ゲーム

2017年1月 2日 (月)

2017あけましておめでとうございます

2017年あけましておめでとうございます。

エイロスのブログもまもなく丸5年になろうとしており、記事数も間もなく1000回目になる見込みです。

今年はドラクエ11がおそらく登場すると思いますが、ドラクエ10と11とふたつを並行してプレイすることになり、その記事も扱うことになるでしょう。

リアル都合で、更新が週2回くらいになってしまっていますが、これからも続けるつもりなのでよろしくお願いいたします。

ドラクエ10は導き回しの検証結果を毎回載せていますが、2000周以上のデータが集まったこと、竜王イベが終わるタイミングでサポで迷宮に入れるような変更がきそうな気がしますので、導きの確率に変更が入りそうな予感もします。それも考慮していったん結果をまとめたいと思います。

謎考察、人物列伝、悪役名鑑については記載ペースは遅いかもしれませんが、引き続き少しずつかいていきますのでご了承ください。

気づいたらもう5年になるのですね。

それでは、エイロスのブログを今年もよろしくお願いいたします。

2016年9月12日 (月)

ドラゴンクエストミュージアムいってきました

こんばんは。

開催最終日の1日前、9月10日に渋谷ヒカリエでやっていたドラゴンクエストミュージアムにいってきました。

5年前の25周年のときの六本木ヒルズでやっていたドラクエ展もいきましたが、今回のミュージアムは若干コンセプトが異なります。

今回のは歴代シリーズをアートとして特別に作ったものをメインに展示されています。今回のミュージアムに合わせて、特注のロトの鎧(本物の鍛冶職人が作ったものであると書かれていました)がありました。残念ながら撮影禁止でしたが、本当に手作りの鎧でした。

1~3のロトシリーズをもとに起こした油絵が画廊のように展示されていました。中にはバラモス戦を描いた「はらわたをえぐる」なんて作品も。

天空シリーズは各名シーンをジオラマで再現していました。
4の4章のバルザック倒したあとのキングレオや、5のパパスの最期や結婚相手を選ぶシーン、6の空飛ぶベッドを入手するシーンなどやはり押さえられていました。

7以降は来場者参加型のゲームコンテンツがありました。自分は7の石版パズルと9の世界樹のいのりについてやりました。

10は広場で公表されていた通り、ユーザ作品の展示&投票が行われており、自分がいったときはおもしろフォトコンテストだった。
ちなみに自分が投票したのはNo11のスライムの家族。

最後のほうに、歴代主人公がラスボスと戦うオールスター終結バトルシアターがありましたが、これがめちゃくちゃかっこよかったです。
ちなみに最後のゾーマと戦う3の主人公ともう一人みたことないキャラがいたのですが、どうやら11の主人公のようです。
オルゴデミーラとラプソーンはとても巨大なキャラとなっており、オルゴは絨毯にのった6主人公と直で空を飛んでいる9主人公、ラプソーンは崖を駆け上がってキラーパンサーにのって突撃する5主人公と息子・娘(バックにパパスもうつっていたような・・・)
最初の1と対峙していた斧を持った戦士がなんだかわからなかったのですが、あれは公式図録をみたらオルテガの模様。

なお、ボスの登場順序が1→2→4→5→6→7→8→10→9→3と順番なようで3と9だけずれているのが気になります。どのラスボスも作品が違う主人公・キャラで戦っているのですが、3だけは3の勇者(と11の主人公)。やはりドラクエの原点ともいえるロトシリーズの集大成にあたる3がなにやら特別に感じるものがあります。そういえば展示されていた鎧もロトの鎧。やはり、ドラクエの原点はロトシリーズなのでしょうか。

25周年のときには各作品の背景になる開発資料やキャラ設定の原画などが多く展示されていましたが、今回のミュージアムでも少し展示されていました。今回展示されていた資料でわかったのが、3のアリアハンは開発中の資料ではムーの町、ムーの城となっていたこと。アリアハンのある大陸自体ムー大陸の扱いだったようです。

出口では、一般応募作品のドラクエをテーマにした絵が飾られていて、木の根元でたたずむゴーレム(手にスライムを載せている)絵がグランプリ作品になっていました。

最終日前日の土曜日ということもあり、非常に混んでいましたが、入場待ち時間は1時間くらいでしたので(13:00頃)入場制限とかはなく、特に問題はなかったです。

ついでに半年ぶりにDSのすれ違い通信したら、10で10人、シアトリズムで13人すれ違いできました。やっぱりもってきた人結構いたようです。

今日はここまで。では、またー

2016年6月30日 (木)

リアルのルイーダの酒場にいってきました

こんばんは。

ちと、突然、会社の関係者に連れられて先日、六本木にあるルイーダの酒場にいってきました。

行ってはみたいなとは思ってはいたけれど、なかなか機会がなかったので誘われたとき即決でいくことに。

いわゆるドラクエをコンセプトにしたバーなのだが、平日は特に予約しなくても入れるようです。

外から見ると普通のバーで、ドラクエを強調するような外観ではありません。ただ、ちゃんとルイーダの酒場(Luida's Bar)と看板があり、小さ目ですがDRAGON QUESTの文字もありました。

入口はいるとすぐにゲームで聴いてきたドラクエの音楽が耳にはいります。
どうも、グループ単位ではいってきた人は冒険者のパーティとして扱われるらしく、店内での注文は代表者(パーティリーダーを選出するらしい)がまとめて注文し前払いなシステムのようです。

バーなのでアルコールと料理を頼めるのですが、当然ながらすべてのメニューはドラクエに関係するネーミングがつけられています。

普通の飲み会みたいにビールから・・・という雰囲気ではなかったので、最初に自分はベギラマテキーラというのを頼んでみた。テキーラに辛口のソーダ割りにライムともベリー系ともいえるような味。

食べ物は
ミミックの舌のスモーク仕立て
ばくだんいわの火の玉コロッケ
メダル王の小さなメダルピザ
エンゼルスライムの生ハムリゾット
を注文。

ばくだんいわに至ってはバターに火をつけて(この時、店員と一緒にメラをとなえる)文字通り火の玉(全体が燃え上がるわけではないが)になります。

飲み物は次にアンルシアのブレイブハート(マンゴーとストロベリーかラズベリーっぽいリキュールのソーダ) 今回飲んだ中ではこれが一番良かったかな。
最後にザオリクーラー(赤ワイン+オレンジジュース?)というのを飲んだ。

連れて行ってもらった方は
ドラゴントライブ(何の味かわからないが、緑色でキウイのカクテルにタピオカみたいなつぶつぶが入っていた。多少甘い)
マヒャデドスムージー(ブルーハワイにアイスクリームがはいっているようななもの。これも作成するときに店員と一緒にマヒャデドスをとなえてかき混ぜて作る(笑))
最後にまほうの小瓶(ジンと青りんごとトニック)
を注文していた。

コンセプトバーなので、料理の味はあまり期待していなかったが、意外と飲み物も食べ物もよかったかなというのが感想。

ちなみに、そのとき立ち会ったほかの客がバースデーサービスを受けていたが、レベルアップ音とともに○○レベルにアップおめでとう、となる(○○は当然年齢のことだ)

30代、40代に見える客もそこそこいた。ドラクエも今年で30周年。私のように初代FC版からプレイしている人は間違いなく40前後。世代なんですなと感じる。

基本的にはスタンディングバーなのだが、奥の方に個室(VIPルーム)やドラクエ10プレイルームというのもあるみたいだが、こちらは当然予約してリザーブ料金が発生する模様。

最後にキャンペーンでやっていたスイーツとして、ミネアとマーニャのパフェのうちひとつを頼むことに。ミネアがフルーツ系でマーニャがミルクティーとプリンのようだったので、今回はミネアのフルーティパルフェを頼みました。
というわけでミネアを食べてしまいました・・・・魔法の迷宮で仕返しされそう(笑)

ちと、今日はドラクエのゲームそのものとは違う話になりしたが、リアルのルイーダの酒場にいってきた感想です。

今日はここまで。では、またー

2016年4月21日 (木)

本日でエイロスのブログは5周年

こんばんは。

本日でエイロスのブログは丸5年になります。

最初の記事を書いたのが2011年4月21日。今思えばもう5年も経っているのですね。ちなみに今回で851回目です。1000回目は来年達成できるかな、という感じ。

当初に比べると更新のスピードがかなり落ち、最近は書くネタがドラクエ10とその他が半々くらいの割合になっていますがまだまだ続けるつもりです。
リアルの仕事の都合もあって、どうしても週2くらいのペースになってしまいますが、今後ともエイロスのブログをよろしくお願いいたします。

「悪役名鑑」は1から順に書いてきましたが、そろそろ10も終盤になってきたので、いったんリフレッシュして、紹介していなかった悪役をさかのぼって書こうかなとも思っています。

「人物列伝」も再開しますが、これも9や外伝までかいてしまっていますから次はどうしても10になってしまいそう。
ほとんど10ばかりになってしまうのも難なので、10に入る前に書ききれなかったキャラの紹介を数名してから10へいきましょうか。

「謎考察」はふと書きたいな、とおもったものが浮かび上がるたびに不定期にいれていきます。

あといつごろになるかわかりませんが、町、城などのシリーズの土地の紹介をする、「ドラクエ所縁の地」を新シリーズとしてやろうかなと思っています。

今年はドラクエ30周年だそうです。初代FC版1を現役でプレイした人はもう40代でしょう。私もそうですが。
ドラクエ11もそろそろリリースされるようですし、PS4と3DS版とマルチプラットホームみたいですね。PS4版の10もでるらしいですし。

ドラクエとのつきあいもまだまだつづきそうです。

今日はここまで。では、またー

2016年1月 2日 (土)

2016年あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

2016年もよろしくお願いいたします。

今年で5年目になりますね。
最近はドラクエ10関連がメインになっていますが、よろしくお願いいたします。

カテゴリーをドラクエの謎考察、ドラクエ悪役名鑑、ドラクエ人物列伝、ドラクエ10にカテゴリわけがおわりました。

最近の状況から一部環境が変わったものがあるため、記事が古くなっているとおもわれるものもありますが(悪役名鑑のダークドレアムなど)必要に応じて補記する予定です。

今はリアルでプレイしているのはドラクエ10とスマフォの星のドラゴンクエストくらいですが、間もなくドラクエ11も出るようですし、個人的にドラゴンクエストビルダーが気になるところ。

ドラクエ10はあいかわらずマイペースでやってるので、多くのプレイヤーがカンストしている中、自分はまだレベル90になっていない職の方が多いです。

さらにセカンドキャラも育て始めているため、常に最先端にいるわけでもない。
時間的な制約もあり、ある程度たってからかつてのエンドコンテンツを攻略するような感じで最近はやっているような。

フレと時間がぴったり合わないとドン・モグーラ以上のコインボスはできないし、最近立て続けで増えている強敵コンテンツは手がでません。

が、これもいずれできるのかなと思っていたりする。

オフラインのドラクエは最近ほとんどしていないが、記憶はしっかりのこっているので、まだブログ記事としてかけるネタはまだまだあるつもり。

なお、ソーシャルゲームとして出た星のドラゴンクエストを最近初めてみたのですが、これはドラクエの呪文や技、アイテム等が使われているが、システム的には従来のドラゴンクエストシリーズとは別のモノというのが自分としての感触。
ちなみに自キャラはダーマについたら僧侶にしました(最初の無料ガチャ分でいい武器装備は杖くらいだったので)
ちなみにリセットマラソンはやってません。

当然ながらそのままやっていくとどうやら現在は戦士が優遇職のようですね。レベルを過剰にあげてのパワープレイはある程度できるようですが、技や呪文は武器装備に影響を受けるほうが大きいため、レベルを上げるより課金したほうがはるかに優遇されているものと思われます。
自分は今のところこれに課金するつもりはほぼないですが、いずれ最高レベルに達したとき、最高難度のダンジョンは課金装備ありきの強さになっているのかと想像できます。
通勤の時間などにちょこっとやる間隔なので時間回復のスタミナ制なのは気になりません。(この辺は最近のソシャゲーのシステムの踏襲でしょうか)

まあ、まだリリースして間もないため、バランスが取れていない点が多くありますが、そのうち対応されていくんでしょうか。

ドラクエ11は今年中にでるか謎ですが、やっと開発中画像がでてきたばかりなことを考えると今年の後半か来年リリースでしょうね。
個人的にはDS版の従来ドラクエの2D画面がなつかしく映る。転職システムとか気になるけど、今のドラクエ的にみると転職は3,9,10と同じ独立レベル型とおもわれますね。
スキル振り制度は今回も踏襲されるのかな

11はロトシリーズ、天空シリーズと時系列をひもづけるようなストーリーになっていると個人的に非常にうれしい。まあ、想像と期待の部分が多いですが。

思いつきのことを整理せず羅列して記載しただけの年初の記事で申し訳ない。

それでは、今年もよろしくお願いいたします。

2015年11月20日 (金)

カテゴリーわけ引っ越しします その4

こんばんは。

ドラクエ人物列伝をカテゴライズ引っ越しします。

新しいものから移動するため、しばらくの期間ゲーム/ドラクエ人物 にまたがって存在しますのでご了承下さい。

2015/11/20  ドラクエ人物列伝 引っ越し開始

2015/12/24  ドラクエ人物列伝 引っ越し完了

2015年9月18日 (金)

カテゴリーの引っ越しします その3

こんばんは。

ドラクエの謎考察をカテゴライズ引っ越しします。

新しいものから移動するため、しばらくの期間ゲーム/ドラクエの謎考察 にまたがって存在しますのでご了承下さい。

2015/09/18  ドラクエの謎考察 引っ越し開始

2015/11/05  ドラクエの謎考察 引っ越し完了

2015年9月 5日 (土)

カテゴリーわけの引っ越しします その2

こんばんは。

ドラクエ悪役名鑑をカテゴライズ引っ越しします。

新しいものから移動するため、しばらくの期間ゲーム/ドラクエ悪役名鑑 にまたがって存在しますのでご了承下さい。

2015/09/05  ドラクエ悪役名鑑の引っ越し開始

2015/09/18  ドラクエ悪役名鑑の引っ越し完了

2015年7月27日 (月)

カテゴリーわけの引っ越しします

こんばんは。エイロスです。

ドラクエ10の記事が多くなってきたため、「ゲーム」カテゴリを分けるために引っ越し作業をしばらくします。

引っ越し中はカテゴリーが「ゲーム」のものと引っ越し先カテゴリーに記事が混在することがありますのでご容赦ください。

検索サイトからの記事のかかり方が変わるかもしれませんがご了承ください。

2015/07/27  ドラクエ10関連記事を引っ越し開始

2015/08/08  ドラクエ10関連記事の引っ越し終了

では、またー

2015年5月12日 (火)

哀愁物語がダウンロードできるではないか

こんばんは。

ドラクエ10をプレイするには時間がない、平日の寝る前にやってるシアトリズムドラゴンクエストだが、定期的にダウンロードできる楽曲があり、いまのところ2週間に1度くらいのサイクルで追加楽曲がある。

さて、今回新しいダウンロードのラインナップが増えていたが、その中に私がドラクエシリーズで一番好きな曲である「哀愁物語」があるではないか!(かなーり前にドラクエ曲のことを本ブログにも掲載しました)

ということで問答無用で即ダウンロードして、プレイします。FMSですね(個人的にはEMSでもよかったかも) 改めて説明しますが、この曲はドラクエ5のイベントシーンで流れる曲で、特にパパスの手紙を読むとき、天空城での回想、マーサの最期のタイミングで流れるシーンは鳥肌モノです。

いやー、まさかくるとは思っていなかったからこれは逆にうれしい。

あとは「精霊の冠」、「遥かなる空の彼方へ」が来ると自分的にはクリティカルヒットなのだが。

おおぞらをとぶと勇者の挑戦はさすがに人気曲なのでデフォルトでありましたが。

本編はポイントがある一定にたまってあるバトル曲をクリアすると仮のエンディングがながれた(いわゆるスタッフロール) その後もポイントはたまるのでまだまだ先ありますが。

すれ違いもだいぶ進んできて、ラプソーンとゾーマの石版が完成した。
都内の通勤時間だとさすがにすれ違いできますね。

だけど、まだオーブが少なくて仲間にできるキャラがおそらく3分の1も終わってないと思う。ちなみに仲間にできたのは今時点で1主人公、ソロ(4主人公)、5主人公、アルス(7主人公)、アリーナ、バーバラ、5の主人公の息子・娘、マリベル、ゼシカ、ホイミン

まだまだ先は長い。ダウンロードも次々でてきそうなので最終的には100曲くらいいくのかなあなど最近は感じている。

というわけで、シアトリズムドラゴンクエストの話でした。

さて、最近は週2回程度の更新になってしまい、ドラクエ10のVER3がでたこともありドラクエ10の記事ばかりになりますが、次は、悪役名鑑、人物列伝を書きます。今まで取り上げていなかったのと10のキャラにいよいよ入ります。

今後もエイロスのブログをよろしくお願いします。

今日はここまで。では、またー

より以前の記事一覧