« <ドラクエ10> オールキングフェスに乗っかってみた | トップページ | <ドラクエ10> クリスマスイベントとバトルロード協力バトル »

2018年12月21日 (金)

ドラクエの謎考察 その190

こんばんは。

ドラクエの謎、裏設定、噂に触れるお話し 第190回

・パルプンテの歴史

ドラゴンクエスト2から登場した「何が起こるかわからない」呪文。

7までは普通にあったが、何故か8と9ではなくなった。

10では錬金する際にやはりなにがおこるかわからなくなる効果をパルプンテと呼んだ。そして最近実装された遊び人が使える必殺技となっている。効果は往年の呪文の効果に近く、ランダムな効果があるが、なにもおきないハズレもある。

最初のドラクエ2で登場したときは、ステータス異常系の効果は普通に効く・効かないの判定があるので単に効果範囲が増えただけ、程度であまりインパクトのある効果がなかった。しかし、「とてつもなくおそろしいもの」を呼び出すと、敵が逃げ出し、勝利の扱いになる。
なんと、ボスも例外ではない(ラスボスのシドーだけはさすがに効かない)

ドラクエ3からは敵味方無差別に無効化もできない状態異常効果が出たり、敵味方全快になったり経験値が2倍になったり、といった効果がある。

パルプンテの中で有名な効果をいくつか挙げてみる

・力がみなぎる効果
 いわゆる会心モード。すべての攻撃がかいしんのいちげきになる。メタル軍団相手に出たらボーナスゲーム。
一方、ドラクエ5など敵が出すこともあり当然痛恨ラッシュになりとんでもないことになる。

・パルプンテパルプンテパルプンテ・・・むなしくこだまする
 パルプンテでなにも発生しないハズレ効果。作によっては「どこかで何かが壊れる音がした」というのもある。

・とてつもなく恐ろしいものを呼び出してしまった
 敵が全員逃げだし、味方は全員気絶して戦闘が強制的に終了する。
敵のパルプンテでこの効果が出ると、敵が気絶し、こちらは強制的に逃走する。

・敵がメタルスライムになる
 なぜか知らないが、突然敵がメタルスライムになってしまう。
なお、敵のパルプンテで味方がメタルスライムになることはない。
はぐれメタルやメタルキング相手に出るとメタルスライムにダウングレードしてしまう・・・

・敵味方無差別に寝る・混乱する・幻に包まれる・しびれて動かなくなる
 3以降のパルプンテは耐性があっても防ぐことができない。どちらが先に自然回復するかで天国と地獄に分かれる。
なお、全員麻痺になると全滅するSFC版5では、馬車の入れない洞窟でパルプンテを唱えるのは自殺行為に近い。また、敵のパルプンテで全員麻痺効果で全滅することもある。

・敵味方全快する
 HPやMPが全快する。実質戦闘の仕切り直し。死人も復活する場合もある

とまあ、いろいろな効果があるが、特定の作品にしか登場しない特殊なものも

・ルーラで飛ばされる
 勝手にルーラが発動し、どこかに飛ばされ戦闘終了。なお、洞窟内だと天井に頭をぶつけてなにも起きない。

・時間が止まる
 突然BGMが停止し、パルプンテかけた本人だけ3ターン好きに行動できる。
 (味方だけが行動できるシリーズもある)

・流星が降り注ぐ
 天空シリーズで発生し、敵味方HPが1になってしまう。これによりメタル軍団に逆に皆殺しにされることもある(笑)
ドラクエ10でも発生するが、こちらは味方はその効果をうけない代わりに大ダメージを与えられるが敵のHPを1にするような効果はない。

・隼のように素早く行動できるようになった
 1ターンに2回同じ行動ができる。これにより、種や木の実を1個しか持っていない時に使うと1つ使ったのに2回分使えるという裏ワザがある。

さて、パルプンテの使い手だが、実に特定職が使えるとかいうきまりがないことをご存じだろうか。

ドラクエ2はムーンブルクの王女が覚える
ドラクエ3では魔法使いの呪文として覚える
ドラクエ4では勇者がのみ使える
ドラクエ5は主人公がベネットから教えてもらい使えるようになる
ドラクエ6は遊び人をマスターすると覚える
ドラクエ7はモンスター職まじんブドゥで覚える
ドラクエ10は遊び人の必殺技
ドラクエ11ではDS版である敵のみが唱える(が、うまく発動しないので効果なし)

と、ものの見事に使い手が異なる。

ドラクエ10では、戦闘時の効果ではなく、錬金効果にパルプンテというのがある。
これは、つけようとした錬金効果と異なる効果がランダムについたり、全て同じ効果で埋め尽くしたり、パルプンテでしかつかない特殊な効果がついたりする。

狙って出せるものではなく、一部の効果はレアもののため、特定のパルプンテ効果がつくととんでもなく高く売れるようなものもある。それが故、ドラクエ10の職人でも、ランプとツボはギャンブラー要素が高い職人となる。特定のコンテンツで絶大な効果をもつ効果があったりするととんでもない値段がつくことも。
ダークキングが実装されたころの毒ガード錬金(パルプンテでしかつかない)がつくと、納品依頼でパルって皮のズボンの中級錬金ですら数十万で売れた時期があるし、ユニクロ装備以上の★3装備に上級毒ガードがつこうものなら100万オーバーですぐに売れたりした。

今後もパルプンテはでつづけるのだろうか。

今日はここまで。では、またー

« <ドラクエ10> オールキングフェスに乗っかってみた | トップページ | <ドラクエ10> クリスマスイベントとバトルロード協力バトル »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエの謎考察 その190:

« <ドラクエ10> オールキングフェスに乗っかってみた | トップページ | <ドラクエ10> クリスマスイベントとバトルロード協力バトル »