« <ドラクエ10> アストルティアラリー2nd | トップページ | <ドラクエ10> 僧侶でコインボスやピラなどをやる »

2017年6月30日 (金)

ドラクエの謎考察 その136

こんばんは

ドラクエの謎、噂、裏設定、都市伝説などを語るおはなし第136回

・どうしてドラクエは作がすすむほど能力値やダメージがインフレしていくのか

ドラクエ1から2017年6月時点の最新の10までをたどると、各作品の能力値なり、戦闘での与ダメ被ダメが確実に上がってきている。

しかも、最新のドラクエ10以外は、基本的にラスボスを倒すには最高レベルの半分も必要としない場合が多い。最大レベルが99になった3~9では、だいたいプレイヤーのレベルが40もあればクリアできるようになっている。

しかし、能力値の上限や、与えるダメージ受けるダメージは作を追うごとに増えていく。

味方の能力値は、5まではステータスが255、HPMPが999
だが、6以降は上限がどんどん上がり、能力値の上限も999になっていく。

ラスボスの敵の攻撃手段が作を追うごとに威力を増えていく。
たとえば、ラスボスはだいたいブレス攻撃をしてくるものだが、
1の竜王が激しい炎、3のゾーマで凍える吹雪、5のミルドラースで灼熱の炎
なぜか8と9はこごえる吹雪に落ちるが、かわりにテンションシステムがあったり、マダンテがくるのでどちらともいえる。

裏ボスで6でかがやく息、7で煉獄火炎やジゴスパーク(煉獄火炎はザコ敵もしてくる)
9に至ってはラスボスより強いザコモンスターだらけの魔法の地図の迷宮がある。

ドラクエ10では、味方のレベル上限が都度解放され、それに伴ってシナリオボスも強くなっていく。従来のドラクエと根本的に違うのは、こちらは最高レベル前提の強さのボスになっている。
オフラインの9までのように勝てなければレベルと装備とスキルを覚えればクリアできるものであった。しかし、10では最高レベルに上げて、最新の装備と必要なスキルを覚えても最新のストーリーボスのクリアは非常に難しかった。
後に、普通にシナリオボスが倒せなくて進めない問題が指摘され始め、ボスの戦闘難易度を選べるようになってしまった。たしかにこれは、本編のストーリーすらクリアできない人にとってはありがたいものであったが、同時になんでストーリーの敵が理由もなく強さを選べるのかが辻褄があわず、どうして?と思った人も多い。
ドラクエ3のゾーマみたいに特定のアイテムで弱体化して戦うような理由づけをしてほしかった。

しかも、この唐突の難易度設定によってあっけなくクリアできることがやりすぎかということで、あろうことか、理不尽な難易度で悪名高きVer3.2のときに難易度選択ができなくなるという悪手をかましたことから、ここで一般プレイヤーは大混乱することになる。
実際、実装当初のVer3.2のラスボスはソロ(サポ3人)で攻略してクリアした人は、動画配信すらほとんどないくらいに少なく、その難易度はハイレベルエンドコンテンツであった常闇の竜レグナートを超えていたといわれていた。
メインストーリーがハイレベルエンドコンテンツ以上の難易度では、そりゃあ、引退者続出になるのも無理はない。

ダメージのインフレが加速したのはおそらく、6からではなかろうか。
プレイヤー側が無尽蔵にスキルを覚えていき、当然ながらぶっ壊れた性能のものも覚える。
7になるとさらに職も技も数を増し、全特技を覚えたレベル99になれば、もはや敵なし、の状態になる。あげくのはてにプラチナキングマスターになれば、呪文もブレスも状態異常も全く効かない無敵のキャラができあがる。

8,9は7の異常な性能を是正するため、覚えられる技の範囲は抑えぎみになったが、代わりにテンションシステムが解禁になったり、呪文のダメージが可変になり、ダメージのインフレはむしろ加速したといえる。

9では、ラスボスより強いボス(ザコですらラスボスより強いのがいる)があたりまえの地図がでたことでもはや、ダメージバランスは完全にインフレを始めた。

魔王の地図にいたっては、痛恨の一撃で簡単にカンストダメージ(999)がでるようになり痛恨の一撃=即死確定、ダメージのインフレはどんどん加速していく。
その象徴ともいうべきこととして、ドラクエ9で一番必要なアイテムのトップが、盾の秘伝書(痛恨完全ガードの効果)であったというアンケート結果がある。
呪文も9でついに、メラガイアー、マヒャデドス、バギムーチョ、ドルマドンという第4段階の攻撃呪文が使えるようになる。

そして10。与えるダメージが4ケタが普通になる世界が始まる。当然ながら敵の攻撃もインフレしてきて、一撃で死ぬのが当たり前のバランスになっているボスもいる。それを皮肉に表現したのが、「聖女ゾンビゲー」。オーバーキルされてもHP1で踏ん張る聖女の祈りと、倒されても倒されても蘇生して復活して挑む、まさにゾンビ戦法。 が普通になってしまうのはちょっとなにかが間違っている気がする。

もう、飛び交うダメージがファイナルファンタジー化しているといっても過言ではない。
マダンテのようなロマン砲技など、うまくやれば9999ダメージも可能になった。

Ver4以降も成長要素を続けるとしたら、レベル99超えが解禁されるのか、レベルとは別の成長システムが追加になるのか、はたまた9のように転生するのか。このまま頭打ちになるとは思えない。

ドラクエ11はオフラインなので、この肥大化するダメージバランスがもどってくれないものかと最近は感じる。

個人的には5くらいのころのドラクエのダメージバランスが良かったのではとおもうのだが。

今日はここまで。では、またー

« <ドラクエ10> アストルティアラリー2nd | トップページ | <ドラクエ10> 僧侶でコインボスやピラなどをやる »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/65474014

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエの謎考察 その136:

« <ドラクエ10> アストルティアラリー2nd | トップページ | <ドラクエ10> 僧侶でコインボスやピラなどをやる »