« <ドラクエ10> ローラ周回の裏でアクセ合成が・・・ | トップページ | <ドラクエ10> メインもサブもストーリーを進める »

2016年9月16日 (金)

ドラクエの謎考察 その115

こんばんは。

今日は、ドラクエとしての名称がマイナーでどうしても別のモノを思い浮かべてしまうこと必至のキャラについて書いてみる

・ドラクエじゃないキャラがまず頭の中にうかんでしまうキャラ達

■クラウド

おなじみ、ファイナルファンタジー7の主人公として有名な名前。
では、ドラクエではどこででてくるか。
ドラクエ5で主人公が石化し、石像を買ったジージョの家の召使。主人の名前すらついていないのに、名前がついている実に珍しいキャラ。しかも、ドラクエ5だから、ファイナルファンタジー7より前である。すごい偶然である。

■ギャバン

普通なら宇宙刑事か香辛料メーカーを思いつくはず。
キャラバンハートの主人公の叔父にあたるキャラ。キャラバンハートをプレイした人なら割とお世話になった人物かもしれない。
ただし、レーザーブレードを装備して前線で戦うキャラではないのであしからず。
ドラクエを1からリアルでやっているひとなら間違いなくピンときてしまう名前。

■アントニオ

プロレスラーではない。
ドラクエ9のガデスの星のメンバーのひとり。クエストで一度は彼に会うことになるが、記憶に残っている人はほとんどいないであろう。神父である。

■メッシ

アルゼンチンのサッカー選手のことではない。
ドラクエ10で2015年のジューンブライドイベント前までアズランにいた人物。このイベントの後、彼は結婚したため、メッシのかわりにホウコウというキャラが配置された。
そう。滅私奉公がこのキャラの語源であるようだ。

■ダンテ

別のゲームの主人公を思い浮かべる人も多いかも。
全く姿も違う、ドラクエ6のベストドレッサーの審査員のひとり。見た目は老人。
これも、ほとんど知っている人は少ないであろう。

■クロービス

名前の候補に「ドラゴンクエスト」があったという、ナムコのアクションRPGで有名なドラゴンバスター(ドラクエ1の登場する少し前にアーケードゲームとしてリリース)の主人公の名前。
ドラクエででてくるのは4。レイクナバに泊まっていた神父。FC版では名乗らないため名前は不明であったが、リメイクでは移民であり、移民になると神父ではなく、普通の男のキャラになっている。当然ながら剣を振り回して姫を救うためにドラゴンと戦う人ではない。

今日はここまで。では、またー

« <ドラクエ10> ローラ周回の裏でアクセ合成が・・・ | トップページ | <ドラクエ10> メインもサブもストーリーを進める »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

■ミーティア
DQ8のお姫様の知名度はまあまあなのですが、同時期にやってたガンダムSEEDのイメージが強すぎて・・・

以上、メッシは太ってるので飯が由来だと思ってた太田拓也でした。

ミーティアという呼び名は英語でMeteorとかいてこれはRPGではおなじみ隕石魔法:「メテオ」なんですね。なんで、個人的にはミーティアは馬姫じゃなくて隕石(メテオ)姫ということにしていたw

たしかにwikiで調べるとイギリス初のジェット戦闘機やガンダムSEEDの兵器とかが出てきます。
やっぱり「武器の名前」なんでしょうね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/64209210

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエの謎考察 その115:

« <ドラクエ10> ローラ周回の裏でアクセ合成が・・・ | トップページ | <ドラクエ10> メインもサブもストーリーを進める »