« ドラクエ悪役名鑑 その159 獣魔将ガルレイ | トップページ | ドラクエの謎考察 その122 »

2017年2月 7日 (火)

<ドラクエ10> 導き検証2500周の結果のまとめ その4

こんばんは。

導き検証2500周のまとめ第4回
とはいっても、昨日2600周を超えてしまいました。

今日は、みちびきキャラの抽選方法についての考察を振り返った数値を検証してみる。
それと、導き周回で起こる天国と地獄の記録。

■みちびきキャラの抽選はトルネコ、ミネア、テリー、カンダタ別に行われているか?

公になっているみちびきキャラの抽選というか、現状わかっているのは以下の通り

1.導きキャラはトルネコ、ミネア、テリー、カンダタのうち同時に複数出現しない

2.トルネコ、ミネア、テリーは導きの香水を使用しないと超低確率で遭遇できる(各256分の1といわれている)

3.カンダタは導きの香水を使用しないと絶対に出現しない

4.トルネコが実装されたころは、隠し部屋の抽選と一緒に行っており、隠し部屋とトルネコが同時に1回の迷宮でであうことはなかった。内部的に別々に抽選は行っており、両方当選した場合、隠し部屋が優先され、トルネコフラグはストックされて次の周回で出現する

5.テンの日のプーちゃんと導きキャラは現在は同時に出現するが、以前は導きキャラが当選した場合プーちゃんは登場しなかった

さて、ここで、まず、トルミネテリーとカンダタが明らかに別に抽選されていることがわかる。また、検証結果の通り、カンダタはトルミネテリーの約3倍出現率が高い。

まず、以前私が考察として書いた、以下について真偽の検証をしてみる

◆カンダタとトルミネテリーは別々に抽選されており、両方当選するとカンダタが優先されトルミネテリーがストックされる(もしくはその逆)のか?

では、以下の数字をみてみよう。

導きキャラ出現数(香水1人以上時)、率は以下の通り(2017年2月5日までの検証数)

総周回数:2607
トルネコ:113 (4.33%)
ミネア:134 (5.14%)
テリー:132 (5.06%)
カンダタ:437 (16.76%)

もし、同時当選してどちらかがストックされて、次に出現するとしたら、カンダタの次にトルミネテリーの出現率が高くなる、もしくはトルミネテリーの後にカンダタの出現率が高くなるはず。
これに基づき、

カンダタの次に連続してトルミネテリーが出現した回数:61回
 437回中61回=13.96%
トルミネテリーの次に連続してカンダタが出現した回数:57回
 379回中57回=15.04%

どうやら普通の遭遇率15%を大きく上回ることはなく、どうやらフラグストックはないものと検証数値は物語っています。
というわけで、トルネコと隠し部屋の同時抽選がなくなったときに、導きキャラは一括して抽選されるようになったと思われます。

というわけで、この説の結論は自分なりには「否」となりました。

■2600周から見る導き周回の天国と地獄

最後に2600周の結果からみる天国と地獄について、現実の結果をかきましょう。

・天国(導きキャラ連続遭遇)

6連続が2回、5連続が9回
トルミネテリーの連続は最大3回

・地獄(何周も導かれない)

全導きキャラ間ハマリ:18周が1回 16周が2回

トルミネテリー間ハマリ:35周が1回 28周が1回 26周が1回

35周ハマリはゼロ回ししても1時間以上会えないことを示唆し、普通のマッチング周回なら3時間ちかく会えないことに・・・・

ということで、2500周からみる考察はこれでとりあえず終了。
次は5000周のときに振り返りでまた書いてみようとおもいます。

今日はここまで。では、またー

« ドラクエ悪役名鑑 その159 獣魔将ガルレイ | トップページ | ドラクエの謎考察 その122 »

ドラクエ10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/64861140

この記事へのトラックバック一覧です: <ドラクエ10> 導き検証2500周の結果のまとめ その4:

« ドラクエ悪役名鑑 その159 獣魔将ガルレイ | トップページ | ドラクエの謎考察 その122 »