« <ドラクエ10> ゲーム内vs便利ツールでできること考察 | トップページ | <ドラクエ10> 暗黒の魔人をメイン、サブとも初討伐 »

2017年4月21日 (金)

ドラクエの謎考察 その129

こんばんは。

ドラクエ各シリーズに登場するモンスターたち。今回はその出現時期を考察する

・同じモンスターで強さがシリーズによって雲泥の差があるものを考察

ドラクエシリーズでは定番のごとく毎回出てくるモンスターもいれば、1つの作品でしか出てこないマイナーなものもある。そして、たいていは同じような強さのモンスターで出現時期も似たようなものが多いのだが、なかにはそれを完全に無視した存在もある。
特に出現時期、強さの落差の大きなモンスターを上げてみる

■スライムべス

前に何度か考察で触れたが、弱いことは弱いのだが、超序盤に出ることもあれば終盤になってでてくることもある生息域が謎のモンスター

1ではスライム等がでる最弱のエリアにでるが、3では終盤のアレフガルドに出る。ドラクエ10では強さこそスライム並だが出てくる場所はやや中盤、各大陸の小さい町のまわりにでる。7では前半だが、最序盤ではない。

■がいこつ

序盤の強敵の位置づけであるが、後の方の作品になるほど強くなっていく。
ドラクエ10ではVer1.0当時ではレベル40くらいで相手にすべきモンスターにも関わらず、オーガのスタート地点の洞窟で割と早い時期に会えることもあり、序盤のモンスターが楽勝だから行けそうと挑みかかったら最後、彼らの仲間入りになってしまうことだろう。

■スライムつむり

結構強さの幅が大きいモンスター
ドラクエ3では海でであい、数が多いと苦戦する中盤のモンスター。6ではレベル不問で熟練度が上がる最初の場所に出現。中盤~後半。ドラクエ10ではレベル1桁で勝てる序盤のモンスターになっている。

■メタルキング

ほとんど終盤やラストダンジョン、クリア後の洞窟などかなり強い敵がいる場所に現れるのが通例でだが、中盤に早くもでてくるものもある。
8では中盤にあっさり出現する。10では基本的にアイテムを使って魔法の迷宮で出会うモンスター。強さ不問で出現させることができるので、極端な話レベル1でも出せる。
ドラクエ9ではゲームクリア後に行ける場所でないと原則会えない。宝の地図でメタキンに出会えるエリアの敵の強さはラストダンジョンをはるかに凌ぐ強さの敵が出るため、弱いキャラはメタキン狩りはおよびでないのである。またメタキンじたいかなり強い。

あとはだいたい、後半、終盤に現れる

■ぶちスライム

ドラクエ6では唯一スライムより弱い最弱の敵として出現。
ところが、ドラクエ10ではVer3.5の嵐の領域に出現する。モンスターレベル80以上で、大量に出現するので、低レベルではあっというまにボコボコにされてやられてしまうであろう。
仮にレベル1で戦ったら「ぷちっ」と秒殺してくれるに違いない。

■さまようよろい

ドラクエ3、4では前半、5、8、9では中盤、10ではレンダーシアにたどり着いたあと出現するモンスターなので、かなり強い。
作品を追うごとに強くなっていく。上位種のじごくのよろいやキラーアーマーも同じような感じ。

■フレイム

ドラクエ2では終盤、8では中盤、10では前~中盤。 どれも似たような攻撃をしかけてくるが、やはり出てくる時期にあった強さで、強さの差が結構ある。

■ミニデーモン

これも作品によって出る時期も強さも大きく違う。
3ではメラミをとなえる後半に出現。4は中盤で登場し、やはりメラミを撃つ。5では、ミニデーモンがベビーサタンのような行動をするため、中盤にでる。ただしメラミは撃つ。8ではやや前半で、おそらく8では最速でメラミを撃つモンスター。時期的にはかなり痛い攻撃。
そして10ではおそろしく強化され、なんと輝く息を吐く。メラミも撃つが、その3倍以上の威力の全体攻撃をおみまいされるのだ。時期的には真レンダーシアの後なので、当然かなり高レベルとなる。

今日はここまで。では、またー

« <ドラクエ10> ゲーム内vs便利ツールでできること考察 | トップページ | <ドラクエ10> 暗黒の魔人をメイン、サブとも初討伐 »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/65176760

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエの謎考察 その129:

« <ドラクエ10> ゲーム内vs便利ツールでできること考察 | トップページ | <ドラクエ10> 暗黒の魔人をメイン、サブとも初討伐 »