« <ドラクエ10> サブキャラのストーリーをすすめる | トップページ | <ドラクエ10> サブキャラがやっとVer3に入りました »

2020年4月30日 (木)

ドラクエの謎考察 その246

こんばんは

ドラクエの背景や設定などに突っ込むお話

・ドラクエにおける経験値の入手手段の歴史

ドラクエはRPGとしてはオーソドックスな敵を倒して経験値を得ることにより、レベルアップする。
すると経験値を稼ぐことが成長することになる。

ドラクエでの経験値を稼ぐ方法は意外にも10以外はほぼモンスターを倒して入手する経験値しかない。

オリジナルの1、2、5、6、9は、経験値を稼ぐ方法はモンスターを倒して得る経験値のみ。例外はない。
3、7、8、11ではモンスターを倒す以外に「しあわせのくつ」という1歩あるくごとに経験値が入るアイテムがある。
ただし、このアイテム、入手できるころには1歩1経験値ではほとんど雀の涙。
ドラクエ9も「しあわせのくつ」があるが、こちらは経験値を割り増しする効果で無から経験値を増やすものではない
ドラクエ10の「エンゼルスライム帽」やドラクエ11の「しあわせのベスト」も同様

リメイク版ではしあわせのくつに該当するアイテムが追加されているものもある。

ドラクエ4では、1章の最後でライアンが、5章でマスタードラゴンから主人公が経験値をもらえる場面がある。
が、それ以外は例外なく戦闘の経験値のみでしか経験値は増えない。

オンラインのドラクエ10だけは例外的に戦闘経験値以外で経験値を稼ぐものが多数ある。
・クエスト経験値
・経験値を直に増やすアイテム
・討伐やその要素をもつ「経験値が報酬」コンテンツが多数
・ストーリー経験値
また、経験値を割り増しする元気玉系アイテムやミネアの皇帝カードの効果のようなものもある

もともと経験値を割り振る方法として、テーブルトークRPGでは、1回のシナリオ終了時にまとめて経験値を得る、
というシステムをもっているRPGも多い。

だが、RPGではドラクエしかり、この「モンスターを倒して経験値を稼ぐ」システムがメジャーであろう。

経験値のパラメータをもたないRPGもある。

同じスクエニの出したRPGではFF2やロマサガシリーズだとパラメータそのものが独立して成長するシステム。
別の考察でも書いたが、ゼルダの伝説シリーズは経験値の概念を持たず、ジャンルはアクションアドベンチャーゲーム。
だけど、RPGと思っている方が圧倒的に多いはず。

レベルアップの概念そのものがなく、ストーリーの進行にあわせて強くなるようなゲームもある。

トルネコの大冒険シリーズやドラクエ10の不思議の魔塔のようなものもある。
入る度にレベル1に戻ってしまい、いったん出てしまうと再開時はまたレベル1から。

RPGとはロールプレイング(役割を演じる)ゲームの略。
しかし、現実は「経験を積むことでキャラが強くなっていき、より強い敵をたおせるようになる」ゲーム
という認識を持っている方が多いのではないだろうか。
ドラクエもRPGとしてはまさにそのイメージになっていると思われる。

今日はここまで。では、またー

« <ドラクエ10> サブキャラのストーリーをすすめる | トップページ | <ドラクエ10> サブキャラがやっとVer3に入りました »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« <ドラクエ10> サブキャラのストーリーをすすめる | トップページ | <ドラクエ10> サブキャラがやっとVer3に入りました »