« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月30日 (土)

ドラクエの謎考察 その250

こんばんは。

ドラクエのいろいろな謎に迫るおはなしも今回で250回

・ドラゴンクエストシリーズにおける裏技、小ネタ その1

ぶっ壊れたバグや仕様の穴をついてゲームバランスが崩壊するような裏技もあるにはあるが、
そこまでいかない、小ネタ、裏技的なものを上げてみよう

◆特定のアイテムで、大ダメージが与えられるもの

ドラクエ4では聖水ではぐれメタルにダメージが与えられる。
つまり、メタル系相手にかなり有効。
ドラクエ3ではラスボスのゾーマに回復アイテムや呪文で大ダメージが与えられる。
これも、当初バグではないかといわれていたが、ちゃんとした仕様だそうだ

◆小銭かせぎ

ほとんどのシリーズでカジノの景品を換金してGにできる。
カジノコインが比較的集めやすいシリーズはいい金策になる。
7や8が該当する。
逆にカジノコインを増やすのが厳しいバランスになっているSFC版6などは
逆に他の手段で金を集めてカジノコインを買ったほうがいいものも。
「ふっかつのじゅもん」で再開するFC版1や2の場合、宝箱など復活するものが多い。
FC2のいかづちのつえ金策は有名
福引券が買い物の際に一定確率でもらえるシリーズでは、薬草などの安いアイテムを買い
福引券が手に入ったら売る、ループでお金が増えるシリーズがある。

◆カジノ必勝法

ドラクエ3や4の闘技場では、初戦のみ対戦相手を何度も選びなおせる。
ほとんど鉄板に近い組み合わせがでるまでやって確実に勝つことが可能。
ドラクエ5のスライムレースはなぜか闘技場の試合を1回みたあとにやると
特定の組み合わせとオッズになり、ほとんどの場合において勝利の組み合わせが決まっている。

◆乱数テーブルの癖からお得にたちまわる方法

ドラクエシリーズでは、乱数テーブルの存在によって確率モノを狙ってやれるものがある。
ドラクエ9で、ゲーム再開から地図の迷宮の宝箱を開ける時間で中身をある程度固定化できる
というのがあった。また、超錬金をする際に成功する可能性が高いパターンとして、
ゲーム開始時に表示されるローディング画面の3匹のスライムの組み合わせが有名。
俗にSSBパターンといわれる表示があった場合大成功率が高くなるとか。
ホイミテーブルに代表される種木の実類を確実に出現させる方法など、9の乱数はかなり解析されている。
ドラクエ5のPS2版では、オラクルベリーの教会から再開して最短距離で100スロに座ると
高確率でスイカ×5が当たるパターンにあうという。
原理はアーケードゲームの「電源パターン」と同じ。ようは乱数テーブルが起こす現象である。

◆デスルーラ

キャラが全滅すると最後にセーブした場所に戻されGが半減するのがドラクエのルール。
ほとんどの人は全滅するとリセットしてしまうが、このルールが逆に使える状況もある。
例えばタイムアタック的にゲームを進める場合。
ダンジョンの奥まで行って達成したあと、長い道のりを歩いて戻らなければならないことがある。
そんな時、Gの損失が少ないなら、わざと戦闘で全滅して戻ったほうが早いこともある。
死んで(デス)拠点に戻る(ルーラ)からデスルーラ

◆個別逃げ

PS版の4とPS2版の5では、各キャラクターごとに「にげる」を選択できる。
その場合、全員が個別に逃げる場合、各キャラクターごとに「にげる」の判定がおきる
誰かひとりでも逃走に成功すればその場で逃げることに成功したことになる。
特にPS2版5では一括で逃げても個別に逃げても確率は同じ。
となれば、4回判定される個別逃げがダントツに確率的には高くなる。

◆盗むの利用法

敵からアイテムを奪う盗み系特技については、いろいろ裏技がある。
ドラクエ6では盗賊の人数分だけオート盗むの特性が確率アップになる。
4人とも盗賊になるとかなりすごい。これは7も同様
ドラクエ4のトルネコは、モンスターのドロップ率に左右されず一定確率で盗むが発生する。
レアアイテムほどトルネコの恩恵が高い。
ドラクエ8のヤンガスのぬすっと刈りはドラクエ7のぬすっと斬りに比べて成功率高い。
ただし、この特技でとどめを刺すと盗めないので、ダメージが0になるドクロの兜を装備する方法が。
これなら盗めるまで延々と続けることが可能。

◆錬金釜を利用した金策

ドラクエ8,9では錬金釜でアイテムを合成できる。
当たり前だが、完成品の売値が材料費を上回れば儲けがでる。
ドラクエ8では同じものを作り続けると売値が下がるため、残念ながら無制限には稼げない。
ドラクエ9では店売りしているものだけでできる錬金は利ザヤが少ない。
そういうバランスに調整されているが、例外というか穴になっているアイテムがあり、それで儲けられる

ドラクエ10も錬金あるが、こちらは職人スキルであり、モノの価値がオンラインによる変動制。
儲けられるものは変わるため、なにを作るか見極める必要あり

 

今日はここまで。では、また~

2020年5月26日 (火)

<ドラクエ10> Ver5.2に備えて

こんばんは。

Ver5.2まであと1週間となりました。

今回のVer5.2は、今までより結構いろいろな内容がもりこまれています。
コロナ影響でアップデートが遅れたことによるものもふくまれているのでしょうか。

個人的な影響が大きそうなものを上げてみます。

まずは、宝珠システムの変更ですね。
前回の大改装は改悪といったほうがいいものでしたが、今回のは正真正銘の大改良に見えます。

結局、面倒で手間なところだけが残って不興なシステムになっていたので
今回の通り、石板穴や宝珠の形、各職ごとの設定と保存ができる、ということになりました。
シンプルに職の切り替えも楽になったといえるでしょう。

今までのように汎用性の高い宝珠は常につけておき、職ごとにどうしても必要なモノだけ付け替えをする、
ということは今回の改装で必要なくなります。

今後は自分ごのみに尖った宝珠の設定をして運用することもできるでしょう。

レベル上限、特訓上限、職スキル200が解放されます。
珍しく上限解放系がかなり多くあります。

とはいっても、小刻みな上り幅なので劇的には強くはならないような気がしますが。

ストーリーも当然新のがあるわけですが、今回はダークドレアム以来の長編クエスト追加されます。
最終章はVer5.3になるようですが、同盟バトルがくる最新のクエストです。

ミニゲームとしてトランプの大富豪が追加されます。

革命とか8流しとかローカルルールも何気にいくつも完備されてるみたい。
当然ドラクエならではのルールもあるようです。

レアトランプなるものがあり、ドラクエ10のキャラを模したカードがあるとか。
これ、やっぱりトレカのような要素なのですかね。

バトエンに比べると馴染みやすいゲームですね。
もう一歩踏み込んでFF14のように麻雀を作ってほしいなあ。

新しい鍵、「魔仙卿のカギ」が追加され、対応する扉を開けられる
Ver5.2であかない鍵の扉があったので、アレを開けるものでしょう。

今までのカギ扉の先にはレアアイテムやステータスアップの種などがあったので、
それなりにステータスアップが望めるかもしれない。

新武器が追加され、白箱が更新され、新しい防衛軍が追加。最新錬金石は銀。
この辺は順当に追加されるものです。

新コインボスは7月に出るようです。
また、ミネアの運命のカードが情熱で引くとオグリ福引1~3等のなにかがでるようです。
最新のコインボスが高騰しているならミネア周回が意味あるものになるかも。

実際、現在は最新のドラゴンはもちろん、2等の三将軍も結構高いです。
新コインボスは1等はだいたい30万以上するものです。
1~3等がすべて10万以上の価値がある状態が続くこともありえます。

65,70装備の作成レシピが変更され緩和されるようです。
新たなる結晶装備のレベルが上がるのである程度嬉しい案件です。
また、錬金職がやっと一発仕上げができるようになりました。
(ただし、一発仕上げは専用の納品用装備にしかできません)

あとは細かいのがいろいろ。

チャガナにいままで登録されていなかった装備が追加されるのが結構うれしい。

練習札のバトルで宝箱がおちなくなる変更があります。
これ、地味に痛いですね。ランダム宝珠稼ぎやドラゴンガイアの皮金策ができなくなります。

各種周期のリセットが12:00や6:00と別れたものが6:00に統一されます。
そのため、今回のメンテは23:45という中途半端に早い時間帯からはじまります。

バージョンアップが伸びたVer5.2 とりあえず、今はよくなると思って待ちましょう。

------------------------------------------------------

先週までの導き周回結果

総周回数:13,589
トルネコ:708 (5.21%)
ミネア :722 (5.31%)
テリー :724 (5.33%)
カンダタ:2,252 (16.57%)

先週は周回数はかなり増えたのですが、でてくるものはカンダタばかり。
トルミネテリーは率が全部おちました。
久しぶりにトルミネテリー間30回以上のはまりもありました。

 

今日はここまで。では、またー

今日はここまで。では、またー

 

2020年5月22日 (金)

ドラクエの謎考察 その249

こんばんは。

ドラクエのストーリーを掘り下げてみる、背景を考えてみるお話

・ドラクエ主人公や仲間の多くは最初に不幸に見舞われるのか

歴代ドラクエの主人公、あるいはメインキャラクターとなる仲間。
このほとんどが、不幸に見舞われたり、不憫な運命になっている場合も多い。

各ドラクエを考えてみよう

◆1

例外的にドラクエ1は最初から主人公が不幸な描写はない。
いきなりロトの末裔をみられて竜王を退治してこい、という王の一声で旅に出ることになる。

◆2

城を攻められ親を殺されたムーンブルクの王女が一番の不幸な始まり。
そのムーンブルク陥落の伝令の兵士が目の前で倒れ、父親からハーゴンを倒してこいと
どうのつるぎ1本とはした金で送り出されるローレシアの王子も別の意味で不憫だ。

◆3

父親オルテガは魔王軍との戦いで命をおとしたとされ、16歳になった日に旅にでる。
実際、この時点ではオルテガは生きているがそれを主人公は知る由もない。
ものすごく不幸、ではないものの、父が実質戦死した状況でのはじまりである。

◆4

デスピサロに村の住民、幼馴染のシンシア含め皆殺しにされた始まりは悲惨そのものである。
集まる導かれし者7名も、父親エドガンを殺されたマーニャ、ミネア姉妹のようなケースもある。
アリーナ一行も、2章終了時に城の住民を神隠しにされたあげく魔物の居城にされた。

◆5

母親は魔界に連れていかれ、父親は自分の目の前でゲマに焼き殺される。
さらに16歳になるまで奴隷にされる。間違いなく、最初の不幸度はダントツ。
結婚したのもつかのま、ジャミ(ゲマ)に石にされ8年間無駄にされるなど中盤も多くの不幸が。
最後に最も幸せになった主人公の一人ではあるもの、その始まりはドン底であった。

◆6

ムドーに敗れ肉体と精神を分裂させられ自分が何者かも自覚できない状態で始まる。
さらに本物の自分(の人格)に夢の世界の人格が乗り替わるという。
本人自身はあまり感じないかもしれないが、客観的にみるとかなりの不幸な経緯。
ドラクエシリーズはだいたいハッピーエンドになるのだが、6に関しては
物語が終わったときになんとなく儚さを感じる。

◆7

7に関しては主人公や共に旅をするメインキャラクターがほとんど不幸な経緯がない。
これはドラクエシリーズでは珍しい。
が、7は行く先これでもか、というほど鬱ストーリーが多くある。
そういう意味では、そういう救いきれないものを何度も体感していく主人公であろう。

◆8

自分のまわりのトロデーンの者たちはいばらの城に固まってしまった。
トロデやミーティア姫は姿を変えられてしまった。
ゼシカは兄のサーベルトを殺され、ククールも実質的な育ての親ともいえるオディロを殺される。
ヤンガス以外は確実に不幸な背景がある。

◆9

天使だが、いきなり天使の力を失って行き倒れになった状態で物語が始まる。
天使に幸運も不幸もあるかともいえるが、人間的に考えればそれなりの不幸な始まりだろう。

◆10

生まれ故郷のエテーネの村は冥王ネルゲルの襲撃で皆殺しにされる。
自身も肉体的には殺されてしまい、五種族の誰かに生き返しする形で存在する。
時渡の術で生き延びられたのだが、あとあと自分自身を知ると
とんでもない不幸である。
さらにこの主人公、(2020年5月時点で)2回殺されている。
正確に言えば3回目の死の目前までいった。

◆11

主人公はユグノア王国が魔物の襲撃で両親を失った。
赤ん坊だった主人公はその襲撃時にマルティナに抱えられて脱出したが
途中で川におちて離れ離れに。

 

こう見てみると、序盤で親が殺されている(またはすでに他界)主人公はドラクエではかなり多い。

今日はここまで。では、また~

 

2020年5月18日 (月)

<ドラクエ10> レモンスライムクイズで思うこと

こんばんは。

アップデートが遅れた穴をうめるように行われているレモスラクイズ。

メインサブとも超上級まで解放している。

 

今回もおなじようにいくのかなあ、とおもっていました。

ところが、対象モンスターが大きくラインナップが変わっています。
Ver4からのモンスターもあるため、結構難易度があがっています。

とはいえ、特徴的な特技や呪文を使ってくれれば正答率はグンとあがります。
よって、楽勝なものか超激ムズのどちらかになることが多い。

例によって敵が特技呪文をまったく使ってこないで通常攻撃のみ、とかだと
超上級ではクリアはほぼ無理。

なんか、レモスラクイズのカンニングサイトみたいのがありますが、私はつかいません。

一方、超上級は正解で55000、失敗でも21000の経験値もらえます。
よってカンストしていないならばやるべき価値が十分あります。

不思議なイレモンも福引筆白紙金塊あたりはハズレですが
黄金の花びらや身代わりコインは当たりでしょう。

なんで、個人的にはこのイベントは期間中は日課になります。

そういえば、このイベントの前に選択肢に魔界のモンスターである〇〇強モンスターが
選択肢に出る、という発表があったのですが、私は一度も見たことがない。
本当に一度も出たのをみたことない。
実装されていないので、お題のモンスターとして登場することはない。
だけど選択肢にはある、らしいのだが、いまだ見たことないので嘘とも本当ともわからん。

とりあえずそこそこの経験値が欲しいならやるのもアリと思いますよ。

 

最近のイベントの報酬を見てみると
・福引券
・小さなメダル
・白紙のカード
・呼び寄せの筆

あたりが必ず入る。
当たり枠として稀に黄金の花びらや特別装備とかもある

ここでよく思うことなんだけど
呼び寄せの筆の使い道を本当に増やしてほしいとおもうのですね。
なんせ、最後に追加されたジュノーガ以降3年以上新しい筆ボスがでない。
普通のボスカードの作成には使えない。

99個たまって、それ以上入手するのを捨てる人もかなりいるという。

新しい筆ボス追加をしてほしいな、とおもうのである。

 

--------------------------------------------------------------------

昨日までの導き周回履歴経過

総周回数:13,435
トルネコ:704 (5.24%)
ミネア :717 (5.34%)
テリー :719 (5.35%)
カンダタ:2,219 (16.52%)

今週は再びテリーによく出会った。
トルネコがあまり伸びないんですね。

 

今日はここまで。では、また~

2020年5月15日 (金)

ドラクエの謎考察 その248

こんばんは。

ドラクエの世界や歴史、伝説に触れてみるお話 第248回

・空を移動すること

ドラクエシリーズでは3以降、例外なく空を移動する乗り物に乗れる。
それは、竜や鳥やペガサスだったり、飛行する乗り物だったりと様々。
空を飛ぶための歴史を振り返ってみる。

◆3 ラーミア

神鳥ラーミア。ドラクエ8にも登場するが実際に空中を移動するために乗れるのは3だけである。
ほとんどの人は初めてラーミアに乗ると「おおぞらをとぶ」の曲を聴いてしばらく操作しなくなる。

◆4 気球

気球である。そのため、移動速度は間違いなく全ドラクエの空飛ぶ乗り物のなかで最も遅い。
よく考えたらRPG全体を見ても気球に乗るRPGはほとんどない気がする。

◆5 魔法の絨毯、天空城、マスタードラゴン

低空専用の乗り物として絨毯が登場。川や海を渡れるかわり、山や森の上空を飛べない。
その次に天空城そのものを動かすことができるようになる。
でかいので、着地するには広い平地や砂漠にしか降りれない。
神である。5の主人公は天空のベル1本で神であるマスタードラゴンを呼び出しが可能。
いつでも何度でも、神であるマスタードラゴンを呼べる。
ある意味ドラクエ5の主人公は神を超える存在なのか。

◆6 空飛ぶベッド、魔法の絨毯、ペガサス

夢の世界の産物として、あるイベントの後に使えるようになる乗り物。
移動範囲は空飛ぶ絨毯と同じ。後にも先にも、ほかのRPGで考えても空飛ぶベッドは唯一の存在。
魔法の絨毯も存在する。こちらはもっぱら下の世界で使う。
物語の後半で天馬のたずなを入手すると馬車の馬がペガサスに変身。
そして空を飛べるようになる。空を飛べるだけでなくはざまの世界にもいけるようになる。

◆7 魔法の絨毯、飛空石

7でも魔法の絨毯は健在。やはり低空専用で山や森は超えられない。
一方で飛空石はそのまんま空飛ぶ石。その形態から空飛ぶジャガイモとか呼ばれる。
外観も空を飛ぶというイメージがわきにくい。
物語の終盤になって入手できるが、これに乗っていかなくてはならない箇所は意外と少ない。

そのため、全シリーズの中でも空を飛ぶありがたみが薄いものともとれる。

◆8 神鳥の魂

以外と間違っている認識のあるもの。
ドラクエ8ではラーミアに乗って移動するのではない。
神鳥の魂を使うことで、自らが鳥に変身し、空を飛べるようになるのだ。
ドラクエ8は視点が3Dになった作品であり、飛行シーンの美しさが際立っている。
3と同じおおぞらを飛ぶのBGM
そして、エンディングでレティスがかつてラーミアと呼ばれていたことで
納得した人も多いだろう

◆9 神の方舟

空飛ぶ列車。しかし、その列車を自在に操れるようになるのはエンディング後。
そういう意味ではエンディング前には空飛ぶ乗り物に乗れないのが9
列車が空飛ぶ、というゲームはほかにもあるのだが、元ネタは間違いなく銀河鉄道999.

◆10 飛竜

Ver2の後半になってレンダーシアの上空を飛竜で飛ぶことができる。
なぜかレンダーシアの外側のエリアでは空を飛べない。

ドラゴンに乗るのは5以降ひさびさ。

また、ドルボードという浮遊する乗り物もあるが、これはあくまで馬と同じで
平地の移動用。残念ながら川や海をこえたり、がけを登ったりはできない。

◆11 ケトス

空飛ぶクジラという表現をするのがよいかと。BGMも空飛ぶ鯨
入手手段が特殊で、天空のフルートを吹くと釣り竿に変形し、それで釣るというもの。
ありえない(笑)
空飛ぶ乗り物としては、5の天空城に次ぐ大きさだと思われる。

また11では、モンスターを捕獲して乗り物として利用できる。
その中には空を飛ぶものが含まれている。

というわけで、ナンバリングの空飛ぶ乗り物。今後はどんなものがでてくるのだろうか。

 

今日はここまで。では、また~

2020年5月11日 (月)

<ドラクエ10> トルミネテリー700回目遭遇達成と竜王イベ再演のお知らせ

こんばんは。

Ver5.1で導き周回がえらく簡単になったので最近は1日あたりの周回数が増えています。
しかも、メイン、サブともほとんどプチプチ香水1回分のみ。

時間的にはプチプチ香水1本10分で7~8周が平均。
するとこの10分でほぼなんらかの導きキャラに会えるのですね。
なので、最近は導きに使う時間もメイン、サブともプチプチ1回分がほとんどです。

ということで、メインとサブであわせて1日15~20周はできてしまう。
ので、時間は少なくても以前と比べて周回履歴の増分が増えています。

丁度先週にミネア、テリーが700回達成しており、昨日トルネコも700回目になりました。

さて、コロナ災厄でVer5.2が延期されましたが、お知らせにあった通り、
2016年に約1年実施された竜王城の決戦が再演するみたいですね。
このイベントで配布されたロト装備、ローラ姫装備が欲しい、
モンスター図鑑の竜王を埋めたい等の要望が新規・サブキャラ育成者より多くあり
もともとドラクエ誕生記念の5月27日にあわせて再演を予定されていたみたいです。

竜王戦のトリガーとなるにじのしずくは魔法の迷宮の導きキャラと同時に会えるローラ姫から入手。
ゼルメアや試練、常闇聖守護者トリガーとちがい、バザーや取引はできず、お金では解決できません。
参加者全員が例外なく自力で準備する必要あります。

そこで、この竜王城の決戦のイベントでとにかく「導き周回」が重要になるのですね。

2016年のときはドロシーから一人でいくと途中抜けペナがあったので、
一般的には高速周回したい人は練習札自殺回しが主流だったのです。
その当時、私が過疎迷宮でマッチングしないことによる「レベル1桁ゼロ回し」で
圧倒的な効率で導き周回ができることについて、記事としてやり方を載せていました。

そしてVer5.1改定で、ドロシーで一人で入って途中で抜けてもペナルティなくなりました。
故に、今度の竜王イベ再演の際にはこの導き周回方法、「ドロシーゼロ回し」が推奨になります。

もしかしたら導き周回しなくてもにじのしずくが手に入るようになるかもしれません。
が、おそらく再演ならたぶんシステムも大きくは変えないと思うので同じになる可能性大です。

また、新しい交換品が増えるかもしれません。
噂だと2の装備品が追加される可能性もあるとされています。

というわけで、再演する竜王城の決戦を期待してまつことにしましょう。

さて、コロナ渦中で実施されたアストルティアミッション。
終了しましたが、10ミッション中、7ミッション達成。3つ残り。
大討伐系イベントでは3回目の未達ミッションとなりました。

たた、今回、未達成の3つを考えると、なんとなく失敗したのがわかります。

万魔:これは万魔の更新日の日曜が過ぎた時点で大きく未達の段階で絶望的でした。
   Ver5.0を万魔の塔があるファラザードまでストーリーを進める必要があり高難易度。
   そして一番の理由は更新で報酬を得た後はリプレイのメリットが皆無なこと。
   万魔は30万点とるためには日曜更新の早い段階でうまい人と組んで早く終わらせる、
   もしくはサポで15、18万点で妥協するの2パターンがほとんどで周回する人は皆無。

邪神:これは意外といけるのかな、と思っていたのですが、達成の設定値が非常に高く、
   たぶん、数値読み違いしたのかな。こちらは天獄もあるし、周回勢もそれなりにいる。
   にもかかわらず、終わってみれば圧倒的に未達な数字だった。

同盟バトル:これは万魔と別の理由で周回できない。リプレイしても同じものは1日2回しかできない。
      難易度は野菜と災厄については低めなのでサブキャラでの参戦もある程度はあっただろう。
      この条件で報酬も現在はお世辞にも良いと呼べるものではない。
      福引券、小さなメダルの価値が落ちている現状でなければまだましだったと思う。

ちなみに、私はこの3種はやりました。ただし、万魔はメインがサポで18万、邪神と天獄の初回分、
サブは邪神デビュー戦、同盟はメインは災厄1回、サブは野菜同盟の初回クリアのため1回。
周回はしていないし、サブはVer3にはいってやっと邪神やれるようになったばかり。

大討伐系イベントでは、周回に意味をもたないコンテンツを入れてはいけないことが今回のではっきりしました。
数値設定が一桁間違っていたと思われる邪神以外は特に。

-------------------------------------------------------------------------------

先週までの導き周回結果

総周回数:13,353
トルネコ:700 (5.24%)
ミネア :711 (5.32%)
テリー :711 (5.32%)
カンダタ:2,202 (16.49%)
   

トルネコが700回に到達。ミネアがよく出たため、再びテリーに追いつく。
週に100周は無理なく普通に回せるようになったので、今後は周回の伸長が早くなる予定。
来月には14000周到達するかも。

今日はここまで。では、またー

2020年5月 7日 (木)

ドラクエの謎考察 その247

こんばんは。

ドラクエの時の流れを振り返るお話

・ドラクエにおける毒の扱い

ロールプレイングゲームでは割をメジャーな「毒」ステータス。

ゲームによってさまざまだが、たいていはスリップダメージで徐々にダメージを受けるというもの。

ドラクエシリーズでは2から導入され、以降ほぼすべての作品で存在する。

この毒のステータスだが、ナンバリングでは序盤しか脅威になるものではない。
理由は単純で、数歩で1ダメージ程度なので、すぐ死が訪れるわけでもない。
どくけしそうやキアリーがあればすぐに治療できる。

戦闘中の毒もダメージすら小さいので無視されることもある。
実際、毒はくらったらいちいち治さないとうざい、程度のものだった。

ドラクエ5からは猛毒のステータスも発生する。
これは毒ダメージが非常に大きいが戦闘終了で終わってしまう。

しかし、オンラインで、ターン制ではないドラクエ10だけは話が別になる。
こちらは、3秒に1回ダメージを受けるしくみだが、毒で減るHP量がかなり凶悪。
一部のハイレベルのボスが使う猛毒は90HPずつ減るようなものがある。
放置すればあっというまに死んでしまう。

また、猛毒よりさらに凶悪な毒をはなつものもいて、特定の安全地帯にはいらないと
即死ダメージの毒で死ぬようなものもある。

ドラクエ10のサービス開始当初は序盤の初心者が毒を食らったらほぼ死ぬといって過言ではなかった。
毒が消えるまでの時間が非常に長く、消えるまで待つのは現実的でない。
そしてサービス当時のドラクエ10超序盤は、お金が全くなく、サポも雇えない。
毒になったら下手すると毒消しするお金がなくて野垂れ死ぬプレイヤーも多かったとか。

サービス開始当初のドラクエ10の最序盤では
「金は命より重い」という意識でやったほうが良いという結果になっていた。
毒を治療したり、宿で回復してお金を使うとお金が全くたまらない。
レベル10以下なら死んでもペナルティないので、回復のためにお金を使うより、
さっさとやられて仕切り直しをしたほうがいいとか世も末的な状態だったという。

まあ、最近は全くのひとりでドラクエ10を始める人はほぼいないと思う。
上記のような経験をすることがありえたのはサービス当初だけだろう。

一方、フィールドやダンジョンの毒の沼やトラップで毒にかかることもある。

きわめてまれな例だが、毒にかかったまま最後のHPを失い、歩いている途中で死ぬことがある。
そして、メンバーの最後の一人が毒でHP0になると、その場に棺桶が並んで全滅する。

この毒だが、5以降はこちらからも仕掛けることが可能になっている。
ただし、1ターン一桁ダメージを与えられる毒に価値はほとんどない。
猛毒でも毒で与えるダメージよりも普通に火力を出したほうがいいことがほとんど。

ドラクエ10の短剣技に中には敵が毒状態のときに大ダメージを出せる特技がある。
これはさすがに強力だったのだが、エンドボスなどはそもそも毒が効かないので意味ないケースも。

それを考えるとドラクエ10より前は毒攻撃は治療の手間をかけさせる程度のいやらしさくらいしかない。

ただし、ストーリーというか背景としてドラクエでの毒はいろいろなものがある。

呪いを毒の一種と考えることもありえる。
ドラクエ10の「魔障」も毒とも病気ともとれる。作中では魔障が原因で死者がでることが多い。
ドラクエ9ではストーリー上、病気で死ぬ人もいる。

体が何者かに乗っ取られたり、むしばまれたりする存在もある。
なにかに取りつかれた、というのも呪いなのだろうか。

そういう意味でいうとはやり病も魔障や呪いの一種と思われるのもなんとなくわかる。

ふと思ったことだが、毒、呪い、魔障。
この三者のちがいをうまく説明することはできるのだろうか

 

今日はここまで。では、またー

2020年5月 4日 (月)

<ドラクエ10> サブキャラがやっとVer3に入りました

こんばんは。

外出自粛モードにより、今年のGWはがっつりゲームする時間があります。

なんで、サブキャラのストーリーをすすめてみましたがえらい大変でした。

みなしクリアを適用すればかなりはやいのですが、スタンプカードの報酬がバカにならない。
なんで、全部やる。

ゼルドラドを倒したあとのレンダーシア3のスタンプカードが増えることを忘れていた。
レンダーシア3はほとんど未済なんで、これをやると、・・・ほぼ半日かかりました。

メインのエイロスがクリアした内容は覚えているものの、進め方はわすれている。
例によって戦闘より城や町の中の移動がめんどい
というか、時間かかるのがこの移動やお使いなんですね。

また、テグラム絡みのクエストの中で、スタンプクエに入っていない別のクエストをやらないと
先にすすめないのがあって(しかもそういうのに限ってなんども往復させられるお使い系クエスト)
みなしクリアしたくなる理由がわかるような気がした。

ただ、みなしクリアするとスタンプクエコンプがVer4までできなくなるという痛い問題がある。

というわけでなんとか終わらせてVer2のラスボスへ向かう。

サブキャラのメレナはサブといえどレベル112カンストした占で、サポも十分な戦力。
ラスボスまで全部強いで問題なくクリアできた。

やっぱりバージョン2世代前ならばカンストレベル装備普通にあれば楽勝なんですね。

Ver3にはいったらもちろん最初にやるべきはエクササイズのクエ(使い込みがよくなるやつ)をやる。
あと、邪神もやっといけるようになる。

とりあえず、メガルーラストーン更新とチャンス特技が使えるまで進めてまた止める感じかな。

-----------------------------------------------------------------

導き周回履歴の結果

総周回数:13,215
トルネコ:696 (5.27%)
ミネア :701 (5.30%)
テリー :705 (5.33%)
カンダタ:2,176 (16.47%)

冒険日誌の方にかいたけど、ミネア、テリーの700回目が達成されました。
トルネコもまもなく達成できそうです。

ドロシーゼロ回しが可能になってから、1回目は野良もしくはロスターでまわる。
残ったプチプチ香水の残り時間でドロシーゼロ回し。
これでだいたい7~10周できてしまうので、ほぼ導きに会えます。
カンダタにしか会えないことも稀でだいたいトルミネテリーの誰かに会えます。

するとメイン、サブあわせて1日あたり15~20周することになる。
この数値だと確かにカンダタ2~3回、トルミネテリーから2~3回会える

ずいぶん導き周回も楽にできるようになったものだ。

今日はここまで。では、またー

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »