« ドラクエの謎考察 その186 | トップページ | ドラクエの謎考察 その187 »

2018年11月13日 (火)

<ドラクエ10> 便利ツールのジェムのコスパを考察

こんばんは。

最近、便利ツールの機能がどんどん追加され、中にはゲーム内よりも使い勝手が良いものもかなり出てきている。

さらにジェムをつかうことにより有利になるようなものもある。
今日は、この、便利ツールでジェムを使うことによる効果の大きさをコストパフォーマンスとしてみてみようと思う。

※あくまでエイロスから見ての評価なので、考え方が違う場合もあるので、ご了承ください。

ジェム使用があるものはほとんどがプレミアムコンシェルジュの中にあるので、ここの上の項目から順に評価してみる。

■畑のお世話

ジェムでできることは4つ。
・肥料をあげる
・普通に水をあげる
・レアアップ水をあげる
・つぼみアップ水をあげる

まず、上の2つについてはゲーム内で普通にできること。どうしても数日ログインできないけど最低限のお世話をしておきたいときのみやることだが、最初から数日インできないのが最初からわかっているなら、そもそも種をまかないほうがいいだろう。
レアアップ水とつぼみアップ水は今のレア花の価値がガチで反映されているので説明する必要もないが、この2つの課金水ありきの相場になっている。これが現実
コスパ評価:★★★(レア水、つぼみ水) ★(肥料、普通水)

■討伐隊の依頼

ゲーム内の日課、週課、そしてツール専用のおでかけ討伐
ゲーム内のをやる時間がないのでない限り、ジェム討伐の恩恵はあまりない。
しかも、ポイントが高いとそれに比例してジェムも多く必要となる。
一方、ツール専用のおでかけ討伐は週一回、ゲーム内とは別枠でできる。ただし、これも、ポイントに比例して高くなるほか、経験値しかもらえないのでイマイチ。

ただし、チャレンジミッションで討伐隊がでることもあるため、いやでもジェムを使う必要ある。この場合は日課週課ではなく、おでかけ討伐のを使うのが良いかもしれない。
インできない日の討伐は外からいちおう消化したいときは使う価値あるくらいか。

コスパ評価:★★ (チャレンジミッションでどうしても必要な場合に限り★★★)

■ピラミッド探索

ジェムを払えばなにもしなくても秘宝がとれる。一霊廟あたり30ジェムで探索可能な6霊廟全てなら30G割引きの150ジェム。
キャラが育ってなかったり、慣れてないなら8,9霊廟が可能であったなら辛うじで使えたかもしれないが、今のキャラの強さなら第6までなど適当にサポを集めればサクっとクリアできる。
というわけで、ピラ消化する30分程度の時間さえ惜しいのでなければジェム討伐する価値はないと思う。
コスパ評価:★

■職人ギルド依頼

一発仕上げ完成させて納品ができるが、ツールの場合、★なしが完成したのと同じ扱い。なので、長期ログインができない等でないのであればほとんど価値がない・・・・といいたいところだが、錬金の依頼だけは話が別。
というのも、錬金はゲーム内で一発仕上げができない上に、成功すれば結構儲かる反面、失敗しやすく、当然失敗なら赤字になる。特に上級錬金や中級錬金大成功などはツールで納品するのがとてつもなくおいしい。
これもチャレンジミッションで指定される場合がある。ジェムコストは安いので、チャレンジミッション時はやるといいだろう。
コスパ評価:★(生産職)
        ★★★(チャレンジミッション時) 
        ★★★★★(上級・中級大成功錬金)

■のぞみの釣り堀

これは、ジェムを使わなくてもゲーム内より優れている釣りツール。しかも、釣り堀だけに、魚が決まっているうえ、全部釣れば必ずリストの中にある魚がかかる。
釣っていない魚や釣っていないサイズの魚が出現したら、ジェム使ってでも強引に釣りきれば必ず目的のサイズの魚にありつく。
とはいっても、毎日、ジェムを使わない範囲でやったとしても、コレクションはどんどん埋まっていくであろう。
コレクションを強引に完成させたり、釣り初心者が高速でレベル上げをするにはいいかもしれない。
ちなみに、レンタル竿・ルアーは三ツ星品でその日に限り無制限に使える。ので、本気で釣り堀の魚を全部釣り上げる気ならレンタル竿もお買い得。
コスパ評価:★★★

■モンスター牧場

ツールの目玉コンテンツ。ジェムでできることも相当ある。
まず、肉をジェムで買うことができる。わるぼうルーレットや、牧場コインがどうしても足りなかったりすると肉をジェムで買うという選択肢もあるかもしれない。(肉を購入→鉱山→牧場コイン化)また、依頼書をやらせるときの応援などでもコインが不足気味になるかもしれない。
そして、コインが慢性的に不足しているときに王者のテーブルが壊れてしまったりすると、(新しい王者のテーブルが買えないため)パーティを開くことができなくなってコインが増やせなくなる悪循環に陥ることも。
牧場倉庫の拡張や船の再出発の準備時間の短縮もジェムで解決できるが、こちらはあまりコスパは良くない。
コスパ評価:★★★(肉を購入) ★★(その他)

■王家のおでかけ迷宮

ゲーム内で取るのが難しい天箱が取れるのが非常に大きい。ただし、ジェムなしでツールだけで消化するとゲーム内でやるよりかは入りは少ない。が、ジェムをフルに活用して取るならばジェム利用としての価値はかなり大と思う。
重要なのは、権利となる輝きはGで買うことも取引することもできず、プレチケのような特殊なものを使うのでなければ全プレイヤー1週間に15輝石しか入らない。
ところが、ツールで消化する際に、輝石コインではなくジェムを使うことによって、輝石を減らすことなく(むしろ増やしながら)うしつよの箱を取れる。
王家の迷宮の戦利品はここでしか出ない、というかここが一番の提供元になるものが多くい(輝石ベルト、メタキンコイン、宝珠の香水、めざめの輝石)
なので、Gで買えないものをジェムで買うという意味で考えると意外とおすすめといえる。
コスパ評価:★★★★

■ミニカジノ

ビンゴのダブルレイズ時に、ジェムを投入できるが、今のカジノコインの価値で考えると、ジェム料金も法外で罠以外のなにものでもない。。ツールのビンゴはカジノチケットをビンゴチップを交換したり、このダブルレイズのようにジェムでやるといった罠としか思えないボタンがあるのでくれぐれも注意しましょう。
コスパ評価:★

■バザー落札

ツールからバザーを覗けるが、実際に購入すると手数料としてジェムがかかる。
とんでもない掘り出し物を見つけたときに売れてしまう前にどうしても購入したいものが出現したりでもしなければ普通にゲーム内で買ったほうがいいのはいうまでもない。
コスパ評価:★

■バザー出品

バザーへの出品もツールからできる。
落札以上に価値がないといえる。
コスパ評価:★

■モーモンバザー設定

モーモンバザーをモーモンモールに登録して各種設定を行うのにジェムがかかる。
モーモンモールを使いこなす人にとってはそれなりに価値があるものかもしれないが、モーモンバザーをそもそも設定しない人にとっては完全に不要なものであろう。
コスパ評価:★★★(モーモンモールを販売網として設定する人) ★(そうでない人)

■モーモンモール

他の人がモーモンモールに登録して出店している中から買い物ができるが、買う際にジェムを手数料として取られる。
掘り出し物が見つかった場合はもちろん使う価値高いが、そもそも本当に安いお買い得賞品はすぐなくなってしまうのでなかなかめぐり合わせが良いかどうか不安定。
モーモンモールのクジがもらえるイベント時はやっておいて損はないかもしれないが、それ以外は何とも言えない

コスパ評価:★★ (モーモンモールクジがある期間は★★★★)

■ふくびき券交換サービス

レベル上限もあまり上がらず、元気玉が余りがちだったVer3の期間はまだ利用価値あったかもしれないが、ジェムつかう以前に福引券へのレートが全く魅力がなくほとんど価値なしといっても過言ではない。
Ver4からはゼルメアに元気チャージを使っていく方向に進むので、元気玉を福引券に交換するのはもったいない。
コスパ評価:★

■ふくびき所

便利ツールの福引は6等以上でゆめのかけらに交換できるし、4等以上の景品は、店売りしてもかなりの金額になるうえ、1等2等の賞品は更新サイクルがとてもはやいことも相なって高額で取引される。
1日2回の無料分以降は1回あたり20ジェム必要。
便利ツール以外の福引をジェム払ってまで回す価値はないが、リアルマネーを潤沢に投入することも可能。
あまりお勧めとは言えないが、単純にリアルマネーを投入することによってゲーム内のGとして相当な儲けを出すことが可能なのも事実。
この仕様がエスカレートするとソシャゲーと同じになってしまうので、これのコスパ評価が高くなることは、課金ゲームへの加速を意味するので、素直に喜べないと思う。
コスパ評価:★★

■超便利福引所

悪名高きツール専用100連福引。2000ジェムでツールのみで可能。
ユーザビリティを課金要素にしないでほしい・・・・・
コスパ評価:★

■スペシャル福引所

ツールでのSP福引用。普通の福引と違い、無料では回せない。
ジェムを使うと確率が上がるわけでもないので、ジェム使ってまでやる価値はない。
(仮にジェム使うと確率上がったとしたら別の意味でブーイングが起きるとおもうが)
コスパ評価:★

■酒場

ゲーム外からでも酒場でサポを雇うことが可能。手数料としてジェムを取られる。
バザーと同じで、どうしても確保したい人材が見つかった時、これからゲーム内にはいるまでの「予約」として抑えるという意味では価値があるかもしれない。が、それ以外で使うことはほとんどないと思われる。
コスパ評価:★

■電子書籍

ジェムでドラクエに関連する書籍の電子版が買える。特定の雑誌や書籍のおまけのしぐさが欲しい場合、これを購入するのも一つの手であろう。ただ、しぐさのために書籍を購入するとしたら本末転倒だと思う。ただし、ショップでも、プレゼントチケットからも出ていない、書籍オンリーのしぐさ書が欲しいなら、買うのは最終手段としてありかも。
値段はおおむねジェムを購入する費用とほぼ同じ。
コスパ評価:★★

■錬金釜ブースト

錬金釜のリチャージ時間をジェム投入で無理やり終了させることができる。このとき釜がぐったり状態になってしまうが、ぐったりする=撫でてもらえば元気いっぱいになる
のでゲームにログインする直前であればあえてブーストするのもありかも。メタキンを作ったり、連続でボスカードを量産しようとした場合は意外と役にたつ。
コスパ評価:★★★

先日までのみちびき周回履歴

総周回数:8385
トルネコ:424 (5.06%)
ミネア :448 (5.34%)
テリー :441 (5.26%)
カンダタ:1390 (16.58%)

ここ2か月ほど、トルネコの出現率がかなりよく、ミネア、テリーを猛追しています。

今日はここまで。では、またー

« ドラクエの謎考察 その186 | トップページ | ドラクエの謎考察 その187 »

ドラクエ10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574511/67375280

この記事へのトラックバック一覧です: <ドラクエ10> 便利ツールのジェムのコスパを考察:

« ドラクエの謎考察 その186 | トップページ | ドラクエの謎考察 その187 »