« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月27日 (木)

ドラクエの謎考察 その191

こんばんは。

ドラクエの謎を追って・・・・・ 第191回

・ベホマズンの歴史

ドラクエにおける最大の回復呪文、ベホマズン。
この呪文がドラクエ3で勇者が使用して以来最新作まで使用者が必ずいる。

ところが、よく調べてみると、プレイヤー側(仲間モンスターではなく)が使えたナンバリングは半分くらいしかない。
回復呪文だから僧侶の専売特許かといえばそれも違い、勇者だけが覚えるシリーズのほうが多い。ただし、9以降は僧侶タイプが覚えるようになる。

ドラクエ3では唯一勇者が使用できる。敵も味方も使える者は他にはいない。
消費MPは62と莫大で、平均的なクリアレベルでる40前後であれば2,3回が限度。まさに奥義の呪文といえるだろう。

ドラクエ4も勇者が使用できる。敵はスライムベホマズンが使える。消費MPは3の半分ほどの36にまで減少。勇者のMPも3より多いため、使いやすくなった。特にFC版では5章では味方に直接行動指示ができないため、ラスボス戦では主人公である勇者がベホマズンで回復役をやることもあり得る。

ドラクエ5では人間キャラで使用できなくなった。勇者である主人公の息子(レックス)でも使うことはできない(かわりにベホマラーは使える)
ただし、仲間モンスターはホイミスライム、ベホマスライム、スライムベホマズンと使用者が多い。リメイク版ではコロプリースト、プチプリーストも覚えるがMPが低すぎて不思議な木の実を与えないかぎり1回使えるかどうか。

ドラクエ6は全職業をマスターしてもベホマズンは使えない。モンスターの固有のレベルで覚える呪文として、ホイミスライムとランプの魔王だけが使用可能。
リメイク版では仲間システムが廃止され、スライム族のみ仲間にできるようになったため、ホイミンとベホマンのみベホマズンを使用可能。

ドラクエ7はプラチナキングの職で覚える。リメイク版では勇者職でも覚える。コストが20になったため、連発することも可能なレベルにあり、裏ボスなどでは重宝する。まあ、7は極めるとどのナンバリングよりも強力になるので、あまり目立たたないかもしれない。

ドラクエ8は主人公が勇気スキルに振っていくと覚える。とにかく、8の勇気スキルは、主人公のスキルラインでダントツで使えるもの。消費MPは36と、4の時代まで戻ったが、勇気スキルを極めると消費MPが75%、半分になるので、最終的には実質消費MP18で使えるように。
ある意味全ナンバリングでもヒーラーの仕事がいちばんこなしやすい主人公ともいえる。

ドラクエ9でようやく回復の本職である僧侶が覚えられるようになる。そのかわり、消費MPが初代3の勇者の倍以上のなんと128! それでも、ステータスがインフレし、クリア後の要素で宝の地図や歴代魔王の地図のボスは被ダメが500以上になるようなものがあるためベホマズンは重要な回復呪文だし、僧侶が完全なヒーラーとしての役割になった。

ドラクエ10では2018年12月現在、プレイヤーが使うことはできない。やはりスライムベホマズンなど一部の敵だけが使用できる。

ドラクエ11では主人公とセーニャのみ使用可能。転職できないシリーズで主人公以外に人間キャラが使えるのは珍しい(というか唯一か)。まあ、セーニャは僧侶ポジションなので覚えるのに違和感はないが。

ベホマズンが必須になるのは7以降だろうか(8までは表ラスボスクリアまでなら必須とまでいかないと思う)
いずれも裏ボス戦ではベホマラーでは回復が間に合わないし、ベホマではひとりずつなのでどうしてもベホマズンが欲しくなる。9以降は世界樹のしずく連発でも代用は可能だが。

なお、ドラクエ10では実質ベホマズン=世界樹のしずく。エンドコンテンツではこれを惜しみなく使わないといけないようなボス戦が当たり前にある。もしかするとそろそろ僧侶がベホマズンを覚えることになるかもしれない。

今日はここまで。では、またー

2018年12月24日 (月)

<ドラクエ10> クリスマスイベントとバトルロード協力バトル

こんばんは。

プレイ時間が取れない時期がつづくこの時期にイベントがラッシュしていて非常に動きがとれない(泣)

というわけで、一足先にツールのイベントを終わらせたら、矢継ぎ早にまずクリスマスイベントがありました。

まず前編。こちらはオートマで組まれての戦闘。カンストレベル近辺であればまず負けることはないでしょう。過去の仕様と同じであればレベルが低いと敵の数も少なく報酬も少なくなるものだった気がしますが、最低ラインはそれなりにあるので、ゲームを始めたばかりで30レベル以下であると残念ながら単独では無理かもしれません。
(マッチングは魔法の迷宮タイプなので、マッチングが成立しないと同じレベルのサポが強制的に組み込まれる)
フレかチムメンに手伝ってもらうしかないかも。

後半は、専用のボス戦闘。今回のは2年前のリメイクということで、クリスマスカラーを模した三悪魔・・・・ではなく、四諸侯になっています。
難易度が2つありますが、おそらく、四諸侯の並とプチのものと同じであると思います。

クエスト自体のクリアには、どちらでクリアしても本報酬(クリアのためのトリガー)が得られるので、楽に終わらせたいなら、弱い方を選んだ方がいいと思います。

本報酬ではないほうは、三姉妹の風船や福引券などが出ますが、それほど重要なものはないので、無理して周回するほどではないでしょう。

そしてバトルロード協力バトル。

実は、このブログを書いているころ、まだ、手をつけれていません。どうやら1つ目がメイヴ1で2つ目がレギロガ1、3つ目がランダムみたいです。

3つ目のランダムが周回推奨みたいですが、とりあえずバトルロード装備はそろえたいので、何回かはやることになりそうです。

あと、Ver4以降のサブクエストがかなりまだやっていないのが残っているので、こちらもやり始めています。できるだけ初回はサイトなどを見ずにやりたいので、どうしても時間がかかる。
領界討伐のVer4エリアのも少しずつ進めている。これも意外と時間かかります。

年末にかけてはやっておきたいものが結構あるものかと思われます。

さて、最後にみちびき周回履歴について。

総周回数:8632
トルネコ:434 (5.03%)
ミネア :464 (5.38%)
テリー :457 (5.29%)
カンダタ:1413 (16.49%)

ボスカードがたまっていたので、先週はみちびき周回を優先度上げてやってました。
そして、先日、珍しくカード入れていいか聞いたら拒否されました。通常迷宮まわるのはたぶん1年ぶりです。このときマッチングした人が迷宮テロ反対で結構有名なプレイヤー(オートマで会ったのは初)だったので、確かに断られるわけだ。カード投入断られたので普通に通常迷宮いったら特にトラブルもなく進み、お久しぶりのギーグハンマー。

今日はここまで。では、またー

2018年12月21日 (金)

ドラクエの謎考察 その190

こんばんは。

ドラクエの謎、裏設定、噂に触れるお話し 第190回

・パルプンテの歴史

ドラゴンクエスト2から登場した「何が起こるかわからない」呪文。

7までは普通にあったが、何故か8と9ではなくなった。

10では錬金する際にやはりなにがおこるかわからなくなる効果をパルプンテと呼んだ。そして最近実装された遊び人が使える必殺技となっている。効果は往年の呪文の効果に近く、ランダムな効果があるが、なにもおきないハズレもある。

最初のドラクエ2で登場したときは、ステータス異常系の効果は普通に効く・効かないの判定があるので単に効果範囲が増えただけ、程度であまりインパクトのある効果がなかった。しかし、「とてつもなくおそろしいもの」を呼び出すと、敵が逃げ出し、勝利の扱いになる。
なんと、ボスも例外ではない(ラスボスのシドーだけはさすがに効かない)

ドラクエ3からは敵味方無差別に無効化もできない状態異常効果が出たり、敵味方全快になったり経験値が2倍になったり、といった効果がある。

パルプンテの中で有名な効果をいくつか挙げてみる

・力がみなぎる効果
 いわゆる会心モード。すべての攻撃がかいしんのいちげきになる。メタル軍団相手に出たらボーナスゲーム。
一方、ドラクエ5など敵が出すこともあり当然痛恨ラッシュになりとんでもないことになる。

・パルプンテパルプンテパルプンテ・・・むなしくこだまする
 パルプンテでなにも発生しないハズレ効果。作によっては「どこかで何かが壊れる音がした」というのもある。

・とてつもなく恐ろしいものを呼び出してしまった
 敵が全員逃げだし、味方は全員気絶して戦闘が強制的に終了する。
敵のパルプンテでこの効果が出ると、敵が気絶し、こちらは強制的に逃走する。

・敵がメタルスライムになる
 なぜか知らないが、突然敵がメタルスライムになってしまう。
なお、敵のパルプンテで味方がメタルスライムになることはない。
はぐれメタルやメタルキング相手に出るとメタルスライムにダウングレードしてしまう・・・

・敵味方無差別に寝る・混乱する・幻に包まれる・しびれて動かなくなる
 3以降のパルプンテは耐性があっても防ぐことができない。どちらが先に自然回復するかで天国と地獄に分かれる。
なお、全員麻痺になると全滅するSFC版5では、馬車の入れない洞窟でパルプンテを唱えるのは自殺行為に近い。また、敵のパルプンテで全員麻痺効果で全滅することもある。

・敵味方全快する
 HPやMPが全快する。実質戦闘の仕切り直し。死人も復活する場合もある

とまあ、いろいろな効果があるが、特定の作品にしか登場しない特殊なものも

・ルーラで飛ばされる
 勝手にルーラが発動し、どこかに飛ばされ戦闘終了。なお、洞窟内だと天井に頭をぶつけてなにも起きない。

・時間が止まる
 突然BGMが停止し、パルプンテかけた本人だけ3ターン好きに行動できる。
 (味方だけが行動できるシリーズもある)

・流星が降り注ぐ
 天空シリーズで発生し、敵味方HPが1になってしまう。これによりメタル軍団に逆に皆殺しにされることもある(笑)
ドラクエ10でも発生するが、こちらは味方はその効果をうけない代わりに大ダメージを与えられるが敵のHPを1にするような効果はない。

・隼のように素早く行動できるようになった
 1ターンに2回同じ行動ができる。これにより、種や木の実を1個しか持っていない時に使うと1つ使ったのに2回分使えるという裏ワザがある。

さて、パルプンテの使い手だが、実に特定職が使えるとかいうきまりがないことをご存じだろうか。

ドラクエ2はムーンブルクの王女が覚える
ドラクエ3では魔法使いの呪文として覚える
ドラクエ4では勇者がのみ使える
ドラクエ5は主人公がベネットから教えてもらい使えるようになる
ドラクエ6は遊び人をマスターすると覚える
ドラクエ7はモンスター職まじんブドゥで覚える
ドラクエ10は遊び人の必殺技
ドラクエ11ではDS版である敵のみが唱える(が、うまく発動しないので効果なし)

と、ものの見事に使い手が異なる。

ドラクエ10では、戦闘時の効果ではなく、錬金効果にパルプンテというのがある。
これは、つけようとした錬金効果と異なる効果がランダムについたり、全て同じ効果で埋め尽くしたり、パルプンテでしかつかない特殊な効果がついたりする。

狙って出せるものではなく、一部の効果はレアもののため、特定のパルプンテ効果がつくととんでもなく高く売れるようなものもある。それが故、ドラクエ10の職人でも、ランプとツボはギャンブラー要素が高い職人となる。特定のコンテンツで絶大な効果をもつ効果があったりするととんでもない値段がつくことも。
ダークキングが実装されたころの毒ガード錬金(パルプンテでしかつかない)がつくと、納品依頼でパルって皮のズボンの中級錬金ですら数十万で売れた時期があるし、ユニクロ装備以上の★3装備に上級毒ガードがつこうものなら100万オーバーですぐに売れたりした。

今後もパルプンテはでつづけるのだろうか。

今日はここまで。では、またー

2018年12月18日 (火)

<ドラクエ10> オールキングフェスに乗っかってみた

こんばんは。

12月16日は、ツールのスペシャル釣り堀の全ての魚にキングサイズが入るという特別仕様です。さらにレンタル釣り具がタダになるキャンペーンがあるのと、釣りビンゴの更新が重なるという、まさにツールの釣りをすべしという内容が詰まったイベントです。

ということで、すべてのキングを爆釣すべくジェム消費も考慮にフルスイングで釣りをしてみました。

まず、レンタル釣竿とルアーを借ります。これは24時間無制限に使える上、最新の釣竿を含めた★3の釣竿から選べます。もちろん50回以上使っても壊れないので集中して使いまくる予定の今回はうってつけです。

まず、メインのエイロスから。
今回はビンゴ達成も視野に釣り堀の全ての魚を釣りきるつもりでやるので、まず、は初級ビンゴ対象を初級、中級、上級の堀にある魚を捕りに行きます。上級ビンゴでは、4匹がこれらの釣り堀の対象外になるので、スペシャルに手を付ける前にまず、初級を終わらせます。

当然、1日分10回では足りないのでジェムを使って回数を回復する必要がでてきます。

それでも回復2回、28回で初級ビンゴと、上級ビンゴの普通の堀にいる魚5種類は全部つれました。ただし、上級になったとき、スペシャル釣り堀にはビンゴ対象の魚がでていません。ので普通の釣り堀の魚5種類を取りつくしたあとでビンゴの魚を入れ替えます。
それでも対象の魚がでてきません(泣)

では、スペシャルからキングを釣りまくります。・・・とはいっても、エイロスのほうはほとんどキングまで釣り済なので今回1種類だけキング未済のアカガエルをつれるまで続けようとしました。アカガエルのキング釣れるまで8回ほどで他の魚含めて5種類キングをつりました。
そしてスペシャル釣り堀を入替。

なんと、キング未済は1種類もないです。しかもビンゴ対象の魚も1種類もないです・・・・

ジェム使うつもりだったのに、これはあんまりです。というわけで、予定より少なく、4回釣り回数回復(200ジェム)しかつかうことはなかったです。

次はサブのメレナのほうもやります。こちらは、エイロスよりもキング取得数がまだまだなので、いっぱいつれそうだ。

エイロスと同じく、まず初級ビンゴを普通の釣り堀で釣りきります。エイロスより少しかかりましたが、それでも36回でクリア。メレナのほうは上級ビンゴに変わった際に、通常枠ででない魚4種類のうちひとつがスペシャル釣り堀ではなく、老師の釣り堀のほうに1種類(タツノオトシゴ)がいました。
とにかく出てさえすれば、釣りきるのみ。そして案の定最後に釣れました。老師の釣り場は1回たりの消費が3倍なので、ジェムも消費しました。

ビンゴの魚を入れ替えるものの、スペシャルにも老師の釣り堀にも対象の魚はでません。

なので、スペシャル釣り堀。キング未済が2種類いたので未済対象のキングがつれるまでやるとエイロスの時と違いキング7種類を釣り、スペシャル釣り堀の8割くらい釣ったところでようやく終了。

スペシャルの釣り堀を入れ替えるとキング未済が3種類いました。ビンゴ対象魚はまたしてもいません。
しょうがないので、未済キング3種類を全部釣るまで続けます。そして・・・
よりによって魚があと2匹しかいないところまで持っていかれてキング全部釣りました。そして、余った釣り回数でなんと、「スペシャル釣り堀の全てをすっからかんにする」を達成しました(笑) 老師の釣り堀も空になっています。壮観です。スクショとっておけばよかったな・・・。 さすがに初級・中級・上級まで空にするのはジェムの無駄なのでやれませんでしたが。

まあ、もともと天井食らうの覚悟でジェムぶっぱしたのですが、消化不良のエイロスに対して、こちらは完全に釣りきり。メレナのほうは550ジェム使いました。

ということで、いまの釣りツールについてわかったことが2つあります。

まず、上級ビンゴはジェムぶっぱしてもクリアできるものではない。なにしろ、魚を入れ替えたところで対象の魚がでるとは限らない(少なくとも私の場合、先週も含め、魚入替を使っても一度たりとも対象の魚が出現したことがなかった)
単に運が悪いだけなのかもしれませんが、確実に出るわけではないので上級は無理してクリアすることはないでしょう。
報酬もメタル招待券以外はありきたりでジェム使ってでも特別欲しいものはないし・・・

もしかしたらビンゴコンプリートがジェムで達成できないようになっているのは、課金でコンプリートをアシストできてしまうとコンプガチャに抵触するからかもしれませんね。

一方未済のサイズの魚については、出現が確定しているときは、「マネーパワーにものを言わせれば100%ありつく」というのが事実です。個人的には「運を金で買う」のは最終手段としてはアリとおもうので、本気でコンプ目指すなら、対象がでてきたらジェムぶっぱするのも一つの選択肢でしょう。

ということで、昨日は釣り尽くしの日になりました。

さて、みちびき周回履歴

総周回数:8568
トルネコ:434 (5.07%)
ミネア :462 (5.39%)
テリー :453 (5.29%)
カンダタ:1413 (16.49%)

先週はミネアに異様に会いました。テンの日も含むし、他人にカードをいれてもらうことも多かったので、ひさしぶりにカード過多の状態に。まあ、それでも徐々に使いきっていくのでしょう。フライングクリスマスイベントで、ボスコインを各5こずつ入手したのもあって消化にしばらく時間かかりそう。

今日はここまで。では、またー

2018年12月14日 (金)

ドラクエの謎考察 その189

こんばんは。

ドラクエの歴史、噂、裏設定などにふれるおはなし 第189回

・ドラクエをプレイする環境の歴史

ドラゴンクエストシリーズは初代1がファミリーコンピュータ用ソフトとしてリリースされ、最新の11はPS4とDSである。

これらドラクエが稼働できる筐体についてふれてみよう。

結構知られていると思うが、ドラクエは新作を開発するにあたって、そのとき最も稼働の多いハードで出す、という方針があるそうだ。そのため、ナンバリングだけ考えても、違うメーカーのハードでドラクエがリリースされる。

ちなみに、各ナンバリングの初代に搭載されたハードは以下の通り

ドラクエ1:FC
ドラクエ2:FC
ドラクエ3:FC
ドラクエ4:FC
ドラクエ5:SFC
ドラクエ6:SFC
ドラクエ7:PS
ドラクエ8:PS2
ドラクエ9:DS
ドラクエ10:Wii
ドラクエ11:3DS、PS4

よく、スクエニのゲームはドラクエが任天堂、FFがソニー(プレステ)と言われていた時代があるが、最近はドラクエにおいてはいろいろなハードでリリースされている。

また、最近はリメイク版含め、スマートフォンでできるようになったシリーズも多い。

ドラクエ1~4の時代はFCだったが、これは選択肢がすでにFC以外なかったので当たり前だが、実は2についてはMSXという廉価版のPCでも出ていた。このMSX版は以前触れたが、危ない水着を装備すると特別な画像が見れるというのがあったり、終盤でFC版ではありえない狂った編成の敵がでることで有名で、中でもあくましんかん×4が有名である。

ドラクエ5で初めてハードウエアを乗り換え、SFC版でのリリースとなったが、ライバルのFFシリーズと比べるとハードの性能をフルに使われていなかった。これは、ドラクエ5も当初はFC版で開発されていたからというのをどこかで聞いたことがある。

SFCの時代はメガドライブやPCエンジンといった競合ハードがあったが、ドラクエはやはり、当時一番利用者の多かったSFC版ででていた。

ドラクエ6が出たころが実はカートリッジソフトが一番高価な時期。ドラクエ6も確か定価が1万円以上だったと記憶している。

ロムカートリッジからCDロムのソフトに移行する時期になり、初めて任天堂ハードが首位から転落し、当時はPS対サターンの様相になっていた。
そしてドラクエはPSで発売されることになりドラクエ7は初の任天堂外のハードウエアでの登場となった。

その後のゲームハードの覇権はソニーのプレステシリーズが優勢で、ドラクエ8もPS2版でリリースされることになった。

一方任天堂ハードはNintendo64やゲームキューブの時代はあまり芳しくなかった反面、携帯ゲーム機のシェアを上げていた。そして据え置き機のゲーム機が斜陽になってきたこともあり、ドラクエ9は以外にもDSで出ることになった。
じつにナンバリングで唯一据え置き機にリリースされていないのがドラクエ9である。

このドラクエ9は旬の時期はまちがいなくドラクエ全体で考えても最も盛り上がったのではなかろうか。すれちがい通信とそれによる要素が大ヒットした。
しかし、ドラクエ9も1年もすぎるとが下火になり、すれちがいも少なくなると一気に人気がさがり、残念ながら、最近は歴代のドラクエシリーズでも最下位近い評価になっている。ある意味仕方ない話だが、すれ違いもwifi通信も現在は機能していないし、セーブデータを1か所しかとれないこともあり、新たにドラクエ9を始めるひとはほとんどいないと思われる。

そして初のオンラインとなった10は、wiiからの登場。ただ、これももう少し評価時期が遅ければPS3になっていた可能性が高かったと言われている。
そしてドラクエ10で初めてPCでできる作品でもあった。よく考えれば、ドラクエ10はwiiに始まり、PC、3DS、Dゲーム版(タブレット)、そしてPS4とSwitch版。多くの媒体でできるようになっている。

11も最初からPS4と3DS版で登場し、同じストーリー内容ながら、PS4、3DSならではのコンテンツが搭載されている。

リメイク版に至っては、スマートフォンで8までができるようになっているほか、各ハードにリメイク版が登場している。

ナンバリング外だとやはりハードごとに適した作品が出ているといるだろう。
モンスターズシリーズは3DS版がメインだし、ヒーローズのようなアクションやグラフィック重視のものはPS4ででている。
RPGともSLGともいえるビルダーズシリーズはPS4とSwithで登場している。
ソシャゲーがスマフォで台頭している現在はドラクエもソシャゲとして、モンスターズライトや星のドラゴンクエスト、ライバルズなどがリリースされている。

ちなみに余談だが、ドラクエ好きな人に「ドラクエ○をどのハードでプレイしたか?」という質問すれば、世代がだいたい一発でバレる(笑)

たとえばドラクエ3なら FC,SFC,ゲームボーイ、DS、wii、スマフォとかなり媒体がある。
天空シリーズ(4~6)でも世代がよくわかる。

今後、登場するドラクエシリーズはどのハードからでるのだろうか。

ということで、今日はここまで。では、またー

2018年12月10日 (月)

<ドラクエ10> Ver4.4に入ってみて

こんばんは。

先週まではリアル超繁忙期のためバージョンアップもしただけで週末にようやくすこしずつ新要素をはじめました。

所感をいくつか。

まず、レベル解放とドルボードの燃料タンクアップクエ、釣りの上限解放。とりあえず解放系のクエストはバージョンアップ後最初にやることになります。

今回もレベル上限解放に高難度のボス戦などはないので楽です。今までと違い、推理形式のような要素があります。詳細はネタバレにつき伏せますが、いやでもネタバレ情報が流れてきてしまうので・・・・なんだかなあ

ドルボクエストもお使い的なやつですが、Ver3のあるクエストに近いことをするので、MAPを下見したほうがいいかも

釣りの上限解放が、おもったよりしんどいです。釣り上げる対象のノコギリエイ・黄は、ノコギリエイと同じ難易度でかなり難しいのですが、それ以上に厄介なのが、ゲーム内で釣り上げる必要があるため、さかなぶくろもいっぱい、レベルもカンストなので、目的のノコギリエイ・黄がかからないことには話にならないこと。ちなみにエイロスは21回投げて2回ヒット(2回目に釣り上げ成功)
問題はサブのメレナのほうだが、新調した釣竿50回分でたったの1回しかかからず(失敗)、2本目で2回目がやっとヒットしようやく釣り上げ(通算63回)
これ、ほんと勘弁してほしい。ノコギリエイ・黄以外は全然距離がないので、30回目くらいからノコギリエイ・黄以外がヒットしたら即「あきらめる」にしていました。

ストーリーは少しだけしか進めていません。例によってネタバレあるので特にここには記載しません。

今回結構おおっと思わせるのが、王家のベルトの封印数の解放がありました。さらに5個封印できるので、組み合わせについては結構欲しいものがでる確率は上がるものとおもわれます。が、やはり、輝石ベルトも戦神ベルトも一番肝なのは最大値がでるかどうかなので、こちらはやはりいまだ運要素大。そうするとやはり、天箱が欲しいところですね。
なお、当たり前ですが、封印の砂を溜めていない人は、今から急に増やそうとしてもできるものではありません。なので、最速で封印を増やしたい人は、ツール王家を回して輝石ではなくジェムを使って輝きの追加効果を得てできるだけ多くうしつよの箱をとって輝石を貯めるのがベストになってしまいます。(輝石はGでは買えず、プレチケを使わないかぎり週15増加しかないので)

邪神の宮殿は新しい獄が追加になったようで階段が増えていますが、内容は不明。第5の獄とおもわれますが、12月10日の邪神更新の際はまだ解放されていないようです。
これ、いつオープンするのだろうか。
なお、Ver4.4に入ってから鬼石を使って+4ベルト作ると、効果の余白がなぜか1行増えています。まさかとはおもいますが、+5ベルトが導入されるのでしょうか。新しい獄はベルト報酬ではなく、もしかするとこの+5用の新しい鬼石のようなものでも追加される可能性があります。

コインボスの報酬が見直され、Ver4.3で追加になった以外のプチも最低破片2になり、最新以外の並コインボスも最低破片2になりました。とはいっても、劇的に現物率が並のほうが有利なわけでなく、残念ながら、プチのほうが優遇されている状態はかわらないようです。
また、プチSキラーマシンが追加されました。ミネアにSキラーマシンもらったらさっそくやってみたいと思います。

バトルルネッサンスにVer2.0の分が追加になりました。当然ながらVer2.0のは「強い」までなら楽勝です。
おそらくこれで、Ver3.0までのボスを「強い」で倒すだけでスキルブック2個目に到達できると思いますので、バトルルネッサンスが受託できるところまでストーリーすすめたら、スキルブック制覇はほぼ確実に可能になりました。(Ver4.4まではVer3.2の一部までは強いで倒さないとたどりつけませんでした)

新武器追加と新防衛軍追加です。当然新武器を交換できます。が、今回、遊び人の職戦歴が追加されたことと、新防衛軍ボスがかなり強いので、野良だと防衛率が非常に低くなって難易度がかなり高いとのこと

宝珠のUIが今までと全く異なり、とまどう。慣れればなんとかなるのかとも思うが、提案広場に相当数のクレームじみた宝珠の改悪を修正しろという提案がでまくっていることから、かなり不評のようです。

バトルロードの装備品が2ページ目ができて50個に増えました。これは大変ありがたい。これで、バトルメンバー全員フル装備が可能になりました。
バトルロードのイベントも予定されているみたいなので、ここにきてバッジ集めを再開したいです。

職人の納品依頼の対象ががらりと変わりました。赤字でスルー確定にせざるを得ない題目が減りましたが、同時においしい依頼もなくなってしまっているものあるのでなんともいえません。
なお、錬金の赤依頼はだいせいこうが条件ではなくなりました。その分、報酬も抑え気味になっており、赤依頼をツールで納品していたひとは若干旨みが減ったかも。

1回の戦闘で入る経験値が299999になりました。今回、メタルペアチケやメタキンやって実感できました。これは結構いい変更です。特にチケットのほうは、ボス戦闘で確実に20万オーバーするので恩恵大です。
ちなみに、モコモコパーク(ドロシーの近く)に魔物管理人が登場し、Ver4.4からモンスターを出さなくても転生ができるようになりました。メタキン持ち寄りなどでは時短になるので、これは嬉しい。

バトルトリニティはまだやっていませんが、どうやらコロシアムではないが、3チームでのPVPになるようですが、例によってチーム連携が重要になるため、いわゆる固定PTが野良PTをカモにして稼ぐ固定が圧倒的有利の情報がはやくも流れています。私の場合は、優先順位低いので当面やる予定はないです。

アストルティアくじ
ゲーム内のジャンボ宝くじ。今回は特等が8億Gになっています。とりあえず、いつも通り購入しました。

ツートンカラーの髪型や猫のついてくんもみかけました。

とりあえず、本日時点で確認できたことをかいています。まだまだ新要素があるはずなので、少しづつ進めていきますか。

さて、最後に3週ぶりの導き履歴更新になります。

総周回数:8504
トルネコ:430 (5.06%)
ミネア :453 (5.33%)
テリー :449 (5.28%)
カンダタ:1406 (16.53%)

だいたいいつもは1週間で80周くらいの進捗でしたが、この3週間では100周くらいとあきらかに進捗が低い状態。ようやくリアルがおちついてきたので、普通のペースに戻る見込みです。
1万周達成は来年の3~4月くらいでしょうか。

今日はここまで。では、またー

2018年12月 7日 (金)

ドラクエの謎考察 その188

11月末がリアル超繁忙期で、1週間以上あいてしまいました。
失礼

・よく考えると結構あれ?と思えるネーミングのモンスター

ドラクエのモンスターの名前は由来があるものもあれば、テキトーに語感でつけたもの、さらに時勢ネタ的に思いつきでつけられたようなものがある。

今日は、ドラクエのモンスターの中でもよく考えてみるとおや?と思うものを挙げてみる。

■ダックスビル

これ、どう区切って呼べばよいのか。ダック・スビルなのか、ダックス・ビルなのか。
前者だと「スビル」ってなに?である。後者だと無理やりこじつければ「あひるのくちばし」ともとれる。多分後者なのか。単純にカタカナ文字で出されるとわからない

■ヘルジェラシック

ドラクエ10の記事で書いたが、ジェラシックは恐竜のことではなく、恐竜がいたジュラ紀のこと。直訳するなら地獄のジュラ紀(の生き物)ということになる。
意外と勘違いしやすい名前である。

■グレイトライドン

これも、区切りが一瞬わからない。ただし、作品によってグレイトとグレートと名前がかわるので、偉大なを意味するGREATであろう。ライドンは乗り物などにのっている状態を指す言葉なので、姿からは馬に乗った騎士のような意味合いになるのだろうか。
ライドンという地名があったりするので違う意味にもとれなくはないが、普通に考えていいだろう。

■スロットマジーン

ドラクエ11から登場したスロットマシンの姿をしたモンスター。
間違いなく「スロット+魔人」が名前の由来だろう。
ドラクエ11のディレクターがパチスロ好きなためからか、PS4版のマジックスロットがリアルのパチスロと遜色ない出来であったのだが、スロットのモンスターも明らかにパチスロがネーミング元になっている。
クレイジーボーナス・・・・パチスロの大当たりのことをボーナスという
ミリオンゼニー・・・・パチスロ打っている人なら「ミリオン~」といえば。多分由来はこれ

■ソードイド

これの名前からいくつかの解釈が考えられる
sword-roid (剣をもったアンドロイド?)
sword-ed      (剣を装備した者?)
sword-blade (剣・刃?)

厳密に判断するのは難しい。

■ドラゴンフライ

英語でdragon flyというとトンボのことである。
しかし、ドラクエにでてくるのは炎をはくドラゴンのようなフライ(蠅)なのである。
初期のドラクエはウィザードリィやウルティマをモデルにしているようなモンスターがいくつかあり、やはり、ウィザードリィで炎を吐くドラゴンフライが存在している

■シュプリンガー

名前の由来がわからなそうだが、これはれっきとしたドイツ語で騎士のこと。
語圏の違いで同じ意味でも違う呼び方されているモンスターは存在しているのは事実。
ドイツ語のつづりのモンスターとして他にシュバルツシルトなどがいる。

■メランザーナ

これも英語ではない語圏の呼び方。
パスタ料理にメランザーネというのがあるが、まさにそれであり、意味はそのまんま「ナス」
つまり、ナスビナーラとメランザーナはほとんど同じ言葉ということに。

■アルミラージ

アルミニウム・大という意味ではない。
アル・ミラージュというモンスターが由来。こちら角をもったウサギのモンスターである。

■バベルボブル

ドラクエ8に出てくるこの系統のモンスター「バベルボブル」「モビルフォース」「グレートジンガー」
これはものすごく由来がわかりやすい。というより、間違った呼び方をしていた人が多かった。

すなわち、「バブルボブル」「モビルスーツ」「グレートマジンガー」・・・・・・

■エビルプリースト

ドラクエ4の裏ラスボスであるコイツはなぜ、固有名詞ではなく、一般名詞なのである。
直訳すれば「悪の僧侶」

FC版の時代にすでに裏ラスボスとして予定されていたが、ボツになり、リメイク版にて実現したのだが、これ、最初から裏ボスとしていたのなら、間違いなく「固有名詞」があったはずだ。その名前はなんだったのだろうか。リメイク版で日の目を見ない、その名前は製作者の関係者のみが知るものであろう。

■オークLV20 キメーラLV35

唯一レベル表記されているモンスター
ボスモンスターであるが固有名詞ではない。何故にLV表記なのか。

よくよく考えてみるとなんでここだけLV表記されているのか考えるほどにわからなくなる。

今日はここまで。では、またー

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »