« <ドラクエ10> 嵐の領域にはいりました | トップページ | <ドラクエ10> ゲーム内vs便利ツールでできること考察 »

2017年4月13日 (木)

ドラクエの謎考察 その128

こんばんは。

丸一週更新できなくて失礼。

ドラクエの裏話、謎、不思議を問うはなし第128回

・ドラクエにおける全滅の考察

ドラクエで戦闘で敗れ全滅してしまうと、最後に立ち寄った教会なりルーラポイントなりに強制的にもどされ、所持金が半分になる。おおよそほとんどのシリーズ共通である。
たいていは王様の前に復活し、「死んでしまうとはなにごとだ」とお叱りを受ける。

しかし、RPGで全滅した場合所持金半分になって戻されるというしくみは実は、RPG全体からみると少数ではないだろうか。

他のRPGの全滅の際の扱いはストーリーの辻褄があわない理由が多いと思うが、たいていゲームオーバーとなり、セーブしたところからやり直しになる。

オフラインのRPGの場合、全滅した場合リセットする場合もあると思うが、これもいわば、セーブしたところからやり直し的な扱いにする人為的なゲームオーバーである。ドラクエでもできるので普通に利用していた人は多いであろう。

オンラインでは死んだら巻き戻されるシステムだとなにかと問題があるため、全滅したらなんらかしらのペナルティを受けて特定の場所に強制送還されるものが多い。そのペナルティだが、経験値ロストや一定時間弱体化する、特定のアイテムやポイントを失うようなものが多い。ドラクエ10の場合はゴールドが減る、というペナルティになる。

この死んだときのペナルティだが、ゲームによってとても深刻だったり、あるいはほとんど影響がないので自殺して移動する手段に利用されるようなものまである。
ドラクエでは金が減るといえば減るが、今は鉄の金庫クエをクリアすれば死亡時のペナルティがなくなるようになった。また、たとえ鉄の金庫がなくても、銀行に全財産を預ければ、全滅しても1000G以上の損害を被ることはない。
そう考えるとドラクエの全滅ペナルティはかなり甘いものではなかろうか。
最近ではデスルーラという単語も聞く。わざと全滅して登録してある場所へ移動するのだ。
FF11でも自殺技として使われた時期があり、デジョン4(死)と呼ばれていた。
全滅することが有意義に利用されるとは本末転倒な話なのだが・・・・

ドラクエ10でかつて適当な短縮コインがなかった時代は、メタキンを回すために「自殺カード」として、王家の迷宮から異常に供給される強カードが自殺用に利用された。そう、元気玉の時間を有効に使うため、メタキン狩りのあと、強力なボスに速やかに葬ってもらい、全滅するのだ(メタキンやったあとその場で鍵抜けするとペナルティになるため)

導き回しの考察でも書いたが、メタキン回し同様、導き回しでも自殺周回が可能になってしまう。練習札がかつてのメタキン自殺周回と同じようにつかわれてしまっている。ドロシーからトルミネテリーが出るようになったため、ひとりで自殺周回しているひともいるのではなかろうか。

一方、全滅、あるいは特定キャラが死んでもゲームが終わらないばかりか、ストーリー上キャラが死んだ状態で進めてしまうRPGもある。シミュレーションRPGに多いが、特定のキーキャラ以外は死んでしまっても先にすすむことができてしまう。しかし、真エンディングを目指したり、だれも死なせずにクリアする目的もあったりで、死なずにストーリーを進めようとすると難易度がとんでもなく高くなるものもある。

ドラクエのシステムの元になったウィザードリィではドラクエの全滅とは比べ物にならないくらい厳しいペナルティがある。なんと、全滅した場所に死体がそのまま残り、別のキャラで死体を回収しなければならないのだ。当たり前だが、ボスで全滅してしまった場合、ボスを倒さないと死体の回収すらできない。またウィザードリィは死人の復活が100%でないうえ、2回失敗するとキャラはロストしてしまい、永久に失われる(ドラクエでいうところのキャラデリと同じ扱い)
さらに、ウィザードリィは戦闘の度に自動セーブされるため、リセットも下手なタイミングで行うとデータ自体が飛んでしまうという危険な行為となっている。あらゆる意味で恐ろしいシステムを備えているのだ。

なお、ドラクエでも唯一全滅すると金以外にもペナルティがある全滅ケースがある。それはドラクエ6のゼニス城でのデュランまでの3連戦。この戦闘に限り敗北すると、伝説の武具を全て奪われてしまう。ただし、リベンジで勝利を収めれば無事回収することができる。

ただ、お金を失うというのは、そのお金の金額や価値によっては、「セーブしたところからやり直す」よりいい場合も悪い場合もある。たとえば、経験値を稼いでいたさいに突如事故で全滅しまった場合。お金を失うのは痛いが、それ以上に稼いだ経験値がパーになるほうが痛い場合もある。
また、レアアイテムをゲットした、確率が低い仲間モンスターが立ち上がったなど、その直後に全滅してしまった場合に安易にリセットしないほうがいいケースもある。なんとも難しい話だ。

ドラクエ10はオンラインなのでそもそも「リセット」はできない。常闇などの強敵相手に消耗品を大量に使用し、時間もかかったにも関わらず全滅してしまったなど、全滅の代償が非常に大きなものになってしまうパターンもある。

全滅。それは時におそろしく、あるときには便利な手段として利用される。
なんと奇妙な現象なのか。

今日はここまで。では、またー

« <ドラクエ10> 嵐の領域にはいりました | トップページ | <ドラクエ10> ゲーム内vs便利ツールでできること考察 »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

ドラクエの全滅ペナルティが他のRPGに比べて甘いのはおそらくセーブ条件が他のRPGに比べて厳しいのが原因だと思われます。
つまり他のRPGでは当たり前なフィールドセーブが原則できないことに対するバーターなのではないかと。

どこでもセーブできるゲームは便利といったら便利だけど、ハマリを考慮していないものだと下手にセーブするとどうあがいても進めなくなるハマリにあう可能性があるから一概にいいとはいえないんですがね。初代ロマサガ1とか。また、一部のシミュレーションRPGでは、変なところでセーブするとクリア不可能になったりします。
難しいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/65146921

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエの謎考察 その128:

« <ドラクエ10> 嵐の領域にはいりました | トップページ | <ドラクエ10> ゲーム内vs便利ツールでできること考察 »