« <ドラクエ10> 導きキャラ周回方法まとめ 2019年版 | トップページ | <ドラクエ10> 万魔の塔とVer5.0ストーリークリア »

2019年11月14日 (木)

ドラクエの謎考察 その230

こんばんは。

ドラゴンクエストというゲームをいろいろな角度から見るお話

・ドラクエ世界の食べ物

ドラゴンクエストの中にいる人もヒトだし、モンスターであっても何かを食べないと生きていけない。

RPGの中では料理を作ったり、実際にレシピがあるようなゲームもある。

では、ドラゴンクエストの世界ではどうだろうか。

具体的な料理名がでてくるものもあるが、個別に料理を作ったりできるのは実はかなり最新の作品から。

職人スキルが存在するゲームであれば、料理を作るスキルがあるゲームも多い。
ドラクエ10では調理の職人スキルがあり、料理をつくることができる。
その料理を食べることで、ステータスがアップしたり、耐性がついたりする。

ドラクエでも最近のソシャゲ系のもの(星のドラゴンクエスト等)だと職人スキルでないが、
錬金釜システムのように材料を選択して作ることが可能だ。
当然それらで作成した料理は回復アイテムやステータスを一時的にアップするような効果がある。
星ドラは特に種類がやたら豊富にある。
おそらく今現在はドラクエシリーズで食べ物の種類が一番あるシリーズと思われる。

クエストやイベントで特定の料理を作るために材料をもってくるような依頼を受けることがある。
それらはストーリーの一部だったり、派生したお話の展開ででてくるものもある。

とはいっても、ドラクエ世界だと「料理」を作るような要素は今現在だとまだまだ少ない。
が、今後はふえていくのではないのだろうか。

ちなみに地域限定の料理というものは昔から多少存在した。

例えばドラクエ7では「アミットせんべい」や「アミットまんじゅう」がある。
恐るべきことにこれらは入手量が限定で初代PS版だと数個しか入手できないとか
(リメイク版では無制限に入手できる)

ドラクエ10でも調理職人が導入される前は各大陸のお土産としての食べ物アイテムがある。
また、アイテムではないが、作中で大陸鉄道(大地の方舟)で出会う賢者ホーローが何らかしらのご当地弁当を食べている。

ドラクエ4ではトルネコの妻であるネネが弁当を作ってくれる。
この弁当、売りに出すとやたら高く売れる(笑)
というか、愛妻弁当を売ろうとするトルネコは一体・・・・

 

ゲーム中に好きな食べ物や嫌いな食べ物の話がでることもある。
ドラクエ5の双子の兄妹はどうやら妹(タバサ)のほうが好き嫌いがあるようだ。

ドラクエ11のセーニャは甘党らしい。

ゲームの中の世界からリアルの世界に飛び出した食べ物もある。

いくつかのコンビニ商品でドラクエとタイアップした商品があった。
肉まんやパンや唐揚げとか・・・記憶に残っている商品ありません?

スライム味(すっぱいミント味)のグミやキャンディもあった気がする。

また、リアルのルイーダの酒場(六本木にある)は私も行ったことがあるが、
当然ながらメニューはすべてドラクエに関係する名前がついており、形もそれにあわせてあったり。

ドラクエ発の食べ物。ゲーム内でもリアルでもさらに増えているのでしょう。

 

今日はここまで。では、またー

 

« <ドラクエ10> 導きキャラ周回方法まとめ 2019年版 | トップページ | <ドラクエ10> 万魔の塔とVer5.0ストーリークリア »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« <ドラクエ10> 導きキャラ周回方法まとめ 2019年版 | トップページ | <ドラクエ10> 万魔の塔とVer5.0ストーリークリア »