« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月27日 (木)

ドラクエの謎考察 その181

こんばんは

ドラクエの歴史、裏事情、噂に都市伝説をかたる第181回

・ドラクエナンバリングの金策の歴史

ロールプレイングゲームのプレイの流れで、お金をためて強い装備を買ったりアイテムをそろえたりと、現実の世界と同じく金が必要なことが多い。

歴代ナンバリングで、お金を稼ぐ方法や価値の移り変わりについて書いてみる

■ドラクエ1

初代1は一人旅なので、基本的に、今使っている装備より良いものに買い替えていくのが基本になる。そのため、今買える最強の装備を買いたいのだが、そこはなかなか難しく意図的な金策をしなければならない。一方で、1ではレベル上げもかなり故意におこなって稼がないと強くなれないため、レベル上げが同時に金策にもなる。

1では、純粋に攻撃力や防御力の高さが強さ直結なので、なにも考えず最上位目指して購入していけばいい。
なので、場合によっては2ランク上の装備にジャンプアップするほうが、財布にもやさしくなることも。
死ぬとお金が半分になるので、目的の装備を買う直前に死んだりするとダメージが大きい。無理はしないこと

■ドラクエ2

自キャラの強さに対して敵が全般的に強い2では、当然ながら死んだり全滅する回数はワーストに近い。死亡者を復活させるにも結構高めの金額をとられるため、高い装備を買うのは結構辛い。
一方で一部の最上位装備はお金で買えない装備なので、本当の終盤になればお金はあまりいらなくなる。
なお、ドラクエ2は福引券が薬草よりかなり高く売れるので薬草を買って福引券をもらって売ってとやると、序盤はかなり楽。また、早いうちにゴールドカードを手に入れることができればお金の工面は楽になるだろう

■ドラクエ3

職によって装備できるものがかわるため構成によってお金がたくさんいることもあれば少なくて済む場合もある。ただし、ドラクエ3以降は防具に魔法やブレス耐性など単純に防御力以外に必要なものもあるので、一概に装備が安くて済む職がいいとは言えない。
なお、武器については、最高装備がドロップや非売品が多いので、早いうちに入手できたりするとお金がかなり節約できる。
3もレベル上げついでに金策することになるので、いつのまにかお金もたまっていることもおおいだろう。

■ドラクエ4

ドラクエ4については、3章でどれだけ装備を持ちこしてクリアできるかで5章の序盤の難易度がきまるほど重要。3章では、他の章とは比較できないくらいお金が稼げるほか、高額な武器防具をドロップする。つまり、3章クリア時に高い装備をめいっぱいトルネコに持たせておくことで5章の序盤を楽にさせることができる。
終盤になると、最高装備がだいたい非売品装備になるため、終盤ではあまりお金のありがたみはないかもしれない。

■ドラクエ5

人間キャラだけでなく仲間モンスターも装備ができるため、実は出費がかなり多いナンバリングである。にもかかわらず、金策をしている、ということをほとんど感じない。理由は、仲間集めに走ると、仲間になる確率が低いのも多く、何度も戦闘するうちに、お金や経験値が勝手に溜まっていくのだ。それ故ドラクエ5ではそれほど金がない、と思うことが少ないきがする。
また、武器については、カジノでキャラによっては最強クラスの装備が手に入り、防具はやはり最高品はほとんど非売品。意図的にお金を稼ぐ意識がもっとも低いナンバリングかも。

■ドラクエ6

難易度が3~5に比べてかなり高く、全滅することも多くなる6は、若干お金を貯めるために戦闘することもあるかもしれない。ただし、5ほど仲間モンスターの種類は少ないし、やはり、終盤は非売品の一品ものになるためにお金をためることも少なくなる。
一方SFC版はカジノコインが非常にためにくいため、Gでコインを買うという荒業に走るプレイヤーもいる。

■ドラクエ7

ドラクエ7はラッキーパネルができるカジノにたどりついたら、もうお金を稼ぐ必要はない、といっても過言ではないほどラッキーパネルが金策になる。
また、スキル上げで経験値もお金もいつのまにか稼いでいる。キャラが5名で装備更新するキャラクター数も少なく、序盤~中盤以外では金策を意図的にやることがほとんどない。
例によって最高装備は非売品がメインになるので、余計に金策をすることもない・・・・

■ドラクエ8

ドラクエ8はおそらく全ドラクエシリーズの中でも極端にお金に関してはデフレしている存在。とにかくモンスターを倒して金策するのが非常に効率悪いのだ。そのため、錬金釜金策などがあるのだが、これも釜に入れてから完成するまでそこそこ時間がかかる。ゴールドマンのようなお金稼ぎ用のモンスターでさえ控えめなGしか落とさないし、全体的にドロップアイテムの換金も渋い。
錬金釜金策もあまり同じものを売り続けると安くなってしまうというシステムがあったりする。カジノが甘いのでカジノ景品を換金するのが一番の金策という人もいる。
なので、意識的に金策するものとしては、オンラインの10に次ぐのではないだろうか。
メインキャラ4名のまま最初から最後まで変わらないので、装備更新にかけるお金も少な目なのかもしれないが・・・・

■ドラクエ9

wifiショッピングが使えたころなら、ここで売っている通常買えない非売品をできる限り入手しておきたいのでお金稼ぎも必要だったが、それがなくなってしまった以上、お金を常時ためておくことは不要になってしまった。(というか、wifiショッピングがなくなった以降はもはや極めプレイをしている人でもほとんどのプレイヤーがやめていると思われる)
それでも、最高装備をつくるための材料が高額なときのすいしょうを使うものが多いので、それなりにお金は必要だ。まあ、そういう人は高レベルの宝の地図に潜っていける強さなのでしょうが。

■ドラクエ10

オンラインであるドラクエ10は当然ながら、ナンバリングの中ではダントツに金策が必要となる。ドラクエ10の遊び方のテーマに金策がズバリ重要なこととしてある。当たり前だが、オンラインはリセットができないので、間違ったお金の使い方をしてしまってももとには戻せない。失った金は再び稼ぐしかないのだ。装備も必需品も全てプレイヤー間で流通しているお金の流れに沿って金額がきまっている。

■ドラクエ11

装備品が自作できたりするので、お金稼ぎは以外と意識してやらずに済むことも。
ただ、お金のイン・アウトが以外とバランスとれていて、ときにはお金を稼ぐためになにかをすることもあり得る。
ベースが10に近いので、なんとなく10と同じように金策するようなプレイをしているからかもしれない。

今日はここまで。では、またー

2018年9月24日 (月)

<ドラクエ10> Ver4.3自分のプレイのペースを考えてみる

こんばんは。

Ver4.3はいままでは比較的なかった上限解放がありました。

特に、新職が追加になったほか、職人のレベル上限や、名声のレベル上限があがりました。
これらは実はけっこう時間がかかるものです。
さらにゼルメアの新階層が増え、元気チャージがたくさんいります。

以外かもしれませんが、早くにカンストしてしまった人ほど結構不利な要素と思われます。
特に名声は通常のクエストの取得分がとても大きいので、同じストーリー進行度、名声レベルであっても、未消化のクエストの残数で相当差がでてきます。
職人もガッツリやっても週制限の1000回があるので、新しい上限65にするには、ほとんどの人が1か月以上かかると思います

石版システムが大幅にかわりました。が、こちらは宝珠は入手して保持さえしていれば、全ての玉数、形のものが新たに作れます。石版は金さえ出せば、自分のすきな形に穴をあけたり埋めたりできます。

まず、新職遊び人。他の職がカンスト済みなら、本当にすぐに遊び人もカンストさせてよいか考えてからやったほうがいいです。フレやチムメンとレベルを合わせてなにかをやれるとか、レベルが低くないとできないこともマイナーながら存在します。

名声は未消化クエがあるならかたっぱしからやっていくのがベストです。クエストで手にはいる名声がおそらく一番多いと思われ、それ以外は日課討伐くらいしか大きく稼げるものはありません。
クエストを実装されたら即やっているベテランと比べると、下手すると名声レベル100以降は新規の方が有利な可能性すらあります。
99カンスト時代にクリアしたクエストの名声は反映されないので・・・・

石版宝珠は簡単に理論状態に作れるようになったので、逆に宝珠整備していないとエンドコンテンツには参加しにくいことが考えられます。(特に邪神や防衛軍。聖守護者や常闇などは、もとから準備してやるものとは思うので)

またVer4.0以降ずっとと思いますが、スキルブックや種類が追加されていないのんで、意外と能力値をあげることが頭打ちになってきているような気がします。

そういうことから見る限り、Ver4はあまり最先端で突っ走るプレイはあまりしないほうがいいのかなと思っています。
遊び人レベル上げもプレイの楽しみ方として即メタキンぶっぱはやりたくないし、お勧めできません。

イベントも結構ちょくちょくあるので、意外とやるべきことが多いです。
まあ、マイペースですすめていきますか、というのが自分の今のスタンスになります。

導き周回履歴結果

総周回数:7893
トルネコ:394 (4.99%)
ミネア :428 (5.42%)
テリー :418 (5.30%)
カンダタ:1306 (16.55%)

先週はテリーの出が悪く、ミネアとかなり出現数に差がでるようになってしまった。
トルネコがやっと400回を迎えるまであと少しになりました。

余談ですが、先週は1年ぶりに野良で通常迷宮まわることがありました。

今日はここまで。では、またー

2018年9月21日 (金)

突然のスマートフォン機種変とドラクエアプリの引継について

こんばんは

いきなりこんなタイトルな記事をなぜ書くかというと、実は先日、普通に使っていたスマフォがいきなり死亡するというトラブルになったから。
普通に使っていたらいきなり画面がぶちゅんと飛んで再起動。そしたら、あとはロゴが出る→再起動→ロゴが出る→再起動の無限ループになってしまったのだ。

強制的に電源オフにしたあと、時間おいてオンしても復活せず、上記再起動ループ。ドコモショップにもっていくもまあ、予想通りというか端末のご臨終ということで、その場で機種変更になってしまった。(仕事とかにも影響あるので、すぐにでも買い替えないとまずいし)

さて、スマフォを機種変更した方ならわかると思うが、結構アプリのデータ移行がめんどうなのだ。そして、ゲームアプリについては、いろいろと新端末への引継の方法がすんなりいかないものもある。ドラクエのアプリを例にパターン別にちょっと、書いてみる

■オフラインアプリ

いわゆるダウンロードサイトから落とした通信を伴わないオフラインのアプリ。ドラクエでいうならオフラインの1~8が該当する。
オフラインなので、基本的には、アプリデータもユーザのゲームデータも全てクライアント側(つまり、あなたの携帯)に入っているわけだから、機種変をしたら、ゲームデータも渡さないといけない。外部にゲームデータを引き継げるアプリもあるにはあるが、だいたいはデータだけ移行するのはできないので、基本的に引継はできない。
ただし、オフラインアプリは、もともとの機種変元の端末があれば、使用はできる(通信不要なので)端末自体が壊れないかぎり問題ないだろう

■IDパスワード認証式アプリ

IDとパスワードを入力してオンラインゲームをするアプリ。ドラクエでいうと10のおでかけ便利ツールが該当。パスワード認証なので、基本的にアプリをダウンロードすれば、機種変しても全く問題ない。定期的にパスワードを入力をしなければならない面倒さはあるものの、機種変時に特別な準備や作業はせずにすむ。
PCのオンラインゲーム等はほとんどこの形式が多い。

■端末一意IDひもづけアプリ

ダウンロードし、初めてゲームをした際に内部的なIDがつくタイプ。ほとんどのソシャゲーはこのタイプだろう。ドラクエだと星のドラゴンクエストやライバルズなど。ソシャゲタイプのものはだいたいこれにあたる。
ソシャゲを登録した人ならわかるが、あれにはIDやパスワードの入力を求められないし、アプリのタップしてたちあげればすぐに前回の続きからできる。
しかし、これはその端末にダウンロードされたアプリのみ紐ついているデータなので、機種変更をしたり、アプリを誤って消す、アプリが壊れるなどになると単純には復旧できない。
そのため、ほとんどのソシャゲーアプリは後述するマスターアカウント(バックアップアカウント)とひもづけておいたり、機種変用の移行手続き(だいたい、移行用のIDとパスワードの発行)をして機種変・アプリインストール後の引継を行うしくみになっている。

これらは、バックアップアカウントの紐づけを忘れたり、移行手続きをせずに機種変をしてしまったら、残念ながら、データ移行はできない。(課金タイプのソシャゲーの場合、課金履歴が残っていると復活してもらえるサービスのあるゲームもあるが・・・・)

■マスターアカウント・バックアップアカウント紐づけ

最近のソシャゲはだいたいこの形式でデータ移行できるものが多い。マスター/バックアップアカウントは端末に紐づいている親アカウント、android端末ならグーグルアカウントなど。ツィッターやフェイスブックのアカウントをひもづけられるケースもある。
ドラクエのソシャゲーはほとんどの場合スクエニアカウントで紐づく。
この形式のものは、新しい端末でアプリをダウンロードしたあと、マスター/バックアップアカウントでログインするだけで引継が完了する。
ただし、これはプレイしていれば勝手に設定されるわけではないので、ちゃんとアプリ入れた後に手続きを行っておこう。私のケースみたいに、ある日突然スマフォが死ぬことはあり得るのだから。

■特殊ログインアカウント

スマフォにダウンロードするアプリはいちいちIDパスワードでログインするとユーザビリティが下がるので、IDとパスワードの登録はほとんどない。しかし、データ移行や任意的にログオフできるアプリもあり、その際に専用のログインIDとパスワードを設定できるものがある。
普段はほとんど使わないので、あらかじめ登録しておいたとしても、IDやパスワードを忘れてしまう可能性が高いのがネック。
当然ながら、これで、データ引継を行うわけだから、忘れないようにどこかの保存するなりメモるなりするしかない。
一方、移行アカウントを発行するタイプのものは期限付きのものがあるので注意。携帯キャリアを変更したり、iphone-android端末間の変更を行う場合は、マスターアカウントの紐づけができないケースもあるので、移行アカウントが必須の場合もある。

■携帯認証方式

モバゲーなどのブラウザゲーム系に多い、スマフォの端末の電話番号やSIMを認証に使うタイプもある。これらは端末自体を認証にするため、機種変更する場合は必ず移行手続きをしないといけない。
ちなみに私は最近はほとんど使わないが、FF系のゲームがモバゲーアカウント下でできるものをやっていたのだが、今回端末が突然死して手続きできないので、引継無理かなとおもっていたが、モバゲーは移行手続きとしてモバゲーのログインID(携帯アドレス)とパスワードで移行できるようだったので、認証可能なものがあったのでできた。
ただし、携帯メールアドレス認証はおそらく、電話番号とメールアドレスを認証するので、おそらく携帯キャリアが変わってしまうと不可能と思われる。
ナンバーポータビリティしていてもキャリア変更するとメールアドレス変わるので。

ということで、スマフォが突然お亡くなりになっても大丈夫なように、アプリを入れた場合は以下のどれかを確実にやっておきたい

・マスター/バックアップアカウントの紐づけで移行から復旧までできる設定ができるものは必ず行っておく
・いざとなったときにしか使わないIDとパスワード方式のものしかないとしても、必ず控えておくこと(忘れないようにどこかに残しておく必要あるが)
・違うキャリアやOSの乗り換えを考えているなら、今の端末が問題ないうちに所定の手続きを取って早めに移行しましょう

これくらいかな。

ちょっとしたアクシデントがあったので今日はこんな記事になります。

今日はここまで。では、またー

2018年9月17日 (月)

<ドラクエ10> モンスター図鑑埋めをするにあたって

こんばんは。

ドラクエ10はオンラインであるが故、バージョンアップで次々と新モンスターが追加されていく。ドラクエ10にもモンスター図鑑が存在し、「みやぶる」しないと図鑑の説明の2ページ目を見ることができない。

現在はボスモンスターについては自動でみやぶることができるようになっている。

この図鑑をコンプリートするのも一種の「極めプレイ」であるが、ドラクエ10の場合も、やはり難易度が高いのが存在する。

今日は、モンスター図鑑コンプリートで厄介なものをあげてみる。

難易度は★の数の5段階でしますが、個人的な評価なのでご了承ください。

■初期村のボス 難易度:★★

プレイヤーが初めてキャラを作り、一人前の証を入手するために、どの大陸でスタートしても、ボスを倒す必要がある。その各大陸のストーリーの初期村ボスである。
もちろん、自分の種族のものはクエスト進行で確実に入手できるのだが、問題は他の種族の初期村ボス。
これは、その初期村ボスを倒しに行くPTに入って一緒に倒す以外にない。
つまり、自分以外の種族の初期村ボスは、誰かに連れて行ってもらうしかない。
ちなみにプクランドだけは、他のクエストでも倒して図鑑に載る対象なので、プクリポの初期村ボスは倒さなくてもよかったりする。

フレやチムメンに頼んでいけるなら問題ないと思うので、難易度はそれほど高くない

■フィールド強敵 難易度:ネビュラスのみ★★★、それ以外は★★★★★

ダークネビュラス、キラークリムゾン、大魔獣イーギュア

フィールド上にうろついている超強敵。当たり前だが、カンストしているPTであっても、対処方法を知らなければ、一瞬にして全滅させられる。
特にダークネビュラス以外は、外野の応援が必須な上、特殊な編成や準備が必要なので、理解者を集めるところから非常に困難。
「倒せないから」が理由で図鑑を埋められない純粋に難易度が高いモンスター。
なお、ダークネビュラスはソロで倒すのも無理ではないレベルなので若干難易度下がる。

■竜王、大魔王ゾーマ  難易度:★(再演した場合)~不可能(再演しない場合)

期間限定イベントであるため、イベントを逃したら最後、再演するまで待つしかない。
とはいえ、竜王もゾーマもイベント期間が半年以上あったもので、レベル無関係に参戦できる仕様なので、イベント期間以降にキャラを作成したとかでなければほぼ見破り済みだろう。
もし、再演されないイベントなら、残念ながらこれからの図鑑埋めは不可能。

■Vロン系ボス 難易度:★★★★

Ver1の時代の一時期に配られたイベントのボスコイン。Vロン、Vロン強、サイキョーVロンの3体が見破り対象(その後に追加になったキューキョクVロンは図鑑対象外)

再録されていないし、今のところ、追加が予定されていることもないので、残念ながら、当時のコインを保持している人に連れて行ってもらうしかない。
戦闘権利を売りに出している人もいるが、間違いなくボッタくられるので覚悟した方がいいだろう。
初期のプレイヤーで最近でも続けているプレイヤーがいれば、持っているかもしれないが、チームやフレの図鑑埋めですでに使い切っている方も多いとおもうので図鑑埋めの中でもかなりの難関

■あくまのきし 難易度:★★★★

レベル77以上の通常迷宮の3Fにのみ出現する可能性があるモンスター。
意図的に会いにいくのが、非常に面倒なモンスター。
カンスト近辺のレベルで普通のオートマ迷宮に入ると、ほぼ誰かとマッチングしてしまいたいていコインやカードでショートカットされてしまうので、確実に通常迷宮に行ける手段をとらないととてもじゃないけどやってられない。
通常迷宮に確実に入るには、通常迷宮いきたい4人で組むか、ゼロマッチングによるサポ3でオートマ迷宮入るかのいづれか。後者の方法は別の記事に掲載しているのでそちらを参照下さい。
通常迷宮入れたとしても3Fで逢える確率は5%もない。香水等で出現率を上げることも不可。王道はなく、ひたすら周回するしかない。

■通常迷宮ボス 難易度:★★★(該当レベルの職有)~★★★★★(全職カンスト済)

通常迷宮のボスはその名の通り、コイン・カードでショートカットせず、通常迷宮経由でボス部屋まで行った場合のボス。厄介なのは迷宮突入したキャラのレベル帯によってボスが決まるので、実は、全職上げきってしまうと、ギーグハンマー(またはその強)しか会えなくなるので(ごく稀に弱いレベル帯のボスが複数出ることもあるにはあるが・・・)、低レベルのボスに会うのが非常に困難になる。
一応、レベルにかかわらず、通常迷宮3Fに稀に通常迷宮の弱いボスがランダムで出現する。が、複数種類のボスの中から、目的のボスが出る確率はあくまのきしよりもはるかに低いと思うので、基本は、会いたいボスのレベルにあわせて突入するしかない。
占い師までは新職がレベル1からだったので問題なかったが、天地雷鳴師や遊び人はレベル50スタートなので新職導入時にみやぶろうと期待していた人は、残念ながら、見破り未済の対象が黒竜丸やバトルシェーカーだとすでに対象レベル外。
その場合は、フレやチムメンに協力してもらい、平均レベルが、該当ボスの出現可能範囲までおとすしかない。
なお、該当のレベルの職があったとしても、「通常迷宮」経由でいかなければいけないのがさらなる大問題。あくまのきし同様、確実に通常迷宮入れる手段をとらないと、普通にオートマでマッチングしてしまったPTでは通常迷宮に行ける可能性は低い

■転生モンスター 難易度:★(きせきの香水あり) ★★★★(きせきの香水なし)

きせきの香水がない時代は転生モンスター討伐はものすごい難易度だったが、きせきの香水がある今は難易度は低い

■災厄の尖兵、ゴールデンゴーレム 難易度:★★

神話編でかつて期間限定で行っていたクエストで限定で戦うことになったモンスター。クエスト終了に伴い、このモンスターは神話編クエストの「闇に眠りし王」で、災厄の王にあうための道中に出現する。一般的にはこの道はほぼショートカットされてしまうので、この2体をみやぶりたいならショートカットしてはいけない。
手段さえわかれば、難しいものではない。

■シナリオ上受注できない期間のクエストボス 難易度:★~★★★

ストーリーの進展によって、一部のクエストが受けられなくなる期間が存在しているものがある。そのような場合のクエスト特有のモンスターが対象。その場合、その関連シナリオをクリアするまで受けられないので要注意。
特に、Ver3進行中は一部のクエストが一切受注不可になるものがある。
Ve4も一時的に受注不可になるクエストあり。
サブキャラなどでメインストーリー進行重視でクエスト放置ですすめているといつのまにか受けられない期間に入ってしまったクエストとかが出てくるのでご注意を

■エンドコンテンツ・ボス 難易度:★★★~★★★★

聖守護者、常闇などのいわゆるエンドコンテンツボス。
純粋に倒す難易度が非常に高い。
ただし、現行では、強さによって別々に図鑑に登録されるわけではないので、原則、一番弱いのを倒しただけでも図鑑を埋めることはできる。

先週までのみちびき履歴

総周回数:7791
トルネコ:389 (4.99%)
ミネア :423 (5.43%)
テリー :414 (5.31%)
カンダタ:1282 (16.45%)

気のせいかVer4.3入ってから導き率が下がったような・・・まあ、偏りだろうけど。
カンダタだけはよく出る

今日はここまで。では、またー

2018年9月13日 (木)

ドラクエの謎考察 その180

こんばんは。

ドラクエの過去を振り返る話、噂話、今と昔の歴史 第180回

・トラウマになるようなモンスターの存在

ドラクエでも唐突に理不尽に殺されたり、脱帽するしかないような展開、そしてなにがなんだかわからないうちに全滅するようなことがあってトラウマになるモンスターっていませんか。

個人的にトラウマというかインパクトの大きなものを書いてみる

■かげのきし

初代1では呪文がきかず、やたら身をかわすいやなモンスター。それが故に事故が起きるケースが。
かげのきしクラスの場合、ホイミでダメージ回復が追いつかず、ベホイミがない場合はどうしても、ダメージレースでやられる前にやる戦いになる。普通のモンスターなら問題ない。
ところが、かげのきしはやたらとかわすので余裕で倒せるとおもっていると・・・
あと一発で倒せるところまでいき、1,2発外しても大丈夫な状態。
しかし、そんなときに限って連続でかわされてしまう。3連続はまさかないだろうと最後の攻撃をして  三振!バッターアウト!! あなたはしにました・・・・

トドメを刺しきれずにサヨナラ負けをするのはシミュレーションRPGあるあるなんですが、かげのきしもこのパターンになること多し・・・・

■メイジキメラ

ドラクエ1の死亡原因ワースト1がラリホーで眠らされてそのまま撲殺されるというもの。
初見で知らなくてラリホー食らうのならしかたがないのだが、奇襲されてラリホーされてそのままコマンドいれることもできず眠ったまま殺される。
私の場合、あくまのきしやダースドラゴンではこのようなことはないのだが、メイジキメラは10回くらい奇襲されてなにもできずに理不尽に殺されたことがある・・・・

■マンドリル4匹

ドラクエ2はトラウマになるパターンのモンスターが多いのだが、その最初がこれ。ムーンペタにサマル王子とふたりで来た時にマンドリルの集団に出会ったら最後、かなりの確率で全滅する。周辺のモンスターの倍以上の攻撃力に数の暴力であっという間にボコボコにされてしまうのだ。

■ドラゴンフライ5匹

大灯台の悪夢。戦うにしても逃げるにしても、1ターン目で表示が黄色になり、2ターン目で赤くなり、3ターン目は敵を倒してないなら多分全滅している。
奇襲攻撃されると、立て直しすることも全力でやられる前に殺れもできず、壊滅・・・

■ドラゴン4匹

こちらはロンダルキアの洞窟の悪夢。こちらもブレス連発で、早いうちに数が減らせないと全員まとめて殺され全滅する。逃げる場合も2、3回回り込まれれば全滅する。

■ブリザード4匹

もう説明する必要もない、ロンダルキアの悪夢。戦うにしても逃げるにしても、画面が赤くならずに戦闘が終わる可能性は5割もない。FC版ではブリザードの行動がザラキとルカナンの2択なので悲惨の一言。
ちなみに、ザラキ一発で3人まとめて死んで全滅したこともあります・・・・・

■バズズ

個人的にドラクエ2のトラウマがこれ。
第1ターン、ローレシアの王子が攻撃したらバズズがメガンテして全滅・・・・・
理不尽すぎて空いた口がふさがりませんでした・・・

■ドラクエ3ピラミッドのひとくいばこ

ドラクエ3はあまり理不尽な敵がほとんどいないのだが、なにもしらずに初めてピラミッドの1Fの宝箱をあけてしまうとたいていコイツに全滅させられる
だいたいここにきたてのレベルでは後衛は一撃で殺されるくらいの強さ。
私の場合は1ターンにひとりずつ食い殺され(ご丁寧に一撃で死なない勇者戦士は痛恨をだされました) 4ターンでペロリとたいらげられてしまいました(笑)

■ストーンビースト

ドラクエ6のムドー前、このストーンビーストだけが場違いな威力のベギラマを容赦なく放つ。全滅はさすがにないが、死人がでるのはあたりまえ。

■真ムドー

間違いなく、全ナンバリングを考えても、メインストーリー上最難関クラスのボス戦。ダーマ解禁前なので、スキルを覚えることも、強力な武具を買うこともできず、レベルごり押しも難しい。下手をすると負けバトルなのかと錯覚してしまうほど。
そのくら難しいボスの記憶が残る。

■海底宝物庫の番人

ドラクエ6で間違いなくほとんどのプレイヤーがここで全滅するのではなかろうか。
いきなり戦闘にはいって殺されるとかではなく、自分の意志で戦闘を開始する相手。決して理不尽なやられ方をするわけではない。
あわあわ船を手に入れ、そこそこの強さになって、いつものように試練の兵士のようなセリフを言って、また試練の番人か、とおもってためらわずに戦ったら最後。圧倒的攻撃力の前になすすべもなく全滅させられる。
キラーマジンガは間違いなく、このシチュエーションでドラクエでも特に印象に残るモンスターとなった。マジンガ様と崇拝するプレイヤーもいるとか。

■れんごくまちょう

ドラクエ7の終盤では雑魚敵が灼熱の炎を浴びせてくる。そしてラストダンジョンでは、その灼熱の上をいくれんごく火炎をかますのが、このれんごくまちょうである。最大3匹でてくるため、一斉にれんごく火炎されると下手をすると全員焼き尽くされて全滅してしまうかも
本来、裏ダンジョンに設定されているべきモンスターなのだが、間違って設定されてしまったのだろうか。

■アイスチャイム

多分ほとんどのプレイヤーはこのモンスターの真の恐ろしさを知らずにドラクエ8をクリアしているだろう。
普通に出会っても全体呪文で一気に倒してあっけなく戦闘が終わる。
しかし、奇襲されたり、テキトーに殴ってしまったりしたら最後、いっぺんに大量に呼び出しされたあと、恐怖の死の歌が奏でられる。数が数なので、これでたいてい全滅、運が良くても半壊してしまう。
知らないほうが幸せともいえるモンスターである。

■ギュメイ将軍

ドラクエ9のガナン三将軍のボス。ドラクエ9ではトラウマになるケースがある。
それが、痛恨を完全に防ぐ「盾の秘伝書」を持ったキャラが痛恨で倒されることが、何故か非常に多いのだ。というのも、ギュメイの切り上げと魔人斬りのコンボがきた場合、まず、転ばされて盾ガードが不可になる。その上でまじんぎりがくると痛恨を防げない。これでやられてしまうのだ。このパターン、おそろしく頻繁にあるため、トラウマになることも。

気のせいか、ドラクエ4,5,11にはトラウマになるほどの酷いモンスターはあまりみかけないような・・・・

あなたにとってのドラクエの「トラウマモンスター」はありますか?

今日はここまで。では、またー 

2018年9月10日 (月)

<ドラクエ10> Ver4.3所感

こんばんは。

Ver4.3後の感じについて

まず、新職遊び人転職のクエストをやりました。50LV以上必要な割には、レベル20でもクリア可能なほどクエスト自体は楽です。遊び人は魔物使いなどと同じく、職スキルと武器スキル4つ。ブーメランとか意外と取りづらいスキルを振れるので、武器スキルの振りバランスはよくなったかも。
遊び人自体の強さはまだ未知数ですが、他の職と比べるとかなり運に左右される要素が多く、やはり安定はしないけど一発はありそうな感じです。

HPやきようさのパッシブがあるので、ともかくまずはVer4.3入ったら遊び人に転職できるようにするだけでも、能力値はかなりアップしますので、はじめにやるべきことでしょう。

職人レベル解放もお使いクエストで、なんと、職人にも関わらず、職人としての作成ノルマ等まったくありません。高レベル装備の★3作れなんていう題目の予感もしたけど簡単に入手可能なアイテムをもっていくだけの簡単なクエストでした。
まあ、職レベルはかなりの経験値を必要とするのでのんびり上げていくしかないようです。

名声の上限もあがりました。なので、これを機に未達成のクエストを消化していくのが良いと思います。

コインボスの三悪魔、四諸侯、ドンモグーラ、ゴースネルのプチが実装されました。
はっきりいって、野良迷宮で入れても全く問題ないほど弱いです。とりあえず今日までに四諸侯以外は全部野良でやってみましたが、サポ2でもあぶなげないくらい弱いです。
ゴースネルだけはステータス異常やはげしい雄叫びが結構痛かったりするので、僧侶か賢者がいたほうがいいです。
実装したてが故なのかもしれませんが、結構プチモグーラやプチ三悪魔がテロ投入されました。(もちろんWELCOME)

しかも、今回の新しいプチは最低破片2を落とします。ドンペリ(まほうの聖水)3個はありません。並は破片1あることを考えるとプチのほうが優遇されているのかと思うくらいです。(さすがに現物率は並の方が高いですが、運が悪いとプチの方が最低保証は高いです)

今後はSPでは四諸侯ばかりになりそうです。ミネアも原則情熱で引けます。(半分はプチ化できるので・・・)

プチゴースネルだけは札ボスなので並からの変換はできず、錬金釜での作成になります。どちらにしても野良で十分倒せるので何枚か作っておいて損はないでしょう。

さて、今回大改装のあった宝珠まわりですが、基本、Ver4.3時点入手して保持している宝珠は好きな珠数・形のものを選択して作成できます。光闇は1珠も作れます。作成コストは全部同じ。したがって、本当に光闇の2珠は無価値になりました。
ただし、Ver4.3時点で持っていない宝珠は未入手扱いなので、過去に何回も鑑定して捨てた宝珠であってもこれは作成できません。それはいったん見つける必要があります。

作成可能宝珠の一覧が見れて、作成可能なものと不可(未入手)のものは色が違うので、言い方を買えれば、この作成一覧が宝珠図鑑になったといって過言ではないでしょう。
つまり、すべての宝珠の作成を有効にできれば宝珠図鑑コンプリートというわけです。

一方石版のほうは、今の配置のまま好き勝手に穴をあけられます。実質、最初から完成状態の石版にできます。(今の配置を作り直す場合は穴埋めでコストが若干かかる)

見た目であきらかにインパクトあったのが、アイコンの3D化。頭やアクセが反映されているので、見た目が明らかにかわります。かぶりものやマスクやフルフェイスのヘルメットをしていると顔が見えず、種族がわからないことも・・・

酒場でのアイコンもなっているので、あまりヘンな装備のまま預けるのはちょっと後ろめたくなるかもです。

福引景品が大改装され、今後は1~3等の違いだけになりましたが、とりあえずプクランドの1等(金のチキ坊)が、1キャラあたり1つ欲しいので、やはり最初はプクでまわすべきか(これは「土下座」が実装されたとき、ウエナで福引ひいたのと同じ)

相対的にオーグリードの福引の引かれる割合が減るので、ボスコインの値段があがるかもです。

新装備はセット効果ブレス10%、呪文耐性7%のついた魔法系装備のカテドラルが注目されています。これで装備だけでブレス100%が現実的に可能となりました。レギロガでブレス・呪い100%がこれで可能になったと言えます。

聖守護者の闘戦記でミネア無効になりましたが、新職導入と新しいプチコインボスが増えたのでしばらくは迷宮周回者は多いと思うので今はそれほどではないと思いますが、一段落して人が減ってきたらエルフの飲み薬の高騰が予測されます。
また、新職の遊び人は50スタートなので、全職カンストあるいはカンスト寸前な人はハヌマーン以降のみやぶっていない通常迷宮ボスが残っているなら、遊び人のレベルを上げる前に見破っておいたほうがいいです。(残念ながら50だと黒竜丸とバトルシェーカーは下限未満なので会えません)

すごろくと魔塔の景品にドンモグーラと呪符4種の報酬が追加されています。すごろくを数回やりましたが、残念ながらこれらの景品はまだ出たのを確認していません。

ツールのほうはかなりやりすぎではないかともいえる機能が導入されています。

まずカレヴァンのおでかけ道場。ついにバトルロードがツール化です。しかも通常倍率ならジェムを消費しません。
ゲーム内で消化するのがいまいち時間かかって面倒な人はツールで消化していいでしょう。ゲーム内ではバッジが手に入りますが、ツールでは手に入らないのと、最高ランクがBどまりなので、SやAランクの人はゲーム内でやったほうがいいのですが、ツールのは敗北がないので、コイン4倍など、ゲーム内では難度高い相手のとか、福引券5まいとかの報酬がおいしいものについては、ツールでやるのはアリと思われます。

釣りのほうも新しい魚が釣れるようになったほか、お題の魚だけが釣れる釣り堀が追加されました。こちらは、釣りレベルがカンストしていない場合は特に有効。ただし、コストが3倍なので、ご利用は計画的に。

ツール専用の討伐依頼まで増えてます。(こちらはジェム必要なうえ、経験値しか報酬にないので魅力に乏しいかも)

そしてゆめのかけらで交換できるラインナップですが、過去のほとんどのもの(ないものも一部ある)が交換可能になっています。ので、今後はゆめのかけらを常に300キープしておいてほしいものが追加されたら即交換できるようにしておきたいです)
とりあえず、Ver4.3実施時点でのツール福引の1等のビートのしぐさが欲しいので(なぜ、これウエナ景品じゃないだ?というのもありますが)来週か再来週に入替後にラインナップされるのを待ちます。

ストーリーはまだ全くすすめていません。名声上限アップに伴い、未消化のクエストもこなしたい都合あるので、メインストーリーはかなりゆっくりすすめることになりそうです。

他にもいろいろ変更点がありますが、まだ手つかず。とりあえず、Ver4.3実装して今まで手を付けたところの所感です。

最後に先週までのみちびき経過

総周回数:7711
トルネコ:385 (4.99%)
ミネア :420 (5.45%)
テリー :412 (5.34%)
カンダタ:1265 (16.41%)

先週とほとんど率など変わっていません。割と普通でした。Ver4.3後の初ミネアは三悪魔でした(もちろん即プチにしました)

今日はここまで。では、またー

2018年9月 3日 (月)

<ドラクエ10> トラシュカなんとか全報酬にたどり着く

こんばんは。

Ver4.3まであとわずかになりましたが、先日トラシュカのオンリーワン報酬を辛うじでなんとかゲットすることができました。

実はトラシュカについては去年は全く触れていませんでしたが、それもそのはず、去年のトラシュカ、当時やる時間もあまりなく、後半になってようやくやり始めたものの壊滅的なセンスのなさで、まともにスコアあげることできず、2時間ちょっとやって最初の浮き輪の報酬にすら手が届かず投げてしまっていたのです。
去年の仕様は中盤以降海に落ちるとゲームオーバーなうえ、点数の高いアイテムほど後半になるので、海におちて後半なにもできずとなると1万点すら取れない(序盤におちていたりすると0点もあり得る)
さらに、どうやら去年のは「サメの嵐」が高得点につながるようなので、後半になって生き残りが1~2人状態になると、サメの嵐がないのを確認されると自殺されてゲームオーバーになり、なけなしの累積ポイントすら稼げない。
ホント、2時間やってタイヤの浮き輪すらとれずドラテンのイベントで初めて投了しました。
のが去年。

今年は途中で落ちても10秒後に復帰できるので、少なくとも完走して1万点いかない、なんてことはないと思った今年ですが・・・

今年のほうが簡単、というか、爆弾避けがかなりやりやすくなっています。
まず、なんといっても、爆弾が落ちてくる予兆の影がちゃんとしています。去年のはラグがひどかったり、酷い時は、何も見えずに、爆風避けながら動いていたら見えない壁にぶつかってあれ?とおもったら爆弾が落ちてきて避ける間もなくふきとばされるというのがほとんど。
トラシュカは爆弾がおちてきてから避けても間に合わないので、予測影の正確さは超重要です。あと、なにげに、イカダにフェンス(手すり?)がついていたり、障害物の箱がでてきたりするので、それらを背後に爆風を受ければ海に落ちずにすむギミックが追加されています。
また、サメの嵐がなくなり、高得点アイテムが序盤中盤でも結構でてくるので、とにかく海に落ちずにプレイしつづければ、1回の航海で10万点くらいはとれるでしょう。

去年は一度も海におちずにクリアできたことがいちどもありませんでしたが、今年のは最初からノーミスでクリアして11万でした。
去年苦しんだのが嘘のよう。

去年の報酬もとれるようになっているのが非常にうれしい。全部とるには、今年の報酬を全てとる5倍稼げなければならないが、それでも去年の分をカバーできるのはうれしいです。

結果だけ言うと、メイン、サブとも600万ポイントとって去年の分も全部回収できました。

さて、問題のハイスコア報酬のほう。初回11万とれたんで、そのうちとれるだろ、とおもっていたら、これが結構かかった。
エイロスのほうは、15万クラスが4回、18万が1回でいちおう、ハイスコア報酬も全部回収できました。
問題はサブのメレナのほうで、累計400万超えたところで、18万だせてクリアできたのですが、その後15万以上は一回もだせず、まさか600万とりきるまでに1回しかハイスコア報酬に届かなかったという冷や汗もの。
本当にこれに関してはセンスないです(泣)
多分、600万分稼いでいる間にハイスコア報酬とれなかったら、来年に回していたことでしょう。

浮き輪はほとんどの人がサメ(親分サメ)を使っていたとおもいますが、私はドーナツ浮き輪一択でした。ほんとにイカダの淵ギリギリで耐えてくれたことがたくさんあったので。
サメもためてしてみたのですが、ハイスコアとるには有利なのがわかりますが、海に落ちる確率が倍以上になり、逆に全然スコア伸ばせませんでした。その人の腕に合わせて浮き輪は選ぶべきでしょう。

というわけで、メイン、サブとも2時間半くらいかけて全部の報酬を回収。とりあえず結果オッケー

秋は月見イベの新バージョンあるみたいだけど、また宇宙イベなのかな。
最近、季節イベのバトル系少ないので、バトル系イベありそうですね。

さて、いよいよVer4.3です。とりあえず遊び人を即ゲットし、宝珠の総入れ替えをする必要でてきますね。
今回、またスキルも宝珠も完全リセットして、一から降りなおしてみようかな。
次はスキルをブメと扇に振ってみたい。

Ver4入って以降、レベル上限こそ解放されたけど、スキルブックとか種とか特訓上限とかいったステ強化の解放が全然ないのがきになる。Ver4.3は遊び人の職追加じたいが、パッシブ分の強化になるので余計他の要素の強化がないんですね。

名声の上限が解放されので、Ver4.3はじまるまで、クエストクリアはおあずけ。クエストでの名声値がかなり多いので、解放後まとめてVer4のサブクエとか残っているのをすすめたいです。

というわけで、Ver4.3を待ついまこのごろです。

昨日までの導き周回履歴

総周回数:7636
トルネコ:381 (4.99%)
ミネア :417 (5.46%)
テリー :408 (5.34%)
カンダタ:1252 (16.40%)

先週はインした日が少ないこともあり、迷宮回ったのは2日だけ。のでほとんど増えていません。

今日はここまで。では、またー

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »