« ドラクエの謎考察 その128 | トップページ | ドラクエの謎考察 その129 »

2017年4月18日 (火)

<ドラクエ10> ゲーム内vs便利ツールでできること考察

こんばんは。

ドラクエ10において、ゲーム内でできるコンテンツの一部が便利ツールで可能なものがある。
今日は、個人的な評価も含めてしまうが、どっちでやるほうがいいかを考察してみる

■畑のお世話

ゲーム内の畑の世話として、種を植えたり水やりをしたり、収穫ができる機能。さらに、ツールからはジェムを使うことによって水やりについてはレアUPやつぼみUPの効果を得ることができる。

課金前提であればツールで水やりするほうが当然いい。と同時に水やりはジェムを必ず必要とする。1日に2回水やりしたい人は、ゲーム内で普通にして、外からツールで1回するという形ですみわけができている。
一方、ゲーム内からでないとできないのが肥料を与えること。
全くジェムを使わない前提ならゲーム内のほうに軍配が上がるが、レア水などを積極的に使いたい人ならツールの方が良い。そもそも、バザーの作物の価格等を見ると超おたからやおたから花はレア水ありきの価格になっている。

■討伐隊の依頼

日課、週課の討伐をジェムはらうことでモンスターにさせる機能。
ツールでやればあら不思議、なにもしないで経験値とお金が手に入る。
ところがどっこい、ツール討伐は必ずジェムが必要な上、高額な依頼をやらせると比例して必要ジェム量も上昇する。
また、チームクエの討伐数や、各モンスターの討伐数にカウントされない。
必要ジェムも割高な気がするのでこれはゲーム内でやったほうがいいだろう。
ただし、チャレンジミッションで討伐隊の依頼が出るので、必ずジェムを使わざるをえないときがある。その場合、最低ジェムで実行可能なものを選ぶことになるだろう。

■職人ギルド依頼

これもツール上でギルド依頼ができる。扱いは一発仕上げでノーマル品ができた扱いになる。ジェムもかかるので、ゲーム内でやったほうが良い。
ただし、唯一錬金だけはツールのほうが有利である。錬金術師ならもお分かりだろう。錬金に一発仕上げはなく、ルーレットの配置によっては成功100%にならない場合がほとんど。特に中級錬金依頼は普通に失敗することも多いので、中級錬金だけはツールでやるのもアリかと。

■のぞみの釣り堀

釣りのツール版。釣り堀というだけあって決まった魚を釣ることができる。
スペシャル釣り場は日替わりで内容が変わる。
3つの釣れる魚固定の釣り堀は低レベルで暇な時間にポチポチしてレベル上げするのでなければ利用する機会は少ないと思われる。当然重要なるのがスペシャル釣り場であろう。日によってナトラガンドでしかつれないような魚まで平然と釣れる。しかも、ビッグ、キング確定が毎日1~2個出現するので、ある程度の魚を釣り上げ済みの人にとっても、毎日チェックして未達成のサイズが現れたらツールでやるというのもあり。

それ以上に、釣った魚をその場で即コイン化・納品できるのが非常に大きい。さかな袋がいっぱいになっても気にせず釣りつづけられるのだ。
ゲーム内では、魚ふくろがいっぱいになってしまうと、交換しに戻るか、釣った魚をリリースしなければならない。

また、伝説級のレア魚は指定はできないとはいえ、出現率はゲーム内よりはるかに高い。
釣りマニアには不満だろうが、これは明らかにツールに軍配が上がる。

■モンスター牧場

もはやツールのアイデンティティといっていい、ツール最大の目玉コンテンツ。これのためだけにサブキャラもツールを導入する人が多い。

以下の要素で、ゲーム内を凌駕する
・モンスターのなつき上げ
・ハッピーハート入手
・フレンドやチームメンバーからのプレゼント
・モンスターに依頼書をこなさせることによるアイテム入手互助(フレ、チムメン含む)

また牧場にからむチャレンジミッションも多い。

■王家のおでかけ迷宮

前に書いたが、ジェムありきであるなら、ツールを使う意義は非常に大きい。ただし、ジェムを全く使わないとなると、消費する輝石のリターンはおそらくゲーム内の方が大きい。
ツールはうしつよの箱だけはゲーム内より有利に取れることが多いが、ゲーム内のほうはアンルシアや連れている魔物も含め、経験値や特訓が稼げること、冥府(ここには入れればツールよりはるかにリターンが多い)、ビッグドリームがゲーム内限定、闇箱もゲーム内のほうが取りやすいなど、ゲーム内側にもメリットがある。

実装当時はツールが有利すぎる危惧を心配したが、今考えると結構いいバランスにできていると思う。

時間がなくて輝石を消化したい人はツールで。アンルシアや魔物の経験値を上げたい、時間的にも余裕がある人はゲーム内でやるのがいいだろう。
ツールはジェム全開で箱を取り、還元した輝石でゲーム内も回るヘビー王家ユーザもいるという。

■ミニカジノ

ミニカジノの名前だが、現在実装されているのはビンゴだけ。
ただし、このビンゴについては、問答無用でツールの圧勝である。

ビンゴ券は週3枚手に入り、おみくじボックスその他で、ちょこちょこ入手できる。これを消化するために必要な時間はツールとゲーム内では雲泥の差。
ゲーム内では1枚ずつしか消化できないうえ、スタートのタイミングも選べない。最近はプレイする人が全くいないため、一人で消化することになる。
ツールで消化する場合、まとめがけができる上、スタートのタイミングも任意で、スピードも1.5倍速まで上げられる。また、最初のハンマーチャンスでより多くのマスが開くかいしんの一撃もツール限定。最初の3発を終えたところでダブルレイズまでできる。
ツールを使うほうが不利な要素が全くない。

唯一、ゲーム内では、同時にプレイした人が宝箱を開けると自分も開けたことになりコインが少し上乗せされるが、ゲーム内のビンゴは今やっている人が一人でもいるのを見つけること自体まれ。

そもそもビンゴはすごろくが導入されて以降、ほとんど存在価値がなくなってしまった。
チケット3枚でできるすごろく1回で5万枚近くのコインが稼げるのに対し、同じ価値となるビンゴ3回分では、平均は3ライン前後で600枚くらいが普通なのでよく見て2000枚。すごろくの20分の1以下。カジノプレイチケットを誤ってビンゴで使ってしまう罠にさえ思える。

■バザー操作

ツールでもバザー売買が可能。ただし、利用するにはジェムがいる。ゲーム内につなげないような場所で、今すぐ買いたいような掘り出し物がみつかった場合でもなければ、ジェムを消費する都合上ツールのほうがいいということはない。
ただし、相場の確認などでは結構使える。まあ、ジェムがかかることを考えるとこれに関してはゲーム内で普通に売買するほうがいいと思う。

■モーモンバザー関連

売上を受け取れるが、特にどうということはない。モーモンバザーの品物が売れたかどうかを外で確認できる、くらいのものか。
モーモンモールはたしかに便利だし、見ていて楽しいかもしれないが、まだ自分の欲しいものと売っているモノを探す手間がそれなりにある。また、売り切れの店が表示される率が高い。いずれ改善されていくと思うが、まだ今は試験的なものかも。

■元気チャージ交換サービス

元気玉を福引券に変換できる。ツールだけの専用機能。
ただ、レート的には決して交換したいとは思わないですな。
経験値・特訓がカンストしていらないのでないかぎり、イマイチ。

■福引

これは、1日2回の無料権利でツール専用の福引を引くという点で非常に意味がある。
ゲーム内各町の福引も回せるが、ツール使ってまでゲーム内と同じ景品の福引を回す価値は低い。また、ツール内の福引の場合、6等以上はゆめのかけらを選択可能。
ツールでは無料2回分の後は1回20ジェムかかる。ゲーム内ではもう見たくもない緑玉(8等)が体感上でにくいという課金故のメリットがある。が、大量に回すには現実的でないジェムが必要になる。

あくまで、ツール専用の福引をツールで回し、そうでないものはゲーム内で回すのがよさげと思う。

SP福引で7、8等が出る確率が激減するならジェム使ってでもツールで回す価値ありそうだが・・・

■酒場サービス

ゲームにインせずサポを雇える。ツールでやとうとジェムがかかる。

検索ツールとして利用する分には結構使える。特に、耐性まとめなどはゲーム内ではバラバラに表示されていて、プレイヤーが計算しなければならないが、ツールでは合計値がでるので、100%耐性あるかどうかの検索に重宝する(なぜ、この耐性まとめの表示をゲーム内でしないのか・・・)
ただし、ゲーム外で雇っても結局インしなければ意味ないので、それほど有効か、といえば疑問符がつく。特別なボスと戦う予定があるとき、ゲーム外で検索していいキャラが見つかったら予約して押さえておく的な利用としては使えるだろう。

以上。

昨日までのみちびき周回履歴です。2週ぶりに記載するので結構増えてます

総周回数:3228
トルネコ:150 (4.64%)
ミネア :166 (5.14%)
テリー :162 (5.02%)
カンダタ:544 (16.85%)

今日はここまで。では、またー

« ドラクエの謎考察 その128 | トップページ | ドラクエの謎考察 その129 »

ドラクエ10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/65164460

この記事へのトラックバック一覧です: <ドラクエ10> ゲーム内vs便利ツールでできること考察:

« ドラクエの謎考察 その128 | トップページ | ドラクエの謎考察 その129 »