« <ドラクエ10> 以外と使えると思うロスター | トップページ | <ドラクエ10> また少し忙しくなって »

2020年3月12日 (木)

ドラクエの謎考察 その241

こんばんは。

ドラクエの歴史や謎や設定などを考えるお話 第241回

・ドラクエ世界でのお金について

RPGでは、ゲーム内で流通している貨幣が存在し、ゲームによってそれらの呼び方も異なる。

ドラクエではG(ゴールド)であるが、別の単位のゲームもある。

そもそもお金の単位は現実世界でも国ごとに違う。

日本は円だし、アメリカだとドルだし、ヨーロッパはユーロ圏は当然ユーロである。

ところが、ドラクエ世界では、国が違っても、魔界や異世界にいってもすべてゴールドである。
もしかするとゴールドとは訳せばそのまま金(きん)であるが金そのものなのかもしれない。

一方でドラクエ9以降は9ならグビアナ、10ならウルベアの金銀銅貨が存在している。
ゲーム上ゴールドに換金できるものだが、かつて貨幣として使われていたもの。
(10のウルベア金銀銅貨は正確には貨幣として使われてないが・・・・)

モンスターを倒すとなぜかお金を手に入れられる。
ゴールドそのものというよりはお金になるなんらかの現物が手に入るからだろうか。

ゴールドマンとかゴールデンスライムといったモンスターを倒すと大量のゴールドが手に入る。
それを考えると本当に金のかけらのようなものを入手するのであろうか。

ちなみに、お金もちモンスターは、当然ながらゴールドなんとかとついている奴が多く落とす。

ゴールドマン、ゴールドオーク、ゴールデンゴーレム、ゴールデントーテム、ゴールデンスライム
ほかに踊る宝石等が大金をおとす。

やっぱり金そのものや金目のものがゴールドが多いと考えてよいのか。

お金の流通はオンラインの10とオフラインの10以外では全く様相が違う。

人間プレイヤー同士の取引があるオンラインであれば、モノの価値や物価が変動する。
強力な装備の素材が高くなったりしたりする。
新コンテンツが実装されると、当然ながらそれに対応した職や装備の需要が上がる。
ハイエンドバトルコンテンツや新コインボスが導入されると特定の消耗品が上がることがある。

人気の狩り対象モンスターが落とすアイテムは値下がりするし、
特定のアイテムや装備等が必要なクエストが追加されると、一時的に爆騰することもある。

季節イベで特定のアイテムを持ってくる必要があるクエストがあったとする。
すると、そのアイテムは通常の10倍以上に高騰することさえあるのだ。

また、入手ルートが限られるモノについては、それが必要な要因が発生すれば高騰する。

最近だと輝晶獣関連のアイテムが高騰。
今日から新聖守護者の闘戦記ガルドドンが始まり、バザーの値動きが大きく起きている。

逆にオフラインでは、ストーリー的なものが全く絡まない場合
常にすべてのアイテムは決められた一定の値段を維持する。
唯一ドラクエ8だけは錬金釜で同一アイテムを作りすぎると値段が下がったりする。

ドラクエの1Gあたりの価値はどのくらいなのか前に別の考察で書いたが、
また、最近の事情からもう一度かいてみますか。

今日はここまで。では、またー

« <ドラクエ10> 以外と使えると思うロスター | トップページ | <ドラクエ10> また少し忙しくなって »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

DQ10のゴールドオークは名前詐欺ではないかと思うくらいゴールド少ないです。まあ、DQ2でかなりの金持ちだったからその名残りとも言えますね。

ドラクエ10はそもそも全体的にモンスターが落とすGは雀の涙にされているからしょうがないですね。

ナンバリング以外でもゴールドとつくモンスターはたいていG多めだけど
9でゴールドメッキマンというエセゴールドマンがでてくるクエストがあったりする。
2のゴールドオークはむしろなんで金持ちが謎(金色の皮膚なだけと思っていたけど・・・)ですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« <ドラクエ10> 以外と使えると思うロスター | トップページ | <ドラクエ10> また少し忙しくなって »