« ドラクエ悪役名鑑 その156 魔女グレイツェル | トップページ | 本日でエイロスのブログは5周年 »

2016年4月19日 (火)

<ドラクエ10> 導きキャラの会い方 改

こんばんは。

最近、みちびきキャラのために魔法の迷宮を回すことが多く、最近書いた記事もこれに関することが多いのですが、ある程度いろいろな方法で試行錯誤した結果、2つの方法がいいかなあと感じたものを書いてみます。

方法その1 持ちつ持たれつWINWINの関係で

みちびきキャラクターは通常の魔法の迷宮でしか出現しない仕様上、4人固定PTで行かない限り必ずマッチングがかかり、見知らぬプレイヤーと組むことになります。
生身の人間プレイヤーが組むわけなので、当然コミュニケーションが発生します。

なんで、口論になったり、不快になるような行動はしないのがマナーになります。

よく、提案広場などでも散々書かれている通り、

・無言でコイン・カードが投入される
・誰もコイン・カードを入れないと鍵抜けされる
・装備、キャラの強さを確認して弱いと判断されると鍵抜けされる
・導き・隠し部屋を確認して鍵抜けする

など、キリがありません。

しかし、魔法の迷宮はそもそもオートマッチングでやる前提です。ある程度逸脱した行動する人がいても気にするな、とは思いますが、それは他人がやるのであって、自分がやるとすればは考えものです。
少なくとも、私は疎通が全くできず、まともに扉へ動いてくれない迷宮BOTに出会ったときくらいしか他のプレイヤーがいたときに鍵抜けしたことはありません。
もちろん、コイン入れようとして断られたら自分が抜けるつもりでいます。(相手に抜けろといったり、断られてもコインいれるのは論外でしょう)

自分は高レベルでの魔法の迷宮を回る場合は、以下のようにやってます。

・その日の初回(紫の箱を未入手)はコイン投入しないで扉にいき、コインを入れるかどうかは他の人に任せる。誰もいれなければ通常迷宮まわり、投入されたらそのボスをやる。
どちらにしてもボス前部屋の扉の前でプチプチみちびきの香水を使う。
・みちびきの香水効果があるうちは今度はコイン・カードを入れる立場として周回。入れたそうな人が先行して種族像に走って行ったらお任せにし、誰もいれないようなら一言きいてから入れる。

以前、誰もいれなければ自分が入れる、みちびき周回しているとかコメントにかいたほうがいいとか思いましたが、これ書いてしまうと、俗にいう「コイン乞食」が周回してついてくるようになることも多くカード・コインの消費がかなり高くなってしまったのですね。
なんで、最近はコメは書かずにだれもコイン入れなかったら自分が入れるスタンスになりましたね。

完全に人をアテにしてしまうのもアレなんで。おなじメンバーで周回するようになると、自然に次は○○がいれますみたいな流れになるので、いい感じに持ち寄りになっていくものです。

エイロスはだいたいこのパターンで日課として回してます。無理にテリーに渡すカードはないので一日一回誰かに遭遇できたらいいかぐらいでプチプチみちびき香水1~2回分、3~6周することが多いかな。

高レベルで、いろいろなボスに臨機応変に対応できるなら、こちらのほうが断然いいです。
私はレンジャー、魔物使い、道具使い、賢者でいくことが多いかな。

方法その2 ゼロマッチング作戦

カンストレベル付近(レベル85以上)で回るならば、基本的に悪霊単体のノーマルやすべてのプチ、福の神、レアボスなどは何の問題もなく倒せるでしょう。
だが、高レベル職がないサブキャラや新規キャラなどは、そもそも倒せるボスカードが限定されてしまうのです。さらにレベル60以下では4人マッチングが滅多にないがゼロになることもほとんどなく、サポートで入るキャラも酷いことがあるためボスカードを投入するのはより難しいでしょう。

そこで「ゼロ・マッチング」を狙います。

ゼロ・マッチングとは、他のプレイヤーとマッチングできないパターン、他メンバーがサポだけになるケースです。

ゼロ・マッチングの利点は2つあります。

人間プレイヤーがいないので、どう行動しても問題ない、ということ。
最短距離で種族像にコインをぶちこみ、無言で最短距離で扉にいってもだれにも迷惑はかからないし、文句をいわれません。入れるカードもなんでもOK

②ゼロ・マッチングでは鍵抜けペナルティが発生しない

実は②のほうが重要なのです。

他のプレイヤーがいる場合、最初の種族像以外で鍵抜けするとペナルティになり、10分間再入場できません。これは、香水が効いている時間どれだけ効率的に魔法の迷宮をまわすかが重要になるみちびき回しでは致命的です。
ところがゼロ・マッチングならペナルティがないので抜けたあとすぐ次の周回ができます。

そしてもう一つ重要なこと、それはボスカード・コインはボス部屋に入らなければ消費されないこと。ボスと戦う必要がありません。ボス前部屋でみちびきキャラを確認してすぐ鍵抜けしてしまえばよいのです。
※当たり前ですが、これを普通のマッチング時、他のプレイヤーがいるときにやるのはご法度です。ペナルティも発生します。

ようは、ゼロ・マッチングによるみちびき周回はボスカード・コインを消費せず、みちびきの香水の効果時間を最大限つかって周回をすることが可能な手段のひとつとなるのです。

では、ゼロ・マッチングのやり方を以下にかいていきます。

1.まず、マッチングがほぼないシチュエーションをそろえます。
  過疎ってる時間帯、過疎っているレベル帯、過疎っているサーバ・・・・

これについては、各自考えて下さい。いちおう、今回はレベル1で迷宮に入るというものをサンプルとしてあげます。(ちなみにこのケースでは、同じこと考えている人と2,3人マッチしてしまったことあります。また稀にレベル1からメタキンぶっぱでレベル上げする人にカチあうこともありました。ので、必ずマッチングされないとは限らないと留意してください)

2.迷宮のカギを使い、以下のように誰にもマッチングできなかった画面が出てくれば無事ゼロ・マッチング成功です。このまま行くをえらんで迷宮にはいりましょう

Photo_3


3.そうしたら、そのまま種族像に適当なボスコインを入れます。(間違ってもテリーに渡したいカードを入れないように)

4.そして、扉前でみちびきの香水を使用する。(すでに使用中ならもちろん不要) これだけです。

5.あとは扉をひらくだけ。簡単です。

6.3~4分の1の抽選に当たることを願い、そのまま進みましょう。そして、導きキャラがいる、いないにかかわらず、ボス部屋にいかずそのまま鍵を使って外に出ます。これでささげたコインも戻ってきます。
なお、ゼロ・マッチングだと導きキャラに遭えないとか、レベルが低すぎると会えないとかいうことはないので安心してください。

下の映像の通り、ちゃんとゼロ・マッチング レベル1で導きキャラにあえました。
ちなみにここにいるキャラはエイロスのサブキャラです。画像はテリーですが、トルネコ、ミネア、カンダタ全てに遭っています。

1

さらに運が良ければ隠し部屋にいけることもあります。宝物庫ならは宝箱取り放題。
ただし、レベルをあげたくないなら、メタルスライムがでてきたらアウトです。この場合は素直にその場で鍵抜けするしかありません。

この方法の欠点は、ゼロマッチングできる過疎環境にキャラが合わせ辛いことでしょうか。低レベル職がある人ならば難しくはないでしょうが、全職カンストかカンスト寸前であれば厳しいかな。

ということで、みちびき回しのやり方を2つほど載せました。

詳しく書いてしまったのでその2のほうがおすすめのように見える方もいると思いますが、、メインキャラであれば、方法その1でやる方が、アイテムや経験値も手に入るし、本来の魔法の迷宮のプレイの仕方なのかなと思います。

今日はここまで。では、またー

« ドラクエ悪役名鑑 その156 魔女グレイツェル | トップページ | 本日でエイロスのブログは5周年 »

ドラクエ10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/63505449

この記事へのトラックバック一覧です: <ドラクエ10> 導きキャラの会い方 改:

« ドラクエ悪役名鑑 その156 魔女グレイツェル | トップページ | 本日でエイロスのブログは5周年 »