« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月30日 (木)

<ドラクエ10> 導き周回10000回達成!!

こんばんは

2016年4月21日の1周目から周回検証をすること約3年1か月。
2019年5月29日についに10000周を達成しました!

 

10000周を達成した時点での経過記録が、以下の通り

総周回数:10000
トルネコ:513 (5.13%)
ミネア :527 (5.27%)
テリー :521 (5.21%)
カンダタ:1683 (16.83%)

内訳が
◆エイロス
周回数:4895
トルネコ:254
ミネア :244
テリー :265
カンダタ:790

◆メレナ
周回数:5105
トルネコ:259
ミネア :283
テリー :256
カンダタ:893

レベル1でゼロ回しする割合が多いメレナの方が、サンプル数でわずかに多くなっています。
導かれ率はミネアとカンダタはメレナの方が高く、テリーはエイロスの方が高いですが、それほど大きな偏りはありません。

 

サンプルが1万たまったので、はっきり言えますが、トルミネテリー確率は5%よりかはわずかに高いと確信します。

ちなみに、香水あり時のみちびかれる確率を推測しているサイトは他にもあります。
ただ、サンプルが多くても3000回程度です。
なので、経過も踏まえた10000回という実績からの検証と考察を、今回以降数回わたって記事として書きますので、興味があったらご参考にどうぞ。

先々週100周きったくらいだったので、本来今週末(6/1あたり)で達成予定でした。
10000周達成イベントを身内でプレイヤーイベント告知するつもりでしたが、達成直前の先週がリアル突然忙しくなったうえ、告知する期間も短すぎて無理そうだったので、野良迷宮でのゲリライベにしてしまいました。

5/29の野良迷宮、10000周達成時に、その場でオートマメンバーで組んだメンバーにゲリライベ告知。
変なものぶっこんでお祝いじゃあと、(一応、普通ではいれない変なモノいれていいかきいたら、OK返答あり)
Vロン強、メタキン×2、ゴルスラを入れて派手に戦いました。

隠し部屋には入れてないはずなのに、笑い袋とメタスラがメタキン、ゴルスラにまじっていたりという展開。
また、区切りの10000周目だから、何か出ろと念じたら、カンダタでしたがちゃんと出てくれました。

Vロン強は野良さんとやって無事討伐成功。

というわけでゲリライベントは幕を閉じました。

さて、10000周という区切りもあり、導き周回今後続けるかどうかについて。
まだ続けます。少なくとも、低レベルにとどめている一職以外がカンストするまでは続けようかなあと考えています。

とはいっても、仮に次回目標を20000周に設定したとして、3年以上先なのでそこまで続けられないかな。

 

今日はここまで。では、また~

2019年5月21日 (火)

<ドラクエ10> 導き1万周まであとわずか。導かれし者の確率の考察

こんばんは。

2016年4月に開始して3年たちますが、いよいよ導き周回履歴が10000周に到達する見込みです。

今日は、今時点での履歴を先に記載します。
5/20日までの履歴

総周回数:9909
トルネコ:508 (5.13%)
ミネア :522 (5.27%)
テリー :520 (5.25%)
カンダタ:1664 (16.79%)

残り100周を切りました。

10000周達成は今週末は難しいと思われおそらく来週になると思います。
10000周達成時のマイイベントみたいのをやるかもしれないので、あえて来週末に合わせて周回数を調整するかも。

トルミネテリーの出現率も最近は安定していて、5%よりほんのわずか多い値を直近1年さしています。
おそらく、実際の確率も5%より少し高めな値かもしれません。

ただし、もともと導きの香水なしのデフォルト確率が存在しています。その確率は1/128とか1/256といわれています。

ここで、他の香水類の倍率を振り返ってみます。
※ここで記載するのは、一般的にいわれているもの、自分の体感値からの予測値
公式に確率は発表はされていませんので、目安程度と考えて下さい。

きせきの香水: 転生モンスター出現率  1/256 → 10/256
メタルな香水: メタルモンスター出現率 4/256  → 10/256
                   メタルは香水なしでもそこそこ出るが、香水ありでも20回に1回も出ない気が・・・
オーブの香水: 強ボスのオーブ出現率 1/4  →  1/1 (100%)
宝珠の香水:  宝珠出現率 1/128~16/128  → 15/128~30/128  
                   宝珠の香水のみ、宝珠効果が確率に足し算で足されると公式に回答あった。
          そのため、もともと出現率が低いものほど確率アップするといえる。

カジノな香水: カジノ内キラキラの取得枚数が2倍

そしてみちびきの香水。
なんとなく、トルネコ、ミネア、テリーが各 4/512→27/512
       カンダタが 0/512→85/512
ではないかと思う。こちらも出現率が掛け算ではなく足し算になっている気がする。
なぜなら、カンダタは香水使わないと0%なので。

母数は256だと思ったのですが、13/256だと少なすぎ、14/256だと多すぎなので・・・・

というか、きせきやメタルの香水も足し算ではないだろうか。 まあ、憶測の域ではあるが。

ただし、導きの香水のこの予測値はほぼ10000周の周回結果から算出したもの。個人的にはかなり
実測値に近いと思います。

 

導き10000周を達成したら、この検証結果のデータからいろいろな角度で導きや魔法の迷宮の野良事情などを
検証してみたいと思います。

今日はここまで。では、またー

 

2019年5月16日 (木)

ドラクエの謎考察 その210

こんばんは。

ドラクエの歴史、設定、噂などを振り返ってみるおはなし 210回

・ドラクエナンバリングの登場と、そのリリース間隔を考えてみる

ドラクエのナンバリングは、以下の通りリリースされてきた

ドラゴンクエスト1 : 1986年5月
ドラゴンクエスト2 : 1987年1月
ドラゴンクエスト3 : 1988年2月
ドラゴンクエスト4 : 1990年2月
ドラゴンクエスト5 : 1992年9月
ドラゴンクエスト6 : 1995年12月
ドラゴンクエスト7 : 2000年8月
ドラゴンクエスト8 : 2004年11月
ドラゴンクエスト9 : 2009年9月
ドラゴンクエスト10: 2012年8月
ドラゴンクエスト11: 2017年7月

各ナンバリング間の期間だが、いまでは考えられない話だが、ロトシリーズの1~3は1年くらいで次の作品がリリースされている。

天空シリーズが2年くらいの間隔でリリースされたが、それ以降は4~5年間隔である。

なお、間隔が長くあいてリリースされた7や9はリリース直前で発売延期になり、内容仕様がかなり変更になったとされる。

開発規模も開発費用も初期のころのものとは比べられないほど大きくなっていることもあるが、1年で新作がリリースされた初期は信じられない開発速度ともいえる。

ドラクエ10だけはオンラインなので、その中でアップデートを伴い、バージョンが2019年5月時点で4まである。
もともとドラクエ10は10年は最低でもサービスを続けるらしいので、少なくともドラクエ12が登場するころにはまだあるだろう。
オンラインは最終的にはサービス終了になってしまうから、その後はナンバリングとしては存在が欠番になる。
(オフライン化したものを別に出してくる可能性もありえるが)

7以降はだいたい4~5年で落ち着いているので、おそらくドラクエ12がリリースされるのは2021~2022年頃と思われる。

ただし、ドラクエはナンバリング以外のシリーズも出ている。ハードも複数に対応しており、PCやスマホでもできるものがある。
ゲームをやる媒体としてスマホのウエイトが明らかに上がってきている昨今ではスマホでリリースされるドラクエタイトルもかなり多い。

ドラゴンクエストシリーズのナンバリングは「最も利用者の多いハードで出す」というのが、ドラクエ10までの傾向だった。
ゲームハードが多用化したのか、11は初めて全く異なるゲームハードでの同時発売となった。

ドラクエ12はもしかするとスマホやPCでもプレイ可能なものとして発売される可能性もあるのではなかろうか。
すでに12の開発は入っているものと思うが、ハードも確定しているはずである。
ゲーム機だとPS4とスイッチ、3DSあたりと思われるが、スマホとPCも視野にいれて開発中なのかもしれない。

ドラクエも1986年初代が発売されてから今年で33年。
これからも4~5年周期でリリースされることでしょう。

そして、ナンバリングタイトルはいくつまで続くのだろうか。

この4~5年間隔でいくと、2027年頃にドラクエ13が、2036年ごろにドラクエ15がリリースされるペース
ドラクエ20は2059年頃になりそうだが、その頃はもう私が生きていないかもしれない(笑)

 

今日はここまで。では、また~

 

 

2019年5月14日 (火)

<ドラクエ10> イセエビグランプリ

こんばんは。

フィッシングコンテスト PART4 としてイセエビグランプリが開催されています。

例によって、専用の釣り道具でひたすら大物(と超小物)を釣るものになっています。
今回は小さいサイズにも順位があり、どちらも上位200位に賞品が出ます。

とはいっても、このイベント、「1%の才能と2%の努力、3%の臆病さと残る94%は運だろうな」が本質。
残念ながら、時間と労力をかけた結果報われないことになる可能性も大です。

ので、基本的には、個人報酬をとったら終わりのイベントでしょう。

ただし、前回も書きましたが、このイベントほど、初期の釣りレベルを上げるのに適したものはありません。

なんといっても、釣れる魚は決まっているうえ、レベル1でも十分釣ることが可能です。
そこそこのおさかなコインも溜まるし黄金のエモノをとらえれば2000コイン以上になります。
専用の釣り道具はタダで何回ももらえます。
ちょっとでもレベルの高い魚がかかるとほぼつれないことが多く、普通にやるとなかなかレベルが上がらない初中級をこのイベントで一気にあげられるチャンスです。

ちなみに前回まではリアル魚ギフトが上位報酬でしたが、今回はなぜか食品サンプルに開発のサイン色紙となってます。
この賞品について、他のブログや提案広場が荒れています。たしかに、この賞品設定はなんだかなあ、という感想。

ファラオ、フィッシングコンテストとイベントはつづきましたが、メインとなるバージョンアップの情報がほとんどないです。
特にVer5の情報が全く出てこないのが非常に気になります。いくらなんでもそろそろでてこないとおかしい時期では?

また、Ver4.5前期でVer4がいったん終わったようですが、少なくとも、一部のキャラのその後はなくてはならないものでは。
ネタバレになってしまうので深くは書けないが、Ver4.5の最後は見方によってはバッドエンドとも捉えられる。

 

さて、最後に導き履歴結果

総周回数:9849
トルネコ:504 (5.12%)
ミネア :518 (5.26%)
テリー :517 (5.25%)
カンダタ:1650 (16.75%)

テンの日をはさんでいるため、先週は周回数が多い。
そして先日1年ぶりの通常迷宮もまわりました。(ボス投入断られたのは9849回中これで3回目)

1000周達成まであと150周ほど。早ければ再来週あたりで達成するでしょう。
10000周達成したら、積み重なったデータをもとにいろいろな考察を数回に分けてかいていきます。

今日はここまで。では、またー

 

 

2019年5月10日 (金)

ドラクエの謎考察 その209

こんばんは。

ドラクエのいろんなことにツッこむお話し PART209

・ドラクエで何度も登場するモンスターについて考えてみる

ドラゴンクエストシリーズにはナンバリングはもとより、外伝シリーズを含むと1000種類を超えるモンスターが登場する。
それらのモンスターだが、当然ながら、誰でも知っているメジャーなものから1回しか出ていないモンスターもいる。

リメイク版が出た際に追加されたり、最近だとモンスターズや星ドラなどのソシャゲで再登場しているものもある。

では、これらのモンスターを考えてみよう。

まず、ナンバリング(2019年5月現在1~11)で皆勤モンスターはたった2種類しかいないことをご存じだろうか。
一体目は、ドラクエを代表するマスコットモンスターなので説明する必要もないが「スライム」である。
2つ目はなんでしょうか。なんと「メタルスライム」である。

ちなみに、説明する必要ない、有名なドラクエモンスターを以下列挙するが、これらは1~11全てには登場していない

◆ドラキー
  初代1から登場しているが、実は3、4、6、7と登場していない作品が多いことはあまり知られていない。
  7はリメイク版の石版ダンジョンで登場するようになっている。
  仲間になる5や10では仲間になるので、ドラクエのモンスターとしての存在感はある。

◆キメラ
  これもドラクエとしては初代からいる知名度の高いモンスターだが、2,4,6には存在しない。
  ただし、6はキメラの読み方が訛って若干姿が異なるキメイラがいる(別の種族かもしれないが)
  こちらも5や10で仲間になる。
  
◆ゴーレム
  これも、初代から登場している上、最近作は全て登場しているため登場数多いかとおもわれる。
  しかし、2~4と6には登場しない。しかも、1と7はボスとしての登場である。
  これも5,10とも仲間モンスターである。

◆ホイミスライム
  これは、皆勤のスライムとメタルスライムに次いで多い、2以降の全てに登場する。
  モンスターとしての知名度も高く、4や10等では重要なキャラクターとして登場することも。
  仲間モンスターになる作品では、6も含めた全作品で仲間にできる。  

◆ばくだんいわ
  ミスターメガンテとして有名なコイツだが、初登場は3。以降、全作品で登場する。
  仲間としての登用方法に問題があるのか、5では仲間になるが、6や10では仲間にならない。
  NPCとして登場する作品もあり、モンスターの知名度としてはかなり高い。

◆はぐれメタル
  2以降の全作品に登場し、全作品でプレイヤーの経験値稼ぎのお世話になったモンスターの代表。
  5や6では仲間にすることができ、属性攻撃や状態異常をシャットアウトする脅威の性能をもつ。
  (もっとも、HPが極端に低いので普通に物理攻撃されるとあっけなくやられてしまうが)
  ドラクエに登場するモンスターの中でも特に人気が高いので、1以外全て登場するのも納得がいく。

◆スライムベス
  本来なら序盤の弱い敵として登場するものだが、場違いな強さのところに出たりするので有名なモンスター
  最序盤で出るのは1,4,9くらい。3のように終盤で登場するのもいる。
  ほとんど皆勤と思われがちだが、2と5では登場しない。

◆キラーマシン
  最新に近い作品はほとんど登場しているが、実は1,3,4,6,7には登場していないため、登場作品半分ほど。
  ドラクエの好きなモンスターの上位はスライム系モンスターになることがあるが、このキラーマシン推す人も多い。
  そのためか仲間にできるシリーズで登場した5,10では仲間になる。

◆キングスライム
  4以降全てに登場する。大きな王冠をかぶったスライムとしてメジャーな存在。
  10以外ではスライム8匹が合体してキングスライムになる。もちろん最初からキングスライムで登場することも。
  合体するモンスターはナンバリングだとダントツでコイツのイメージでしょう。

◆ドラゴン
  ドラゴンクエストだからドラゴンはさぞかし多くの作品ででているかと思えば、実は少ない。
  なんと、1~3と11のみ(リメイク7にも出るが、石版の洞窟のもの)
  これらの出現作を考えると、やはり、ロトシリーズにつながる世界の存在といわざるを得ない。
  ドラゴン系のモンスターは非常に多いが、元祖ドラゴンは以外にも登場作が少ないのである。

 

今日はここまで。では、またー

2019年5月 6日 (月)

<ドラクエ10> ジェルザーク対応で導き周回をする人が増えているらしい

こんばんは。

最近、聖守護者対応で導き周回をする人が再び増えているという噂をききました。

ミネア効果は無効だし、エルフの飲み薬が周回をした方がいいほど高騰しているわけでもありません。

その実情はなんでも、トルネコから拳闘士の盾を入手する必要があるからとのこと。

導き周回検証をする自分は、気になったのでネットを調べてみました。
すると、どうやらジェルザークをバトマス構成でやるのにブレス耐性錬金の盾が必要みたいなようです。

ジェルザークの攻略は魔法魔法魔戦僧侶構成が鉄板というかテンプレみたいになっています。
しかし、一部のサイトではバト3僧侶構成が良いのではという記事をみかけました。
バトで最強の3を攻略動画もあり、こちらの構成の方が良いという記事を載せているサイトもありました。

バトが装備できる★3で3か所ブレス錬金可能な盾ですが、拳闘士の盾とVロンの盾シリーズしかありません。
しかもVロンの盾シリーズは書籍のアイテムコードによる一点モノなので、一度錬金したら終わりです。
バトが装備できる皮の盾の★3ブレス埋め装備も白箱からでますが、これは初級錬金なので話になりません。
すると、現実的にジェルザーク用のバトが装備できるブレス耐性盾は拳闘士の盾のみということになります。

拳闘士の盾はバザー等取引で入手不可。これは魔法の迷宮のトルネコからしか買えないものです。
さらに、これにブレス錬金をマニュアルでしなければいけません。
錬金石を適用できないので、錬金の失敗は許されません。失敗したら拳闘士の盾を買い直すことになります。
そこでどうしても魔法の迷宮を導き周回をする必要が出てきます。

丁度1年前、ミネア周回が聖守護者対応で流行りました。
今後、バトマス構成の方が良いということになると今年はトルネコ周回が流行る可能性があるかと思われます。

ただし、バトマス構成は2019年5月現在まだマイナーな構成になっています。
拳闘士の盾のブレス錬金装備は最近では珍しくお金では解決できないし、防衛軍や白箱でも取得できません。
マイタウンを控え、装備投資を控えたいがジェルザークは攻略したい人がバト構成を試すことはありえそうです。
また、ジェルザークは魔構成だと圧倒的に連携が重要になるようです。
そのため、野良PTだと難易度が相当高く、ギスギスしやすくストレスがたまりやすいと言われています。
バト構成は魔構成ほどは連携を取らなくてもなんとかなるので、野良向けという話もあります。

準備さえできれば魔構成より楽、というのが現実的になると、バト構成が流行る可能性があるので注視してみたいです。

約3年にまたがる導き検証をしてきましたが、今回のように、導き周回の需要が突如出てきたりするのが興味深いです。

 

で、先週までの導き履歴

総周回数:9762
トルネコ:500 (5.12%)
ミネア :511 (5.23%)
テリー :514 (5.27%)
カンダタ:1640 (16.80%)

トルネコが500回の大台を迎えました。
これで、10000周達成時にトルミネテリーは全て5%以上で経過すること確定。
10000周達成はやはり5月末くらいになりそうかな。

今日はここまで。では、またー

2019年5月 2日 (木)

ドラクエの謎考察 その208

こんばんは。

ドラクエの謎や歴史、さまざまな噂について考えてみるお話し PART 208

・ドラゴンクエストシリーズのゲームジャンルについて

ドラゴンクエストは初代1から、基本RPG(ロールプレイングゲーム)としてデザインされ、リリースされてきた。

ナンバリングと呼ばれる1~11については、RPGで間違いない。

しかし、シリーズによってはRPGとは純粋に言えない作品もあるであろう。
ゲームジャンルとしてRPG以外のドラクエシリーズを見てみよう。

◆アクションゲーム

ナンバリングのドラクエは10を除き、戦闘も移動もコマンド式。
戦闘でもコマンドを入力しなければ時間が止まっている。
そのため、すばやく操作をしないといけないようなものではない。

ところが、外伝ともなるとれっきとしたアクションゲームとしてのドラクエもある。

たとえば、剣の形をした筐体の剣神ドラゴンクエストは敵を斬るアクションを使って戦うアクションゲーム
その剣神ドラゴンクエストのシステムをwiiのインタフェースで移植したドラゴンクエストソードもそうだろう。

最近のだと無双シリーズとして登場したドラゴンクエストヒーローズがアクションゲーム(RPG的要素もあるが)

また、ナンバリングでもミニゲームがアクションゲーム的なものも存在する。11のウマレースなど。

ドラクエ10はオンラインのため、各キャラが戦闘で行動コマンドを入力するのを管理するのが難しいのか、他のオンラインゲームにあるようなリアルタイム入力式になっている。そのため、ある程度のアクション性があり、敵の攻撃をよけたり、誘導したり、壁になったりといったことが必要になる。エンドコンテンツにもなると、立ち回りや敵の攻撃の避け方など、結構アクション性の高いものもある。

◆シミュレーションゲーム

RPGのシュミレーションゲームというとファイアーエムブレムのようなものをイメージすると思うが、これに一番近いのがトルネコの大冒険シリーズではなかろうか。トルネコのゲーム性は時に「詰将棋」と表現する方もいるが、一手一手で完全に敵味方が1マス単位で動くのでシミュレーションゲーム的要素はある。

また、建物を建造して町をつくるようなゲームもシミュレーションゲームのジャンル。
こちらで考えるとドラゴンクエストビルダーズシリーズがまさに該当する。

選手を育成しスポーツのチームを形成し、試合に臨むようなゲームもシミュレーションゲーム。
これは、モンスターを育ててバトルチームを形成するモンスターズシリーズがあてはまると思う。

◆ボードゲーム

ドラクエのタイトルではないが、スクエニで出している「いただきストリート」シリーズがボードゲームだろう。
ドラクエのキャラやMAPが使われている。
ただし、キャラを流用しているだけで、ドラクエのシステムではないので、正確にはドラクエではない。

◆TCG(トレーディングカードゲーム)

マジックザギャザリングや遊戯王カードゲームなどから発祥したTCGは当然ながら、ゲームとして採用されたドラクエもある。
ドラゴンクエストライバルズがそれにあたる。
これらは新しいカードパックが追加されるたびに、組まれるデッキが変わっていく。
考えようによってはモンスターズシリーズも同じジャンルなのかもしれないが、完全にTCGのシステムになってるのはライバルズだろう。

ドラクエ10の占い師のタロットデッキも、ある意味TCGのシステムが使われているともいえる。
(プレイヤー間で交換はできないが・・・)

◆アドベンチャーゲーム

推理物やノベルゲーム的なものが該当するが、ドラクエでは、さすがにない。
しかし、作中に推理物の要素のある小クエストがあったりと、要素としてゼロではないかと。

◆テーブルゲーム

トランプ、麻雀、各種カジノゲームなどがテーブルゲームと呼ばれる。
かつて、「キングレオ」というUNOのドラクエバージョン的なカードゲームがあった。
携帯ゲームとして、ドラクエ仕様のカジノゲームが存在した。

もちろん、各種ナンバリングの中にはカジノが存在している。

FF14ではFFの絵柄の麻雀が存在する。
ドラクエの麻雀ゲームもそのうちつくられるのではないかと思われる。

ちなみに、ドラクエバージョンのトランプや花札はスクエニから発売されている。

 

今日はここまで。では、またー

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »