« ドラクエの謎考察 その124 | トップページ | ドラクエの謎考察 その125 »

2017年3月 7日 (火)

<ドラクエ10> ドロシーリニューアル 導き周回方法まとめ

こんばんは。

Ver3.5でドロシー経由の魔法の迷宮がリニューアルされ、導きキャラがドロシー経由ででるようになりました。

そこで、このリニューアル後の導き周回方法について、やり方やメリットデメリットなどをまとめてみます。

周回効率の悪い順に書いていきます。

凡例
オートマ  オートマッチングで迷宮の鍵で入る迷宮用のやり方です
ドロシー  ドロシー経由で入る迷宮用のやり方です
固定    4人固定で迷宮の鍵で入るやり方です

1.オートマッチング周回 (自コイン投入なし) オートマ

  ■やり方
   オートマッチングで迷宮に入り、他のメンバーのなすがままに迷宮を進む

  ■効率
   0.4周/10分(通常迷宮経由の場合)
   2~3周/10分(ショートカットコイン入れられた場合)
  ■メリット
   なにも準備する必要ない。タダ
  ■デメリット
   通常迷宮回ると著しく効率が落ちる。プチプチ香水では1周しかできない。

  ■評価
   今はドロシー経由で導きでるため、他の人がコインを使ってくれる率は減少傾向
   なので、通常迷宮率が高くなりおすすめしない。
   肉2サポ2の場合、種族像をスルーするとかなりの確率で鍵抜けされるだろう。

2.オートマッチング周回 (自コイン投入あり) オートマ

  ■やり方
   オートマッチングで迷宮に入り、自分がコイン入れて周回する。
   もし、他に入れたい人がいた場合はいれてもらう。

  ■効率
   2~3周/10分
  ■メリット
   適当なコイン、カードを消化しつつ周回が可能。
   迷宮周回方法のスタンダードなので、特に難しく考える必要ない。
   ドロシーとは違い、セキバーンや宝物庫に会える可能性がある。
  ■デメリット
   入れるボスコインによっては時間がかかったり、拒否されたりする可能性がある。
   ボス入れない人と周回を続けると、コイン・カードの消費が多くなる。

  ■評価
   昔も今も変わらない、ショートカットの王道。
   メタボス、レアボス、福の神あたりであれば断る人はほとんどいないでしょう
   プチ、キャッツも短縮、周回目的の人が多いのでほぼ問題ないでしょう
   並コインボスはそのときの構成を考えていれれば問題ないでしょう
   いずれにしても、投入時は、ひとこと断りを入れてからのほうが良いと思います。

3.不要コイン持ち寄り周回 固定

  ■やり方
   4人固定で組んで、不要なカードを持ち寄りで周回する

  ■効率
   3周/10分

  ■メリット
   固定で目的を決めて周回するため、オートマより効率的に回れる
  ■デメリット
   不要カード・コインをある程度持ち寄りしないとできない

  ■評価
   SP福引を引きまくってボスカードがあふれた、おみくじボックス大量開封でレアボスコインを消化したいなど、ボスを消化したい人がいた場合には非常に有効。

4.ドロシーボス周回 ドロシー

  ■やり方
   サポートや仲間モンスターとドロシー経由で迷宮に入り、適当なボス投入

  ■効率
   3~4周/10分

  ■メリット
   ドロシー経由なので、サポを選んで自由に構成できる。
   一人でできるためオートマのように、他プレイヤーに気を使う必要はない。
  ■デメリット
   ドロシー経由の場合、メタルコイン系を入れない限り隠し部屋がでないので
   セキバーン等も狙いつつのようなやり方はできない
   (隠し部屋が出ないため、導き効率だけで考えるとメリットともいえる)

  ■評価
   多くの人が望んでいた、「ドロシー経由で導きに会える」機能による周回方法。
   今後のひとりで導き周回したい人のスタンダートになるでしょう。

5.固定自殺マラソン 固定

  ■やり方
   4人で組み、練習札を投入し自殺周回する

  ■効率
   3~4周/10分

  ■メリット
   コストはカジノコイン100枚/1枚で入手可能な激安の練習札のみ
  ■デメリット
   自殺周回なので、作業感がハンパでない。
   ボス倒さないので報酬ゼロなので、導きでないと徒労感が強い

6.福の神周回 固定

  ■やり方
   4人で福の神攻略構成で挑み、瞬殺して周回する

  ■効率
   3~4周/10分

  ■メリット
   福の神コインの報酬を取れる上、高速で周回が可能
  ■デメリット
   高価な福の神を持ち寄りする必要がある。
   福引、SP福引券以外に手に入るものはほとんどない。

  ■評価
   普通に福の神周回するときに導きもついでに回せる、という感覚でできる。
   周回するための方法というよりは、福の神周回ならではのおまけ。
   サポだと最高効率で立ち回れないためあくまで4人固定で行うのが基準。

7.メタボス高速周回 ドロシー 固定

  ■やり方
   メタルウイングもち4人でメタボスを使って周回する。
   4人メタルウイングもちであれば、固定でもサポでドロシー経由でもよい。

  ■効率
   4周/10分

  ■メリット
   メタルウイング4人投げで一瞬のうちに戦闘が終わるので高効率で周回可
  ■デメリット
   それなりに高いメタスラボスコインと、メタルウイングもち3人探す必要あり
  ■評価
   おそらく、ボスを倒して周回するものの中では最高効率と思われる。
   経験値稼ぎと並行でやるならなお良いかもしれない

8.ひとり自殺マラソン ドロシー

  ■やり方
   一人でドロシー経由で迷宮に入り、練習札で自殺マラソンする

  ■効率
   4~5周/10分

  ■メリット
   一人で特攻するので、固定4人よりより早く全滅できる
   特にバトマスで諸刃斬りで初手即自滅可能なら、5周も難しくない
  ■デメリット
   固定自殺マラソンと同じく、作業感と導きが出ないときの徒労感が大

  ■評価
   ゼロ回しができない人で最も安く導き回し可能な方法ではないかと思う。
   他のプレイヤーと関わらずにできるようになったので、利用する人多いかも。

9.ゼロ回し(ゼロ・マッチング周回) オートマ

  ■やり方
   誰にもマッチングしないような過疎レベル・時間帯でオートマで迷宮に入る
   マッチングできずにサポ3で迷宮に入れれば成功。
   適当なショートカットボスを入れる。
   ボス前部屋で導きキャラ確認後、ボス部屋入らず鍵抜けする(ペナなし)

  ■効率
   5~7周/10分

  ■メリット
   ボス部屋突入、ボス戦闘の時間がカットされるため、周回効率は抜群
   ボスコインを消費せずに回せるのでコストも抜群
  ■デメリット
   過疎迷宮に入れる低レベル職がないと実施不可能
   レベル上げたくない場合、隠し部屋でモンスターが出るとアウト
   稀にマッチングしてしまうことがあるので対処が必要。

  ■評価
   あくまでサポ3でオートマ迷宮に入った場合は鍵抜けしてもペナなし。
   ドロシー経由だと、ペナが発生するのでできない。残念・・・・・
   ドロシーリニューアル後も一番いい導き回し方法はゼロ回しと思います。
   また、カンストレベル付近で普通に迷宮に入ったとき肉2サポ2で構成された場合わざとコイン入れないで種族像をスルーすると、高確率で鍵抜けされてゼロ回しの条件が満たされる場合も。

10.固定突入3抜け回し 固定

  ■やり方
   4人で組んで魔法の鍵で迷宮に入り、3人にぬけてもらう。
   残った一人がボスを入れて、ボス前部屋で導きキャラ確認後鍵抜け(ペナなし)

  ■効率
   7~9周/10分

  ■メリット
   ゼロ回しのマッチング時間をさらにカット。理論上の最高効率
   固定なのでマッチングされる可能性ゼロ。
   高レベルなら隠し部屋にメタルが出ても大丈夫
  ■デメリット
   導き回しするキャラ以外は迷宮入って退出するだけでほぼメリットなし
   やり方・目的が特殊なので、手伝ってもらうのは困難と思われる

  ■評価
   目的が目的だけにそうそう手伝ってもらえるものでもないので、この方法を使うケースはほぼ4アカでないかと思われる。つまり、これができる人はほんの一部に限定される。

半年前にローラ姫周回方法として一度まとめてみましたが、ドロシー経由で導きがでることを加味しての今回の導き回し総評となります。みなさんはどの方法でまわっているのかな。

先週、記載するの忘れてしまいましたが、今週までの累計の導き回し結果

総周回数:2843
トルネコ:125 (4.40%)
ミネア:151 (5.31%)
テリー:144 (5.06%)
カンダタ:473 (16.64%)

今日はここまで。では、またー
    

« ドラクエの謎考察 その124 | トップページ | ドラクエの謎考察 その125 »

ドラクエ10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/64981334

この記事へのトラックバック一覧です: <ドラクエ10> ドロシーリニューアル 導き周回方法まとめ:

« ドラクエの謎考察 その124 | トップページ | ドラクエの謎考察 その125 »