« <ドラクエ10> レベル上げなどゆったり進める | トップページ | <ドラクエ10> 魔法の迷宮の歴史を振り返って »

2018年6月29日 (金)

ドラクエの謎考察 その171

こんばんは。

ドラクエにまつわる噂や設定、裏事情、都市伝説に触れるお話し 第171回

・ドラクエシリーズに出てきたおなじみの武器を考えてみる

ナンバリングのドラクエシリーズ、初代期から現在にいたるまで、おなじみの名前の武器が存在している。それについて、書いてみようと思う。

■どうのつるぎ

ほとんどのシリーズで最初に主人公らが手に取るとおぼしき剣。
読んで字のごとく銅でできた剣である。

イラストなども実に初代から現在に至るまでほとんど変わらない。9以降は銅シリーズとして他の武器種としても定着している。

ただし、最弱の武器でないのも事実。ひのきの棒とかこんぼうとか、銅の剣より弱い武器もあるのだ

■ひのきのぼう

ほとんどのシリーズにおける最弱の武器。ルイーダの酒場でキャラメイクしたキャラのうち、魔法使い系は初期装備として持っていることが多い。
その意味合いなのか、店で普通に売っていない武器であることもある。

SFC版のドラクエ5ではひとしこのみ技ののために必要だったりと、変なところで利用価値があったりする。

■てつのやり

どうのつるぎとはがねのつるぎの間くらいに装備することができる可能性のある武器。武器がスキル体系になる8より前は、魔法使いや武闘家のような武器制限の厳しい職種以外ほとんど装備可能。FC版ドラクエ2ではサマルトリアの王子の最終武器だったりする。

スキル体系で武器種別になったシリーズからはてつシリーズの槍として定着していく

■くさりがま

古いシリーズではてつのやりと同じくらいメジャーな武器だった。
しかし、現実の武器として鎖鎌はかなり特殊な武器で、主に忍者が使うイメージがある。
魔法系以外のキャラがだいたい装備可能なのだが、実際に装備しているイメージが違和感アリアリ。特に4のアリーナやミネアが装備している姿を想像すると笑える。

新しいシリーズにも登場するが、ライバルにより良い武器があるため、選択されることはなくなっていく。8以降はなくなった(10では存在するがドレスアップ武器)

■はがねのつるぎ

中世の武器として一番メジャーといわれているのが鋼でできた剣である。
一般的にこれを装備すると一人前の戦士と思われるらしい。まあ、イメージからしても当然といえることだけど。
だいたい、ゲームの3分の1くらいの進行度くらいのところで装備できる場合が多い。

これより以降の武器は魔法の武器だったり、いろいろな効果やいわくつきの武器になっていく。

■ゾンビキラー

ゾンビに対して効果が高い剣。中盤で買える武器であることが多い。
ただし、ドラクエにおける種族特効武器はそれほどすごい特効効果があるわけではない。だいたい数%攻撃力アップとか、追加ダメージがあるとかいうものが多い

作品によっては槍だったりするのもあったような

■ドラゴンキラー

こちらはドラゴンに特効がある剣。天空シリーズ以降は剣であるが、ロトシリーズ時のイラストを見ると巨大な爪を腕に括り付けて槍のように突いて攻撃するような武器である。
だいたい攻撃力はゾンビキラーの上位の武器になっている。

ドラクエでは上位装備にドラゴンスレイヤーとドラゴンバスターがある。これらは他のゲームタイトルに使われていたり他RPGでもよく出てくるため、こちらの方がネーミングとしてはポピュラーな武器である。

■炎の爪

爪系の武器では多くのシリーズに登場している。使う効果でメラミの効果があり、4~6ではつかう道具としての価値もある。
爪はだいたい武闘家あるいはそれに準じるキャラが装備できることが多い。
同様に氷の爪もある。

■メタスラの剣、はぐれメタルの剣、メタルキングの剣

メタル系モンスターの名を冠した武器。8以降は槍やブーメラン、斧にムチと種類が増えていく。どうも説明を見る限り、メタルスライム系モンスターを材料にした最高級の武器らしい。メタル系に必ず2ダメージ与えるという効果があり、メタル狩りに重宝する。もちろん、最終付近で装備する武器なので、攻撃力も一流の場合がほとんど。

メダル交換品や入手手段の限られたレア武器であることが多いが、カジノの高位景品としておかれているシリーズも多い。

■グリンガムのムチ

ムチ系統の武器として最高級品である場合が多い。
カジノの最上級の交換品目やメダル交換品の最終付近に設定されているか、特定の宝箱に一品モノの扱いになっているものが多い。

魔法使い系が主に装備することになるので、あまり強さを実感できないかもしれない。しかし、8だけは例外で、ゼシカにムチスキルを振った上でムチ特技を使わせると、凄まじい威力を発揮する。

■いかづちのつえ

「使う」効果で攻撃呪文効果のあるアイテムとしてメジャーな杖。
古い作品ほど利用価値が高く、作が進むほど相対的に攻撃呪文が弱くなっているため使い道がすくなくなっていく。
最初に登場したFC版2では絶大な利用価値があり、重宝した。

ちなみに2はバギ、3以降はベギラマの効果である。9ではベギラマがないのでイオ系の効果となっている。

■ロトのつるぎ

本来ドラクエ3の主人公が伝説の勇者ロトとして、彼が装備していた剣がロトの剣として後世に伝わったものであるが、ロトシリーズの1や2に登場するのはともかく、全く次元の違うシリーズに登場している。
8~10に登場しており、外伝だとトルネコの冒険シリーズでも登場。

武器としては2とドレスアップ用に登場した10以外はいずれも最強クラスの武器になっており、その名に恥じないつよさを持っている。

それにしても、時系列の全くことなる8~10はロトとどんな関係があるのだろうか。

なお、ドラクエ11に登場する勇者の装備できる特別仕様の剣にロトの剣とほぼ同じではないかと思われる武器が出ている。この件についてはまた別の考察で書こうと思う。

今日はここまで。では、またー

« <ドラクエ10> レベル上げなどゆったり進める | トップページ | <ドラクエ10> 魔法の迷宮の歴史を振り返って »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/66880491

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエの謎考察 その171:

« <ドラクエ10> レベル上げなどゆったり進める | トップページ | <ドラクエ10> 魔法の迷宮の歴史を振り返って »