« <ドラクエ10> 導き周回と現状のコインテロ割合の検証 | トップページ | <ドラクエ10> 錬金石を使って装備を強化してみた »

2016年6月10日 (金)

ドラクエの謎考察 その111

こんばんは。

久しぶりの謎考察

・歴代主人公は特別な存在が多いのか

ドラクエにおける主人公はなんらかしら常人ではない存在であることが多い。どうしてなのか。

1.主人公が王族である

まず、ドラクエの主人公は王家の者であることが多い。

2,5,6,8の主人公は王子だったり、王様そのものの場合もある。
また、主人公が王家の者でなくても王族と仲が良い7のような場合も

2.主人公が勇者や勇者の一族である

1~3は当然主人公は勇者の系譜にあたる。4も勇者だし、5は本人は勇者ではないものの息子が勇者だったりと少なくともロトシリーズや天空シリーズでは勇者に所縁のある者がほとんど

3.特別な加護がある者

ドラクエ2ではルビスに護られているといわれている
ドラクエ7の主人公は水の精霊の加護を受けている
ドラクエ9は天使で神の加護を受けている
ドラクエ10の主人公もまたなんらかの加護を受けている

4.勇者でも神でもないが特別な血筋である

5の主人公は魔物と交流ができる特別な血(エルヘブンの力)を引いている
8の主人公は竜人族とのハーフである

ものの見事に全くの凡人はひとりもいないのである。やっぱり主人公は特別な存在なのか。

ちなみに、主人公だけのオンリーワン能力についてみてみると

3 3の世界ではギガデイン・ライデインといった勇者専用呪文は主人公だけが使える。
4 リメイク版だけだが、主人公はギガソードという技が使える。また4では唯一パルプンテが使える。
5 唯一モンスターを仲間にできる能力がある
8 呪いにかからない
10 時渡りの能力がある。

次に、主人公たちの血筋は後につたわっていくのかについて

◆ロトシリーズは勇者の子孫として完全に血縁で続いていった

元祖勇者ロトはアレフガルドで子孫を残した。
1の主人公は竜王を倒したあとローラ姫とともの旅立ち、ローレシア、サマルトリア、ムーンブルグを建国した

◆天空シリーズの勇者の誕生は単純な血縁だけの条件ではないようだ

4の主人公のその後は謎の多い話でいろいろな終末説がある。ただし、天空シリーズでは勇者の子孫が勇者という流れになっていない。そもそも4の主人公はシンシアと結ばれて子孫を残した、とはどこにも語られていない。

5では主人公も妻も勇者ではないが、息子は勇者であり、勇者そのものが引き継ぐわけではないようだ。

6では4や5のような勇者の色合いは全くない。6もまた、デスタムーア倒したあとの顛末が全くかたられていない。6のエンディングは他のシリーズに比べてもハッピーエンドとはいいがたくストーリー的にもかなりの謎めいた終わり方をする。

◆7以降は完全に独立しているため難しい

7主人公はオルゴデミーラを倒したあとは普通に漁師になった。

8主人公はミーティアと結婚

9については天使とも人間としても居場所がある存在に最終的になる。

10はストーリーが現在進行形で進んでいるのでなんともいえない。

なんともまとまりのない書き連ねただけの考察になってしまったが、やはり主人公というのは特別な宿命を持っているのだけは確かなようだ。

今日はここまで。では、またー

« <ドラクエ10> 導き周回と現状のコインテロ割合の検証 | トップページ | <ドラクエ10> 錬金石を使って装備を強化してみた »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/63755396

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエの謎考察 その111:

« <ドラクエ10> 導き周回と現状のコインテロ割合の検証 | トップページ | <ドラクエ10> 錬金石を使って装備を強化してみた »