« <ドラクエ10> イースターイベント | トップページ | <ドラクエ10> 新聖守護者ジェルザーク等 »

2019年4月18日 (木)

ドラクエの謎考察 その206

こんばんは。

ドラクエのいろいろもろもろを語るお話し 第206回

・ドラクエとその他のRPGのドラゴン

ドラゴンクエストは書いて文字そのもの「ドラゴン」クエストである。
この「ドラゴン」というモンスターは古今東西伝説の空想上の生き物として神話など多くが世界中に存在している。
というわけで、RPGの登場モンスターとしては当然ながらとても有名な存在で、ドラゴンが出てこないファンタジーRPGはほとんどない。

ドラゴンは当然ながら、強力な存在とされており、巨体で空を飛び、口から炎などのブレス攻撃をしてくる。
ラスボスやそれに準じた強さの設定になっているゲームが多く、ボスキャラになることも多い。

モンスターとして登場するドラゴンは、ゲームの進行としては中盤以降に相対することが多く、強敵である。
ボスとして登場する場合は当然ながらその強力なブレス攻撃でプレイヤーを苦しめる。

ドラゴンクエストも1作目はラスボスが竜王でもちろんドラゴン。途中のローラ姫を救助するときに待ち構えているボスもドラゴン。
タイトル通りドラゴンをクエストする内容であった。

2作目以降もドラゴンは登場する。が、ボスとしてのドラゴンが登場する作品は減ってしまった。
ドラクエ5でモンスターを仲間にできるようになり、再びドラゴンの存在価値がでてくる。
ドラクエ5でもドラゴン系モンスターはいくつか仲間になり、グレイトドラゴンなどにはお世話になった方もおおいのでは。

ドラクエのドラゴンはいわゆるヨーロッパの伝承のドラゴンが典型と思われるが、3のスカイドラゴンのように東洋の龍、そして初代1の
ドラゴンは羽はなく空を飛べないドラゴン。恐竜に近い外観で炎を吐くモンスター。
というわけで、単純に「ドラゴン」といっても、姿かたちは異なるし、特技も異なる。

ドラクエを含め多くのRPGに登場するドラゴンは属性が設定されていて、色などで判断できるものもある。

レッドドラゴンは炎を吐くし、ブラックドラゴンは闇のブレスをするといった感じだ。
ドラクエでも上記のように色の名前のついたドラゴンはいるし、スノードラゴンとか吐いてくるブレスの属性がわかりやすいものもある。

そんなドラゴン系の敵の十八番はなんといってもドラゴンブレス。
ドラゴンブレスは敵の技のなかでもほとんどのゲームで非常に強力な効果があるものが多い。

ドラクエでもブレスの威力が3~4段階にわかれて強力になっていくが、だいたいゲーム進行とともに受けるブレスのダメージは通常攻撃のダメージを凌ぐ場合が多い。

一部の作品だと、ドラゴンじゃないけど集団で現れて一斉にブレス攻撃されるとあっという間に壊滅させられることもあり、トラウマになることも。

ドラクエ2のドラゴンフライとかドラゴンとか
リメイクドラクエ5の炎の戦士とか
ドラクエ6の裏ダンジョンのデススタッフの大群とか・・・

また、ドラゴンは時折「神」として登場することもある。
ファイナルファンタジーシリーズでも幻獣だったり、竜神だったりと神に近い存在はあるし、神としてドラゴンが登場するゲームも多い。

ドラクエでも神としてドラゴンが登場することもある。
天空シリーズのマスタードラゴンがこれに当たるし、ドラクエ9のグレイナルもそうであろう。
ドラクエ10のVer3のラスボスのナドラガも竜の神。もちろん、敵方であるから邪神となっている。
リメイクドラクエ3で裏ボスとして戦えるアレも神としてのドラゴンの存在であろう。
まあ、あれはドラゴンボールの影響を受けているといわれても仕方ない存在ではあるが。

ドラクエは「ドラゴン」という名を冠しているので、今後もドラゴンが重要な存在であることは間違いないであろう。

ドラクエ8やドラクエ11などでは勇者とドラゴンというキーワードでなんらかの関わりがあるようなものがある。
これについてはまた、別の考察で。

今日はここまで。では、またー

« <ドラクエ10> イースターイベント | トップページ | <ドラクエ10> 新聖守護者ジェルザーク等 »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« <ドラクエ10> イースターイベント | トップページ | <ドラクエ10> 新聖守護者ジェルザーク等 »