« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月29日 (金)

ドラクエの謎考察 その231

こんばんは。

ドラクエのちょっとしたことを探ってみるお話 第231回

・ドラクエシリーズのAI

ドラクエシリーズは4から作戦を選んで自動に仲間が戦闘中の行動を決定することができる。
シリーズによっては、全コマンドを入力できる「めいれいさせろ」の作戦が選べないものもある。

この作戦のAIの歴史をみてみよう

AIを搭載し「作戦」を選択することができるようになった最初のシリーズは4。
初代ドラクエ4でかなり特異なシステムが載せられた。
5章では主人公にしかコマンドを入力できず、ほかのキャラについては作戦で選択した行動をとる。

そして、初代FC4の場合、同じ敵と何度か戦うことで徐々に適した行動がとれるようになる。
しかし、これがプレイヤーにとってはコントロールできない行動になり振り回された人も多い。

最も有名なのが、クリフトの行動で、攻撃呪文がザキ系な彼は信じられない行動をする。
FC4は何度か戦ってだんだん選択が賢くなるのだが、逆に言えば、初見の場合、ありえないことをする。
常識的にはザキ系がボスやメタル系に効くわけないのだが、それを当たり前のようにする。

そのため、ボスでザキ、ザラキを連発。効かない呪文をかけまくるその姿にいつしか
「ザラキー魔」とか「ザラキ魔人」とか呼ばれるように。
その後、バトルロードでネタにされたのも有名なお話。

実は、ボスにザラキ連発する彼だが、何度か全滅したりすればザキを使わなくなる。
そう、ボスを一回でクリアしてしまうプレイヤーはまず、賢いクリフトの行動を見ることはできないのだ。

また、いろいろな呪文が使えるキャラはおかしな行動をとる率が高いため、それに対応することもあった。
FC版ドラクエ4では意外と主人公のほかはアリーナ、ライアン、マーニャを入れる人が以外と多かったとか。
理由は、攻撃しかできない前衛のアリーナ、ライアンは文字通り殴るしかできない。
また、マーニャは絡め手の呪文がルカニだけで他はすべて攻撃呪文。
MPもダントツに高いので少々無駄に強力な呪文をぶっ放してもガス欠にはなりにくい。

なので、クリフトに代表されるようなあまりにもめちゃくちゃな行動はないのである。

このFC版ドラクエ4の行動指示が出せないことはかなりの悪評もあった。
そのため、5以降は「めいれいさせろ」の作戦が選べるようになり、全キャラコマンドが入力可に。

ただし、めいれいさせろがないシリーズも存在する。
モンスターズシリーズではやはり、大まかな作戦しかできない。
さらに性格も設定されており、行動にある程度特徴ができるものもある。

ナンバリングシリーズではFC4の後は原則リメイク版含めめいれいさせろでメインキャラは可。
ドラクエ10ではプレイヤーを操作すると同時にサポを操作はできない。
そのためさすがに作戦で行動させることになる。

仲間モンスターは直接行動指示は出せないが、使わない呪文や特技を封印できる。
そのため、かなりめいれいさせろに近い内容を設定できる。

残念ながらサポは細かい特技や呪文レベルの行動指示は出せない。

AI行動とめいれいさせろの違いだが、FC4以外は最初から敵の特性などを知っている状態で行動する。
例えば炎の効かない敵なら炎系の呪文や特技は使わない。
そして以外と知らない人が多いのだが、AIの行動はターンが回ったときに判断する点がメリット。
めいれいさせろの場合は、ターンの頭でコマンドを全員分入力が必要だ。

そのため、敵か味方かどちらが先に行動するか読めない場合はあえてAIにしたほうがいい場合がある。
例えば、瀕死の味方がいて、回復役の行動を入力するとき。
敵が先に行動してやられてしまった場合は蘇生呪文を使いたい。
一方味方が先に行動するなら回復呪文を使いたい。

めいれいさせろだと、ベホマなどを入力したが、先に攻撃されて死んでしまって無駄行動になったり、
逆に先に殺されると思っても死んでないからザオリクは指定できない、みたいなことが起きる。

AIが導入された天空シリーズでは僧侶系キャラがすばやさが高いキャラが多かったため、
上記のようなことはあまりなかったが、6以降では普通にあり得るため知っていると役に立つことが。

ただ、それでも、プレイヤーの感性や価値観によってはAI行動が気に入らないこともあろう。

例えばザキ系の使用の判断。

50%以上で効くなら使う人もいれば確実に決まる敵でなければほとんど使わない人もいる。

難しいところだ。

ドラクエ10のようにキャラの位置取りが重要になってくるものもでてきた。
するとAIもなかなか複雑になってきている。
ドラクエ10はオンラインなので、サポのAIをあまり賢くしすぎるとプレイヤー以上になる、
という理由である程度わざと行動の質を落としている、といわれている。

もしかしたら本気で強力なAIを搭載したら、サポでエンドコンテンツボスを倒すのも難しくなくなるのかも。

現実世界でもAIはめまぐるしい勢いで発展している。
いずれプレイヤーを超える「うまい動き」ができるAIもできてしまうのか。
その強力なAIをあやつるキャラをお金で借りるような場面もでてくるのかもしれない。

今日はここまで。では、またー

2019年11月26日 (火)

<ドラクエ10> ドラゴンは身内でやってみた

こんばんは。

新コインボス・ドラゴンですが、チムメンフレに誘われてやってみました。
結論先にいうと初見でしたが勝てました。

ドラゴンというとどうしてもブレス攻撃メインかとおもわれますが、
炎系の特技が多いです。
ブレス属性のもあれば炎だけの属性のものもあります。

感じとしては前回の三将軍よりかはかなり楽かなと思います。
初見で身代わりコインいれてやりましたが、一発でクリアしました。
相手が一体ということもあり、じり貧になって複数からタコ殴りにされる詰みはないです。
1,2人倒された程度ならリカバリもある程度余裕がとれるでしょう。

ブレスや炎属性のものは耐性あればあまり怖くありません。
炎100を準備できるなら相当楽になると思います。

料理と勾玉だけでも即死級の攻撃が耐えられます。
炎耐性うめの盾とか持っていれば100も楽だとか。

そうなると一番厄介なのが、回転アタック、連続かみつき、はげおたといった
耐性云々では対応できないもの。
特に回転アタックは2回判定で防御力によっては1回分でも即死級。
両方あたると金ロザかミネア審判が発動しないかぎりまず死にます。
発動してからすぐに離れればよけられますが、かなりシビア

また後半はドラゴロックという溶岩のようなオブジェを出します。
これにドラゴンの炎属性のブレスなどが当たると光ったあと爆発します。
爆風はロックを中心に十字方向。ボンバーマンの爆弾といったほうがわかりやすいか。

こちらは床が光ってからその軌跡上にいなければ当たらりません。
回転アタックよりも猶予があるので余裕をもって避けましょう。

前衛はスライダークのときのようにヒットアンドアウエーが必要。
いわゆる後出しじゃんけんですね。

そうなので、今回は後衛や中衛のほうがやりやすい印象です。
というか、最近のバトルコンテンツ全般的に前衛のほうが動きが明らかに難しいと思う。

ちなみに、ほかのブログやサイト見る限りサポはこれらをちゃんとよけます。
なんでサポ攻略するなら自キャラは天地、占い、デスあたりでやるのがよさげです。

竜のうろこは今回現物が1個入手できました。
どうやら合成効果もほとんど金ロザと変わらないので、コンテンツによって
金ロザか竜うろこかを選んでほしい意図なのでしょう。

ちなみに、その後竜のうろこつけて万魔の塔やりました。
1や2ではかなりの効果が実感できます。
魔法耐性があれば敵の呪文攻撃がミス連発になることも。
ただし、3の場合、ボスや痛恨の一撃による一発もあるので金ロザの方がよいという見方も。
ミネア審判あるならもちろん竜のうろこ一択でしょう。

---------------------------------------------------------------------

先週までのみちびき周回履歴

総周回数:11604
トルネコ:608 (5.24%)
ミネア :605 (5.21%)
テリー :614 (5.29%)
カンダタ:1920 (16.55%)

ミネアは3回会いましたが、ゴレオン、スライダーク、ギュメイでした
ドラゴン出てほしいなあ・・・

ドラゴン報酬の竜のうろこ、破片300個で王女の愛が復元できるそうな。
王女の愛ってローラ姫からもらうアイテムだから、竜王イベ復刻して
虹のしずくか竜王のうろこ集めてとれるようにしたらいいのに、なんて思ってる。

今日はここまで。では、またー

2019年11月19日 (火)

<ドラクエ10> 万魔の塔とVer5.0ストーリークリア

こんばんは。

今現在、Ver5における唯一の完全新規コンテンツ。万魔の塔。
実際にやってみました。

これは、予測通りピラミッドと防衛軍を足して2で割ったようなものです。
というか、ドラクエ10は安西政権のVer4以降、エンドコンテンツは火力重視なものが増えてきてますね。

時間制限内で大量に出てくる敵を倒しまくります。
最初は弱いですが、数が多いし途中で中ボスみたいのがでます。
呪文だったり弱めの攻撃で敵はまさに数の暴力で攻めてきます。

現時点では難易度別に3つ戦場が選べます。

なお、アイテムの持ち込みができないため、MP確保ができるスキルや宝珠は必須です。
エンドコンテンツをよくやる人は勝鬨や忍耐MP回復は外している人が多いとおもいます。
が、このコンテンツではないと話になりません。

顔装備に機神を装備するとガンガンテンションがたまります。
ピラミッドからかなり経っていますが再び日の目を見るアクセです。

ちなみにサポでも、箱2個を確保する15万ポイントならうまくやれば難しくないようです。

ただし、構成が悪かったり、スキルや宝珠の調整がイケてないと第1でもグダグダになります。
実際、初見プレイ適当構成では6万くらいしかいけませんでした。
スキル宝珠を特化調整の準備して自天地で第1が1サポ3で10万ちょっといけました。

ちなみに構成は自天地でバト、バト、デス
バトマスはハンマー二刀流。回復はカカロンとデスマスターで。
天地はサポにするといのちだいじににしないとカカロン出ないしいのちだいじだと火力不足。
天地は自操作が絶対にいいです。
デスマスターのサポAIは結構優秀で序盤はゴーストで範囲攻撃してくれます。
後半きつくなってきたときはよろいの騎士を呼んでくれます。作戦はバッチリでいい感じでした。

15万目的なら準備とサポ厳選さえすれば到達するのではないのでしょうか。
装備は高いので耐性さえちゃんとあえばゼルメアや白箱産でも行けるかな。
ただ、物理アタッカーだと武器は妥協しにくいですね。

第3がすさまじく難しい(私はやっていない)らしいです。
全報酬をゲットできる30万目的だと第3もそれなりにポイントとれないといけないようです。

が、サポで2つの箱がとれる15万で十分、と思うなら、そこまで難しくはないかもしれません。
そのうちテンプレとかもできてくるし、次のドラゴンのアクセもこのコンテンツにあっているので
15万目的ならそれほど苦労はしないと思います。

なお、ドラゴンのアクセ、竜のうろこが被ダメ軽減でまさに万魔の塔のための装備に見えます。
一方、竜のうろこは金のロザリオのある首装備。金ロザはずすのに抵抗ある方も多いのでは。

そこでおすすめなのが、魔法の迷宮のミネア効果である審判。
かつてレギロガで絶大な効果があった「金ロザの2倍の効果」。万魔でもかなり有効です。
さすがにミネア審判のためだけに迷宮周回するのも酷なので、毎週やるのはおすすめしません。
が、福の神やら各種報酬の弱いコインボスカードなどを処分するなど迷宮いくことはそれなりにあるはず。
そんなとき、運よくミネアにあってもらえたら使ってみるのがよいです。

実際、私もミネア審判がでたら強敵系コンテンツやることが多く、その効果は絶大です。
万魔の塔もミネア審判もっていったらかなり楽になりそうな予感はします。

なお、次の20日のメンテまでは万魔の箱から破片が出る可能性があります。
アナウンスがあった通り、20日のメンテ以降は箱は現物確定になります。
先週分の箱をあけた人は「箱+破片5個」になるように補填されます。

これ、ほんと、破片でると悲惨ですね。頑張って30万達成したけど箱両方破片。
紋章ひとつもできなかった人も普通にいたようです。
一方でいきなり2つ同じ紋章でて合成したら即ペカった(生会心の合成)人もいる模様。

さすがに頑張って30万とって1つも紋章できない人と15万で2現物合成即理論値の人。
あまりにも不公平。広場もほかのブログも荒れていたようです。
この差は努力でもお金でも埋められません。必要なのは「運」だけ。
さすがに、これはすぐに修正されました。(というか最初から箱は現物にすべきだったのでは)

なお、お知らせにも出ていた通り今週ゲットした箱は20日のメンテ明けまで開けてはいけません。
今週分は20日前にあけると破片が出る可能性があり、破片が出ても補償はされません。

実は、万魔の塔とほぼ同時期に同じくVer5.0ストーリーもクリアしました。
ストーリーの方もボス戦きっついなあ・・・

ストーリーボスくらい、レベルカンストなら楽に倒せるレベルでいい気がするのだが。

まあ、難易度選択があるからなんとかなるけど。

前にもかきましたが、ストーリーを進めているときはお話のテンポみたいがあるので、強すぎる敵が
現れて全滅などするとテンションが冷めてしまうんですね。

なんで、今回は弱いで通してしまいました。(それでも舐めた棒立ち適当プレイだと普通に全滅すると思う)

ストーリーの中身はネタバレ多しなので書きません。
なお、Ver5.0のストーリー進捗は外見を見れば判断できます。(普通に気づくと思うけど)

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

先日までの導き周回履歴
広場の日誌のほうにミネア600回目をかきました。

総周回数:11537
トルネコ:606 (5.25%)
ミネア :602 (5.22%)
テリー :610 (5.29%)
カンダタ:1910 (16.56%)

次の大台はカンダタ2000回ですかね。

 

今日はここまで。では、またー

2019年11月14日 (木)

ドラクエの謎考察 その230

こんばんは。

ドラゴンクエストというゲームをいろいろな角度から見るお話

・ドラクエ世界の食べ物

ドラゴンクエストの中にいる人もヒトだし、モンスターであっても何かを食べないと生きていけない。

RPGの中では料理を作ったり、実際にレシピがあるようなゲームもある。

では、ドラゴンクエストの世界ではどうだろうか。

具体的な料理名がでてくるものもあるが、個別に料理を作ったりできるのは実はかなり最新の作品から。

職人スキルが存在するゲームであれば、料理を作るスキルがあるゲームも多い。
ドラクエ10では調理の職人スキルがあり、料理をつくることができる。
その料理を食べることで、ステータスがアップしたり、耐性がついたりする。

ドラクエでも最近のソシャゲ系のもの(星のドラゴンクエスト等)だと職人スキルでないが、
錬金釜システムのように材料を選択して作ることが可能だ。
当然それらで作成した料理は回復アイテムやステータスを一時的にアップするような効果がある。
星ドラは特に種類がやたら豊富にある。
おそらく今現在はドラクエシリーズで食べ物の種類が一番あるシリーズと思われる。

クエストやイベントで特定の料理を作るために材料をもってくるような依頼を受けることがある。
それらはストーリーの一部だったり、派生したお話の展開ででてくるものもある。

とはいっても、ドラクエ世界だと「料理」を作るような要素は今現在だとまだまだ少ない。
が、今後はふえていくのではないのだろうか。

ちなみに地域限定の料理というものは昔から多少存在した。

例えばドラクエ7では「アミットせんべい」や「アミットまんじゅう」がある。
恐るべきことにこれらは入手量が限定で初代PS版だと数個しか入手できないとか
(リメイク版では無制限に入手できる)

ドラクエ10でも調理職人が導入される前は各大陸のお土産としての食べ物アイテムがある。
また、アイテムではないが、作中で大陸鉄道(大地の方舟)で出会う賢者ホーローが何らかしらのご当地弁当を食べている。

ドラクエ4ではトルネコの妻であるネネが弁当を作ってくれる。
この弁当、売りに出すとやたら高く売れる(笑)
というか、愛妻弁当を売ろうとするトルネコは一体・・・・

 

ゲーム中に好きな食べ物や嫌いな食べ物の話がでることもある。
ドラクエ5の双子の兄妹はどうやら妹(タバサ)のほうが好き嫌いがあるようだ。

ドラクエ11のセーニャは甘党らしい。

ゲームの中の世界からリアルの世界に飛び出した食べ物もある。

いくつかのコンビニ商品でドラクエとタイアップした商品があった。
肉まんやパンや唐揚げとか・・・記憶に残っている商品ありません?

スライム味(すっぱいミント味)のグミやキャンディもあった気がする。

また、リアルのルイーダの酒場(六本木にある)は私も行ったことがあるが、
当然ながらメニューはすべてドラクエに関係する名前がついており、形もそれにあわせてあったり。

ドラクエ発の食べ物。ゲーム内でもリアルでもさらに増えているのでしょう。

 

今日はここまで。では、またー

 

2019年11月12日 (火)

<ドラクエ10> 導きキャラ周回方法まとめ 2019年版

こんばんは。

Ver5が始まり、常闇の5が追加されました。
そして、この記事を書く本日ちょうどVer5の万魔の塔がオープンしました。
聖守護者では利用できなくなっていたミネア効果ですが常闇や万魔の塔は利用可です。
密にミネア需要があがってきてるのではないでしょうか。
そこで今日は導き周回方法の2019年版を書きたいとおもいます。

今回は、導き周回のスタイルやコスト、方法などをふまえてかいていきたいと思います。

凡例:

オートマ  オートマッチングで迷宮の鍵で入る迷宮用のやり方です
ドロシー  ドロシー経由で入る迷宮用のやり方です
固定    4人固定で迷宮の鍵で入るやり方です
一人で可能 他人にかかわらずにできるやり方です
高レベル  高レベル(カンストレベル近辺)でもできる可能性のあるやり方です
過疎レベル カンスト付近でない、過疎化しているレベル帯でできるやり方です  
コストゼロ 周回にコストがかからない(ダミー投入用のコイン準備は必要)

では、効率の低い順に書いていきます。

1.マッチング周回(通常迷宮) オートマ 高レベル

  ■やり方
   オートマで迷宮入る。コイン入れずに通常迷宮へ
   マッチングした相手が誰もコイン・カードを投入しなければ成立

  ■効率
   0.4~0.5周/10分

  ■メリット
   通常迷宮に行ける。悪魔の騎士や通常迷宮ボスに会える可能性がある

  ■デメリット
   プチプチ香水1本で1回しか回れない。というか導き周回には全く適さない

  ■評価
   導き周回する目的でやる耐えうるような周回方法ではない。
   マッチングした人にコイン投入を断られた場合でもなければ何かコイン等を入れるべき。

2.マッチング周回(適当なコイン投入 カンストレベル帯) オートマ 高レベル  

  ■やり方
   オートマで迷宮入る。適当なコインいれる。  
   自分でいれても、他人が入れてもOK

  ■効率
   2~3周/10分

  ■メリット
   適当な余ったコインやカードを消化できる。
   他の方が投入場合ノーコスト。

  ■デメリット
   他人に入れてもらった場合は当然入れてもらうものを指定できない
   誰も入れない場合はあなたがコインを入れる必要ある
   最近はおでかけすごろくで型落ちのコインがかなり流入しているため、
   他人のコイン目当てで行くつもりでもいいかもしれない。
   ※入れたコインに文句言ったり、誰もいれなければ抜けるのはマナー違反と思う

  ■評価
   普通にカンストレベル近辺でオートマで入るとたいていこのパターンだろう
   自分が消化したいコイン持っているなら自分から入れたほうがいい。

3.マッチング周回(適当なコイン投入 90レベル未満) オートマ 過疎レベル

  ■やり方
   オートマで迷宮入る。弱いプチボス、キャッツ、メタボス等を入れる
   自分で入れても、他人がいれてもOK

  ■効率
   2~3周/10分

  ■メリット
   運が良ければマッチングしないことも多い(サポ3になる)

  ■デメリット
   肉2サポ2の可能性が高くなる。酷い装備や能力のサポがつく可能性大
   強いコインを投入できない

  ■評価
   導き周回の香水使う初回に限れば、サポ3で入ったときに見破り目的で
   通常迷宮経由でいく選択肢もある。
   またサポ3で入れた場合は後述のゼロ回しに移行するが可能。
   逆に肉2サポ2で入ると厄介なのでできればメタボス等を用意したい。

4.不要コイン持ち寄り周回 固定 ドロシー 高レベル

  ■やり方
   固定で不要なコインを持ち寄り周回
   4人なら普通に鍵から迷宮に、3人以下ならドロシーから行く

  ■効率
   2~3周/10分

  ■メリット
   お互いいらないコインを処分する目的でできる
   オートマだと敬遠されるようなものでも持ち寄りならやりやすい

  ■デメリット
   不要なコインやカードがなければ成立しない

  ■評価
   持ち寄りで不要なカードを処分したり、チームクエの迷宮走破数稼ぎによい。

5.ドロシーボス周回 ドロシー 一人可能

  ■やり方
   ドロシー経由で適当なコインを投入してサポと周回   

  ■効率
   2~3周/10分

  ■メリット
   一人でできる。誰にも気にせずにできる。
   サポを厳選できるので、オートマより効率よくできる。
   自信があるならオートマではやりにくい強いコインボスも可能

  ■デメリット
   ドロシー経由の場合必ずボスコイン必要。通常迷宮にはいけない
   強いコインボスだと時間がかかって効率が落ちる

  ■評価
   一人で不要コインを消化するのに最適。
   型落ちの比較的弱めなボスならサポがしっかりしていれば楽勝。

6.レアボス周回 固定 ドロシー 一人可能 

  ■やり方
   レアボスで周回する。固定で鍵経由でも、一人でドロシー経由でも。

  ■効率
   3周/10分

  ■メリット
   金策しつつ導き周回が可能

  ■デメリット
   レアボスコインがたくさんないと成立しない

  ■評価
   おみくじボックスで福の神狙いで開封すると結構な数のレアボスも手に入る。
   1枚ずつしか消化できないので、みちびき周回用で使うのに適してる。

7.テンの日 福の神オートマ オートマ 高レベル

  ■やり方
   福の神に強い職・装備でオートマでテンの日に入る。
   福の神を入れる/いれてもらう

  ■効率
   3周/10分

  ■メリット
   福の神を入れてもらえる可能性が高い。
   自分が福の神を入れると、他人も追加していれてくれることがある

  ■デメリット
   福の神に強い職・装備の人と全くマッチングしない場合、やりづらい
   当然ながら福の神カードがばらまかれるテンの日限定

  ■評価
   テンの日は他人に追従する可能性を考えて福の神を準備している人が多い。
   また福の神に強い職・装備の人とマッチングする可能性が高い。
   そのため、オートマで福の神固定周回的に回せることがある。

8.福の神周回 固定 高レベル

  ■やり方
   4人固定で福の神構成で周回

  ■効率
   3~4周/10分

  ■メリット
   福の神周回ついでに導き周回もできる

  ■デメリット
   福の神をたくさん準備必要

  ■評価
   いわゆる福の神周回が主目的でついでに導き周回もできる
   というか、福の神周回するときはほとんどの人が導きも回しているだろう。

9.中レベル ゼロマッチング周回(ゼロ回し) オートマ 一人で可能 コストゼロ

  ■やり方
   レベル40~50台のレベルで一人でオートマッチング
   マッチング中「仲間をさがしています」が30秒出続けて迷宮に入れば成功
   途中で「×人目の仲間をさがしています」になったらキャンセルしてやり直す
   サポ3になるのでショートカットいれて導きキャラ確認後ボス部屋入らず抜ける。    

  ■効率
   3~5周/10分

  ■メリット
   ゼロマッチング成立が高ければ高効率で周回できる
   隠し部屋で雑魚が出ても倒して問題ない
   マッチング進捗が見えるため不本意な強制マッチングを回避可能

  ■デメリット
   カンストレベル帯についでゼロマッチング成立がしにくいレベル帯である
   ゼロマッチング率は40%くらいか
   ゼロマッチングが成立しないほどに効率が悪くなる

  ■評価
   ゼロ回しとしてはあまり適さないレベル帯
   天地雷鳴士、遊び人、デスマスターなどが50レベルスタート職であるが故、
   意外とマッチングしてしまう可能性高い。
   特に新職追加直後は避けましょう。

10.固定自殺マラソン 固定 

  ■やり方
   4人固定で練習札で自殺周回

  ■効率
   4周/10分

  ■メリット
   固定で行うため、導きに遭遇すると全員同時に会える

  ■デメリット
   一人でやるほど高速に全滅できないので、一人で自殺マラソンするよりは効率悪い

  ■評価
   あくまで、鍵迷宮経由で入って途中の隠し部屋や宝箱を容認する意味での自殺マラソン
   ドロシー経由にすると隠し部屋なくなるし効率悪いので一人でやるほうがいい。

11.メタボス周回 固定 ドロシー 一人で可能

  ■やり方
   メタルウイングを装備した4人でメタボスで周回する
   固定でもサポでもよいがメタルウイング持ちをいれること

  ■効率
   4~5周/10分

  ■メリット
   経験値・特訓稼ぎついでにできる。
   敵を倒して周回する手段としては最高レベルの効率

  ■デメリット
   メタボスコインが大量に必要。比較的コストが高くなる
   元気玉などと併用しているとき導きキャラが出ると逆にロスになる

  ■評価
   経験値稼ぎ、特訓稼ぎついでにやるのが望ましい。
   そのついでに導き周回ができるイメージに考えるのが妥当

12.ひとり自殺マラソン ドロシー 一人で可能

  ■やり方
   ドロシーから練習札で自殺周回。
   サポは入れず、装備ははずしておく

  ■効率
   5周/10分

  ■メリット
   一人であり、かなりの効率で周回できる。
   コストも激安な練習札でできる。

  ■デメリット
   ドロシーなので隠し部屋でないし副収入など全くなし。
   運悪くお目当ての導きキャラが長く出なかったりすると心が折れる

  ■評価
   導きに効率的に会える以上のなにもない。
   効率を追求するなら、後述のバトマス自滅周回をやるのがよい。  

13.中高レベルゼロマッチング周回(ゼロ回し) オートマ 一人で可能 コストゼロ

  ■やり方
   レベル60~80台のレベルで一人でオートマッチング
   マッチング中「仲間をさがしています」が30秒出続けて迷宮に入れば成功
   途中で「×人目の仲間をさがしています」になったらキャンセルしてやり直す
   サポ3になるのでショートカットいれて導きキャラ確認後ボス部屋入らず抜ける。    

  ■効率
   3~6周/10分

  ■メリット
   ゼロマッチング成立が高ければ高効率で周回できる
   隠し部屋で雑魚が出ても倒して問題ない
   マッチング進捗が見えるため不本意な強制マッチングを回避可能

  ■デメリット
   ゼロマッチングが成立しないほどに効率が悪くなる

  ■評価
   40~50レベル台よりマッチングしにくい(ゼロマッチ率50~70%くらい)
   香水使用の最初の1回目だけは成立しないようにしてゼロマッチングさせる
   以降は運悪く当たってしまったらそのままいくくらいの気持ちでいいだろう

14.低レベルゼロマッチング周回(ゼロ回し) オートマ 一人で可能 過疎レベル コストゼロ

  ■やり方
   レベル10~30台のレベルで一人でオートマッチング
   マッチング中「仲間をさがしています」が30秒出続けて迷宮に入れば成功
   途中で「×人目の仲間をさがしています」になったらキャンセルしてやり直す
   サポ3になるのでショートカットいれて導きキャラ確認後ボス部屋入らず抜ける。    

  ■効率
   4~7周/10分

  ■メリット
   ほぼゼロマッチングが成立するので高効率で周回できる
   隠し部屋で雑魚が出ても倒して問題ない
   マッチング進捗が見えるため不本意な強制マッチングを回避可能

  ■デメリット
   該当レベル帯の職がなければ実施不可能
   ゼロマッチングが成立しないほどに効率が悪くなる

  ■評価
   ゼロマッチング成功率は80%以上
   場合によっては1桁レベルゼロマッチングと同じ効率でまわせる

15.バトマス自滅周回 ドロシー 一人で可能 高レベル

  ■やり方
   諸刃斬りで一発で自滅するように調整したバトマスで練習札で自殺周回する

  ■効率
   5~6周/10分

  ■メリット
   カンストレベル帯で一人で周回可能な中で最も効率がよい周回方法
   コストは激安の練習札のみ

  ■デメリット
   自殺用に宝珠などをセッティングすることが必須。
   一発で自滅できないと効率は著しく落ちてしまう。

  ■評価
   かつてレギロガでミネア効果もらうために周回する方法としてメジャーだった方法
   今でも常闇5や万魔の塔、いずれくる聖守護者後の新エンドコンテンツ等ミネア効果が
   絶大なもので有効であればこの方法で周回する人が多くなると思われる

16.一桁レベルゼロマッチング周回(ゼロ回し) オートマ 一人で可能 過疎レベル コストゼロ

  ■やり方
   レベル一桁レベルで一人でオートマッチング
   マッチング中「仲間をさがしています」が30秒出続けて迷宮に入れば成功
   途中で「×人目の仲間をさがしています」になったらキャンセルしてやり直す
   サポ3になるのでショートカットいれて導きキャラ確認後ボス部屋入らず抜ける。    

  ■効率
   5~8周/10分

  ■メリット
   99%ゼロマッチングが成立する。ゼロマッチング周回でも最高効率
   マッチング進捗が見えるため不本意な強制マッチングを回避可能

  ■デメリット
   該当レベル帯の職がなければ実施不可能
   隠し部屋に雑魚敵がでるとレベルを上げられないので抜ける必要あり
   ※レベル上げてもいいならもちろん倒してしまってよい

  ■評価
   マッチングしたら事故といえるレベルの確率。
   私(エイロス、メレナ)が利用することの多い導き回し方法のメイン。
   もちろん、周回履歴つけているときの「ゼロ回し」はこのやり方が多い。
   なお、新規キャラが大量に流入するような施策がおきると一時的にマッチング率が
   上昇してしまい、効率が悪くなることが稀にある。

17.4人固定突入3抜け回し 固定

  ■やり方
   固定4人で迷宮入り、すぐ3人が抜ける
   その後残った一人がコイン投入・導き確認して鍵抜け

  ■効率
   6~10周/10分

  ■メリット
   理論上の最高効率

  ■デメリット
   導き回しするキャラ以外にメリット皆無
   抜けたメンバーはパーティからはずれてしまう
   やれる条件が非常に厳しい

  ■評価
   手段が特異なため、実質4アカプレイヤーが利用するやり方となる。
   抜けたメンバーはパーティからはずれるため再度組みなおす必要あり。
   そのため、4アカではせいぜい7~8周が限界と思われる。

 

導き回し方法の最新版ですが、Ver5で常闇5や万魔の塔など、ミネア有効なコンテンツでは
非常に有効な効果として利用できるのではないのでしょうか。
強敵コンテンツには審判、死神が、レベル上げには皇帝が絶大な効果をもたらします。

今日はここまで。では、またー

 


   

2019年11月 8日 (金)

ドラクエの謎考察 その229

こんばんは。

ドラクエの考察を続けて第229回

・ドラクエ世界のイベント

ドラクエシリーズも最近のオンラインやソシャゲ系のものはリアルのイベントに合わせて季節イベントがある。

ドラクエ10のようなオンラインや星ドラのようなソシャゲ系で考えてみると

年のはじめから並べると

年始イベント
雪まつり
ひなまつり
イースター
GW
七夕
海イベント
ハロウイン
クリスマス
年末イベント

みたいな感じでイベントあるだろう。

他にも4月に入学式のようなもの、6月にジューンブライドのようなものもある。

他のゲームも普通にある〇〇周年イベントみたいのがあるでしょう。

しかし、歴代のドラクエシリーズだと、季節が決まっているようなケースがほとんどない。
が、ゲームの中でのストーリー上の季節イベントがあることはある。

ドラクエ6では精霊祭りがありますね。
ドラクエ7では最初のフィッシュベルでアミット祭りなんてのがある。

ドラクエ9もWifi通信ができたころは、季節イベントがあった。
wifiショッピングにそれら季節イベントのアイテムが売りにだされていたりしたのだ。
残念ながら、今はドラクエ9はネット接続が一切できなくなっているためイベントも起きない。
(そもそもDS版9のWifiショッピングの商品に新しいものが並ぶことはもうない)

ドラクエ10もオンラインである以上、季節イベントが配信されれば確実にある。

新しいシリーズは基本オフラインであっても配信要素とかが入る。
そのため、意外と季節イベントがリアルタイムでできるものもあるだろう。

基本無料のソシャゲであれば、どんどんイベントを入れて有料アイテムも出すことが多い。
星のドラゴンクエストなんてまさにそうだろう。

ドラクエシリーズだと、過去作のイベントが入るというものがある。

そこで気になるのは、オンラインの10では、なぜか他のナンバリングのものがつかわれることが以外にも少ないのだ。

特にソシャゲ系ドラクエでは歴代のボスを登場させるのは当たり前。

モンスターズ、ライバルズは言うに及ばず、ドラクエウォークも早くも竜王が登場。
星ドラに至ってはすでに11までのすべてのナンバリングのコラボイベあった。
ダイの大冒険、ロトの紋章といったドラクエ漫画のコラボもあった。

そう考えるとドラクエ10はもっとコラボイベ入ってほしいなと思う。

Ver5に入るにあたり、一部のモンスターの使用許可が出ているのでコラボイベがあることを期待したい。

 

ドラクエ10の次のコインボスはドラクエ1のドラゴン。

ただ、たぶんほとんどの人が期待しているというか来るぞ来るぞと思っている奴がいるじゃないですか。
映画にも話題になっているし、デスマスターの衣装がなんとなく・・・と思っているからアレが絶対来ると思う。

そう、ドラクエシリーズの悪役としての存在感が間違いなく5本の指に入る存在

「ゲマ」

Ver5の中できますよね。9の帝国三将軍が実装されたんだから、こないとむしろおかしいとすら思います。
ここは来ることを期待したい。

 

今日はここまで。では、またー

2019年11月 4日 (月)

<ドラクエ10> Ver5進めていく

こんばんは。

Ver5を本格的にストーリーなどを進め始めました。

さて、まずVer5入って、かなり影響の大きな問題が発生していました。
以前私も懸念していましたが、新規キャラがVer5から開始できることを利用した
「キャラデリ金策」をする人が案の定大量にわきました。

中でも、バトルルネッサンスを利用したものが金額的に問題が大きいです。
さすがに問題なので運営も暫定対応としてルネッサンスのコンテンツを停止対応しました。

かつてサンビタリアを利用したキャラデリ金策が話題になりました。
マイタウンのための金策として、釣り報酬を一通りとってキャラデリする金策も話題になりました。

これらの問題の対応として、ひと月に5回までしかキャラの再作成はできなくなっています。
しかし、複数アカウントでやれば、5回の制限など小さな問題でしかなくなります。

運営も、月5回までのキャラデリによる金策は想定であるし、合法であることを記載しました。

が、金を巻き上げられて削除されていくキャラクター達。
実際、キャラデリされる運命にあるキャラ名は「あ」とか意味不明の文字列でつけられていたようです。
なんかのSFでありましたが、臓器移植するためにクローン人間を作って移植。
臓器を摘出したクローンはそのまま死んでしまう、というのを体現したような金策です。
もはやキャラクターをただのモノとして扱う、とても罪悪感がある金策ではないでしょうか。

ゲームなので考え方は人それぞれと思いますが、私はとてもじゃないけどやりたいとは思いません。

運営が一応「仕様」と断言してしまったので、BANやロールバックはないでしょう。
(3DS版のある手順で行える無限金策は仕様を悪用しているので、こちらはBANの可能性もあるかも)

まあ、これはもう対策されるでしょうから、この話はここまでにします。

 

さて、Ver5のストーリーをすすめました。
Ver5の魔界の移動もVer4のように専用のアイテムを使って移動できるシステムです。

前回かきましたが、魔界のモンスターは〇〇強 みたいな既存モンスターの強バージョンメイン。
経験値が特に大きく上がっていますが敵も強いです。

新エリアなので、新素材が拾えます。
が、導入から2週間たったのでアイテムの値段の高騰もある程度おちつきました。
とはいえ、新武器用のデモニウム鉱石はまだ2万以上します。

ストーリーの中核についてはネタバレ多いので詳細は書きませんが、
魔界の国のバルディスタ、ゼクレスを回ってストーリーが進展します。
どちらからやってもいいみたいです。
私の場合、ゼクレスのほうを先にやりました。

そのあと、ファラザードへ。そこまでしかまだすすめていません。

期間イベントとしてプリズランがあり、こちらもやりました。

前回は逃げるほうが有利すぎたためか、若干変更されています。

前回は幽霊VS除霊師でしたが、今回は狼と子豚
なんか人狼大好きDの趣味が影響しているのかな・・・

前回との変更点ですが、逃げる側のスキルが、姿を消すではなく、小さくなる&スピードアップ

直接追手を撒くことはできないため、あなた以外眼中になしな意識の追手に見つかったの場合、
残念ながら振り切ることはできません。

逆にプリズンロックが2か所にあるため、鍵があとひとつになってしまうと追跡側がかなり不利になります。

が、前述のとおり、見つけてしまえば、その相手だけに狙いを定めればほぼ捕まえられるため
逆に逃走側もあと一人になった場合は風前の灯といっていいでしょう。

その場合、追跡側がふたりがプリズンロックにはりつき残り一人が最後の一人を探すことになるので
その最後の一人を見つけるまでの時間の問題になります。

特にサーチランプは逃走者ひとりをランダムに発見して姿を巨大化させるので、逃走側が少なくなればなるほど
むずかしくなります。

そして、今回は勝敗でのポイントのほかに表彰数でのポイントもあります。
報酬が、普通のポイントと表彰数で2種類あるので注意です。

こういうバトルトリニティや防衛軍でギスりの原因になる勝敗と個人戦績のような相反条件ぶっこむのなんでやるんだろ

ちなみに勝利100P、敗北40P、表彰で60Pなので敗北濃厚になると表彰条件の無謀な行動にシフトしたり、
ひどい場合は、逃走側で序盤につかまってしまうと放置する人も結構いました。
ちなみに今回は千里眼の出現数がつかまっている人数に比例して出現するので、
3,4人つかまっていれば切れ目なく使えるのですが・・・・

ただ、普通にプレイしていれば、ポイントの報酬を一通りとれる段階で表彰数の報酬も普通にとれます。
キャラデリ金策もそうだけど、こういうのモラルの問題だからどうにもならないのかなあ。

----------------------------------------------------------------------------------------

導き周回履歴

総周回数:11399
トルネコ:600 (5.26%)
ミネア :596 (5.23%)
テリー :603 (5.29%)
カンダタ:1895 (16.62%)

トルネコが600回達成しました。

なお、キャラデリ金策で大量の低レベルキャラが生まれたのが原因で導き周回に影響しています。
極低レベルでゼロマッチング率が下がってしまっています。
レベル一桁では、Ver5の前は99%マッチングしませんでしたが、Ver5突入後は90%位にへりました。

どうやらVer5からストーリー始めるとヒスイのカギもいくつかもらえます。
それを複垢プレイヤーはヒスイのカギでメタキンをとってそれをメイン垢と一緒に回して使えるみたいです。
(当然そのあとキャラデリするのでしょう・・・)

ほんと、Ver5から開始機能ってキャラデリ前提の稼ぎやVer5まで役立ち要素を有した金策用サブキャラなど
本来の想定目的外の利用がほとんどではないでしょうか。
普通に初心者には使ってほしい機能には到底おもえません。

今日はここまで。では、またー

 

2019年11月 1日 (金)

ドラクエの謎考察 その228

こんばんは。

ドラクエのいろいろを考えるお話 PART228

・ドラクエにおける「イカサマ」技

ドラクエだけではないが、ゲームには有利になるもの、俗にズルをするイカサマ技がある。

今日はこれについて考えてみる

◆リセット技

オフラインゲームであれば、使ったことがない人の方が稀ではないだろうか。
ドラクエでいうなら、以下のようなときに無意識にリセットボタン押してしまう人いませんか?

・全滅してしまった
・一品もののアイテムを売却したり捨ててしまった。
・間違えた買い物をしてしまった
・誤って高価で希少な消耗品アイテムを使ってしまった
・カジノで負けた、福引を数回してまともなものが当たらなかった
・レベルアップや、種や木の実使って上がる数値が低かった
などなど

そう、悪い結果がなかったことになるオフラインの最強の魔法、「リセット」
ドラクエばかりでなく、多くのゲームで使われます。

当然ながら、ほかのプレイヤーがいるオンラインゲームや対戦要素のあるゲームではリセットはできません。

◆チート

セーブデータを直接改変して、最強のキャラクターを作ったり、アイテムや装備を自在に得たりするもの。
普通にプレイしては不可能なことができるようなものもあり、ゲーム性は完全に壊れます。

基本的に、まともに遊びたい人は手をだすべきではないです。
普通の方法ではできないことを体験するためにすることはあるでしょう。

当たり前ですが、オンラインでは確実に禁止事項。

◆デュープ

デュープとはduplicate(複製)のこと。
ようはアイテムをふやしたり、お金を増やしたりといった内容。
チートとほぼ同じですが、こちらはある特定の手順を踏んでシステムの穴をつくことにより
半ばバグ利用でできること。
制限がかかっているものが無制限にできるようなものや繰り返しでできるものも含む。

コンピュータゲームではアイテムをAからBに移すときに、特定操作するとBに移ったアイテムがAにも残る
みたいな不具合を使うものが多い。
お金については0-1=255 とか0-1=65535といったコンピュータのけた落ちを悪用するものが多い。

ドラクエで有名なのはFC版4の大量のカジノコインが激安で買えるものや
PS版ドラクエ5のアイテム増殖技、FC3のランシールバグを利用した一品ものを複数回とれるものとか。

これもオンラインでは禁じ手。確実にBANされます。

◆リセットマラソン(リセマラ)

ソシャゲーに多い、ゲーム開始時に特典的にアイテムを入手できるもの。
ほとんどの場合、課金ガチャが新規時のみ何回分か回せる。
その場合、当たりアイテムが引けなかったらゲームを消して再度やり直す。
お目当てのモノがてにはいるまで新規作成とリセットを繰り返すからリセットマラソンという。

また、ドラクエではないが、古いRPGではキャラクター作成時に能力値がランダムできまったり、
ステータスに振り分けするポイントが運の良し悪しでかなりかわるようなゲームもある。
そういうゲームでもやはりいい数値がでるまで何度もキャラを作りなおすのもリセマラの一種だろう。

ナンバリングドラクエではキャラメイク時にステータスやアイテムが異なることはない。
ドラクエ3ではステータスを振り分けるが、その値はほぼ固定。
なので、やはりこれはドラクエでもソシャゲ系で使われることが多いでしょう。

と、思いきや、10月末時点でドラクエ10の最新のVer5で恐ろしいリセマラ金策がみつかりました。
キャラを作ってあるコンテンツをこなして報酬をゲットし、キャラを消して再度新キャラ作成。
これを繰り返すと短時間でいままで真面目に金策したのがばからしくなる効率。
間違いなく、対策されるとはおもいますが、緊急メンテとかはしないんだよね。
ドラクエ10の記事のほうに書く予定だけど、かなりクリティカルでやばい案件と思う。
過度な見方をするとデュープにもとられかねないので、今のところ手を出さないほうがよいかと。

◆ワープ技・手順飛ばし

正規の方法では、入れない場所に特殊な手順で入ったりできるもの。
段階を踏まないといけないイベントなどをすっとばしてできるもの。

バグや仕様の穴をついたものがほとんどだが、ストーリーの進行の矛盾が発生する。
そのため、はまり状態になったり、取り返しのつかない状態になることもある。

ご利用は計画的に。

◆放置プレイ稼ぎ

オフラインのカジノはだいたいやればやるほど増えるバランスになっている。
そのため、スロットなどはボタンを固定にして放置してコインをかせいだり
マクロを仕込んで自動戦闘させたりすることで放置レベルアップといったことができる。
オフラインで放置プレーして楽しいのだろうか?とも思うが、
同じことの繰り返しの作業がダルいと思う人は手を出す方もいると思う。

外部ツールを使ったりするので、基本的にオンラインでは禁止事項になっている。
いわゆるBOTである。

◆強くてニューゲーム、最強コマンド

バグや仕様の穴をつくというよりかは、ゲームクリア後に任意に選べるエクストラモードとして
搭載されているゲームもある。

いわゆる、ゲームクリアしたときの強さのまま最初からできる「強くてニューゲーム」
最初からレベルMAX、アイテム全部あるみたいな特殊な奴。

あくまで普通にクリアした人向けの遊びの要素のため、最初からこんなことできたら
ゲームの楽しさのほとんどを失ってしまうであろう。

◆パワーレベリング

強いキャラに守られるようにして弱いキャラを育成するレベル上げのこと。
ドラクエでいうなら、レベル99カンストキャラに守られて低レベルのキャラを育てる方法。
当たり前だが、育てる低レベルキャラでは全く歯が立たないとしても、周りの強いキャラに倒してもらう。
オンラインのドラクエ10でもカンスト近辺のキャラに護衛してもらえば、
Ver2くらいまでなら余裕でクリアできるだろう。
その過程でレベルもかなり上がるはず。

ドラクエではないが、一部のオンラインRPGは組んでいる最高レベルを基準に
経験値が計算されるゲームがあり、あまりにも格下だと経験値が入らないゲームもある。

レベル上げもRPGの醍醐味と思う方もいるので、パワーレベリングも邪道ととらえる人もいる。

 

 

まあ、こういったズル技はいくらでもある。
やるかやらないかはその人次第。
やりすぎるとゲームの楽しさが失われるので過度の利用は禁物

今日はここまで。では、またー

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »