« <ドラクエ10> Ver4.4に入ってみて | トップページ | <ドラクエ10> オールキングフェスに乗っかってみた »

2018年12月14日 (金)

ドラクエの謎考察 その189

こんばんは。

ドラクエの歴史、噂、裏設定などにふれるおはなし 第189回

・ドラクエをプレイする環境の歴史

ドラゴンクエストシリーズは初代1がファミリーコンピュータ用ソフトとしてリリースされ、最新の11はPS4とDSである。

これらドラクエが稼働できる筐体についてふれてみよう。

結構知られていると思うが、ドラクエは新作を開発するにあたって、そのとき最も稼働の多いハードで出す、という方針があるそうだ。そのため、ナンバリングだけ考えても、違うメーカーのハードでドラクエがリリースされる。

ちなみに、各ナンバリングの初代に搭載されたハードは以下の通り

ドラクエ1:FC
ドラクエ2:FC
ドラクエ3:FC
ドラクエ4:FC
ドラクエ5:SFC
ドラクエ6:SFC
ドラクエ7:PS
ドラクエ8:PS2
ドラクエ9:DS
ドラクエ10:Wii
ドラクエ11:3DS、PS4

よく、スクエニのゲームはドラクエが任天堂、FFがソニー(プレステ)と言われていた時代があるが、最近はドラクエにおいてはいろいろなハードでリリースされている。

また、最近はリメイク版含め、スマートフォンでできるようになったシリーズも多い。

ドラクエ1~4の時代はFCだったが、これは選択肢がすでにFC以外なかったので当たり前だが、実は2についてはMSXという廉価版のPCでも出ていた。このMSX版は以前触れたが、危ない水着を装備すると特別な画像が見れるというのがあったり、終盤でFC版ではありえない狂った編成の敵がでることで有名で、中でもあくましんかん×4が有名である。

ドラクエ5で初めてハードウエアを乗り換え、SFC版でのリリースとなったが、ライバルのFFシリーズと比べるとハードの性能をフルに使われていなかった。これは、ドラクエ5も当初はFC版で開発されていたからというのをどこかで聞いたことがある。

SFCの時代はメガドライブやPCエンジンといった競合ハードがあったが、ドラクエはやはり、当時一番利用者の多かったSFC版ででていた。

ドラクエ6が出たころが実はカートリッジソフトが一番高価な時期。ドラクエ6も確か定価が1万円以上だったと記憶している。

ロムカートリッジからCDロムのソフトに移行する時期になり、初めて任天堂ハードが首位から転落し、当時はPS対サターンの様相になっていた。
そしてドラクエはPSで発売されることになりドラクエ7は初の任天堂外のハードウエアでの登場となった。

その後のゲームハードの覇権はソニーのプレステシリーズが優勢で、ドラクエ8もPS2版でリリースされることになった。

一方任天堂ハードはNintendo64やゲームキューブの時代はあまり芳しくなかった反面、携帯ゲーム機のシェアを上げていた。そして据え置き機のゲーム機が斜陽になってきたこともあり、ドラクエ9は以外にもDSで出ることになった。
じつにナンバリングで唯一据え置き機にリリースされていないのがドラクエ9である。

このドラクエ9は旬の時期はまちがいなくドラクエ全体で考えても最も盛り上がったのではなかろうか。すれちがい通信とそれによる要素が大ヒットした。
しかし、ドラクエ9も1年もすぎるとが下火になり、すれちがいも少なくなると一気に人気がさがり、残念ながら、最近は歴代のドラクエシリーズでも最下位近い評価になっている。ある意味仕方ない話だが、すれ違いもwifi通信も現在は機能していないし、セーブデータを1か所しかとれないこともあり、新たにドラクエ9を始めるひとはほとんどいないと思われる。

そして初のオンラインとなった10は、wiiからの登場。ただ、これももう少し評価時期が遅ければPS3になっていた可能性が高かったと言われている。
そしてドラクエ10で初めてPCでできる作品でもあった。よく考えれば、ドラクエ10はwiiに始まり、PC、3DS、Dゲーム版(タブレット)、そしてPS4とSwitch版。多くの媒体でできるようになっている。

11も最初からPS4と3DS版で登場し、同じストーリー内容ながら、PS4、3DSならではのコンテンツが搭載されている。

リメイク版に至っては、スマートフォンで8までができるようになっているほか、各ハードにリメイク版が登場している。

ナンバリング外だとやはりハードごとに適した作品が出ているといるだろう。
モンスターズシリーズは3DS版がメインだし、ヒーローズのようなアクションやグラフィック重視のものはPS4ででている。
RPGともSLGともいえるビルダーズシリーズはPS4とSwithで登場している。
ソシャゲーがスマフォで台頭している現在はドラクエもソシャゲとして、モンスターズライトや星のドラゴンクエスト、ライバルズなどがリリースされている。

ちなみに余談だが、ドラクエ好きな人に「ドラクエ○をどのハードでプレイしたか?」という質問すれば、世代がだいたい一発でバレる(笑)

たとえばドラクエ3なら FC,SFC,ゲームボーイ、DS、wii、スマフォとかなり媒体がある。
天空シリーズ(4~6)でも世代がよくわかる。

今後、登場するドラクエシリーズはどのハードからでるのだろうか。

ということで、今日はここまで。では、またー

« <ドラクエ10> Ver4.4に入ってみて | トップページ | <ドラクエ10> オールキングフェスに乗っかってみた »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエの謎考察 その189:

« <ドラクエ10> Ver4.4に入ってみて | トップページ | <ドラクエ10> オールキングフェスに乗っかってみた »