« ドラクエの謎考察 その229 | トップページ | ドラクエの謎考察 その230 »

2019年11月12日 (火)

<ドラクエ10> 導きキャラ周回方法まとめ 2019年版

こんばんは。

Ver5が始まり、常闇の5が追加されました。
そして、この記事を書く本日ちょうどVer5の万魔の塔がオープンしました。
聖守護者では利用できなくなっていたミネア効果ですが常闇や万魔の塔は利用可です。
密にミネア需要があがってきてるのではないでしょうか。
そこで今日は導き周回方法の2019年版を書きたいとおもいます。

今回は、導き周回のスタイルやコスト、方法などをふまえてかいていきたいと思います。

凡例:

オートマ  オートマッチングで迷宮の鍵で入る迷宮用のやり方です
ドロシー  ドロシー経由で入る迷宮用のやり方です
固定    4人固定で迷宮の鍵で入るやり方です
一人で可能 他人にかかわらずにできるやり方です
高レベル  高レベル(カンストレベル近辺)でもできる可能性のあるやり方です
過疎レベル カンスト付近でない、過疎化しているレベル帯でできるやり方です  
コストゼロ 周回にコストがかからない(ダミー投入用のコイン準備は必要)

では、効率の低い順に書いていきます。

1.マッチング周回(通常迷宮) オートマ 高レベル

  ■やり方
   オートマで迷宮入る。コイン入れずに通常迷宮へ
   マッチングした相手が誰もコイン・カードを投入しなければ成立

  ■効率
   0.4~0.5周/10分

  ■メリット
   通常迷宮に行ける。悪魔の騎士や通常迷宮ボスに会える可能性がある

  ■デメリット
   プチプチ香水1本で1回しか回れない。というか導き周回には全く適さない

  ■評価
   導き周回する目的でやる耐えうるような周回方法ではない。
   マッチングした人にコイン投入を断られた場合でもなければ何かコイン等を入れるべき。

2.マッチング周回(適当なコイン投入 カンストレベル帯) オートマ 高レベル  

  ■やり方
   オートマで迷宮入る。適当なコインいれる。  
   自分でいれても、他人が入れてもOK

  ■効率
   2~3周/10分

  ■メリット
   適当な余ったコインやカードを消化できる。
   他の方が投入場合ノーコスト。

  ■デメリット
   他人に入れてもらった場合は当然入れてもらうものを指定できない
   誰も入れない場合はあなたがコインを入れる必要ある
   最近はおでかけすごろくで型落ちのコインがかなり流入しているため、
   他人のコイン目当てで行くつもりでもいいかもしれない。
   ※入れたコインに文句言ったり、誰もいれなければ抜けるのはマナー違反と思う

  ■評価
   普通にカンストレベル近辺でオートマで入るとたいていこのパターンだろう
   自分が消化したいコイン持っているなら自分から入れたほうがいい。

3.マッチング周回(適当なコイン投入 90レベル未満) オートマ 過疎レベル

  ■やり方
   オートマで迷宮入る。弱いプチボス、キャッツ、メタボス等を入れる
   自分で入れても、他人がいれてもOK

  ■効率
   2~3周/10分

  ■メリット
   運が良ければマッチングしないことも多い(サポ3になる)

  ■デメリット
   肉2サポ2の可能性が高くなる。酷い装備や能力のサポがつく可能性大
   強いコインを投入できない

  ■評価
   導き周回の香水使う初回に限れば、サポ3で入ったときに見破り目的で
   通常迷宮経由でいく選択肢もある。
   またサポ3で入れた場合は後述のゼロ回しに移行するが可能。
   逆に肉2サポ2で入ると厄介なのでできればメタボス等を用意したい。

4.不要コイン持ち寄り周回 固定 ドロシー 高レベル

  ■やり方
   固定で不要なコインを持ち寄り周回
   4人なら普通に鍵から迷宮に、3人以下ならドロシーから行く

  ■効率
   2~3周/10分

  ■メリット
   お互いいらないコインを処分する目的でできる
   オートマだと敬遠されるようなものでも持ち寄りならやりやすい

  ■デメリット
   不要なコインやカードがなければ成立しない

  ■評価
   持ち寄りで不要なカードを処分したり、チームクエの迷宮走破数稼ぎによい。

5.ドロシーボス周回 ドロシー 一人可能

  ■やり方
   ドロシー経由で適当なコインを投入してサポと周回   

  ■効率
   2~3周/10分

  ■メリット
   一人でできる。誰にも気にせずにできる。
   サポを厳選できるので、オートマより効率よくできる。
   自信があるならオートマではやりにくい強いコインボスも可能

  ■デメリット
   ドロシー経由の場合必ずボスコイン必要。通常迷宮にはいけない
   強いコインボスだと時間がかかって効率が落ちる

  ■評価
   一人で不要コインを消化するのに最適。
   型落ちの比較的弱めなボスならサポがしっかりしていれば楽勝。

6.レアボス周回 固定 ドロシー 一人可能 

  ■やり方
   レアボスで周回する。固定で鍵経由でも、一人でドロシー経由でも。

  ■効率
   3周/10分

  ■メリット
   金策しつつ導き周回が可能

  ■デメリット
   レアボスコインがたくさんないと成立しない

  ■評価
   おみくじボックスで福の神狙いで開封すると結構な数のレアボスも手に入る。
   1枚ずつしか消化できないので、みちびき周回用で使うのに適してる。

7.テンの日 福の神オートマ オートマ 高レベル

  ■やり方
   福の神に強い職・装備でオートマでテンの日に入る。
   福の神を入れる/いれてもらう

  ■効率
   3周/10分

  ■メリット
   福の神を入れてもらえる可能性が高い。
   自分が福の神を入れると、他人も追加していれてくれることがある

  ■デメリット
   福の神に強い職・装備の人と全くマッチングしない場合、やりづらい
   当然ながら福の神カードがばらまかれるテンの日限定

  ■評価
   テンの日は他人に追従する可能性を考えて福の神を準備している人が多い。
   また福の神に強い職・装備の人とマッチングする可能性が高い。
   そのため、オートマで福の神固定周回的に回せることがある。

8.福の神周回 固定 高レベル

  ■やり方
   4人固定で福の神構成で周回

  ■効率
   3~4周/10分

  ■メリット
   福の神周回ついでに導き周回もできる

  ■デメリット
   福の神をたくさん準備必要

  ■評価
   いわゆる福の神周回が主目的でついでに導き周回もできる
   というか、福の神周回するときはほとんどの人が導きも回しているだろう。

9.中レベル ゼロマッチング周回(ゼロ回し) オートマ 一人で可能 コストゼロ

  ■やり方
   レベル40~50台のレベルで一人でオートマッチング
   マッチング中「仲間をさがしています」が30秒出続けて迷宮に入れば成功
   途中で「×人目の仲間をさがしています」になったらキャンセルしてやり直す
   サポ3になるのでショートカットいれて導きキャラ確認後ボス部屋入らず抜ける。    

  ■効率
   3~5周/10分

  ■メリット
   ゼロマッチング成立が高ければ高効率で周回できる
   隠し部屋で雑魚が出ても倒して問題ない
   マッチング進捗が見えるため不本意な強制マッチングを回避可能

  ■デメリット
   カンストレベル帯についでゼロマッチング成立がしにくいレベル帯である
   ゼロマッチング率は40%くらいか
   ゼロマッチングが成立しないほどに効率が悪くなる

  ■評価
   ゼロ回しとしてはあまり適さないレベル帯
   天地雷鳴士、遊び人、デスマスターなどが50レベルスタート職であるが故、
   意外とマッチングしてしまう可能性高い。
   特に新職追加直後は避けましょう。

10.固定自殺マラソン 固定 

  ■やり方
   4人固定で練習札で自殺周回

  ■効率
   4周/10分

  ■メリット
   固定で行うため、導きに遭遇すると全員同時に会える

  ■デメリット
   一人でやるほど高速に全滅できないので、一人で自殺マラソンするよりは効率悪い

  ■評価
   あくまで、鍵迷宮経由で入って途中の隠し部屋や宝箱を容認する意味での自殺マラソン
   ドロシー経由にすると隠し部屋なくなるし効率悪いので一人でやるほうがいい。

11.メタボス周回 固定 ドロシー 一人で可能

  ■やり方
   メタルウイングを装備した4人でメタボスで周回する
   固定でもサポでもよいがメタルウイング持ちをいれること

  ■効率
   4~5周/10分

  ■メリット
   経験値・特訓稼ぎついでにできる。
   敵を倒して周回する手段としては最高レベルの効率

  ■デメリット
   メタボスコインが大量に必要。比較的コストが高くなる
   元気玉などと併用しているとき導きキャラが出ると逆にロスになる

  ■評価
   経験値稼ぎ、特訓稼ぎついでにやるのが望ましい。
   そのついでに導き周回ができるイメージに考えるのが妥当

12.ひとり自殺マラソン ドロシー 一人で可能

  ■やり方
   ドロシーから練習札で自殺周回。
   サポは入れず、装備ははずしておく

  ■効率
   5周/10分

  ■メリット
   一人であり、かなりの効率で周回できる。
   コストも激安な練習札でできる。

  ■デメリット
   ドロシーなので隠し部屋でないし副収入など全くなし。
   運悪くお目当ての導きキャラが長く出なかったりすると心が折れる

  ■評価
   導きに効率的に会える以上のなにもない。
   効率を追求するなら、後述のバトマス自滅周回をやるのがよい。  

13.中高レベルゼロマッチング周回(ゼロ回し) オートマ 一人で可能 コストゼロ

  ■やり方
   レベル60~80台のレベルで一人でオートマッチング
   マッチング中「仲間をさがしています」が30秒出続けて迷宮に入れば成功
   途中で「×人目の仲間をさがしています」になったらキャンセルしてやり直す
   サポ3になるのでショートカットいれて導きキャラ確認後ボス部屋入らず抜ける。    

  ■効率
   3~6周/10分

  ■メリット
   ゼロマッチング成立が高ければ高効率で周回できる
   隠し部屋で雑魚が出ても倒して問題ない
   マッチング進捗が見えるため不本意な強制マッチングを回避可能

  ■デメリット
   ゼロマッチングが成立しないほどに効率が悪くなる

  ■評価
   40~50レベル台よりマッチングしにくい(ゼロマッチ率50~70%くらい)
   香水使用の最初の1回目だけは成立しないようにしてゼロマッチングさせる
   以降は運悪く当たってしまったらそのままいくくらいの気持ちでいいだろう

14.低レベルゼロマッチング周回(ゼロ回し) オートマ 一人で可能 過疎レベル コストゼロ

  ■やり方
   レベル10~30台のレベルで一人でオートマッチング
   マッチング中「仲間をさがしています」が30秒出続けて迷宮に入れば成功
   途中で「×人目の仲間をさがしています」になったらキャンセルしてやり直す
   サポ3になるのでショートカットいれて導きキャラ確認後ボス部屋入らず抜ける。    

  ■効率
   4~7周/10分

  ■メリット
   ほぼゼロマッチングが成立するので高効率で周回できる
   隠し部屋で雑魚が出ても倒して問題ない
   マッチング進捗が見えるため不本意な強制マッチングを回避可能

  ■デメリット
   該当レベル帯の職がなければ実施不可能
   ゼロマッチングが成立しないほどに効率が悪くなる

  ■評価
   ゼロマッチング成功率は80%以上
   場合によっては1桁レベルゼロマッチングと同じ効率でまわせる

15.バトマス自滅周回 ドロシー 一人で可能 高レベル

  ■やり方
   諸刃斬りで一発で自滅するように調整したバトマスで練習札で自殺周回する

  ■効率
   5~6周/10分

  ■メリット
   カンストレベル帯で一人で周回可能な中で最も効率がよい周回方法
   コストは激安の練習札のみ

  ■デメリット
   自殺用に宝珠などをセッティングすることが必須。
   一発で自滅できないと効率は著しく落ちてしまう。

  ■評価
   かつてレギロガでミネア効果もらうために周回する方法としてメジャーだった方法
   今でも常闇5や万魔の塔、いずれくる聖守護者後の新エンドコンテンツ等ミネア効果が
   絶大なもので有効であればこの方法で周回する人が多くなると思われる

16.一桁レベルゼロマッチング周回(ゼロ回し) オートマ 一人で可能 過疎レベル コストゼロ

  ■やり方
   レベル一桁レベルで一人でオートマッチング
   マッチング中「仲間をさがしています」が30秒出続けて迷宮に入れば成功
   途中で「×人目の仲間をさがしています」になったらキャンセルしてやり直す
   サポ3になるのでショートカットいれて導きキャラ確認後ボス部屋入らず抜ける。    

  ■効率
   5~8周/10分

  ■メリット
   99%ゼロマッチングが成立する。ゼロマッチング周回でも最高効率
   マッチング進捗が見えるため不本意な強制マッチングを回避可能

  ■デメリット
   該当レベル帯の職がなければ実施不可能
   隠し部屋に雑魚敵がでるとレベルを上げられないので抜ける必要あり
   ※レベル上げてもいいならもちろん倒してしまってよい

  ■評価
   マッチングしたら事故といえるレベルの確率。
   私(エイロス、メレナ)が利用することの多い導き回し方法のメイン。
   もちろん、周回履歴つけているときの「ゼロ回し」はこのやり方が多い。
   なお、新規キャラが大量に流入するような施策がおきると一時的にマッチング率が
   上昇してしまい、効率が悪くなることが稀にある。

17.4人固定突入3抜け回し 固定

  ■やり方
   固定4人で迷宮入り、すぐ3人が抜ける
   その後残った一人がコイン投入・導き確認して鍵抜け

  ■効率
   6~10周/10分

  ■メリット
   理論上の最高効率

  ■デメリット
   導き回しするキャラ以外にメリット皆無
   抜けたメンバーはパーティからはずれてしまう
   やれる条件が非常に厳しい

  ■評価
   手段が特異なため、実質4アカプレイヤーが利用するやり方となる。
   抜けたメンバーはパーティからはずれるため再度組みなおす必要あり。
   そのため、4アカではせいぜい7~8周が限界と思われる。

 

導き回し方法の最新版ですが、Ver5で常闇5や万魔の塔など、ミネア有効なコンテンツでは
非常に有効な効果として利用できるのではないのでしょうか。
強敵コンテンツには審判、死神が、レベル上げには皇帝が絶大な効果をもたらします。

今日はここまで。では、またー

 


   

« ドラクエの謎考察 その229 | トップページ | ドラクエの謎考察 その230 »

ドラクエ10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドラクエの謎考察 その229 | トップページ | ドラクエの謎考察 その230 »