« <ドラクエ10> 思い出のアクセサリをとうとう手放すときがきた | トップページ | <ドラクエ10> コインボスのリリース間隔とカード入手手段について思うこと »

2016年6月30日 (木)

リアルのルイーダの酒場にいってきました

こんばんは。

ちと、突然、会社の関係者に連れられて先日、六本木にあるルイーダの酒場にいってきました。

行ってはみたいなとは思ってはいたけれど、なかなか機会がなかったので誘われたとき即決でいくことに。

いわゆるドラクエをコンセプトにしたバーなのだが、平日は特に予約しなくても入れるようです。

外から見ると普通のバーで、ドラクエを強調するような外観ではありません。ただ、ちゃんとルイーダの酒場(Luida's Bar)と看板があり、小さ目ですがDRAGON QUESTの文字もありました。

入口はいるとすぐにゲームで聴いてきたドラクエの音楽が耳にはいります。
どうも、グループ単位ではいってきた人は冒険者のパーティとして扱われるらしく、店内での注文は代表者(パーティリーダーを選出するらしい)がまとめて注文し前払いなシステムのようです。

バーなのでアルコールと料理を頼めるのですが、当然ながらすべてのメニューはドラクエに関係するネーミングがつけられています。

普通の飲み会みたいにビールから・・・という雰囲気ではなかったので、最初に自分はベギラマテキーラというのを頼んでみた。テキーラに辛口のソーダ割りにライムともベリー系ともいえるような味。

食べ物は
ミミックの舌のスモーク仕立て
ばくだんいわの火の玉コロッケ
メダル王の小さなメダルピザ
エンゼルスライムの生ハムリゾット
を注文。

ばくだんいわに至ってはバターに火をつけて(この時、店員と一緒にメラをとなえる)文字通り火の玉(全体が燃え上がるわけではないが)になります。

飲み物は次にアンルシアのブレイブハート(マンゴーとストロベリーかラズベリーっぽいリキュールのソーダ) 今回飲んだ中ではこれが一番良かったかな。
最後にザオリクーラー(赤ワイン+オレンジジュース?)というのを飲んだ。

連れて行ってもらった方は
ドラゴントライブ(何の味かわからないが、緑色でキウイのカクテルにタピオカみたいなつぶつぶが入っていた。多少甘い)
マヒャデドスムージー(ブルーハワイにアイスクリームがはいっているようななもの。これも作成するときに店員と一緒にマヒャデドスをとなえてかき混ぜて作る(笑))
最後にまほうの小瓶(ジンと青りんごとトニック)
を注文していた。

コンセプトバーなので、料理の味はあまり期待していなかったが、意外と飲み物も食べ物もよかったかなというのが感想。

ちなみに、そのとき立ち会ったほかの客がバースデーサービスを受けていたが、レベルアップ音とともに○○レベルにアップおめでとう、となる(○○は当然年齢のことだ)

30代、40代に見える客もそこそこいた。ドラクエも今年で30周年。私のように初代FC版からプレイしている人は間違いなく40前後。世代なんですなと感じる。

基本的にはスタンディングバーなのだが、奥の方に個室(VIPルーム)やドラクエ10プレイルームというのもあるみたいだが、こちらは当然予約してリザーブ料金が発生する模様。

最後にキャンペーンでやっていたスイーツとして、ミネアとマーニャのパフェのうちひとつを頼むことに。ミネアがフルーツ系でマーニャがミルクティーとプリンのようだったので、今回はミネアのフルーティパルフェを頼みました。
というわけでミネアを食べてしまいました・・・・魔法の迷宮で仕返しされそう(笑)

ちと、今日はドラクエのゲームそのものとは違う話になりしたが、リアルのルイーダの酒場にいってきた感想です。

今日はここまで。では、またー

« <ドラクエ10> 思い出のアクセサリをとうとう手放すときがきた | トップページ | <ドラクエ10> コインボスのリリース間隔とカード入手手段について思うこと »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/63850959

この記事へのトラックバック一覧です: リアルのルイーダの酒場にいってきました:

« <ドラクエ10> 思い出のアクセサリをとうとう手放すときがきた | トップページ | <ドラクエ10> コインボスのリリース間隔とカード入手手段について思うこと »