« <ドラクエ10> 竜王城の決戦 再演をやってきました | トップページ | <ドラクエ10> 便利ツールのジェムのコスパを考察 2020年6月版 »

2020年6月25日 (木)

ドラクエの謎考察 その253

こんばんは

ドラクエの歴史・裏話・噂などに突っ込んでみるお話 第253回

・レアアイテムとは

RPGをしていると必ずと言っていいほど「レアアイテム」という存在がでてくる。
読んで字のごとく「レア」な「アイテム」のこと

ドラクエでそのようなアイテムがあるのだろうか。

もちろん、多く存在する。

ドラクエにおけるレアアイテムといわれる分類になるものを種類別に分けてみよう

◆一点もの

いわゆる通常のプレイでは絶対に一つしか入手できないアイテム。
物語上の重要アイテムであり、実質的に「だいじなもの」と同じ。
もちろん、これは伝説の装備品から場合によっては消耗品であることもある。
消耗品の場合、「エリクサー症候群」の原因になることもあるだろう。

◆ゲーム上有限にしか入手できないもの

一点ものの延長であるが、いわゆる、何度も入手する機会がないもの。
固定の宝箱やイベントで入手できる数に限りがあるもの。
ドラクエ8ではそのようなアイテムも平気で錬金できたりする。
知らずにレアアイテムを使ってしまって気づいたら手遅れ、となることもある。

◆強運を持っていないと入手できないもの

モンスターの超低確率でしか入手できないドロップアイテム
福引等運要素がすべてのコンテンツの当たりの報酬
基本的にオフラインでは運ゲー要素はリセット技を繰り返すことで軽減できることもある。
が、オンラインや通信対戦要素をもつものでは基本できない。
運がない人は時間や金といったリソースを他の人より多く注ぐ必要がある。
プレイヤーによっては最も嫌う要素かもしれない

◆純粋に長い時間をかけてコツコツ積み上げて手に入れるもの

小さなメダル、お金、特定の交換材などをかなり大量に集めるコンテンツ。
だいたい、こういったものの最大報酬はレアアイテムになっている。
これらは、長い時間かけてやればいずれ手に入るであろう。

◆期間限定アイテム、対戦型コンテンツの上位入賞賞品

オンラインや通信要素のある最近のドラクエシリーズ。
特定期間でしか入手できないアイテムが存在する。
また、特定コンテンツでプレイヤー同士が競うものもある。
上位入賞者に賞品として限定のものが配布されることがある。

◆ストーリーの進み方により入手不可になったりするもの

ある程度ストーリーを進めてしまうと町で売っているものが変わったりすることがある。
その場合、ときにゲームを進めてしまうと入手不可となるアイテムがある。
一部のダンジョン等は物語の進行で入れなくなるところがあり、宝箱を回収できないこともある。
幸い、そのようなケースで宝箱にレアアイテムがあることはほとんどない。

◆課金アイテム

ドラクエシリーズでもソシャゲ系では、まさしく一部の強力な課金アイテムの存在がある。
ただでさえ課金なのに、その中のレアな装備にあからさまに強い存在がある。
それを持っているか否かで有利不利に大きく影響がでてしまう。
幸い、ナンバリングでは、そのようなアイテムは今のところない。
オンラインのドラクエ10でも、課金アイテムがないとプレイできないというものではない。
逆にいうと、必須の課金アイテムが次々出てくるようだと、寿命はあとわずかであろう。
重課金ソシャゲ型にシフトした月額制のゲームのほとんどがサービス終了してしまうのが現実。

 

あなたは、どんなレアアイテムをもっていますか?

 

今日はここまで。では、また~

« <ドラクエ10> 竜王城の決戦 再演をやってきました | トップページ | <ドラクエ10> 便利ツールのジェムのコスパを考察 2020年6月版 »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« <ドラクエ10> 竜王城の決戦 再演をやってきました | トップページ | <ドラクエ10> 便利ツールのジェムのコスパを考察 2020年6月版 »