになる」と思われるものだけをセットするほうが無難です。
宝珠をはずすとへろへろ状態になり、5万経験値を稼ぐまでへろへろ状態が解除できません。へろへろ中は宝珠をはずすことができなくなるので、大量にはめた宝珠を付け替え・置き換えしようものなら、宝珠を付け替えるだけで何十万もの経験値をよけいに稼ぐ必要があります。

なお、石版を置き換えてはまらくなった宝珠に関してはリスクなしで外れますが、石版は上書き置き換えオンリーなので、宝珠を外すために石版を変えるのでは本末転倒です。

■宝珠の効果について個人的に思うもの

5属性の宝珠はそれぞれ、効果がカテゴリ化されています。

炎:能力値や耐性などステータスアップもの。効果がシンプルでわかりやすいので、入手順についついはめてしまいがちですが、上記のとおり、外すとへろへろになるので、ある程度決めてからつけたほうがいいです。

水:開幕に効果が発生するもの、死亡したり盾ガード時といった特定の条件で発揮されるもの。確率ものがほとんどなので、期待できるものではありませんが、地味に効果があるものが多いです。

風:デメリット付パラメータ上昇、特定条件で発動するものなど、炎や水より癖の強いものが多いです。同じ宝珠は2つ以上セットできないため、デメリット付パラメータ上昇のものは基本炎のパラメータ上昇宝珠とあわせて使うことになるでしょう

光:特技の効果や威力の増加、発動時間の短縮など。後述する闇のものより一般的によくつかわれる特技のもの

闇:光とおなじく特技の効果の増強ですが、こちらは今まで不遇といわれている特技に対応しているものがほとんどです。その分、光のものより増強割合が高くなっています

まず気になったのが「闇」。おもいきり狙っているかのように不遇特技に対応するものが多いです。そして効果もそれなりに大きい。現時点ではまだ活用された例があがっていませんが、間違いなくこの中に大化けするものが潜んでいると思われます。

そのほかで、個人的に気になる効果のものをあげてみます。

・鉄壁の魅了ガード
 ご存じのとおり、Ver3より前は、特定の装備セットをしていなければ魅了100%は実現できませんでした。これのレベル5で10%耐性となるため、ぐるぐるメガネ理論値(80%)、輝石のベルト(魅了10%)で特定装備をせずとも魅了耐性100%が可能になります。

・不滅の××アップ
 死亡しても強化効果やテンションが残るもの
 最近のボス戦は一撃即死が当たり前で殺されても葉っぱで復活して戦うゾンビ戦法をせざるを得ないものが多いため、以外とこの効果が有効になる場面はあると思う

・始まりの移動速度アップ
 どのくらい速くなるかによるが、これを持っていると回避できる範囲技などが増えると大化けするかもしれない。変な勘繰りだが、Ver3.0になって戦闘中の敵味方をターゲットして行う行動の移動速度に変更があったものがある。現在、はげおた等を回避するために「ツッコミ避け」が裏ワザとして使用されているが、近々できなくなるように修正される前触れのような気がしてならない。

・勝どきMP回復
 現在、宝珠効果の中で最も壊れた性能と呼ばれている効果。敵を倒すごとに1MP回復する。レベル5なら5である。海竜とちがい条件で100%発揮されるのと、リアルタイムに回復するため、現在モンスター狩りで主流であるまものよびを使った戦闘でも有効なのも大きい。

・××の閃き
 必殺技のチャージ率が上昇するもの。1レベル0.5%と一見すると低すぎると思われがちだが、必殺がチャージされるのは自分の行動は無論ダメージを受けた時など判定の機会が多いのでレベル5までであげれば明らかにチャージが溜まりやすくなるものと思われる。一喝やお宝ハンター等は、レベル5まで振っていると特定の条件で相当ニーズがあると思われる。
一方、永久MP機関防止のためか、マジックルーレットとポルカはないようである。
※訂正。ポルカの閃きはありました。

・闇の種族特効技となる××の極意
 ドラゴン斬り、裂鋼拳など特定種族にダメージがアップする系統のものでアップ率が20%のもの。レベル5で+100%、つまり倍。ここまでくると、かなり有効ではなかろうか

まあ、自分自身まだ達人のオーブにはまともなものがついていませんね。
最初にもらえる石版と宝珠(不屈の闘志)をセットして以降は石版4枚ほど追加して、宝珠自体はいくつかみつけたものの、追加で装備したのは始まりの移動速度アップのみ。
他の宝珠はまだすぐにでもつけたい、と思うのではないためつけていない。

今日はここまで。では、またー

« <ドラクエ10> Ver3.0からPCに乗り換えました | トップページ | 哀愁物語がダウンロードできるではないか »

ドラクエ10」カテゴリの記事

コメント

おはようございます★

さすが読みが深いですねー!!

私はなぜかスパ用の宝珠とか変なの集めてますw

今はすっかり廃れた狩場とかで踊り子のレベル上げやってますが、
こーゆうのが一番楽しいですね^^

おはようございます★

さすが読みが深いですねー!!

私はなぜかスパ用の宝珠とか変なの集めてますw

今はすっかり廃れた狩場とかで踊り子のレベル上げやってますが、
こーゆうのが一番楽しいですね^^

廃れた狩場というか、普通に低レベル帯の30レベルくらいまで結晶化できるような中途半端に遠くて弱いエリアはかなり高い確率で名声値があがりますよ。
モガリム街道とかジュレー島下層とかで業者がわいてないところは名声値がおちない敵のほうが少ないw
踊り子10代はカニとヒトデ狩ってかなーり儲かりました。21~27は結晶装備で金策するのがよさげ。今結晶がバカ高いからメインで作った銀装備★★に初級錬金普通成功2つつけたものから4つ(中級だと6だったかな)とれるので結構おいしい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/61563168

この記事へのトラックバック一覧です: <ドラクエ10> 達人のオーブ:

« <ドラクエ10> Ver3.0からPCに乗り換えました | トップページ | 哀愁物語がダウンロードできるではないか »