« ドラクエの謎考察 その244 | トップページ | <ドラクエ10> テレワークとドラクエ10 »

2020年4月 6日 (月)

<ドラクエ10> 究極の導き周回方法が使えるようになった!

こんばんは。

先週、ドラゴンのソロサポをやった記事を上げた週末、よりによってドラゴンカードをミネアからもらいました。

竜のうろこは未完成だし、長い目で見れば王女の愛も作りたい。
いつもサポソロが面倒なカードはテリーで十分対処できてましたが、
せっかくのソロサポ手段確立したドラゴン。でやっちまえとばかりドロシーから突撃。

しかし、トルネコが出てきたところでエルフの飲み薬買った後、
ついついいつもの癖で魔法のカギを使って脱出してしまったのだ。
しかし、出たときに違和感があったのだ。
そう、ドロシーはひとりであっても途中で抜けるとペナルティがあったはず。
そのメッセージが出てなかったきがする。
そして再突入。するとあっさり入れます。

うそ・・・・ これは、低レベルでなくても簡単にゼロ回しできるじゃないか!!
しかも、マッチングの待ち時間もありません。

つまり

<重要> ドロシーから一人で入った場合、途中で抜けてもペナルティは発生しない!!
まちがいなく、ドロシーゼロ回しが今後最高の導き回し方法になります。

というわけで、ドロシーゼロ回しがどのくらいの効果があるのかまわってみました。

さっそくワンセットの試し検証ですが、プチプチ導きの香水1本でなんと13周できました。
それも、途中でカンダタ2回、テリー1回遭遇し、ちゃんとやるべきことやったうえです。
運悪く導きがカンダタ以外でなかったらおそらく15周はできると思われます。
なお、ゼロ回しの場合は、導きキャラがいないのを確認したら即脱出です。宝箱は無視。

個人的にこれまでやってきた最高効率のレベル一桁ゼロ回しはプチプチ1本で7~8周が
限界でした。1.5倍以上の効率です。

これ、おそらく、Ver5.1のロスターリニューアル時ですでになっていたのでしょう。
ロスターリニューアルの際にロスター経由だとゼロ回しできることは以前記事にしました。
ロスターがドロシーの迷宮のシステムを流用しているように見えるので間違いないと思います。

3年前のドロシーがリニューアルされたとき、これがひとりだけならペナなしだったら最高だったのに
とおもってました。さすがにそれは許されませんでした。
それが、突然解放されたのです。

というわけで、個人的にはこの仕様はVer5.1の神アップデートであると思います。

これで、心おきなくわざと低レベルに抑えていたキャラのレベル上げができる!
ともいえるのですが、一つだけ手放しで喜ぶのは早いとおもうこともあります。
このドロシーのペナルティなくなった仕様、Ver5.1のアプデ情報に表記されていなかったものです。
もしかすると、運営側も気づいていない仕様の可能性があります。

間違いなく、今後はこの導き周回方法が手軽で最高の効率になります。
なんせバトマス自滅周回の2倍以上の効率で自殺チューンの必要も周回分の練習札もいりません。
カンスト近辺の高レベルで可能でマッチング待ち時間もありません。

過剰にこの周回方法が広まり、利用者が激増することも考えられます。
すると、どこかのタイミングで以前の仕様に戻される可能性あります。

聖守護者でミネア効果有効だったらドロシーの前がものすごい人だかりになっただろうね。

トルネコ、ミネア、テリーどれとっても有用な効果あるので、
ぜひ、この機会に導き周回してみるのはいかがでしょうか。

ガルドドン効果でとうとうレギロガ時代に迫るエルフの飲み薬の高騰がおきています。
もしかしたら7万越えも現実的におきるかもしれません。

邪神や万魔もミネア審判とかあるとめちゃくちゃ楽だし、皇帝ひいたらレベル上げいいし

過疎ったソロサポ面倒なゴレオン三将軍はテリーにぶっこめばいいし。

ちなみに自分の雇ったサポ3と入った場合でも途中抜けペナないです。
ので、ゴルスラの消化をするのにもいいかもしれません
(さすがにメタキンは持ち寄りの方がいいです)

というわけで、突然可能になったドロシーゼロ回しになります。

今日はここまで。では、またー

« ドラクエの謎考察 その244 | トップページ | <ドラクエ10> テレワークとドラクエ10 »

ドラクエ10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドラクエの謎考察 その244 | トップページ | <ドラクエ10> テレワークとドラクエ10 »