« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月27日 (月)

<ドラクエ10> 仲間モンスターのカンストを考える

こんばんは。

仲間モンスターは課金の拡張を行わなければ最大24体仲間にできる。

つい1か月ほど前、23種類のモンスターがすべて11回転生のカンスト(レベル50)になった。

なので、最後の1枠をマジカルハットをスカウトして、モンスターの育成をしている。

ツールでパーティを開く場合、自分のとサブキャラのモンスター1匹ずつと残り6枠はフレとチムメンに充てている。

それでも、未カンストがこのマジカルハットのみのため、かなり早いペースで育っていく。
転生まだ6回くらいだが、たぶん11回目の転生のカンストまであと1か月くらいかと思っている。

もちろん、ゲームインしているときは唯一カンストしてないので連れていくが、
メタル招待券なり、試練等につれていけばものすごい早くレベルが上がる。

未取得宝珠を集めるため、最近また試練をするようになった。
特に、試練で超元気玉+育みの上香水で回ると、一通りまわしただけでモンスターのレベルが50になる。

24種類のモンスターが全部11転生レベル50、なつき度300になってしまったらその後どうするべきか。
非常に悩みどころなのである。

今後新しい仲間モンスターが追加されたら、悲しいかな、1匹をリストラする必要がでてくる。
それ以前に課金して仲間モンスター枠増やしても、全種類のモンスターを仲間にするのはすでに無理?

転生上限上げてほしいですね。

残念ながら、モンスターはバトルロード以外ではあまり活躍の場がない。
レギロガのような特殊な戦場で限定的な戦術として有効なケースがあるくらい。

モンスターは現状、酒場サポより優れている点はどのくらいか。

仲間モンスターは行動をかなり細かく指定できる。
浮遊属性を持つモンスターがジャンプ避け必須ボスで有効。

酒場サポより優れている点はこの2点くらいか。

もう少しモンスターは尖った性能もたせてニッチな需要がある存在にしてほしいと思うこのごろ。

 

----------------------------------------------------------------------------

先週までの導き周回履歴

総周回数:14,638

トルネコ:   773 ( 5.28%)
ミネア :   778 ( 5.31%)
テリー :   778 ( 5.31%)
カンダタ:2,444 (16.70%)

今週はトルネコとても出て猛追。ミネアは先週の反動もあり、出たほう。
テリーが少なめ。そしてカンダタがめっちゃでました。

ミネアからもらえるボスカードですがサブのメレナの方が先にレオパルド引きました。

15000周達成とほぼ同じころにトルミネテリーの各800回遭遇が達成できそうな感じ。

 

今日はここまで。では、またー

 

2020年7月25日 (土)

ドラクエの謎考察 その257

こんばんは

ドラクエのいろいろ調べてみるお話 第257回

・バーバラの正体とは

ドラクエ6の登場人物はどれをとっても謎めいたものを持っている者が多い。

主人公だけはストーリーを進めることではっきりしていくことである。
しかし、ミレーユやテリーといったキャラはバックボーンの描写がはっきりわかるレベルでない。
リメイク版でセリフがつくようになってもそれから謎が解明するものでもなかった。

ミレーユとテリーについては以前別の考察でも書いたが、今回はバーバラである。

バーバラはドラクエ6で唯一、本体が滅んでいるキャラである。
カルベローナの町ごと大魔王に滅ぼされ、そのときバーバラの肉体も滅んでしまっている。

精神だけが上の世界に残っており、その存在とやはり上の世界の精神としての存在の主人公と出会う。

主人公も当初は記憶が消されており、上の世界の存在が「主人公」として動く。
下(現実)世界の主人公の体に戻るが、このとき、精神や人格は上の世界のものとなる。

ここで主人公とバーバラに決定的な違いがでてきてしまうのだ。
そう、バーバラには戻るべき下の世界の体がない。

だが、これが故、バーバラの正体がはっきりとわかっていない。
物語上は魔女バーバレラの血をひくカルベローナの魔法使い。

デスタムーアを倒し、上の世界が消滅する。
エンディングでのバーバラのセリフに儚さを感じた人もいるだろう。

一方でバーバラはバーバラでない何かである、という伏線のようなものがいくつかある。

まず、一番よく言われているのが、バーバラは真ムドーと戦いに向かう際に船に一人でのこる。
この時点で本体をとりもどしたのはミレーユのみ。
そのミレーユはオカリナでドラゴンを呼び出し、ムドーの城へ向かう。

このくだりから、バーバラがミレーユが呼び出したドラゴンではないかということが考えられた。

そして、ドラクエ6から10年以上たち、バトルロードがリリースされると、これまたとんでもない設定が明らかになる。
ミレーユの呼び出すドラゴンはなんとマスタードラゴンだったのだ。

となるとバーバラ=マスタードラゴンという考え方もできる。

ドラクエ6のエンディングはバーバラが卵から未来が生まれるところに立ち会うシーンで終わりになる。

この卵、普通に考えると抽象的に未来が生まれると解釈されている。

だが、天空シリーズは6のあと、4や5につながる。
それを考慮すると、この卵から生まれるのはバーバラが引き継ぐための存在であるということもあり得る。

実際に卵がかえるのをバーバラは見届ける。
あってはならないが、もしかすると本当にバーバラはマスタードラゴンなのかもしれない。

6の世界ではバーバラとして、5の世界ではプサンとして存在していたのかもしれない。
4の世界ではマスタードラゴンは主人公らが魔王に立ち向かう手助けを直接できなかった。
4だけは主人公とともに行動することが許されない存在だったからであろう。

たしかに6ではあのドラゴンとバーバラが同時に存在するシーンがない。

バーバラにマスタードラゴンが一時的に転生したなんてこともあるかもしれない。

本当にドラクエ6にはいまだ多くの謎が残されている。

 

今日はここまで。では、また~

2020年7月21日 (火)

<ドラクエ10> 今回の新コインボスは魔法の迷宮周回でとるべきか

こんばんは。

最新のコインボスのレオパルドが追加されました。

当然ながら最新のコインボスが追加されたらオーグリード福引をぶん回す人が多いでしょう。
ところが、今回はあえて私はほとんど福引をまわしていません。

キャンペーンで100連福引が1キャラ2回タダで回せます。
これに関してもオーグリード福引ではなく、ツール福引のをまわしました。

コスパ考察でも書きましたが、最新コインボス導入直後であろうと、福引の期待値で一番高いのはツール福引。

キャンペーン中であろうと例外ではありません。

ちなみに、私の結果2キャラ400回では1,2等が1個、3等が2個とれました。
結果は普通でしょうか。1等が出たので良いほうかもしれません。
1等はバズズカプセルにして自分に使いましたが、2,3等は店売りにしました。
2等、3等の賞品は実は、店売り価格が10万、5万なので、バザーで出すよりいいです。
出た直後くらいしか店売り価格よりバザー価格が高くなることはありません。
そして、ツール福引はゴミの8等小瓶が出る確率が低めなのもいい。

今回のオーグリード福引の1等コインははやくも40万を下まわっています。
確率的にも低いので残念ながら福引全開で回して大儲けとはいかないものです。

そして、新コインでると、当然ながら福引のハズレ品ががたがたに値下がりします。
もともと店売りで処分されるような6等以下はどうでもよいです。
メタスラコイン、はぐメタコインが本当に暴落しています。
3等三将軍コインも一時期2等コインで15万を超えていた時期ありましたが今は7万くらい。

というわけで、私は今回はほとんどまわしていません。

さて、なんでこんなにゆっくりしてるのかとおもいますが。
そう、魔法の迷宮のミネアに合えば、確定でオーグリード福引1~3等対象のボスカードもらえます。

なんで、日々の導き周回の延長で少し多めに回せば1枚くらいとれるんじゃない?の思いで回す。

そして結果はどうかというと7/16以降2キャラで69周して、ミネア1回だけ(もらえたのはドラゴン)
前回釣りビンゴでジェム使っても目的の魚以外が全部釣りきらないとかからないとか
ここ1週間くらいは運の下振れをくらってしまい ツキが全くない。
福引ぶっぱはしなくて正解だったのかもしれない。

このレオパルドの報酬の魔犬の仮面だが、現在その効果はあまり評価されていない。
(それが示しているのか1等のコインなのに安い)
だけど、個人的には今までないタイプのアクセなので、化ける可能性あると思う。
また、効果が1種類を除き100%かつ1回しか発動する必要ない効果で種類が多い。
ほしい3種類の効果を1回つけるべきとなるアクセでもある。
そういう意味では、値の最高値がつかないとハズレになる最近のアクセが多かった中では
珍しく作りやすいものではなかろうか。
個人的には確定でハズレになる値の大小がある最大値以外ハズレになるのがないのがうれしい。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

先週までの導き周回履歴

総周回数:14,512

トルネコ:   762 ( 5.25%)
ミネア :   771 ( 5.31%)
テリー :   775 ( 5.34%)
カンダタ:2,414 (16.63%)

みての通り、先週からトルネコ11回、テリー12回に対してミネアはたったの3回
しかもレオパルド実装後からは1回のみ。
ミネア以外はすべて出がすごく良くて率も上昇。物欲センサーあるあるですな。

周回数も14500回を超え、来月末には15000回達成がみえてきました。

今日はここまで。では、またー

2020年7月16日 (木)

ドラクエの謎考察 その256

こんばんは。

ドラクエのいろいろを語るお話 第256回

・成長の限界とは

ドラクエシリーズもレベルの上限、ステータスの上限が存在し、強くなるための限界が残念ながら存在する。

ドラクエ5までの作品はステータスの最大値が255になっているものが多い。
普通にレベル上げをしているとその上限まで上がりきることがある。

レベルもドラクエ3以降は99が最大レベルになっている。
唯一オンラインのドラクエ10だけはレベル100以降が存在。
これもバージョンが進んで物語が拡張されると、こちら側の強さも上限を上げられる。

オフラインのシリーズでは、いのちの木の実やちからのたね等、ステータスアップアイテムが無制限に拾える。
それが故、多くの極めに走ったプレイヤーがそれらのアイテム目的に戦い続けるものだった。

レベルが最大に上がると、教会などで次のレベルに上がるまでの経験値を聞いても
「○○○○はもう十分に強い」とメッセージが出る。
たしかにこれはドラクエ8くらいまでなら当てはまるだろう。
実際に8以前のシリーズはレベル40もあればラスボスが倒せ、80以上あれば裏ボスも十分。

一方、ドラクエ9や10ではカンストしても倒すことが難しい敵が存在した。

ドラクエ9は説明するまでもないが、すれ違い地図で戦える各種魔王。
戦闘に勝つたびに魔王のレベルを上げることができ、それによって敵がさらに強くなる。
高レベルの魔王はレベルカンストした適職であっても討伐は困難を極める。

ドラクエ10はオンラインが故に、ストーリーにしてもコンテンツのボスにしても、ほぼ最新に合わせた難易度になる。
レベルの上限は定期的に上がっていくが、敵側もそれ以上に強くなる。
ほとんどカンスト前提のバランスで最新コンテンツのボスが調整されている。
そのため、オンラインでは、キャラの限界まで育てても、常にそれを上回る強さのコンテンツのボスが投入される。
残念ながらオフラインのドラクエとは違い、最高レベルでラスボスを軽くやっつける、ということはできないのだ。
ただし、Ver1のラスボスなら、今では嘘のよに楽勝できる。時の流れは残酷である。

レベルはカンストしても、実はさらなる能力値上げをする人もいるだろう。
オフラインでは、ステを上げる木の実や種は落とす敵がきまっていたり、7のようにカジノにあったりする。
入手制限もない。そのため、時間さえかければ、各キャラクターの能力値をシステムの上限まで上げることが可能だ。

そういう意味でいうと、オフラインのドラクエでは成長限界はまさしく、システムのステータス上限となる。
さすがに今はデータが膨大でステータス値以外に成長できる要素が存在するはず。
うまくそこを整理して最強を目指す人は多いのかも。

ドラクエ10では、オンラインであるが故に木の実、種といったステータスを上げるアイテムは無制限に稼げない。
全プレイヤー共通でとれる木の実、種の個数が決まっている。
青天井にステータスを上げることはできないのだ。
これは、オンライン故仕方ないことだろう。
無制限にモンスターから木の実、種類が取得できてしまうなら時間をかけてどんどん強化が可で、格差がふえてしまう。

よく、ドラクエは詰まったらレベルを上げたり最新の装備を買ったりして強い敵に勝てるようになる。
そう考えるとドラクエ的にはオンラインのドラクエ10も含め、レベルカンストすれば十分強くなれる要素があったほうがいいと思う。

ロトシリーズ、天空シリーズでは、普通に木の実や種類使えばステータスをカンストできるはず。
やはり、塵も積もればなんとやらだが、木の実・種類はかなり重要な存在だろう。

 

今日はここまで。では、またー

 

 

2020年7月14日 (火)

<ドラクエ10> 釣りビンゴあるあるとジェムの投入のタイミングを考える

こんばんは。

便利ツールのコスパの考察記事の最新版を直近のを最近かきました。

そして、先週、釣りビンゴのあるあるが発生しました。
ので、ちょっとそれについて書きたいと思います。

先週の土曜日で以下の状態になっていました。

Screenshot_20200711083231

上級で、土曜日の朝時点で初回はビンゴ対象がでてないので魚を変更したイシダイが対象になりました。
初級も上級もメタル招待券が目玉商品なので、あと一つでそれにたどり着く。
という状態が土曜日の場合、これこそジェムを使うタイミングがベストではないかと考えます。
(釣りパワーが20になっているのは、そのあと、釣りをして、次の画像の状態になったため)

で、スペシャル釣り堀から釣りましたが、日々の10回分ではイシダイは釣れませんでした。
そこで釣りパワー回復して続行しました。そして以下のようになりました。

Screenshot_20200711083455

はい。あるあるですね。目的以外の魚が全部釣りきり。
最深天井です(笑)

このスペシャル釣り堀、1匹の大物が2種類ありました。
もし、1匹の大物が1種類だったら、釣りパワーを使うことはなかったです。

そう、今、釣りパワーが20になっていますね。ようは今日、18匹つりました。
ということは22匹最初に釣り堀に魚がはいっていたことになります。
ようは、今回は1回釣りパワーを使えば100%ビンゴ達成になるのが確定していたからです。

一方、1匹の大物が1種類の場合、25匹釣り堀にいることになります。
すると1回釣りパワーを使っても達成できない可能性があるのです、
というか、上のような「目的の魚以外が全部釣りきってしまう」ことが過去に6回あります。

あるあるで片付けて問題ないのかそういう偏りがわざと実装されているかは知りません。

だけど、釣れないときはジェム投下しても天井までもっていかれることがやたらあります。

なんで、こちらも、今回のように「天井までハマっても最小限で済む」ときこそジェムの使い時と考えます。

Screenshot_20200712021437

Screenshot_20200712021501

というわけで、今回はメタル迷宮券をとれる4ビンゴ目をクリアしてこうなりました。
土曜日でメタル招待券まであとひとつ、だけどSP釣り堀から10回つってもかからない

そんなときは、ジェムパワーを回復させれば目的の魚にありつけるかどうか見てから続行をきめるのがいいと思います。

ちなみに、最後の魚が初級・中級・上級釣り堀の場合も要注意です。
こちらはどの釣り堀も釣りパワー1回では目的の魚が釣れない可能性があります。

もちろん、金に糸目をつけないぜという方は何も考えずジェムぶっこみでかまいません。
便利ツールの釣り堀の最大のウリは、とにかく欲しい魚が釣り堀にさえ入っていれば100%釣り上げ可能です。
ジェムさえあれば本当に100%です。難易度の高い魚もコンティニューで無理やり釣れます。
ノコギリエイやジンベイザメのキング確定がかかったら、コンティニュー上等で釣りにかかるのもアリです。

運要素をお金で解決するというのは、見方によってはPay to Winの要素だとは思います。
ただ、運だけで差がつく要素がジェムで解決できることは悪い話ではないと私は感じます。

なので、ジェムのコスパ考察もそうですが、課金要素とはいえ、ジェムを投入するのにベストなタイミングが存在します。

プレイヤーごとにそのタイミングは違うと思います。
そこをうまく見てジェムを使っていくのがよいのかな、と思います。

 

-------------------------------------------------------------------------------------

先週までの導き周回履歴

総周回数:14,378

トルネコ:   751 ( 5.22%)
ミネア :   768 ( 5.34%)
テリー :   763 ( 5.31%)
カンダタ:2,385 (16.59%)

先週はロスターでガルドリオンを回しまくり。
ロスターお題に乗る前まではガルドリオンはたったの3回。
昨日までに24回になりました。
最近は日々の導き回しの初回がほとんどロスターになることが多い。
導き回しするときも、今のロスターはおいしいのでお勧めです。
10の日はもちろん福の神が多かったです。

今日はここまで。では、またー

2020年7月10日 (金)

ドラクエの謎考察 その255

こんばんは。

ドラクエの気になること、ちょっとしたことに突っ込むお話 第255回

・神秘の数字255

今回が第255回なんでこんなネタ

ドラクエシリーズでも、ロトや天空シリーズまでであれば割とこの255という数字が目に留まることがあっただろう。

コンピュータに携わる人ならばおなじみの数字だ。

そう、ドラクエシリーズでは最大値が255になるパラメータがかつては非常に多かったのだ。

まぎれもなく、255とは16進数でFFと表記する値。
ようは1バイトの符号なしで表現する最大値である。

そのため、ドラクエ5までは、基本的にステータスのカンスト値が255が多かった。

ドラクエ4や5では普通にレベルカンストさせると255のステータスカンストするのが多かった。
4のアリーナに至っては、普通にレベルアップだけで賢さ以外は全部255という状態になる。

FC版の1や2ではHPの最大値も255であった。
しかも敵のHPも255が最大値。

そのため、ドラクエ2のラスボスシドーがベホマをとなえることでHPが多いのを表現してたとか。

ドラクエ6以降はステータスの最大値が大きく引き上げられた。
表記できる桁数の最大になるものが大半でステータス最大値も999になることに。

最近作では比較的255という数字が表立って目立つことはなくなった。

昔のドラクエで極めプレイをし、全部のステータスを最大にさせる という遊び方もあった。

自キャラすべてがステータスが255にする、というような遊びをした方も多かっただろう。

ステータスを上げる木の実や種を求めてモンスター狩りをした経験者は多いはず。

さらにいうと4バイトで表記する値の最大値は65535
これも、見たことが多いのではないでしょうか。
初代ドラクエ1では経験値のカンストが65535であった。
FC版の1と2は所持金の最大値も65535である。

かつてのカンストを代表する数値であった255。

残念ながら最近のであれば見かけることも少なくなってしまった。
古くからドラクエをやっている人であれば、255が至高の数字に見えた人も多かったと思う。

 

今日はここまで。では、また~

 

2020年7月 6日 (月)

<ドラクエ10> ロスターはやっぱり化けた

こんばんは。

Ver5.1でリニューアルされたロスター。

お題次第で化けるとおもっていたが、直近のお題のチョイスがなかなか素晴らしいです。

今の期間のガルドリオンはまさにロスターのお題にぴったりなんですね。

ロスターは、1枚だけ持ち込んでも、持ち寄りと同じ4箱報酬がでます。
型落ちのコインボスは人あつめるのも緑玉だすにも、フレやチムメンを誘うにしても
1枚だけ、だとやりづらいのです。
迷宮周回を日課にしている私は当然、そういうのはプチ化して周回用に使う。
プチ化できない面倒なやつはテリーに任せる。で問題なく消化していました。
が、そのような消化をする人は少ないと思うので、変に持て余すことあるでしょう。

となれば、1枚で持ち寄りと同じ効率でオートマで手軽にできるロスター。
まさにこの目的にぴったりなんです。

負けてもコイン・カードが消費されない点も手軽にできてよいです。

お手伝いはタダで参加できるが報酬が1箱になるため、滅多にマッチングされません。
なので、いわゆる「寄生」目的で一見して戦力外とわかるような人にはまず会いません。
型落ちのコインボスだから比較的気楽にできるのもよいのですね。

ガルドリオンの前にもドン・モグーラが対象になったときに盛り上がりました。

個人的にはグレン福引から落ちているがSP福引やカジノで交換できないレベルのボスがいいです。

ただし、直近のコインボスは慣れてないあるいは準備万端でなければあっさり負けるのも多いです。

なのでロスター向けといえるのは、Sジェネラル、ギュメイ、ドラゴン、
札ボスならザルトラやガルドリオン、プチゴースネルがよさげと思います。
四諸侯以前もボスも基本的に問題ないでしょう。

ただ、暗黒の魔人、Sキラーマシン、ゲルニック、ゴレオン、帝国三将軍はオートマではつらい。
札ボスもジュノーガやゴースネルは立ち回りをしらない瞬殺されることもある。
戦い方を知っている必要があるし、必要な耐性が重要になることも多い。

個人的にコインボスの強さはロスターでオートマでそれなりに倒せるくらいのバランスでよい気がする。

今のロスターはほぼ誰かとマッチングする。サポ3になることはほとんどない。
気楽にできるので、お題対象のボスを周回して型落ちコインボスアクセを完成させよう。

私はロスターのお題に早く上がってほしいなあ、と思うのはギュメイ将軍とドラゴンです。

というわけで、最近なかなか好評なロスター。
ドロシーゼロ回し可、ミネア情熱の改良、そしてロスター
魔法の迷宮のシステムは結構いい改良がはいることが最近多いのです。

そのうち、さらなる良い改装があるかもしれません。

-----------------------------------------------------------------------

先週載せていなかったので2週まとめての導き周回履歴結果になります。

総周回数:14,221

トルネコ:   741 ( 5.21%)
ミネア :   760 ( 5.34%)
テリー :   760 ( 5.34%)
カンダタ:2,358 (16.58%)

ここ最近は1週間でコンスタントに100周以上はしています。
やはり、ロスターゼロ回しができるようになった結果でしょうか。

間もなく新コインボスであるレオパルドがきます。
あえて導き回ししている私はミネア狙いでやってみて効率を測ってみたいと思います。

今日はここまで。では、また~

 

2020年7月 3日 (金)

ドラクエの謎考察 その254

こんばんは。

ドラクエのことに関していろいろは方向から考えてみるお話 第254回

・攻撃力と守備力の関係

ドラクエシリーズ全般だが、攻撃力が高いほど大きなダメージを与えることができる。
守備力が高いほど、受けるダメージが少なくなる。

数値化され可視化されているが、この値、単純に攻撃力<守備力ならダメージが通らないわけではない。

実は、通常攻撃の場合、ダメージ計算は攻撃力2に対し守備力1で判定される。
攻撃力200での攻撃の場合、守備力400でダメージを受けなくすることが可能になる。
厳密には攻撃力÷2-守備力÷4×乱数(シリーズによって異なる)が与ダメになる。
そのため、攻撃力が相手の守備力の半分を超えないと0(ミス)か1ダメージしか与えられない。

また、メタル系モンスターはダメージの取り方が異なるものもある。
FC版のドラクエ1や2、ドラクエ6、7等はメタル系であっても攻撃力×2がメタルの守備力を凌駕することが可能であり、会心の一撃が出なくとも一撃で倒せるダメージが出せる。
それ以外のシリーズでは、メタル系は守備力がめちゃくちゃな値だったり、特殊な計算が施されていたりするので攻撃力が高くても1ダメージしか与えられない。

一方、会心の一撃がでると、守備力を無視して攻撃力前後のダメージをダイレクトに与えられる。
これはメタル系でも例外ではなく、これによりほぼほぼ一撃でメタルは倒せる。

敵の会心の一撃である痛恨の一撃については、プレイヤー側の会心の一撃と同じ守備力貫通と守備力が適用されるものと2種類ある。

そのような関係があるため、攻撃力と守備力の1ポイントの価値が異なるのである。

また、攻撃に付随する特殊効果については、相手に1ダメージ以上与えないとそもそも発生しないものが多い。

そのため、守備力が高い敵にデバフ付きダメージ特技を行う際には相手にダメージを与えられる攻撃力が最低限必要になる。
従来のシリーズではそのようなことを意識する戦闘はほとんどなかった。
が、ドラクエ10の最新の聖守護者ボス(2020年7月現在)であるガルドドンが異常に守備力が高い。
これにより魔法戦士がフォースブレイクを通すために一定の攻撃力を要求されることになった。
多くのドラクエ10の攻略サイトでは準必中攻撃力と称されている。
これがまぎれもなく、上記の計算式で1ダメージ以上を与える値になる。
「準」とついているのは、乱数によって上下するため必ず満たされるのではないためである。

複数回攻撃できるが、攻撃力に1倍未満の補正がかかる場合も、守備力に影響されてミスになることがある。
まあ、これは一般的なモンスター相手ならダメージが通らないことはまれなので気にすることはないか。

なお、FC版ドラクエ3の敵側のダメージ計算では、最低保証ダメージが設定されている。
そのため、敵をメダパニで混乱させることにより、はぐれメタル等を一撃で倒すことができたりする。
FC3のリムルダール近辺でパルプンテを多用してレベル上げをしていた方はこの現象に会ったことがあるだろう。

 

攻撃力が物理的な打撃による攻撃力で対応するのが守備力である。

では、呪文ダメージに対する呪文守備力的なものがあるか、というと存在しない。
呪文やドラゴンブレスのダメージは別系統の属性があり、防具やスキルによってその耐性を得る。

呪文のダメージを何%カットするとか、10ダメージ軽減するといったものだ。
炎、吹雪、雷といった属性に耐性のあるものもある。

ドラクエを長くやっている人は気づいていると思うが
防具は素の守備力より、耐性が重要になってくる場合が多い。
特にブレスは打撃攻撃より大きなダメージが全員に降りかかるため影響が大きい。

また、ダメージに影響を与える装備にも純粋に攻撃力を高めるものとダメージを割り増しするものがある。
前者は攻撃力が低いほど、後者は逆に高いほどダメージが大きくなる。

なので、状況によって、攻撃力自体、守備力自体の価値は変わっていく。

ただ、全体的に考えると、新しいシリーズになるにつれ数値がインフレしていく傾向にある。
すると、やはり攻撃力の優位がどうしても多くなっていく。

 

今日はここまで。では、また~

 

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »