« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月30日 (金)

ドラクエの謎考察 その222

こんばんは。

ドラクエの歴史、設定やふとした疑問に突っこむお話し 第222回

・ドラクエのキャラにつけられるさまざまな蔑称

ドラクエのキャラクターにおいて、異常な行為、欠点などがあるため、いわゆる「蔑称」がつけられるケースがある。
今回は、その中でも有名なものを挙げてみよう。

◆ドランゴ引換券

ドラクエ6のテリーのこと。
テリーは物語の終盤で仲間になるが、中途半端な強さに全然不足しているスキル、職歴詐欺など、ツッコミどころ満点。
テリーを仲間にしたあと、アークボルトでドランゴを仲間にできる。
このドランゴの方がはるかに役に立つためテリーはドランゴを仲間にしたらお役御免。
身ぐるみ剥がされルイーダの酒場に放りこまれ、出番なしのまま放置される運命に。

それが故に、こんな蔑称で呼ばれる

◆ザラキー魔

バトルロードでとどめの一撃でネタにもされたことで有名。当然ながらドラクエ4クリフトのこと。
FC版では、5章は主人公以外に命令できないため、AIにそって行動する。
その際、初顔にはボスだろうとメタルだろうとザキ、ザラキを連発する。
そのあまりのザラキ狂な行動からこんな呼ばれ方をされるように。
他に、ミスターザラキとかザキ魔人等の呼ばれ方をする。
とにかく、ザラキザラキザラキ・・・・

ちなみに、「ブリザード」と名がつくモンスターはのきなみザキ系を使うためか
ホークブリザードがクリフト鳥とかブリザードマンがクリフトマンとかよばれることも。

◆種泥棒

ドラクエ7キーファのこと。
物語の序盤、主要人物からか、MPないものの戦士系で強い彼にはお世話になった人も多い。
そのため、ステータスがアップする種や木の実を与えてしまうことが多い。
しかし、当然ながら、彼は物語のあるところで、「駆け落ち」でいなくなる。

後から再会できるものと思っていても二度と会うことはない。
そのため、彼に種や木の実を与えてしまった者はこういうのだ。「種泥棒」と。
離脱の理由が自分勝手だとキーファにあまりいい感じを持たないが故の蔑称

途中離脱するキャラで種を投与できるキャラは他にもいるのだが、種泥棒と呼ばれるのはキーファだけ。

◆KYギャル

ドラクエ9のサンディのこと。
このサンディというキャラ、間違いなく、マリベル以上に好き嫌いが激しいと思う。
KYな存在は他にドラクエ5のデボラ等有名どころはあるが、サンディは特にその傾向が顕著。
これでも女神セレシアを姉と呼んでいる存在なので、正体はもっと神に近い存在。
それが、キャバ嬢のごとし姿と言動があれば、それはしょうがないかも。
ドラクエ世界にそぐわない現代風の存在であること、いつも主人公に付きまとってはウザい存在と
一部のプレイヤーからは「蠅」というもっと酷い蔑称で呼ばれることも。

◆ろくなものヨコサーヌ

ドラクエ9のロクサーヌのこと。
今ではサービスが停止しているため利用不可だが、当時wi-fiショッピングの受付キャラだった。
wi-fiショッピングでは様々なアイテムがランダムで売りに出される。
その中にはイベント装備やステータスをアップする種などもあり、日替わりでラインナップが変わる。
当然ながら、プレイヤーにとってどれがいいのか悪いのかは差が出る。
欲しいものがあまりにも出てくれないことが多くなるとロクサーヌはこの蔑称で呼ばれることになる。

◆ゴリラ姫

ドラクエ10のアンルシアのこと。
勇者であり、王家の迷宮が実装された当時の彼女の強さは半端でない。
隼の剣を装備させ、物理攻撃型にスキルを振ると、当時の自キャラのカンスト時の強さを
まったく寄せ付けないような圧倒的攻撃能力をもつ。
特に会心率まで高めにすると、ドラクエ4のアリーナを彷彿させるような凶悪さ。
(アリーナもまたゴリラ姫とよぶプレイヤーもいるらしいが)
凄まじい威力の2回攻撃で会心率も高く敵をあっという間に葬り去る。

プレイヤーはアシストに徹するか、戦場の進行方向の端ギリギリで白線待機。
彼女に敵を殲滅してもらう、というのが基本プレイ方法になるほどの無双状態。

当然ながら、魅了されたりするとプレイヤーや仲間モンスターを即時ワンパンしてくれる。
くれぐれも魅了を使う敵が出たときはご注意を。

今日はここまで。では、またー

2019年8月27日 (火)

<ドラクエ10> お出かけ便利ツールにAppleが待ったをかけた件

こんばんは。

先日の謎考察でCEROのお話しを書いたのですが、ちょうど、ドラクエ10のiPhone版の便利ツールがレーティング12+から17+に引き上げられたのですね。

便利ツールの17+の表記に過度な疑似ギャンブルと説明がありました。
それに伴い、おでかけすごろくの週制限を解除するジェムボタンが使えない状態に。
どうやらAppleではガチャのような確率でなにかが出るようなものは基本確率表記が必要で、これに引っかかったようです。
個人的に、出目によってどんなアイテムが選択されるのか、変換対象はどれがどのくらいの確率なのかを表記せよという指摘だったのかなと思っていました。

しかし、事態はもっと深刻なものでした。
便利ツールのレーティング引き上げの件はお知らせにありましたが、その後とんでもない追記が記載されていました。

その内容は、おでかけすごろくのサイコロの出目が等確率ではなく、異なるというもの。
1と2の出目だけで5割を超え、6に至っては普通のサイコロの半分の確率もありません。
しかもサイコロは演出上のもので、現実とは違う挙動をすると説明書きがあります。
普通のサイコロであれば、等確率と思うのが普通です。作為的に出目が偏るならイカサマダイスになってしまいます。

うーん、ちょっとこれは見方によっては下手すると法に抵触しそうな可能性もありますね。

間違いなく、17+に引き上げられた理由はこちらの方が大きそうです。
Appleに指摘されて福引の確率を表示せざるを得なくなった前例があるのに、どうして確率が等しくないのに確率を表記しなかったのでしょうか。

コンプライアンス問題的な意味合いが大きな点がドラクエ10運営にとっても痛いところでしょう。
Appleの審査は甘くありません。簡単にはレーティング戻しには応じてくれないと考えられます。
となればレーティング17+を引き下げるのは非常に難しい状況になっているといえます。
Google側のレーティングやCERO評価はまだ低年齢可のものになっています。
が、炎上気味の今の状況で、iPhone版の+17査定が事実上確定となれば飛び火する可能性は大です。
すると、ドラクエ10の対象年齢がFF14等と同じCERO Cくらいまで引きあがる可能性も見えてきました。

最近、パクレショックにしても課金路線化とかスキル改悪(まだ最終説明きてないから確定ではないけど・・)とかドラクエ10の評価が悪くなる失策がかなり集中しています。
個人的に今回のサイコロ確率の非表記問題は下手するとカジノ逆天井対応並のドラクエ10運営の失策になる可能性すらあります。

レーティングについては課金路線を打ち出した時点で全年齢対象を維持するのは難しいのではと思います。
ならば、対象年齢をあえてあげて、レーティングが足かせになって実装できなかったもの入れるほうが良いのではと思います。

なお、今回は週制限をジェムで解除してプレイしたプレイヤーにはジェムを返還する対応が行われます。
が、サイコロが等確率でないことに対する補償であれば、むしろ、悪い目が出て基本報酬が悪かったものを変換するために使ったジェムのほうにもすべきと思われます。
そもそも出目が均等なら、ジェム交換する必要がないモノがでていたかもしれないからです。

今回のサイコロ確率非表示問題は結構、後に曳くのではと思われます。
いくら収益を増やしたいのであってもモラルハザードがおきているなら誰かが戒める必要があります。
ユーザの思いやモラルを無視して回収路線をひた走れば、ゲームの寿命はおそろしく縮む結果になるでしょう。
それは、多くの課金ソシャゲが数ヶ月もたず消える事実が物語っています。

ドラクエ10のサイトにはふうせん姉妹のルール&マナー講座のページがあります。
今の状況は、まさに (Appleから) 運営にばくれつけん!!  状態。

運営さん、少し立ち止まって冷静に対応してくださいな。
ドラゴンクエスト10はドラクエブランドの中でも中核をなすナンバリングタイトルです。
7年の長期にわたって稼働を続けているオンラインRPGです。
間違っても法的な問題でドラクエブランドが大きく傷つくようなことだけはないことを願います。

-----------------------------------------------------------------------------------------

先週までの導き周回履歴結果

総周回数:10828
トルネコ:558 (5.15%)
ミネア :567 (5.24%)
テリー :567 (5.24%)
カンダタ:1793 (16.56%)

 

今日はここまで。では、またー

2019年8月22日 (木)

ドラクエの謎考察 その221

こんばんは。

ドラクエの背景や環境、取り巻く事情などを考えてみるお話し。第221回

・ドラクエとCEROレーティング

日本のゲームソフトにはCEROレーティングという対象年齢区分を表示しているものがあります。
これは、特定非営利活動団体コンピュータエンターテインメントレーティング機構にゲーム内容を審査し、
対象年齢を出しているもの。

ドラクエのパッケージにもCERO表示はあります。
では、ドラクエシリーズのCEROレーティングはどうなのでしょうか。

これが、以外にもドラゴンクエストヒーローズだけCERO Bで、あとは全てCERO Aなんです。

CERO Aが全年齢対象、CERO Bが12才以上対象です。

意外と低いのです。

ちなみにファイナルファンタジーシリーズはだいたいB~Cですね。
ゼルダの伝説シリーズにも意外とB以上あったりします。
テイルズやメガテンなどの有名どころのRPGもB以上多いです。
そう考えるとほとんどAなドラクエの方が異端のようです。

ちなみに唯一のCERO Bのヒーローズは暴力表現があるためAで通らなかったようです。
ただし、これはベースシステムが無双シリーズなのでそれに合わせてなったとみたほうが正しいです。

ただし、これ、ちょっと疑問がいくつかでてきます。
たとえばオンラインのドラクエ10。そもそもオンラインゲームがCERO Aというのが正しいのか?と思うのです。
オンラインゲームをするには、まずインターネットを接続する環境を持っている必要があります。
さらに月額課金がかかるゲームです。ショップやジェムなどの追加の有料の要素もかなりあります。
実際、オンライン接続まで含めると、少なくとも月4000~5000円は必要なのです。

するとオンラインゲームは15才以上設定で良い気がするのです。

また、ドラクエ10はメッセージなどそれなりに難しい言葉や漢字が使われていますし、小学生では結構わかりづらいと思う。

つい、先日、appleの審査にひっかかり、便利ツール(iphone版)だけがレーティング17+ (CERO D相当)になりました。
これ、結構ドラクエ10運営にとっては厄介な問題と思う。
なにしろ、CEROの審査はAで通っているのに、appleからはD相当の判定をされてしまったのですから。
どうも、おでかけすごろくの週制限をジェムを支払うことで解除できる機能が引っかかっているみたいです。
appleのレーティングの説明ではギャンブル性が高い。疑似ギャンブル要素強いとあります。
そのため、今はこの機能が無効化されています。この機能がある限り17+のレーティングが外せないのでしょう。

たしかに、ドラクエにはカジノがあります。
実は、カジノという存在は外国では対象年齢の審査がかなり厳しいみたいなのです。
今回のはそのカジノがリアルマネーを投入することによって有利になる要素がおもむろにひっかかったのですね。

さて、前にドラクエ11がCERO Aでよくとおったなあと思ったことを記事にしました。
PS版のドラクエ11ですが、どこをどう見てもパチスロなアレがあったり、ぱふぱふが歴代よりもかなり多い。
3DS版がAなのはともかく、PS4版はCくらいあってもよかったのではと思う。

さらにいうと、今、以外にも、ドラクエをする世代は30代40代が多く、その親世代の子にドラクエをやらせる人も多いとか。

ナンバリングやモンスターズはいいかもしれないけど、オンラインやソシャゲ系はCERO B以上あったほうがいいと思う。

 

今日はここまで。では、またー

2019年8月19日 (月)

<ドラクエ10> 各夏イベなど

こんばんは。

Ver5(とは明記されていないけど)は10月発売ということで、それまでは、小イベントなどで続くことになりそうです。

七夕以降のドラクエ10イベントをちょっと振り返ります。

◆夏イベ

キュラナナビーチで行われるおなじみの夏イベント。
今年は新作水着こそあったものの、基本的に、昨年と謎解き内容が変化したのみでほとんど同じです。

最後のオチまで去年と同じなので、以外と盛り上がらなかったと思われます。

◆トラシュカ2019

今年もトラシュカがありました。
今回は新たな障害物であるジャマイカが出てきて、墨を吐いてきます。
これを食らうと墨だらけで視界が著しく悪くなるというマリオカートのゲッソーみたいな奴です。

去年は障害物や柵が取り付けられたため、爆風を受けてしまっても大丈夫になる場所が増え、若干やりやすくなりました。
今年は、このジャマイカが追加され、邪魔要素が増えたといっていいでしょう。
全体的にスコアが去年よりデフレ化しています。
去年は高速で動けるサメの浮き輪がベストといわれていましたが、今年はヒカリモノで無敵になる大サソリの浮き輪が強かったです。

一応、メインもサブも一通りの報酬とれましたが、大サソリの浮き輪とるまではまともに高スコアとれなかったです。
とはいえ、40分くらいで全報酬確保できたので、それほど問題はありませんでいした。

◆便利ツール イベント

半年に1回ほどの頻度であるこの便利ツールイベント。

一週間ワルぼうルーレットが20000牧場コインで毎日できるのは非常に大きいです。
これは、肉をジェムで買ってコイン変換してでも回すべき価値がありました。
ワルぼうルーレットは黄金の花びら×10とチケットが当たりです。福引券も数がかなり多いのでこれでもいいでしょう。
小さなメダルだけが極端なハズレなので、基本的に小さなメダルが当ってしまったときだけ引き直しするのが良さげです。

ビッグフェス・キングフェス
先日ツールのコスパ考察でも書きましたが、まさにこれは釣り場が空になるまでジェムを投下してもいい価値があるイベ。
特にビッグとキングの日に2日またがるように無料レンタルサービスを利用することで大漁をねらえました。

このキングフェスが日曜にかかっているため、釣りビンゴをフルブーストでぶっ放す絶好の条件です。
私はメインサブ含めて計900ジェムほど投入しました。未釣対象のキングはそれぞれ3匹づつ確保。
日曜更新直後の釣りビンゴをその日中で初級と上級の一か所の四隅魚までいけました。

◆7周年カウントダウン

残念ながら今年は、リアルの都合でこのイベントに立ち会うことはできませんでした・・・・

◆限定魚交換所

魚コインは余りまくりだったのでもちろん、全部交換しました。
ただ、筆とかはあまりいらなかったかな。
ボスカード4種はみちびき回し検証の中で無事、全部テリーに渡せました(笑)

◆テンの日(8/10)

この日もリアル都合でインが遅かったため、プレチケとプーちゃんからの三将軍カード回収だけでおわりました。
ちなみに運がよかったのか、メインサブともこの三将軍カードはすぐ後にテリーが出てきて依頼できました。

ちょっとリアル都合でイン時間が現在減っています。
おさかな交換所の4枚のボスカードの消化もあったため、導き検証周回を優先していたため、日課週課がたまりがち。

リアルの夏休みをまもなくとるので、数日間いなくなるなるかも。
そのときは数日ブログ更新をお休みいたします。

さて、導き周回履歴です。先週記載忘れていました。

総周回数:10762
トルネコ:555 (5.16%)
ミネア :564 (5.24%)
テリー :563 (5.23%)
カンダタ:1784 (16.58%)

この2週はミネアテリーはやや多く、カンダタが減った。
同じキャラが2連続で出たのがやたらあった(トルネコ1回、ミネア1回、テリー2回)

今日はここまで。では、またー

 

2019年8月17日 (土)

ドラクエの謎考察 その220

こんばんは。

ドラクエ世界の事情や設定、歴史を考察するお話し 第220回

・ドラクエ登場人物のいでたち、住所を考察してみる。

ドラクエに登場する人物は、王族だったり、一般市民だったり、住所不定の流浪の人までいる。
主人公およびその近辺の重要人物についてあげてみよう。

◆ドラクエ1

主人公は登場時にラルス16世に呼ばれ、ロトの末裔として竜王を倒す依頼をされる。
が、ドラクエ1主人公はどこに住んでいて家族がいるかどうかすら不明。
流浪の冒険者なのか。実は、血筋以外存在が最も謎な主人公

◆ドラクエ2

ローレシア王子、サマルトリア王子、ムーンブルグ王女
読んで字のごとく全員ロイヤル。各国の跡取がハーゴン討伐に送りだされる。
(ムーンブルグ王女だけは、国を滅ぼされたところから始まるからまだわかるが)
国王はなにを考えているのだ(笑)

◆ドラクエ3

主人公はアリアハンの城下町に家があり、父オルテガ、母は家にいる。
オルテガがすでに国王に仕えているので、それなりの地位のある人物だろう。
そう考えると王族ではないにしろそれなりに恵まれた環境の出生になる。
ルイーダの酒場で仲間になるメンバーは無名の冒険者。

◆ドラクエ4 

ソロ/ソフィア:幼少のころから勇者として人知れぬ山奥の村で育てられる。特別な存在とされている。
          母親が天空人、父親は地上人。父親は死亡している。
          そして5章の冒頭でデスピサロによって村の者は皆殺しにされ・・・
ライアン:バトランドの王宮戦士。一応騎士階級なのだろうか。傭兵ではなさそう。
アリーナ:サントハイムの王女。姫を助けるRPGは数多くあれど、これは姫が最前線で戦う。異形の存在
クリフト:アリーナにつきそう神官。なので、作中触れていないが、住居は持っているだろう。
ブライ:アリーナの教育係。クリフトと同じく、それなりの地位でサントハイムに住所をもつと思われる。
トルネコ:レイクナバで武器屋のバイトから出世し、世界有数の大商人になる。
      デスピサロ(エビルプリースト)討伐後はさらに多次元にわたる絶大な存在へ。
マーニャ:コーミズ村出身だが、父親エドガンが殺された後、モンバーバラに移住。劇場で踊り子をしている。
      かたき討ちをするためモンバーバラを離れる
ミネア:マーニャ同様だが、こちらはモンバーバラでは占い師をしている。
      マーニャと共にかたき討ちをするためモンバーバラを離れる

◆ドラクエ5

主人公:グランバニア国王。当然ながら、正統な王位継承者となる。
     父パパスと母マーサは説明する必要もないだろう
ビアンカ:アルカパの宿屋の娘だが、主人公が奴隷になっているあいだに山奥の村に移住した。
      主人公と結婚すれば当然王妃となる。
ブローラ、デボラ:サラボラの富豪ルドマンの娘。
      主人公と結婚すれば当然王妃となる。
サンチョ:グランバニアの城壁の外側に一軒家で一人で住んでいる。召使い。
      国王直属の召使なのになぜ城の外側に住んでいるかは当人から理由が利ける。
ピピン:グランバニアの宿屋の息子。

◆ドラクエ6

レック:レイドック王子。当然ながら王族。ムドー討伐の際に敗れ、本体と精神を分離させられる。
      夢の世界ではライフコッドで妹ターニアと過ごす存在になったいた。
ハッサン:サンマリーノの大工の息子。当然ながら親がいる。
ミレーユ:ドラクエ史上屈指のいでたち不明なキャラ。弟のテリーがいる。
      かつてはガンディーノに住んでいたようだが、彼女の口からはリメイク版でも詳細が語られない。
バーバラ:カルベローナの大魔術師バーバレラの血を引くもの。
      ただし、カルベローナはとうの昔に滅んでいる。実態がなく、夢の世界の存在。
      故にエンディングでは夢の世界消滅とともに彼女も消えるという儚い運命が待っている。
テリー:ミレーユの弟。エンディング後の描写がないが、よくテリー=ダークドレアム、エスタークという噂も。

◆ドラクエ7

アルス:フィッシュベルの漁師の息子。父ボルカノ、母マーレがいる。叔父にホンダラも。
     ただし完全に確定していないものの、シャークアイとアニエスの子であることも提示されている。
     すると、海賊と王族の間に生まれた者とも取れる。
キーファ:グランエスタードの王子。国王の父と妹のリーサがいる
     当然、ある程度話を進めると彼は過去に留まり二度と戻ってこなくなるが・・・・
マリベル:フィッシュベルの網元の娘。両親健在。
ガボ:伝説の白狼の最後の生き残り。元は人間ではなく、詳細な生い立ちは不明。
     世界に平和が戻ったあとは、きこりの家にすごしている。
アイラ:ユバールの民で踊り手。ユバールの民は遊牧民族のように移動しながら生活する。
     物語の後半はグランバニアのキーファの部屋にあたる場所を与えられた。
     もっとも、アイラがキーファの血を引く人物なので、この扱いは間違いでもないかも
メルビン:かつてかみさまとともにオルゴデミーラと戦った伝説の英雄。いでたちは不明。
     バトルロードのカードには出身地「ホットストーン」と書かれ、冗談にしてもひどすぎる。

◆ドラクエ8

エイト:トロデーンの一兵卒の設定。しかし、その正体はサザンビークのエルトリオと竜神族の息子。
    つまり、サザンビークの王家の血筋。裏エンディングではミーティアと結婚する。
ヤンガス:盗賊団の頭領ヤンパーの息子。
ゼシカ:リーザス村のアルバート家の娘(シャマルの末裔)
ククール:ドニの領主の正妻の息子。放蕩三昧なククールの父親は多額の負債を抱えたまま早くに病死。
      その後は修道院で過ごす。マルチェロとは腹違いだが、父親は同じ。

 

ドラクエ9以降は次の機会に掲載します。

今日はここまで。では、またー

 

 

2019年8月12日 (月)

<ドラクエ10> 便利ツールのコスパを考察 2019年8月版

こんばんは。

ドラクエ10の今後は課金要素が増えていく方針であることがすでに発表されました。
そのため、ツールでジェムを使用することができるものがかなり追加されました。
課金要素が今後増えていくことはもう決定事項なので、今後は課金要素をうまく取捨選択することが賢い道でしょう。

というわけで、昨年11月に掲載した便利ツールのコスパ考察を最新版で書きたいと思います。
現在Ver4.5ですが、前回掲載時と比較しても、かなり環境が変わっています。

コスパ評価は★の数5段階で行いますが、あくまでエイロスの考察としての評価であるのでご了承ください。

◆畑の世話

釣りビンゴが実装されて以降、めぐみのしずくの入手がかなり楽になりました。
めぐみのしずくの効果はほぼ課金水の「つぼみアップ水」と同じです。
なので、つぼみアップ水を使うのは若干もったいない気がします。
さらにチャレンジミッションの水やりもめぐみのしずくでOKのためジェム不要となりました。

ということは、畑の世話ではジェムを使うのは「レアアップ水」一択といってよいです。
普通の水やりと肥料はゲーム内でできるので、ジェムを使う価値は低いです。

コスパ評価
肥料を与える:★
普通の水を与える:★
つぼみアップ水を与える:★
レアアップ水を与える:★★★

トマトのようなレアリティが数の違いの作物を除くと、残念ながら量<<<<<質なのが現実。

◆討伐隊の依頼

毎日ゲームインしてプレイできる人にとってはほぼ不要。
ただし、ツール専用の別枠の討伐隊の依頼については、ジェム使っても経験値が欲しいならありかも。
特にチャレンジミッション時は普通の高額な討伐枠をツールで行うと高額になりがち。
チャレンジミッション時にツール専用の討伐の一番安いやつをやるのが良いかと。

コスパ評価
日課討伐:★
週課討伐:★
ツール専用枠討伐:★★(チャレンジミッション時は★★★)

◆強ボス討伐

実質オーブ1個を30ジェムで買うのと同義と言って問題ないです。
キーエンブレムボス対象強ボスが各色1個×2で、偽レンダ対象強ボスが各色2個、
グレイチェルとネルゲルがランダム色3個
全部依頼すると60ジェム割引

これが実装されたためでしょうか、オーブの価格はどんどん下がっています。
いずれ店売り値までさがる可能性すらあります。ので、残念ながらコスパは良くないです。
単純にリアルマネーをGに変換したいなら他にもっと良いコンテンツがあります

コスパ評価:★

◆ピラミッド捜索

レベルが低かったり、やるのがだるい8,9層が対象ならともかく、第6霊廟までしかできません。
また、ピラ実装時からプレイしている勢はすでにピラミッドのアクセは完成してしまっているでしょう。
第6までなど、現在、まともなサポを雇えば、放置でもクリアできます。
というわけで、1~6霊廟をまわる30分ほどの時間すら惜しいのでなければ価値は低いです。

コスパ評価:★

◆職人ギルド依頼

ツール依頼の最大の利点は錬金依頼につきます。
ゲーム内では一発仕上げできないので、「100%成功」を買うという価値が大です。
特に、昔は上級依頼や中級大成功の依頼があり効果絶大でした。
とはいっても、今でも中級錬金依頼ならお勧めです。
生産職は一発仕上げで★なしができたのと同じ扱いなのでほとんど価値ありません。
ただし、チャレンジミッション時は生産職でも意味はあります。
工匠神の依頼については、材料は不要ですが100ジェムもする割には経験値もGもイマイチ。
職人レベルをリアルマネー使ってでも早く上げたいのであれば利用する人もいるかも。

コスパ評価
生産職:★ (チャレンジミッション時は★★)
錬金職:★★★★
工匠神の依頼:★

◆のぞみのつり掘

間違いなく、現時点ではコスパ最大になるのがコレでしょう。

ツールビンゴが導入されたことにより、ゆめのかけらやメタル招待券などが確実に入手可能。
初級ビンゴクリアまでならジェム使わなくてもよほど運が悪くない限りクリアできる。
が、スペシャルや老師の釣り堀からのみ指定される魚が4隅に配置された上級ビンゴは
ジェムを使って釣りパワーを回復しないとよほどの強運がないと無理です。
なお、最近の仕様修正でビンゴの魚の入替を実行すれば、必ず1匹はSPか老師の釣り堀にいる魚が出るようです。
そのため、火曜日までに初級ビンゴを終わらせれば、釣れるまでジェム投入するつもりがあれば上級も確実にクリア可能です。

また、当然ながら、釣っていない魚やサイズが現れた場合は、釣れるまでジェム投入することで確実にヒットします。
これはまさしく「100%」を金で買う要素なので、利用価値は大きいと言えます。

レンタル釣り具も意外とコスパ高いです。というのも、レンタル釣り具は全て★3
レンタル時間内であれば、無制限に利用可能です。
釣りパワーを回復しつつ、入替も行い、大漁する気満々なら、特に利用価値大です。
レンタルは借りた時点から24時間有効なので、実質2日間利用可能です。
(魚入替・パワー回復が行われるAM6:00を挟んで利用できるため)

コスパ評価
釣りパワー回復:★★★★★
レンタル釣り具:★★★

◆モンスター牧場

モンスター牧場はジェムを使わない前提でも絶対に有用なものが多いです。
牧場コインを消費していろいろやる仕組みとなっています。
フレやチムメンが多く、プレゼントを頻繁にもらえる人であればコインは十分あると思います。
が、ワルぼうルーレットなどを毎週使っていたりするとすぐ尽きるのこともあるでしょう。
牧場コインは鉱山で肉を使うことにより増やすことができます。
そのため、ジェムで肉を買ってコインに変換することでコインを間接的にジェムで買えます。

ジェム利用は肉を買う、依頼書の出航時間をスキップする、倉庫拡張であります。
依頼書の小舟追加は100ジェムで利用できますが、これは効率悪すぎです。
出航時間スキップと倉庫拡張は牧場コインでできます。
さらにいうとこの2つは肉を買って鉱山でコインに変換してコインでやるほうが安上がりです。

コスパ評価

肉を買う:★★★
依頼書の出航時間をスキップする:★
依頼書の追加の小舟:★
倉庫拡張:★

◆王家のおでかけ迷宮

王家の迷宮は、ここでしか手に入らないものがかなり多いです。
また、輝石の存在により、やれる回数に制限がかかっています。
この輝石はGで買ったり他人の権利に相乗りはできません。

ツールでは輝石を輝石コインに置き換えたうえで、週に5回ツールで回せます。
その際に、追加効果を輝石コインかジェムを使って得ることができます。
前述のとおり、輝石はGや他人からの融通がききません。
ので、ジェムで輝石を買えるという意味では非常に有効でおすすめと言えます。
なお、追加効果を使わない場合、ゲーム内でやるより報酬は低くなってしまいます。

コスパ評価:★★★★

◆ミニカジノ

ビンゴにつづきすごろくが追加(すごろくの名はついているけどすごろくでなかったりするが)

ビンゴに関してはダブルレイズをジェムで行えますが、レートがどう見てもおかしい。
チップでダブルレイズするボタンと隣り合わせになっているため、間違って押さない様くれぐれも注意。

おでかけすごろくでは、ゲーム内のすごろくと同じコストで超時短で報酬をもらえます。
その報酬をジェムを使って変換できます。
これは、報酬と変換効果の組み合わせでいろいろありますが、コインは明らかにハズレでしょう。
コインはゲーム内でやれば20000枚はコンスタントにはいります。
・コイン1500~3000枚を福の神コイン2,3枚に変換
・未完成のアクセが複数出たときに報酬2倍3倍
といった、組み合わせとそのプレイヤーの状態次第ではジェム変換がオトクな場合もでてきます。
逆にいうと完成済みアクセとコインだけで福引券や2倍3倍だけな場合など全く無用なケースも。

コスパ評価
ビンゴのダブルレイズ:★
おでかけすごろくの報酬変換効果:★★~★★★

◆バザー落札

バザーの閲覧自体は無料でできます。
ただ、ログインして普通に買える状況ならジェムをつかう必要性はほとんどありません。
とんでもない掘り出し物が運よく見つかり、かつログインするまで売れてしまうの必須なときは使うのもあり。

コスパ評価:★

◆バザー出品

バザー出品予定品が多くあり、かつログインが数日できないような状況でもない場合利用価値なし。

コスパ評価:★ 

◆出品取りやめ・再出品

これも、時間をあけずにログインできる状態であれば利用価値なし。

コスパ評価:★

◆モーモンモール

出店するための手続きとモーモンモールから買うときにジェムが必要。

売り手として登録するためには出店の手続きとして100ジェム必要。
これはコスパどうこうではなく、手数料なのでコスパ評価の対象外とします。

買う場合、ひとつのモノを購入するたびに30ジェムかかります。
よって、よほどオトクなものが見つかった場合でもない限りコスパは良くないでしょう。
それを見越した価格設定をする人が多いはずなので商品次第ですね。

一方、モーモンモールクジのイベントがときどきあります。
これの当選確率と報酬がかなり優遇されています。
ので、モーモンモールクジ開催期間だけはコスパが高めです。

コスパ評価
通常時:★★
モーモンモールクジ期間:★★★★
※その人にとって絶対的なお得な品物である場合通常時で★★★★★もありえますが・・・

◆福引券交換サービス

元気玉系アイテムを福引券に変換するサービス。
ジェムがどのくらいかかるか以前にレートがどうあがいても福引券に変えるメリットがない。

コスパ評価:★

◆福引所

ツールの福引が1日2回までタダで回せるが、それ以上は1回あたり20ジェム必要。
10連はまんま200ジェム必要。

ツール福引はマイタウンメダルを入手できる唯一の福引である。
また、3等以上の賞品はおおむね5大陸福引の賞品より高額品な場合が多い。
さらにツール福引の場合、6等以上ならゆめのかけらに変換できる。

ちなみにマイタウンメダル1000枚は1000連福引を駆使し、平均8万円で達成できるようだ。
それを換算するとマイタウンメダル1枚が20万Gで80円の価値があることになる。
ただし、マイタウンメダルは1000枚集めてはじめて2億の価値のある権利書になる点だけは注意。
999枚までは価値はゼロであることに注意が必要。(少なくとも2019年8月現在では)

ツール福引だけ1~3等の確率3倍になるイベントを最近やったりしていたりと
ツール福引優遇は今後も増えるので、コスパ評価は徐々に上がっていくものと思われる。

コスパ評価:★★

◆100連福引所
◆1000連福引所

大量の福引をゲーム内とは比べ物にならないほど早く消化できる
かつ、ツール福引はゲーム内よりいいものが当る率が優遇されている。
大量のジェムを購入すると割引もあるので、コスパは実はかなりいい。
前回も書いたが、これのコスパ評価が高くなると、Pay to Winのジェムありきのゲームへ加速する。
コスパ評価はここでは★★★とするが、なんともやるせない気持ちである。

コスパ評価:★★★

◆スペシャル福引所

これは確率はゲーム内と同じであるうえ、100連1000連はできない。
そのため、ツールの福引といえど、これは利用価値なし。

コスパ評価:★

◆電子書籍

ジェムでドラクエ10に関する書籍が買える。ログインボーナスのジェムだけでもできる。
書籍にアイテムコードがついているものの唯一の入手先になっているものも多い。
それを考えるとコスパは悪くない。最近、電子書籍専用のものが発行される場合も。

コスパ評価:★★★

◆錬金釜

ジェムを払うことにより、錬金釜のチャージを完了する。料金はチャージ時間の長さに比例
ジェムで錬金釜チャージ完了するとぐったり状態になる。
長い錬金チャージをジェムで解決する使い方より、短時間錬金を行い、それをジェムでチャージ完了。
(30分の錬金なら5ジェムで可能)ぐったり状態になるのでなでてもらい、元気いっぱいに。
そこで本命の長時間錬金をしてチャージ時間半減する、という使い方がベストと思われる。

以外かもしれないが、チャージ時間に比例してコスパはかなり悪い部類になると思う。

コスパ評価
短時間錬金から強制ぐったりにする目的:★★★
純粋にチャージ時間の短縮目的:★~★★

◆バッジ交換所

実は初心者というか、後続にとって、成長要素でどうしても制限が重くのしかかるのがバトルロードである。
理由は、1日1回分しかバトルロード挑戦権が入らず不足しがちなため。
ランクを上げるにも、バッジを獲得するにも、バトルロードをしなければ進捗しない。
そのため、モンスターを強化するバッジを1枚でも多く入手したい後続にとっては、これはかなり有用。

一方で、メダルがいらない人にとっては全く不要。

しかし、バッジも所詮、なにが出るかはプレイヤーの「運」によるところが多い。
そのため、いくらパックを開けても目的のバッジが全然でないときに、交換所でそれが出たとする。
それであれば、ジェム消費しても獲得するべき、となるのではないのだろうか。
個人的に「100%」が買えるという要素は高く評価せざるをえない。
交換所はコインでも交換できるが、欲しいバッジがまだある状態ならコインが余っていることは普通ない。

コスパ評価:★★★★

◆カレヴァンのお出かけ道場

バトルロードをツール化したもの。
無料でできるが、ゲーム内と違い、BPとコイン以外の報酬はもらえない。
30ジェム払うことで報酬を2倍にできる。

バトルロードに関しては前述のとおり、後続や育成中キャラにとっては権利が足りなくなりがち。
逆に、バッチコンプしたりバトルロードに興味がない人は権利が余りまくってMAXの300に到達している。

どちらのプレイヤーからみてもジェムブーストしてBPとコインだけ2倍にするメリットは希薄。

コスパ評価:★

 

今日はここまで。では、またー

 

2019年8月 9日 (金)

ドラクエの謎考察 その219

こんばんは。

ドラクエの歴史や設定、噂につっこむお話し第219回

・ドラクエを題材にしたメディア展開

ドラゴンクエストシリーズは当然ながら、漫画になったり小説になったり、今年は映画にもなりました。
そんなゲームの外の物語として展開されたものを上げてみる。

◆ダイの大冒険

ドラクエを題材にした漫画の中では最も知名度も人気も高かったシリーズではないでしょうか。
連載は少年ジャンプだったこともあり、広がるのも早かった記憶があります。
アニメ化もされ、テレビで放映されました。

星のドラゴンクエストやモンスターズ等とコラボしたりしましたが、何故かナンバリングのコラボはありません。
いくつかの呪文や技が星ドラやモンスターズに逆輸入された。
ベタンに至ってはナンバリングのドラクエ10にも出てきました。

◆ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章

ドラクエ3の少しあとの時代のお話しの設定で、ロトの血筋をテーマにしている。
世界設定はドラクエ3の上の世界。
ラスボス異魔神に至るまでの中で、意外と近親内での争いが多かったりする。
結構、重い内容の物語と思う。
星のドラゴンクエストとコラボがあり、いくつかの装備が逆輸入されました。

◆アベル伝説

ダイの大冒険より先にアニメ化されたドラクエアニメ
前に別の考察で書いたが、このアニメでは、モンスターは宝石から作られている設定になっている。
主人公のアベルは呪文を使わない、ドラクエ2の主人公のような感じ。
戦士タイプが多い上、純ヒーラーがいないなんとも不思議な編成というツッコミがしたくなる(笑)

アニメ版はテレビでは28話で強制的にいったん終わってしまったが、後に続きが作成され完結した。

◆ドラクエ4コママンガ

ナンバリングごとに4コマ漫画がスクエニ(旧エニックスの時代も含めて)から刊行された。
いわゆるネタもの、あるある話などが多く、このノリが好きなひとにはいいかもしれない

◆小説版ドラクエ

ドラクエの小説版である。だいたいゲーム原作に沿っている内容ではあるが、中には全く異なるようなキャラがいるものも。
基本的にはゲームの進行に沿った内容になっているが、オリジナル要素もある。
ドラクエ5は仲間モンスターが壮絶な死を遂げるシーンが多い。ゲームとは違い、重要な役割をもっていたものも多い
ドラクエ7は漫画版もだが、評価が良くない。オリジナルの物語が飛ばされている箇所が多いほか、登場人物のカップリングが偏向的な設定されている。
また、ルビス伝説など、サブストーリー的な小説もでていた

なお、8以降は小説版はない。

◆CDシアター

ドラマCDであり、言い方を替えれば昔のラジオ番組で物語をかたるようなもの。
1~6およびトルネコの大冒険がCDシアター化されている
基本はゲームに忠実なのだが、オリジナル要素もかなりある。
発売された部数が非常に少ないため、現在はプレミアがついたものがオークションにだされていることも。

あまりしれられていないが、かなり有名なアニメ声優や、洋画の吹き替えで頻繁に聞く声優が多い。
基本的にはゲームの展開に合わせた話の内容になっているが、天空シリーズ(特に4と6)については入りきらないのか配分がよろしくないのか、イベントがすっ飛ばされていたり、ひとことで片づけられているような箇所もある。

◆アイテム物語、モンスター物語、知られざる伝説

ドラクエ5くらいまでの時代背景のモンスターの由来やアイテムの由来などをオリジナル設定で書かれたもの。
残念ながら、公式の由来の資料となるものではない。
が、その内容については、それなりに納得がいくものがある。
もちろん、後続作が登場することによって矛盾が生じているものも結構あるのだが。

◆天空物語

ドラクエ5の主人公が石化してからストロスの杖で石化した主人公をもとに戻すまでの8年間のお話し。
当然ながらこの漫画の主人公はドラクエ5主人公の双子の兄妹
サンチョとドリスと共に父親捜しの旅に出る。
カデシュなどのオリジナルなキャラもいる。

◆勇者ヨシヒコと魔王の城

深夜ドラマで放送された、ドラクエのパロディ
登場するアイテムや呪文はもとより、地名やキャラ、SEがドラクエそのものかパロっているもの。
モンスターはハリボテだったり、衣装や道具はわざとチープさを出している。

ドラクエではないが、「ドラクエのパロ」要素満載なので、知っている人ならば思わずうなずけるものが。
当然、ストーリーもかなりメチャクチャなもの。これはパロディのギャグモノとしてもちろんアリだろう。

◆ゆうべはお楽しみでしたね

ヤングガンガンで掲載された、シェアハウス生活でドラクエ10を通じて交際したカップルが結婚し・・・
というよな内容の漫画。ドラマ化もされた。
現在も連載進行中である。

この漫画およびドラマによってドラクエ10を始める新規が増えたとか。

◆ドラゴンクエスト ユア・ストーリー

つい最近公開されたばかりの映画。ベースはドラクエ5。
CGアニメなので画質的には外国のアニメ絵的である。
いちおう、現時点ではまだ1週間もたっていないのでネタバレに考慮して詳細は書かない。
(が、すでにネタバレや評価などはネット上に散乱している・・・・)

 

他にも多くありますが、今回はここまでとします。

今日はここまで。では、またー

 

2019年8月 6日 (火)

<ドラクエ10> 新パッケの情報みておもうこと

こんばんは。

先日のDQTVでついに次期パッケージである「いばらの巫女と滅びの神」の情報がでてきました。

まず、気になるのは、このパッケージ、Ver5と記載されていないんですよね。
10月24日発売ですが、どうしてVer5と表に打ち出していないのでしょうか。

ドラクエもビジュアル化が進化してムービーに力はいっています。

ただし、今回の新パッケの内容をみてみると、かなり不明点というか不安があるものがみられます。

1.キャラボイス追加

ついにドラクエにもキャラクターボイスやってきましたか。という感じです。
海外版の8や国内でもヒーローズなどではすでにあるので、これも時代の流れでしょうか。
ドラクエらしさの考察をつい先週しましたが、ドラクエ初期からの年配プレイヤーだと違和感かんじるかもです。

2.新職「デスマスター」

獣やスライムなどを召喚する「魔物使い」
人形やロボット、物質系をあやつる「道具使い」
ときて、アンデッドをあやつる「ネクロマンサー」・・・ではなく
どうやら天地雷鳴師に対になる職みたいですね。召喚するのが幻魔ではなくアンデッドのようです。
ただし、その名前や新武器種の鎌を扱う職なので、イメージはだいたいそのままですね。
僧侶系の呪文が使えるとあるので、ザキ系が得意そう。
ちなみに、イラストの衣装がドラクエ5のゲマに似ているといわれていますが、ゲマが出る可能性もあるのか。

3.万魔の塔

大量の敵を倒すバトルコンテンツのようですが、なんとなくピラミッドの後継コンテンツみたいな感じに見えますね。
イメージイラストでは5名以上でているので協力バトル形式(8人PT)のピラミッドみたいなものを予想する。
邪神のような感覚でオートマでプレイするものかな

4.スキルシステム大改修

今回、一番不明というか不安になったのがこのスキルシステムの変更です。
まだ、かなりあいまいな部分の説明しかないので詳細はわかりません。
ただ、これ見ただけでは間違いなく今後は一職で全スキル最大にさせることは不可になりそうです。
スキルが職別に全部独立するため、使わない職で武器スキルとって使う職は全スキルMAXにする、
という今までの運用はできなくなりそうなのです。

代わりにベースとなるスキル100Pは職業クエを終わらせれば取得できます。
レベルアップで得られるスキルポイントも増えるとのことですが、具体的な数値は説明なしです。
ので、極端な話、他職でクリアできる職業クエメインであれば、低レベルでもパッシブが全部そろえられます。

ただし、どう見ても、これ、カンストまで育てて特訓も終わっている人から見ると明らかに弱体ですね。
都度のスキル再振りが面倒ですが、全職フルカンさえしていれば全職スキル最大が可能ですから。
今回は各職最大のスキルポイントを振っても職スキル、武器スキルに2,3個くらいしかMAXにできなさそうです。

これ、ほんとにこういう仕様だとキャラが成長するどころか退化してしまいます。
いろいろなコンテンツからスキルポイントが得られるような施策するらしいです。
が、それらを全部やっても多分全武器MAXまで振れるポイントはないと思われます。
仮にできるとしても、「いったん弱体化して、もとにもどっていく」という成長要素。
これでは本末転倒です。

武器持ちかえありきな道、武、レンや魔戦などはかなり痛い修正になってしまいそうです。

また、パラディンに片手剣、武闘家に槍など武器スキルが増える職や格闘や盾スキルが追加になる職あるとのこと。
新武器種の鎌もデスマスター以外にも追加ありそうなので戦士やバトあたりにあるかも。
おそらく、全職、職業スキル1(踊のみ2)+武器・盾・格闘で5種(踊は4)になる予感。
逆に盾スキルがデフォでない職は盾の価値がほぼなくなるうえ、拳闘士の盾などの有用性はゼロになる懸念もあります。
格闘スキルがない職はメタキン狩りで不利になる要素も。

5.その他

ストーリーは魔界みたいです。
魔族が出てくるほか、アンルシアが出てるので、やっぱり勇者はキーワードでしょうか。
この時点でしっかりボイスが入っていますね。
船がでてるけど、船に乗って移動するようなことは一切説明ないので、自己所有の船で大海原に・・・はできないかな。
それから、余談ですが、このムービー、なんかFF11のオープニングを思い出してしまったのだが。気のせいか。

6.青山Pの質問コーナー

あまり深く掘り下げるような質問が少なかったのですが、きになったのは

・宝珠の改修は現状は改修できない
 →スキルシステムを上記のとおり大変更するならいっしょにやるべきと思うのだが
  宝珠はスキルポイントのレベル上限をはやく解放してほしいですね。

・歴代魔王や中ボスの登場は一部許可が下りたので出せそうとのこと
 →デスマスター衣装からかゲマを期待したいなあ。
    V5のコインボスはジャミ、ゴンズ、ゲマだったりして(笑)

・Ver6は構想を練っている最中
 →前回のTVのときはV6のビジョンが見えてないみたいでしたが、V6はやっと構想段階に入ったみたい

 

以下、先日までの導き履歴になります。

総周回数:10586
トルネコ:546 (5.16%)
ミネア :554 (5.23%)
テリー :552 (5.21%)
カンダタ:1766 (16.69%)

 

今日はここまで。では、またー

2019年8月 1日 (木)

ドラクエの謎考察 その218

こんばんは。

ドラクエのなんでだろう?なんでだろう? を問うお話し。第218回

・ドラクエにおける宝箱

RPGに宝箱は欠かせない。ドラクエでももちろん登場する。

呼んで字のごとく宝の箱である。だから、宝が入っているはずなのである。

ところがどっこい、ドラクエを含めほとんどのRPGに出てくる宝箱は、ほとんどが

「宝箱」という名のゴミ箱

というのが現実なのである。

実際ものすごいものが入っているというのは稀。
特にモンスターを倒したときに出る箱は、荷物が増えて邪魔だとおもうものまではいっている。
また、ドラクエ10以外ではゲームが進むほどお金が不要になる。
すると大金のGや高額で売却できるが役にたたないモノは嬉しくないのである。

ドラクエの宝箱はダンジョンや洞窟に配置されているが、町や城にも配置されている。
そして歴代ドラクエ主人公は、何故か明らかに他人の所有物であるこれらの箱を勝手に開ける。
そして、当然のように中身を持ち去ってしまう。立派な泥棒である(笑)

ところがドラクエではこんなことをしても何故か捕まることはないのだ。
もちろん、鍵がかかっていたり、ミミックなどが潜んでいることもある。
とはいってもあまりにも宝箱が無防備におかれているのが本当に謎である。
ドラクエの世界では性善説の心の持ち主が多いのか。

ただし、その宝箱という名のゴミ箱の中には稀に本当に宝箱であることもある。
特にモンスターを倒して得る必要がある宝箱からお目当てのモノが出るととても嬉しいもの。

ドラクエ5みたいに、宝箱でないで~という激熱の瞬間があったりもする。

ドラクエ10では通常の木の宝箱とレアである金の宝箱が出る。
単純にレアドロップのときが金箱だったなら良かったのだが、時期が立つにつれ
「ちいさなメダル」「宝珠」「タロットコイン」といったものでも金箱がでるので、がっかりすることも。

一部の転生モンスターやタッピツ仙人のようにレアより通常の方がいいモンスターもいる。

しかし、その宝箱に一喜一憂するのがドラクエなのだ。

私が宝箱を開けて本当にうれしかったことのナンバーワンはドラクエ10で初めて竜玉の現物が出たとき。
かなり前に記事にのせましたが、その直前まで30連続でハズレを引きまくった果てにようやく出た現物。
ドラゴンガイアは当時はソロサポでは倒すのは無理。
フレと一緒に続けてやっととれたことなので、とにかくいい思い出。

 

この宝箱、ダンジョンなどにおいてあるこの箱。誰が何のために置いたのだろうか。
深く考えるとすごく謎なのだ。

ドラクエの宝箱はFC版の1と2に関しては、ゲーム再開すると宝箱が全て復活する仕様でした。
まただいじなものに当たるものが宝箱から取得できた場合は、以降Gが入っている。

ドラクエ3以降は宝箱の中身を取るとからっぽになる。
一部の例外があるが、復活はしない。

次に復活する宝箱が出現するのはなんと9。そう、宝の地図の宝箱だけは入る度に復活するのだ。
そして中身はランダム。(トラップモンスターの場合もある)

ドラクエ10では定期的に出現する青い宝箱がある。
モンスターがドロップすると宝箱がその場に落ちてくる。

そして、ドラクエではモンスターのドロップアイテムは例外なく全て宝箱に入っている。
たとえ1個のやくそうでも宝箱に入っている。
うまのふんでも宝箱に入っている。
福引券でも宝箱に入っている。

お前らどこから宝箱を持ってきた?

宝箱とはいったい何なのだ。

同じ宝箱であってもある人から見ればものすごいいいものが入った文字通りの宝箱、
ある人から見ればごみにしか見えないものが入ったごみ箱。

やはり、「宝」とは相対的に価値がかわるものだからこそゴミにもいいものにもなるのだろう。

今日はここまで。では、またー

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »